A.I.セカンドステージ
〜A.I.Love You!第2期〜

Let’s  get 10 million YEN!

Prologue&Episode0 (G’s07年11−12月号)
☆はじめまして!マイマスター
  自分たちの作った4体のロボット。彼女たちがもうすぐ目を覚まそうとしている。
  緊張した手つきでマウスを操り、起動操作を行うと…

  守璃『はじめまして、マスター!私、守璃です』

  音夢『にぃにぃ…音夢はおなかがすきました…』

  さくら『さくらと申します、ダンナ様』

  ユズ『ご主人様、ユズになんでもご命令ください』


  目を覚ます4体のロボットたちは、それぞれの言葉であいさつしてくれる。
 萌須田社に入社して丸一年、新しいロボットの開発に携わってきたのだ。

  ココ『やったね、お兄ちゃん!すごいすごい!』

  アイリス『成功です、マスター。この予算にしては上出来かと』

  愛羅『うふふ、よかったわね。今日は乾杯しましょ!』

  今まで手伝ってきてくれたココたちも喜びとともに祝福してくれた。
 そこにあるのは、新しい仲間を迎える明るい雰囲気。


☆メンバーチェック!
  さて、ここで開発の結果新たに加わったロボット達をチェックしてみよう。

  まず、守璃。
  人当たりのよい、まじめな性格の護衛用ロボットだ。
 スタイリッシュな軍服を着用し、しっぽのようなコンセントが可愛らしい。
 ドジっ子なところがあるらしい?


  次に、音夢。
  夢見がちでちょっぴり眠そうな表情が特徴的な不思議っ子。
 頭脳明晰で読書が好き。見かけによらず大食らいで、特にお菓子が大好き。


  続いて、さくら。
  好奇心旺盛でちょっぴり天然なところがある大和撫子。
 細腕の割りに力持ちで、800kgの荷を持ち上げる!
 当初はブーツを履いていたらしい…?


  そして、ユズ。
  イヌ耳としっぽをつけた、ボーイッシュなロボット。クールな表情を
 しているが、実際は純粋で素直(すぎる)な性格だ。


  4人とも生まれたばかりだが、性格づけはかなりはっきりしており、
 完成度はかなり高いようだ。
  これなら社長も喜んでくれるだろう。


☆つっこみどころがありすぎて
 …と、いうわけにはいかなかった。というのは…
 突如飛び込んできた社長が怒鳴り込んでいわく、

 
 「予算は1000円だ!」

  …予算は1000万円となっていたのでは…???いや、それ以前に1000円
  というのは…??
   つっこむ暇もなく、追い討ちのセリフが。

  
「1年以内に自腹で返済しろ!でないと倒産だ!」

  自腹というのもおかしいが、「クビ」ではなくて「倒産」というのも話が飛びすぎて
 いる。だいたい、これだけワイルドすぎる予算のズレに誰も気付かないなんて、
 この会社の経理は一体どうなっているのか!?

  と、ツッこむ暇もなく社長は去っていった…


☆しかし、みんなは頼もしかった!
  ハチャメチャすぎる事態に思わず立ち尽くしてしまったが…

  アイリス『なにかしら働いてお金を作るしかないですね』

  ココ『そうだ、ココいいアルバイト知ってるよ!』

  愛羅『でも会社の業務もあるし全員出払うわけにはねえ〜』

  けなげにも、ロボットたちは交代でアルバイトする相談をし始めた。
 それは生まれたばかりの4体も例外でなく。

  思わず感謝の思いがこみ上げてきた。
  (ついでに萌須田社に対する最大級のつっこみも!)


☆借金の裏にあるもの
  …あまり真面目につっこむのもおかしいのだが、予算1000円は普通に考えて
  あり得ない話。そもそも普通の組織なら予算をオーバーした時点で、どこかから
  フォローなり注意なり入るはずである。(普通の組織ではないと言ったらそれまで
  だが)
   更に言うなればアイリスあたりが気付いても不思議ではない。

   そもそもロボットのモニターだと思っていたらいつの間にか入社の話に
  なっていたくらいである。この話、何か裏があるかも…?


☆給湯室にて
  愛羅『ねえねえ、守璃ちゃん、これなんてどう〜?』
  守璃『だ、ダメですよ愛羅さん!いくら時給がいいからって
      そんなアルバイトいけませんっ!』

   ↑守璃の反応を楽しんでる…?


  …と、いろいろ相談中のロボットを尻目に、気分転換に給湯室で
  「借金は999万9000円じゃないか?」などと、半ばどうでもいい計算を
  していると…

  「ちわす、あの時のコンパ以来だな」

  現れたのは、モニターの説明会で会った男だ。彼も入社していたのだ。
  (例の『ひとり選ぶとしたら誰にする?』の問いも受けたのだろうか??)

  どうも相変わらず軽い口ぶりだが…
  「いやいやオレもね、助手のロボットがすげーいいかげんなもんでマジ大変。
   ってか借金返済がんばれよ、オレも同期としてなにかあれば手伝うし」


  なんだか助けになってくれそうな雰囲気だ。
  (「いいかげんなロボット」が誰なのかちょっと気になるが…)

  どうやら彼はアイテム開発部門にいるらしい。ロボット用のアイテムが容易に
  手に入りそうだ。これは心強い。…なぜか有償だが!


☆初陣?前夜
  疲れて開発室に戻って来ると、どうやら明日のバイトに行くメンツが
 決まったようだ。

  ココ『お兄ちゃん、明日のバイト忘れないでね!さくらちゃんもいっしょに
     行くからね』

  さくら『よろしくお願いします、ダンナ様』

  どうも自分も一緒について行く流れになっているようだ。
 考えてみればさくらは生まれたばかり。確かについていってあげるのが
 正しいか…?

  ココ『がんばろうね、お兄ちゃん!』

  力強いココの言葉。礼儀正しく、ポジティブそうなさくら。
 それでも、なかなか不安は消えないのだった…
  (こんなハチャメチャな状況で不安抱えないほうがどうかしてるのだが)


☆今月のわが娘たち
 成長度は感情パラメータではなく、レベルで表示される。
 もちろんアイテムや機能も追加されていく模様。

 守璃 Lv1
 所持アイテム&機能/なし アクティブな性格をプラスに作用させたい!?

 音夢 Lv1
 所持アイテム&機能/なし インテリジェンスあふれるアイテムがつきそう?

 さくら Lv1
 所持アイテム&機能/なし 大和撫子はどう育つ?

 ユズ Lv1
 所持アイテム&機能/なし まじめで素直なコをどう育てる?


【もどります♪】

inserted by FC2 system