〜萌須田社・社員旅行 宿題&秘密会談編〜





   「みなさーん、お話がありまーす☆」

   植物園の見物を終え、駐車場に集合したオレたち参加者全員を、セイミさんが呼び止めた。

   「社員旅行が終わるまでに、高知、新居浜、高松、松山、宇和島、徳島、四万十の各都市のうち、どこが四国の

   中心地としてふさわしいか、レポートを書いて、愛媛、香川、徳島、高知の各支社に提出してください☆。

   レポートは、最終日に各支社の担当者が集めます☆。

   4つの支社のうち、どこか1つでも提出出来なかったり、受け取り拒否されたりした場合は、オーストラリアで5日間、

   観光も自由行動も買い物も無しで、オパールの採掘をしてもらいます☆。

   なお、いずれの支社も、県外の街を選ぶなど、自分達の地域に不利な事が書かれているレポートは、

   受け取りを拒否するそうです☆。

   あっ、それと、『今治が入ってないぞ』とか、『丸亀も入れろ』とかいうツッコミは無しですよ☆。」

   おい、ちょっとまて!、それってどの街を選んでも、どこか3ヶ所の支社に受け取り拒否されるんじゃ……。







   「……やはり皆さんレポートには不満のようですね。」

   「まぁ仕方ないですよ、ヴェッタさん☆」

   「本来なら、夏に北陸4県で行う予定だったらしいのですが……、たるぼさんのせいで……、ただでさえ

   量産の準備でいそがしいのに……。」

   「……まぁ、彼女も悪気があったわけではないですし、それに人手が増えて良かったじゃないですか☆。

   それより、これもやはり例の計画の一環なのでしょうか?」

   「おそらくはそうだと思います。ロボット排斥運動の恐れはこれから大きくなるでしょうし、他にも様々な

   トラブルがあるかもしれません。不測の事態や解決困難な問題に対応できる者が大勢必要になるのでしょう。」

   「それにしても皆さん大変ですよね☆、予算1000円で新しいロボットを開発させられた人や、1000万円の借金を

   1年以内に全額返せと言われた人とかも居たらしいですよ☆」

   「おそらくは、どのような問題が起こっても対応出来るか見てみようという事なのでしょうが、

   本当に皆さん大変ですね……私達を含めて。」

   「そうですね、今回のレポートの件も、本来なら新潟、富山、石川、福井の各支社の仕事だったのに……。

   まぁ何かあった時に責任をとるのは、私達ではなく、たるぼさんとココさんですけどね☆」

   「たしかに、その点だけは助かります。最終的に責任を取らされるのは、お二人のマスターでしょうが。」

   「ところで、予定通り北陸でレポートをやっていたら、どの街を比較する事になったか知りませんか?」

   「新潟、長岡、上越、富山、金沢、福井、小浜の7ヶ所だったと、私は聞いてます。」

   「なるほど……☆」





【戻る】



inserted by FC2 system