2006年 10月某日 準備中 〜はじめましてのごあいさつ〜

    初めまして。マリエスター・ユナイテッド管理人の天瑞烈Z(てんずいれっず)と申します。

    シスタープリンセスとの出会いが人生の転機となり、G’s投稿者の称号を得ました。

    同じ頃、フットボールとの出会いがありました。

    いまや、浦和レッズ&日本代表に手を出す日々です。


    現場でしかわからないおもしろエピソード、いろいろありました。

    (…というより、「やらかしました」って言ったほうが正しいかな?)

    これからは主にサッカーと電撃G’sマガジンなどの話題を中心にお伝えしていきたいと思います〜。

    
    ただ、ひとりじゃちょっと不安なので…

    ワタシ自身が召喚したアシスタントさんに手伝ってもらうことになるかもしれません。

    あと、皆様からのメールとかも紹介したいな〜、なんて考えてます。

    
    工事は続くよどこまでも。

    

  2006年 10月某日 まだまだ準備中 〜つっこみ役現る〜 

    青芝:………

    天瑞:?どうしたの?あおちゃん??

    青芝:…その呼び方はやめろ。いや、上の口上を目にした感想なんだが…

    天瑞:なかなかイイ感じでしょ?これだけのセリフ、3時間もかかっちゃった!

    青芝:…な〜んか節操がないんだよな…G’sマガジンとサッカーを取り扱うサイトなんてきいたこともないぞ!?

         せめてどっちかにしたらどうなんだよ…

    天瑞:仕方ないじゃないか〜、どっちの知識も中途半端なんだし!

    青芝:自慢できることじゃねえ…ところでまだ準備中なんだろ?どんな感じにしていくんだ?

    天瑞:う〜ん、一言でいえば「読むラジオ」って感じかな?

    青芝:なるほど。DJみたいな感じだな。まあしゃべるのは嫌いじゃねえし、出来る限り協力はするぜ。

    天瑞:助かった!で、報酬なんだけど…

    青芝:水くさいこと言うなよ。なけなしの参戦資金をふんだくる趣味はねえよ。

    天瑞:いや〜さすがあおちゃん!ワカメみたいな髪型はダテじゃないねえ!

    青芝:…微妙な褒め方だな…まあ収録中に美味い京都菓子でもだしてくれりゃあ、それで十分だぜ。

    天瑞:…相変わらず甘党だなあ…


     (いろいろ作業中)


    青芝:なあ、今思ったんだが…このサイトって、G’s関係も取り上げるんだよな?

    天瑞:もちろん!

    青芝:俺、そっち系の知識は…

    天瑞:何言ってるんですか!?もちろん勉強してもらいますよ?

    青芝:やっぱり〜!!!

    天瑞:何いやがってるのかな〜??

        この間なんかストパニの千華留さま見て「雰囲気いいなあ」なんてつぶやいてたじゃないか!

    青芝:あれは…その…勢いだ!つまりだな、特に興味のない人間から見てもなかなかいいという意味で…

    天瑞:はいはい。そんなあおちゃんに朗報。ル・リムの子、アシスタントとして遊びに来るから。

    青芝:だからそんなつもりじゃねえ…ん?俺ら2人でやるんじゃねえのか?

    天瑞:知り合いに一人いるんだ。3年生の子なんだけどアストラエアは中高エスカレーターだから大丈夫だって。

    青芝:…まあいいか。それと一つ思ったんだが…

    天瑞:なにかな?

    青芝:注釈か辞典か何か、作ったほうがいいな…

        アストラエアとかル・リムとか、正式オープン前に専門用語が飛び交ってたんじゃ、先が思いやられる…

    天瑞:それもそうか。じゃ、がんばってね♪

    青芝:いや、だから俺はムリだって!!


        …秋の夜長、電子空間の大工事は続く…



  2006年 10月某日 まだまだまだ準備中 〜ル・リムの3年生〜 

    トントン。

    瑞葉:すいません、おじゃましま〜す


    天瑞:お、来た来た。

    瑞葉:あ、(カメラ目線)どうも初めまして!マリエスター・ユナイテッドのアシスタント、大城戸 瑞葉です♪

    天瑞:いや、まだ正式オープン前だから、カメラ目線はいいから。

    瑞葉:え?そうなんですかあ??

    青芝:…天然なのか…?

    天瑞:そうそう紹介するね、この人がサッカージャーナリストの青芝さん。千華留さま萌えの人。

    青芝:あ、よろしくな………って誤解を招く紹介の仕方はやめろ!しかも太字にすんじゃねい!

    瑞葉:どうもよろしくお願いします〜、あおしばさん。


      ★           ☆           ☆

    青芝:ほう、おまえさん、フットサル部を作ろうとしているのか。

    瑞葉:はい!でも意外と人が集まらなくて…

    天瑞:おまけにレプリカユニを着ていたところを千華留さまに見られて見初められて…

    瑞葉:そうなんですよ〜変身部に勧誘されちゃってるんです〜

    青芝:大変だな、いろいろ…

    天瑞:それなら変身部に入部するかわりに、千華留さまにフットサル部を手伝ってもらったら??

        プレーイング・マネージャー(選手兼監督)みたいな感じで。

    瑞葉:あ!いいかも〜。で、でもやっぱりそうなったら、いろいろ着せ替えしなくちゃならないのかな…

    青芝:…いろいろ…とんでもないな…

        って、雑談ばっかしてるわけにもいかねえな。どうすんだ、このサイト?

        カウンターとかメールフォームとか…

    天瑞:そうだった。とりあえずもらったメールを紹介しつつ話をすすめていくような感じにしたいな。

        まあ、いつもどおりふつ〜にツッコミとかフォローを入れてくれればいいよ。

    瑞葉:メールって、どれくらい来るんですか?

    天瑞:わかんない。もしかしたら全っ然来ないかも。

    青芝:……どうつっこんだらいいんだよ。リアルすぎるだろ!交友関係はもっと広くもってだな…

        俺も人のことは言えた義理じゃないが最低限の知り合いは…

    天瑞:あ、あまり説教したらいじけてやるもんね!

    瑞葉:えと、あの〜、まずは続けていくことが大事だと思いますよ!メールのことはまた後で考えれば…

        わたしたちもまだ、わからないことだらけだし…

    青芝:それも一理あるか。

    天瑞:ナイスフォロー、みずみず!

    青芝:オマエは復活が早すぎる!あとおかしなニックネームもやめろ!

    瑞葉:みずみず…♪♪

    青芝:………気に入ってんじゃねえええーーー!!!

    天瑞:でもマジメな話、しばらくは全くリアクションがなくても仕方ないと思うな。

        まあ数のノルマがあるわけじゃなし、マイペースでやっていこうよ。

    青芝:お前さんらしいな。まあそれが現実的な線か。

    瑞葉:ギャラリーの絵はどうしますかあ?

    天瑞:G’sに掲載されてるのを仕分けしといてくれるかな。それと2人とも写真は用意してきた?

    瑞葉:はい♪

    青芝:これでいいか?

    天瑞:うん、ちゃんと全身写ってる。よしよし、この2枚使わせてもらうね。

        そろそろ……仮オープン、しようかな?

    青芝:!ついに行くか…!

    瑞葉:仮……って、ココちゃんですか?

    青芝:だ〜か〜ら、専門用語を交えたボケはやめろってのに!!

        それはさておき、まあ…まだまだ粗は目立つが、いいんじゃないか?仮オープン。

    天瑞:よし、あおちゃんのお墨付きももらったし、仮オープン…いくぞ!

    瑞葉:りょーかいですっ!




   2006年 10月27日 
絶賛仮オープン中

    天瑞:どうも、日付もしっかり入れて仮オープン、あいさつの練習してます。天瑞です。

    瑞葉:ナビゲーターの大城戸瑞葉です♪

    青芝:そしてこの「マリエスター・ユナイテッド」の良心こと青芝辰巳。

    天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべりをお楽しみください〜

        ………

        よし、いい感じ!

    瑞葉:つかみはオッケーですね!

    青芝:…この10秒足らずのあいさつをひねり出すのにどんだけNG出してくれたんだよ、まったく…

    天瑞:それは言わない約束だ、あおちゃん。

    青芝:お前さんがうまくやれば瑞葉が噛み、瑞葉がうまくやったと思ったら、お前さんが噛み……

    瑞葉:すごいですよね!なんかコンビネーション抜群って感じしませんか?

        こういうのを「つるべの動き」って言うんですね!

    青芝:…なんでそんな微妙なサッカー用語を知ってるんだ…

       (※つるべの動き…サッカーにおいて両サイドバックが交互に上下動を繰り返すこと。だよね??)

    天瑞:そんなことより2人とも!仮オープンなのにもうメールが来てる!

    青芝:な、なんだと!?

    瑞葉:どどどど…どんなの?わくわく わくわく…

    青芝:開け!早く開け!そういう奇特なヤツには礼儀をつくさねばならない!

    天瑞:おをおをををおおお…をちつけおちつけ。落ち着こう、みんな。

        じゃあ開くよ…それっ!


       『てすと。

        てすともういっちょ!

        これでどうだ!』


    青芝:…………………………

    瑞葉:…あの〜これって…

    天瑞:あ!そうだ、メールフォームの機能を確かめるために何回か送ってみたんだっけ。

    青芝:………ぬか喜びさせるんじゃねええええええええ!!!

    天瑞:あれ?あおちゃん、メール来るの、期待してた?

    青芝:!そ、それはだな…

    瑞葉:そういえばあおしばさん、前回『メールがこないのは現実的な線だ』なんて言ってましたよね??

    青芝:く、来るに越したことはないだろう。誰も来ないほうがいいなんて言ってねえ!

    天瑞:でもこれでメールがしっかり届くことははっきりしたわけだし。

    瑞葉:おたより、お待ちしてま〜す♪

    青芝:ウィルスとかは勘弁な。


         ★           ☆           ☆


    瑞葉:ところで、今は仮オープンなんですよね。正式オープンはいつになるんですか?

    天瑞:そうだなあ…もうすぐ11月だから…G’sマガジン12月号が発売された後くらいかな。中身に触れたいし。

        ひととおり目を通してから…11月になっちゃうか。

    青芝:けっこう分厚いんだよな、アレ…

    天瑞:あおちゃんにもしっかり目を通してもらうから、そのつもりで♪

    青芝:おいおい、俺は…

    天瑞:ここで正式オープンの時期をはっきりさせておくのは、あおちゃんにしっっっかり勉強してもらうためでした〜

    青芝:…なに、俺、ひょっとして追い詰められてる??

    瑞葉:がんばってくださいね、あおしばさん!

    青芝:…仕方ねえか、分野外の雑誌に触れるのもジャーナリストの勉強だな…

    天瑞:(よおっし!)

    瑞葉:(うまくいきましたね!でも大丈夫なんですか?)

    天瑞:(大丈夫、あおちゃんはハマリ出したら止まらないから。)

    青芝:?何2人でゴソゴソやってんだ?

    天瑞:何でもない、なんでもない。

    瑞葉:お茶入れてたんですよ〜。はい、大分名産かぼす団子!

    天瑞:大分遠征のときに買っておいたんだ。けっこうおいしいよ♪

    青芝:おっ、悪いな。コイツがまたけっこう茶に合うんだよな。

        …ん?お前さん、大分に行ったの、確か8月下旬…

    天瑞:そうだけど?

    青芝:……………賞味期限切れとるわ〜!!!危うく食うところだった…

    天瑞:どれどれ…あ〜っ!本当だ!

    瑞葉:そ、そういえばどうりで、ねばっとした緑色してるなあって思った!

    青芝:いやそれは元々そういうものだと思うが…

        とりあえず今日のところは俺が買ってきた東京銘菓「ひよこ」でいいだろ

    瑞葉:わあ、かわいい♪

    青芝:国立行ったついでに買ってきんだ。U21、わりとイイ感じの勝ち方したからな。

    天瑞:あ〜わかるわかる。気分いいときって散財しちゃうもん。自分は落ち込んでも散財するけど…

    青芝:お前さんの財布が心配だ…


      ★           ☆           ☆

    瑞葉:おいしかった〜。ごちそうさまでした。

    天瑞:…とこんな感じの仮オープン、あっという間だったね!

    青芝:なんか茶菓子食べながらダベッてただけのような気が…

    天瑞:そのうち甘いもの紹介のサイトになってたりして。

    瑞葉:おもしろそう!ちょうどね、ミアトルに甘いもの大好きな先輩がいて水着を着てて閉じこもって……

    青芝:あー、だからまた専門用語をださないように。

    天瑞:大丈夫だよ。ここを見つけるような人たちなら。

    青芝:サッカー関係をたどって偶然ここに来た人たちが心配なんだよ、俺は…

    天瑞:『サッカーの素』に投稿してる方とか、やってきたりしてね。いつかしっかりとした特集組みたいな。

    瑞葉:楽しそうですね。でもその前にまずはG’sですね♪(ウィンク)

    青芝:…読めばいいんだろ、読めば!まったく、余計なことを思いださせて…

    天瑞:(この愚痴がそのうち熱い主張に変わってゆく…なんてね)

        では次回は多分11月のアタマあたり。それまでは他の部分をちまちま工事していきます。

    瑞葉:温かく見守ってくださいね!それではっ!

    青芝:週末のJリーグを忘れるなよ。


  2006年 10月28日 臨時更新 浦和特急、静岡で小休止

       コンコン。
    
    瑞葉:てんずいさ〜ん、元気ですか〜?起きてますか〜??

    青芝:こっちだこっち。

    天瑞:…………しゅううううぅぅぅ…………

    瑞葉:きゃあああ!も、燃え尽きてる!?

    青芝:なあに、明日になれば治ってるさ。久々の負け試合だったからな。仕方ない。

    瑞葉:あおしばさんの言うとおりでしたね。来てみてよかった…

        ところであおしばさんは見てたんですか?今日の試合。

    青芝:ああ。いきなりの2失点だったからな。常に後手を踏んだ戦いはキツかったろう。

    瑞葉:えと…ヤマハの…磐田戦でしたっけ?

    青芝:ヤマハは相性が悪いからなあ…2年前にやったのが最後だったかな。

        あの時はまだ春先で、エメが退場しちまったんだよな。

    瑞葉:今日はどんな感じだったのかな…えと、スコアは………3−2…

    青芝:後半相馬を投入して4バックに変えたが、結果として布陣のいいところも悪いところも出たって感じだ。

        どちらにしよ、闘莉王が抜けたらキツイ。

        あちらさんの速攻にも手を焼いてたしな。

    天瑞:……ううう………のぶひさの へっどは おふさいどじゃ ないぞ〜………

    瑞葉:う、うわごとまで…

    青芝:まあ冷静に考えれば順位が抜かれたわけじゃなし、来週きっちり勝てば雰囲気は戻るだろう。

        過去に優勝争いしてきたチームはすべて同じ壁を乗り越えてきたんだ。

        フットボールの…おもしろいところだよな。

    天瑞:あ、ふたりとも、おはよ〜

    青芝:気付いたか、ようやく。

    瑞葉:心配したんですよ〜。あおしばさんが、『ヤツが真っ白になってるかもしれないから』て言ったから、

        気になってきてみたんです。

    天瑞:そうか、ごめんごめん。久々の敗戦だったもんで。

    青芝:シャキッとしてくれよ。正式オープンも近いし、再来週はマリノス戦だろう?

    天瑞:いや〜面目ない。でも来てくれたついでだし、少しだけ更新しとこうか?壁紙も変えたいし。

    青芝:構わないぜ。ほんとにちょっとだけだが。

    瑞葉:じゃあわたしは壁紙選んでおきますね〜


        〜秋深し カオスに揺れる 磐田の地 されど目指す地 変わることなし〜

【戻りますよ〜】


inserted by FC2 system