2006年 11月1日 正式オープン!マリエスター・ユナイテッド

     天瑞:あおちゃん、早くはやく〜

     青芝:…お、お〜す……(フラフラ)

     瑞葉:だ、だいじょうぶですか??

     青芝:これくらい…何てことない。昔サッカー雑誌の編集してたときはもっと…しめきりの…修羅場だった…

     天瑞:じゃ、あいさついこうか!コホン…

         どうも!マリエスター・ユナイテッドのマスター、わたくし天瑞烈Z!

     瑞葉:追試をなんとか逃れたナビゲーターの大城戸瑞葉!

     青芝:そしてたった今G’s12月号をフラフラになりながら読み終えた青芝辰巳……

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください♪



     瑞葉:やった、やったあ〜!うまくいきましたよ!

     天瑞:うん、前途は洋々だね♪…あれ?あおちゃん、顔色悪いよ?

     青芝:いや……守備範囲外の雑誌に手を出すのはまさにアウェーだと……実感させられたところだ……

     瑞葉:あおしばさん、休憩もしないで何時間も…

     天瑞:はまり出すと止まらない人だと思ったけど、まさかこれほどとは…

     青芝:ふ………余計な詮索はいいから、さっさと話を進めたらどうだ?

         取り上げるんだろ?G’s12月号。

     天瑞:そうだった。それじゃあ…

     青芝:どこから行く?タイトルは調べてあるし、どこでもいいぜ?アクアプラス特集か?「よあけな」か??

         俺なりに分析は済ませてあるつもりだ。

     天瑞:あ、その手のゲーム全然持ってないし、よく分かんないや。モエスタいこ、モエスタ!

     瑞葉:さんせ〜い!

     青芝:…………おい!それでいいのか!?

     天瑞:え、なにが??

     青芝:いろんな新作のタイトルを分析し、論評し、今後の方向性を読むとか…

         そういうことはやらなくていいのか!!?

     天瑞:いや〜だって自分自身、萌系ゲームの経験値が少ないし。そんな分析できるほどの数、こなしてないよ。

     瑞葉:わたしだってそうですよ〜。自室にテレビはないし、テスト勉強だってしなきゃいけないし。

     青芝:…とりあえず、だ!今までにプレーした「萌系ゲーム」…挙げてくれるか?

     天瑞:いいよ。お安い御用!

         シスタープリンセス

        シスタープリンセス〜ピュア ストーリーズ〜

        シスタープリンセス2

        シスタープリンセス2 プレミアムファンディスク

        シスタープリンセス リピュア(GBA)

        W−wish

        120円の春


         ※06年10月末現在

     青芝:…たったこれだけか!?

     天瑞:仕方ないじゃないか〜体力的にも精神的にもけっこう疲労するんだよ?この手のゲームは

     青芝:にしてももう少し多くてもいいんじゃないか?G’sに投稿してるくらいなら!

     天瑞:う〜ん、どうも手を出す気になれないんだよね…

         作品自体が悪いってわけじゃなくて、早い話、時間がない…って言ったらいいのかな。

         浦和のサポートしたいし、イラスト描きたいし、サイトも更新したいし、オシムの言葉も読みたいし。

     青芝:まあ…わからなくはねえけどな…

     天瑞:正直、どれも「大掛かり」だなって感じがしちゃうんだ。記事を読んだだけで雰囲気はつかめちゃうし、

         実際、やったことのないゲームで文字ネタ書いて掲載されたこともあったから。

     瑞葉:そのわりには天瑞さん、シスプリシリーズは12人分データがありますけど…

     天瑞:それは例外中の例外。それにシスプリはけっこう進むの早いし。

     瑞葉:このメモリーカードはなんで鞠絵ちゃんのデータだけなんですか?

     天瑞:それは要所要所のエピソードを楽しむため……って、そんなことはどうでもいいから!

     青芝:かたよってんな〜。ま、お前さんらしいけどな。

         それでも気になるタイトル、1つくらいはあるだろ?

     天瑞:ん〜、PS2のストパニくらいかな。あとアニメなら「よあけな」がちょっと気になるかも。

         正直、アニメのストパニを全話チェックし終えて、かる〜く燃え尽き症候群っぽいのかな…

     瑞葉:しっかりしてください、てんずいさん!限界には次の限界があるんですよ!?

     青芝:…なぜそこでオシム語録!?

     天瑞:とにかく、いろいろ調べてくれたあおちゃんには悪いんだけど、G’sの分析というよりはモエスタを

         開きながら遊んでいく感じにしたいな。

     青芝:好きにしてくれ…俺はつかれた…

     瑞葉:まあまあ、あおしばさん。てんずいさんの投稿を探してみましょうよ〜

     青芝:…見てみるか……しかしまあ……カラフルだな。このページにはなし、と。

     天瑞:カラーイラスト苦手なんだよね。なんであんな超絶技巧使えるの!?なんて思っちゃう。

         あ、「もえすたの種」のチェックも忘れないでね。

     瑞葉:わ!最近は生協でメイド服も売ってるんですね〜

     青芝:世も末だ……

     瑞葉:あ、見つけましたよ、てんずいさん!

     天瑞:え?どこどこどこ??

     瑞葉:ほら、ここの四葉ちゃん。

     天瑞:ん〜〜〜〜………あった、本当だ!この時あまり送れなかったからなあ。よかった〜

     青芝:…ちょいかすれ気味だな。薄い線で描いたろう、お前さん。

     天瑞:う……あおちゃんのダメ出しがきたよう……

     青芝:ダメ出しってほどじゃねえよ。ただ、編集する側に立ってみてだな…うまく印刷されるように

         気ィ遣ってみな。少しはマシになるんじゃねえのか?

     瑞葉:やさしいですね、あおしばさん。

     青芝:どうもバックナンバーを見てたらだな、天瑞のイラスト、載ってることは載ってるんだが

         イマイチ「ちいサイズ」ばかりなんだよな〜

     天瑞:すいません、あまり追い詰めないでくれますか??ワタシはちいサイズでもいいんですっ!!!

     青芝:わわっ!?誰も悪いとは言ってない!落ち着け!

     天瑞:…ふぅ〜…ほんのり落ち込んだから、早く A.I.Love You 見よっと。

         …………

         ♪♪♪♪♪♪♪♪♪

     青芝:なんか露骨に楽しそうになってきたな…

     瑞葉:あ!アイリスが持ってるタロット、てんずいさんが考えたんですよね!

     天瑞:そう!なんか………いいなあ…。あおちゃん、この企画がどんな感じなのか、わかるよね?

     青芝:まあ、だいたいな。バックナンバー呼んで勉強したから。

     天瑞:アイテムや機能で物語が決まる…テキストの雰囲気もいいし、遊び心も込められてて、すごく好き。

     瑞葉:わ、ココちゃんとRUNAちゃん、2人ともサンタ服と動物使い機能がくっついてる!

     青芝:ココとRUNA…この2人………Winkみたいだな。

     瑞葉:?

     青芝:あ、忘れてくれ。元ネタを話すと長くなる。

     天瑞:次回のアイテム・機能候補は…っと、ふむふむ。

     青芝:…おい、なんだ、10tハンマーって!!!

     瑞葉:わ、すご〜い。ダイナミックな発想ですね!

     青芝:ダイナミックとかそういう次元の問題じゃないだろう。だいたいどうやって使うんだ!?

     天瑞:やっぱりFF4の「あいのフライパン」みたいに思い切り殴って、愛する人を目覚めさせ…

     青芝:もういい…しかし何だろうな、な〜んか誰かゲットしそうな気がするんだよな。10tハンマー。

     瑞葉:てんずいさん、誰に何をくっつけるか決めたんですか?

     天瑞:だいたいね。こういうのは感覚でササッと決めちゃう。しめきりも近いし。

         そろそろまた新しい機能とか考えようかな。

     青芝:次のイベント「お正月」だそうだ。誰を選ぶんだ?

     天瑞:ん〜っとね……!そうだ!あおちゃんの考えを先にきいてみよー!

     瑞葉:あ、わたしもきいてみたい!あおしばさん、どの子が好みなんですか〜??

     青芝:!おい、俺は別に…

     天瑞&瑞葉:(わくわく わくわく わくわく わくわく♪)

     青芝:……仕方ねえなあ。1回しか言わねえから、よく聞いとけよ。

         ………

         …………

         ………………………………………………………………………………(ボソッ)愛羅

     瑞葉:あ、あおしばさんはキレイなおねえさんが好きだったんですね!

     天瑞:大発見だ!サイト開いてよかったよ〜

     青芝:おまえら、騒ぎすぎだっつうの!!しかも俺のつぶやき、太字にしてんじゃねえ!

         てかお前さんはどうなんだよ。

     天瑞:ん、ワタシ?多分アイリス。これで3ヶ月連続だと思う。みんな好きなんだけど、なんか情が移っちゃって。

         一時期「怒」とか「憎」のパラメータが上がってた時があって「そんなのヤダ!」って感じでどうしても

         愛らしい子にしたくて。

     青芝:…………ところでこの4人、ロボットなんだよな。

     天瑞:そうだけど?

     青芝:……なんか、もったいないな…

     ぶーーーーーーーーーっ!(天瑞・瑞葉ともどもお茶を吹く)

     天瑞:あ、あおちゃん、なんてエキゾチックな言動を!!!

     青芝:え?だって、わざわざロボットなんて設定よりは、人間のほうがいいだろう?

     天瑞:ちっがーう!ロボットだからこそいいんです!!

     青芝:…その辺の感性はまだまだ理解できねえなあ…ま、許してくれよ。

     瑞葉:じゃあ愛羅さんに「ロボットのわたしでも好きでいてくれる?」って言われたら、どう答えますか??

     青芝:なんでそっちの話になるんだ!?てか俺を泥沼に引き込むようなマネはやめい!



       ★                ☆               ★

     天瑞:…というわけであっという間の記念すべき正式オープン、皆様いかがでしたでしょうか?

     青芝:思いのほか長くなったな。作品の分析とか、やらなくて正解だったかな。

     瑞葉:A.Iだけでかなりもっていきましたよね〜

         ところで「マリッジロワイヤル」のキャラデザインに応募したの、どうなったんですか?

     天瑞:ああ、あれ。ん〜、一歩(どころじゃないか)及ばずだった。やっぱカラーは苦手。

     青芝:凄いもんだよな…俺は絵なんて全っ然描けねえから、どの辺の基準で決まるかなんて、

         分かりゃしねえよ。お前さんはなんでイラストを描くんだ?

     天瑞:う〜ん、一言で言うなら…ちょっと抽象的な言い方になるけど、自分なりのユートピアを作りたいから

         …かなあ。自分で言っててなんなのかわかんないけど。あくまで趣味だし。

     青芝:野暮なこと聞いちまったかな、すまねえ。

         まあ、ちょいと理解に苦しむとこはまだまだあるが、つまらなくはなかったぜ、G’s。

     瑞葉:よかったあ〜。途中で耐えられなくなって、頭突きして退場しないか心配だったんですよ?

     青芝:…どうしてこうも珍妙な場面でサッカーネタを使いたがるんだ、この子は…

     天瑞:これからもこんな感じで進めていきたいな〜なんて思うんだけど、どうかな?

     青芝:悪くないんじゃないのか。この長さで続くかはわからんが…あ、それと要望ひとつ。

         時々でいいから、サッカー特集をやってくれ。

     天瑞:もちろんそのつもり。そうしないと、あおちゃんの体、もたないもんね。

     青芝:あー、あえて否定しないから。てかその通りだから

     瑞葉:では次回の更新は来週…で、いいんですか?

     天瑞:う〜ん、気が向いたらちまちまやっちゃおうかなあって思ってる。週一ペースは「遅くても」って感じで。

         なんか3人でやってたら、けっこういけそうな気がしてきて。

     青芝:ムリはすんなよ。お前さん、ハマると大変だからなあ。

     天瑞:いや〜、あおちゃんにそれを言われちゃあねえ(笑)

     青芝:おい!!

     瑞葉:ふふふ♪楽しいおしゃべりもそろそろお開きにしますよ〜。

         皆さん、今後とも「マリエスター・ユナイテッド」をよろしくお願いしますね!

     青芝:縁があったら、また会おう。

     天瑞:A.Iの投稿、忘れないでくださいね〜!


  2006年 11月4日 ナビスコと苺の姉妹

     天瑞:…た、ただいま〜……(フラフラ)

     青芝:おう、早かったな!知ってると思うが浦和は順当勝ちだ。ほとんどフルメンバーだった。

         達也とワシントン、それぞれ2ゴール。それと長谷部もゴール。順当すぎて物足りない…

         なんて言ったら怒られるがな。

     天瑞:………ふ〜………

     瑞葉:?てんずいさん、どうしたんですか??なんだか…すごく疲れてますよ??

     天瑞:いや、なんと言うか…前回のあおちゃんの気持ちが少しだけ分かったというか…

         感じるのは、まだまだ自分は未熟だってことかな。

     青芝:…何があったのかは知らんが、ちゃんといつもお世話になってる人たちには、挨拶してきたんだろうな?

         天皇杯パスして行ったんだから、それくらいの気合はあったんだろう?

     天瑞:それは大丈夫。ただ1人だけ、ニアミスして会えなかった方がいた。

     青芝:そうか、ちょっともったいなかったな。

     瑞葉:あ、いろんな本!見せてください〜。うわあ…どれもすごくキレイな絵!

         それに文庫本まで…!

     天瑞:それじゃ、今日の更新いくよ!浜松町帰りのわたくし天瑞烈Z!

     瑞葉:同人誌でのル・リムメンバーの活躍が楽しみな大城戸瑞葉!

     青芝:そしてFCコペンハーゲンがマンチェスター・Uに勝って機嫌は上々の青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください〜!


       ★                ☆               ★


     天瑞:2006年のナビスコ決勝は……ジェフ千葉の連覇で幕を閉じました!

     青芝:ふふ、羨ましいか?

     天瑞:そりゃあ……羨ましいさ!確かにリーグは残っているけど、後先考えない闘志・火花が散るあの決勝の

         雰囲気は捨てがたいんだから。

     瑞葉:どちらもいい戦いしてましたよね〜。赤と黄色が半分ずつに分かれて…

     天瑞:浦和が勝ち進むと8割方赤くなっちゃうんだけどね。

     青芝:お前さん、2年前は相当苦労したんだよな?

     天瑞:そう!決勝チケットを手に入れるために夜通し並んだなあ。『ここなら浦和から離れてるし安全だろう』

         …なんて思ってたけど、甘かった。しっかり毛布とか持ち込んで遠征してきた。

         結局、発売日はすぐに売り切れて入手できなくて、千駄ヶ谷駅前で声出して譲ってもらったんだよね…

     瑞葉:そ、そんなすごかったんですか??

     天瑞:浦和をサポートする根性はナビスコを通して養われた、といっても過言ではない、かな。

     青芝:で、肝心の昨日の試合だが、両軍とも若いメンツが目立っていたな。

     天瑞:千葉は水野、山岸、鹿島は深井、青木…このあたりが印象に残ったなあ。

     瑞葉:てんずいさん、どっちに勝ってほしかったんですか?

     天瑞:う〜ん、浦和絡みじゃないから…正直、いい試合が見られれば、どっちでも良かった。

     青芝:延長の可能性に本山を出し渋った鹿島…その隙に電光石火の2得点。駆け引きだな、フットボールの。

     天瑞:でも一番気になったのはアマル監督が胴上げされるかどうか。

     瑞葉:喜び方、ひかえめでしたよね。胴上げはされてたみたいですけど。

     青芝:喜び方が尋常じゃなくハデな人も中にはいるからな、元FC東京監督のあの人なんか…

        (※原博実氏は選手がゴールするとものすごくハデな3段跳びで喜びを表現していた)

     天瑞:あ〜、アレかあ!実はテレビの中継で見てから一時期ハマっちゃって。

         台所の前でドスン!ドスン!ドスン!ってやっていた時期が…

     青芝:…よく苦情こなかったな…

     天瑞:気を遣ってたから、足音立てないように!

     瑞葉:???どんな感じだったんですか?

     天瑞:やってみせようか?こう勢いをつけてガッツポーズしながら細かいステップを踏んだ後、前方に向かって

         華麗に飛び込みさらにその勢いで2段目まで………………………………………!!!!

     青芝:おい、ムリすんなよ。

     天瑞:あ、足つった……(注:リアルでつります)

     瑞葉:だ、大丈夫ですか?ゴメンなさい、無理言って……

     天瑞:いや、しかし新しい発見だ。あの喜びの3段跳びは現役時代の代表クラスのFWの跳躍力があってこそ

         こなせるものだと!!奥が深い…自分みたいなシロウトがマネしてはいけなかったんだ!

     青芝:お〜い、感動してるとこ悪いんだが、話戻していいか?

         とにかくこれで国内3大タイトルの一角は埋まったわけだ。残り2つは…

     天瑞:もちろん、浦和!!この2つは譲れない!そして栄光の舞台に戴冠旗を掲げるんだ!

     瑞葉:たいかんき…ですか?いつもの旗じゃなくて?

     天瑞:うん。いつも掲げているのは千影をモデルにしたやつだけど。もう一つ、タイトルがかかった勝負の

         舞台でしか使わない旗がある。

     青芝:天使が少女に王冠を授ける絵柄の旗だな。知人から『どこかの新興宗教みたいだ』なんて

         突っ込まれたいわくつきの。

     天瑞:仕方ないじゃないか〜自分の画力じゃそれが精一杯。これでも一応努力したんだよ?

         古代中世の美術の構図を参考にしたり…

     瑞葉:古代中世の…蒔絵とか鳥獣戯画とか金剛力士像とか!?

     青芝:なんでそんな和風テイストなものばかり挙げる!?

     天瑞:やっぱり「戴冠」っていうくらいだから、どちらかといえば西洋風のイメージが最初に浮かんだなあ。

     瑞葉:わたしは、どっちかというと「天下統一」とかそっちのイメージでしたけど…

     青芝:…瑞葉、本当にル・リムの学生か?


       ★                ☆               ★


     青芝:ところで帰ってきてからいきなりナビスコの話だったが、今日の収穫はどうだったんだ?

     瑞葉:行ってきたんですよね、SSS(ストロベリーシスターズ)。

     天瑞:うん、ナビスコの話をしてたらようやく頭もすっきりしてきた。

         印象に残ったこと、整理して書き出してみるね。

          ・想像以上に強烈だった隣のゾーンのローゼンメイデンの扮装

         ・某サークルさんの足元に置いてあったワールドサッカーダイジェスト

         ・使われずじまいだった某サークルさんのサイコロフリップ

         ・妙に人気だったような気がする要と桃実

         ・異様な熱気を醸し出していた光と闇のお茶会

         ・落書きゾーンで光の速さの超絶技巧で蕾ちゃんを仕上げる某G’s投稿者さん


          ・その落書きゾーンに唯一描いてあったココと愛羅

     天瑞:う〜ん、まだまだあったような気がするんだけど、すぐには思い出せない…

     青芝:…いや、これで十分だ、てかこれ以上はいいから。

     天瑞:つくづく思うんだけど、やはり自分の描くスピードは遅い、と痛感させられたよ。そりゃあもう…

         これからは描いて描いて描く!せっかく素晴らしい手本を手に入れたんだから!

     青芝:おい、そこまで気合入れなくても。今の時期は違う方向に…

     瑞葉:そうですね!オシム監督も『私は選手たちに、走って、走って、走れと言う』って言ってましたもんね!

         描いて描いて描くのが一番です!

     青芝:だ〜か〜ら、語録を使う場面がおかしいから!

     瑞葉:ところで蕾ちゃんをすごい速さで描き上げた投稿者さんって、どなたなんですか?

     天瑞:それは…ここではあえて挙げないでおこうかな。後々G’sゾーンの『投稿者ほめたおし』コーナーで

         挙げる方だから。

     青芝:お前さん、何か描いてきたのか?

     天瑞:うん。「現場百回」のゲート旗を掲げる千華留さまを。

     青芝:変なところで自己主張は忘れないヤツだよな…

     天瑞:でもあの多数の人たちが集まる中で、落書きにせよ一つの「絵」らしきものが描けたことは

         いい経験になったと思う。あれでも最高速度、出したつもりだったし。

     青芝:褒めていいのか何なのか…


      ★                ☆               ★


     天瑞:今回はナビスコ決勝とSSSの話題でお送りいたしました。いかがでしたでしょうか?

     青芝:後半のアクが強すぎてナビスコは吹っ飛んだけどな、俺は…

     瑞葉:ル・リムの格好した方、いましたか?

     天瑞:いたいた。でも3校比率ではスピカが多かったかなあ。今度数えてみようかな。

     青芝:今度って…まさか第2弾があるのか!?

     天瑞:来年のGW中にやるみたい。今度は自分を鍛え上げて、ぜひともリベンジを…!

     青芝:あまり日程詰めすぎるとレッズとかぶるぞ。今回みたいに。来年はACL(アジアチャンピオンズリーグ)

         もあるんだから。行ってみたいんだろ?海外アウェー。

     天瑞:はっ!そ、そうだった…

     青芝:あまりいろいろ手を出しすぎるとこのサイト、闇鍋みたいになるぞ。

     瑞葉:闇鍋、やみなべ、う〜ん………闇鍋部!?

     青芝:リアルに嫌だろ!?そんな部は!!…しかしマジメな話、日程がかぶった時は両取りできないわけ

         だからな。

     天瑞:そうだねえ。そうだ、イベントの方は…

     青芝:俺に行かせるってのはナシだからな。

     天瑞:う!よ、読まれてた……さすがあおちゃん、抜け目ない!

     瑞葉:あなどれませんね…!

     青芝:何がだよ、まったく…ともかくリーグはすぐにマリノス戦が迫ってるし、A.Iのしめきりもすぐにやって来る。

         手をつけてないサイトのコンテンツだって残ってるし、やらなきゃなんないことはいっぱいあるぞ。

     天瑞:承知してるよ〜。順を追って片付けていくつもり。

     瑞葉:次の更新はいつごろですか?

     天瑞:自分でも読めないや。明日かもしれないし、一週間後かもしれない。

     青芝:さっそく怪しくなってきたな…開店休業だけは勘弁してくれよな。

     天瑞:大丈夫!あおちゃんを巻き込みたいネタには事欠かないから!

     青芝:………………………………………………………………………………(汗)

     天瑞:2度目の狂想曲更新も無事に済んだところで今回はお開き!お相手はワタクシ天瑞烈Zと、

     青芝:…サッカーネタが死ぬ程降ってくることを願ってやまない青芝辰巳と…

     瑞葉:今日の本がとっても楽しみな大城戸瑞葉でした。みなさん、風邪をひかないよう気をつけてくださいね!



  2006年 11月7日 A.Iの力で夢開く 

     瑞葉:ぜーはーぜーはー…こ、こんばんわあ…

     青芝:…………

     天瑞:お疲れ、よく来たね!

     瑞葉:今日更新するなんて、早いですよお。一週間に一回じゃなかったんですか?

     天瑞:いや、A.I.Love Youの投票内容を決めるってあおちゃんに話したら「俺にも立ち会わせろ!」

         って言うから、ついでに更新しちゃおうと思って。

     瑞葉:あ!それなら仕方ないですね♪あおしばさんがどうしてもって言うんですから♪

     青芝:ご、誤解するな!ただ投票内容の中身とやらが気になっただけで!

     天瑞:はいはい、言い訳は後で聞くから、恒例のあいさついくよ〜

         では…投票用のアイリスがわびさびの雰囲気を醸し出しまくっている天瑞烈Z!

     瑞葉:ル・リムだらけの同人誌を何度読み返しても飽きない大城戸瑞葉!

     青芝:そしてそろそろU19代表の堤俊輔をレッズのスタメンで見てみたい青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください〜!


       ★                ☆               ★

     天瑞:じゃあまず今回のA.Iの投票内容を確認してみようか。

       Choice1…お正月イベントの相手を選ぶ。

       Choice2…アイテム選択
              A:修道服  B:婦警さん  C:狼  D:迷彩服  E:振袖  F:10tハンマー

       Choice3…機能選択
              A:子守唄  B:雷撃  C:ちょっとだけ予知  D:寒がり  E:運転  F:弾き語り



     瑞葉:てんずいさん、さっきあいさつの時アイリスがなんとかって言ってましたよね。ということは…

     天瑞:そう、お正月イベントはアイリスで、アイテムは振袖!…でも画力のなさからかわいい振袖が

         描けなくて…

     青芝:なるほど。どちらかというと地味な、江戸時代の俳人のような服装になってしまったと。

     天瑞:そのとおり!ああ、見れば見るほどわびさびだ…

     青芝:ムリするからだ。おとなしく愛羅にしておけば何でも着こなせる…いや何でもない…

     瑞葉:………ぷぷ………

     青芝:ええい次だ次!他の3人にもアイテムとかつけるんだろう?

     天瑞:うん。気に入ったのがなければ「該当なし」って答え方でもいいんだけど、それだとパラメータが

         上がらないから、何かしらつけるようにしてる。

     青芝:どれ。ハガキ見せてみろ……………ぶ!!!!

         お前えええ!愛羅に10tハンマーつけやがったなーーーーーーー!!!!

     天瑞:だ、だって、なんか楽しそうで…

     青芝:だいたいツッコミ用アイテムはハリセンがすでにあるだろうが!

     天瑞:あ、そうだった。

     青芝:とりあえずそれはナシだ!これだけは俺に選ばせてくれ。え〜と…

     瑞葉:あ、気をつけてくださいね。同じアイテムはあげられませんから。

     青芝:そうなのか。お前さん、他は…ココに修道服、RUNAに狼…ヘンなセンスだな…

         とりあえずそれ以外か。なら………………………………Bで。

     天瑞:Bってことは…婦警さん!

     瑞葉:わあ、いいセンスですね、あおしばさん!これを着たら愛羅さんはきっと

         『愛のチカラでキミを夢の世界に連行よっ♪』なんて言ってくれますよ!

     青芝:その生々しいツッコミはやめろ!まったく恥ずかしい…さっさと機能の方にいくぞ。

     瑞葉:はいは〜い、え〜と…ココちゃんが子守唄、アイリスに寒がり機能、RUNAにちょっぴり予知。

     天瑞:お待ちかね愛羅さんは弾き語り。

     青芝:いちいちうるせえ…しかしこの中ならまあいいんじゃねえか。こっちは問題ないな。しかし…

     天瑞:ん?

     青芝:お前さん…わかりやすすぎるぞ…アイリスに寒がり機能…どんだけアイリスとくっつきたいんだよ

     天瑞:だって、パラメータ見てよ〜「愛」が他の3人と比べてダントツで低いんだよ?

         最低でも8〜9くらいになるまでは重点的に育てる!

     青芝:「愛」が上がるって決まったワケじゃないだろう。「哀」とか上がったらどうするんだ?

     天瑞:それは…それもまた、よし!亞里亞のように「くすん…」と泣いちゃうアイリス…

     瑞葉:あ、でもちょっとわかるかも。美人さんの涙って魅力的だったりするんですよね。

         ミアトルの生徒会長さんも、すごくきりっとした方だけど…あの人の涙とか見ちゃったら、

         ちょっぴり申し訳ないけど、得した気分になっちゃうかも。

     青芝:何の話だよ……で、これでひととおり決まったわけだな。

     天瑞:うん。まとめるとこんな感じ。

      Choice1:アイリス

      Choice2:ココ…修道服   アイリス…振袖    RUNA…狼      愛羅…婦警さん

      Choice3:ココ…子守唄   アイリス…寒がり   RUNA…ちょっとだけ予知  愛羅…弾き語り


     瑞葉:あとはコレをポストに投函するのみ。

     青芝:メールは使わないんだな、お前さん。

     天瑞:イラストも一緒に描いてるから。CGが描けるようになれば話は別なんだけど。

         ともあれこれで、しめきりの一つはクリア!

     青芝:よく言うぜ。イラストに変にこだわりすぎてサッカーの素へ投稿し損ねといて。

     天瑞:あ、あまり追い詰めると愛羅さんに10tハンマーを…

     青芝:あ〜わかったわかった、責めてるわけじゃねえって!それより今回のところはこんなもんでいいだろ。

     天瑞:そうだね。急なところサンキュ、瑞葉!

     瑞葉:大丈夫ですよ〜。あおしばさんの萌えっぷりが見られるなら、深夜でもかけつけます!

     青芝:………………………………………………………………(反論できない)

     天瑞:コレをきっかけに皆さんもA.Iに興味をもってくださいね!

         お相手は、そろそろモノクロイラストに移りたい、天瑞烈Zと

     青芝:なんだかんだ言ってしっかり楽しんでしまった青芝辰巳…

     瑞葉:門限破りの裏技をちょっとだけ知ってる大城戸瑞葉でした!それでは、またの日に〜♪



  2006年 11月12日 参戦のおともは3校章!?

     天瑞:ZZZZZZZZ…ZZZZ…

     青芝:…昨日帰ってから「更新するっ!」て息巻いてたのに、寝っぱなしだな…

     瑞葉:やっぱりここはフライパンでゴーン、とかやらないとダメですか??

     青芝:そこまでシチュエーションを大事にしなくていい。

     天瑞:ZZZZ…ヒーア…ウィー、ゴ〜……

     青芝:あ〜あ、寝ながらチャント唄ってるよ、…しかしどうすりゃ起きるかな

     瑞葉:いくつかリストアップしてみました!

         ・大声で「東京戦チケット復活してる〜!」と叫ぶ

         ・同様に「永井雄一郎が海外に電撃移籍〜!」と叫ぶ

         ・同じく「シスプリ3発売決定〜!」と叫ぶ

         ・やっぱり「A.I.Love Youカラーに進出決定〜!」と叫ぶ


     青芝:叫んでばっかだな…しかし…面白そうだ。いっそのこと全部やってみるか?このままじゃ埒があかん。

     瑞葉:はい♪

        ★★★(全部やってみた)☆☆☆

     天瑞:こうしちゃいらんない!急いでローソン行って、浦和行って、永井に引き止めのメッセージ送って、

         記念投稿して、G’sのアンケート書かなきゃ!!!

     青芝:…悪い、ここまで効果があるとは思わなかった。全部ウソだ…

     天瑞:え、全部?1コくらい、本当が混じってたりしない??

     瑞葉:すいません〜全部デタラメなんです。

     天瑞:なんだあ、がっかりしたような、ホッとしたような。でも4つ目はけっこう実現しそうじゃない?

         ていうかそろそろ何か動きがあってもいいような…

     青芝:そんだけ考え事できるってことはもう完全に目が覚めたってことだな。あいさついくぞ。

     天瑞:そうだった。じゃあ…マリノスをリーグ戦の埼スタで初撃破して上機嫌の天瑞烈Z!

     瑞葉:アストラエアの丘は秋になっても過ごしやすい、大城戸瑞葉!

     青芝:そしてアジアユースが生中継されないことに不満しきりの青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください〜!


       ★                ☆               ★

     天瑞:か・ち・て・ん6差〜〜!!!

     青芝:ガンバも川崎もコケてくれたからな。双方とも退場者を出して負けちまったようだから後味は悪いが…

         だが…また追い風が来たぞ。

     瑞葉:終わる直前、かなり攻め込まれてましたよね。

     天瑞:うん。でもあっちの動きと狙いはかなり分かりやすかったから、対策は立てやすかったのかな。

         次、名古屋に勝てばガンバの結果次第でリーチがかかる。

     青芝:名古屋か…危険どころが何人かいるな。

         ・玉田圭司…レフティーのドリブラー。最近復調気味。

         ・本田圭祐…彼もレフティー。パス・キープ力に長け、FKも正確。フル代表初選出。

         ・ヨンセン…現役ノルウェー代表FW。高い身長と得点力がウリ。

         ・杉本恵太…流経大卒の高速ドリブラー。なぜかサイドバックをさせられたりすることも。


     天瑞:全員攻撃陣かあ…豊田スタジアムにはいい思い出がないからなあ。気合入れていかないと。

         ウチは高身長のFWに弱いし…

     青芝:気をつけないと4人のうち誰かを「にくいあんちくしょう」コーナーに追加することになるぞ。

     瑞葉:ネタが増えちゃうんですね!

     天瑞:おお、そういう考え方もあったか!

     青芝:警戒しろよ!タダでさえ名古屋とは因縁ネタが多いんだから…

         で、どうやって行くんだ?名古屋。

     天瑞:ホントは深夜バスかムーンライトながらで行きたかったんだけど、売り切れてるかなあ…

         無難なところで新幹線になりそう。市内見るのは試合後かなあ。

         (↑大阪遠征時に天王寺のアニメイトで時間をつぶしてた人

     青芝:…時間つぶしてる暇はないだろ…豊田スタジアムは名古屋駅から近くないんだぞ。

     瑞葉:(アクセス図を見て)わ〜乗り換え多い…

     天瑞:仕方ないか。とりあえず昨日の試合の録画中継でも見て、気愛入れなおそうっと。

     瑞葉:「気合」じゃなくて「気愛」なんですね!

     天瑞:そう!G’sにマンガを投稿して多く載せてもらってた頃、この用語をしつこいくらいに連発してたなあ。

         気持ちと愛、略して気愛。去年秋ごろ「気愛無限大」なんて大書した旗をゴール裏に持ち込んだり。


       ★                ☆               ★

     天瑞:やっぱり昨日の試合、足元がけっこうすべってたんだなあ。

     瑞葉:都築選手もキャッチングじゃなくてパンチングが多いですね〜。

     青芝:…それはともかく…お前さん、一体何しながら録画中継見てんだよ?

     天瑞:え?G’sのカラーイラストを描きながらの録画中継チェック。深雪さん、もう1回チャレンジしてみる。

     瑞葉:え!?六条生徒会長を描いてるんですか?ぜひ、優しく、やわらかく描いてくださいね!

     天瑞:そりゃもう、「リフレイン」の回の花織さんや渚砂みたいに、後ろからきゅうぅぅぅって抱きしめたくなるような

         …そんな絵が描ければいいんだけどな…

     瑞葉:楽しみにしてますね。…あ!六条さん、もう少し髪の色は濃いですよ!

     天瑞:あ…本当だ!もう少し濃い青色のコピック、どこだー!

     青芝:………暢久の先制ゴール、過ぎたぞ。

     瑞葉:えええ!?巻き戻しましょう!早く早く!

     天瑞:うわ、やりすぎた!いいや、最初からでも。

     青芝:あ〜あ、とりあえずイラストの手を止めろ。どっちつかずじゃ崩れるぞ、深雪さん。

     瑞葉:それもそうですね。しばらく録画に集中!…あれ?てんずいさんの旗、映ってませんでした?

         ほら、画面で見てゴールネットのちょうど裏の少し右上あたり。

     天瑞:あ、ホントだ〜。よく見つけたね〜

     青芝:…メチャクチャくすんでるな…周りのゲート旗が全体的にでかいから埋もれてるぞ。

         そろそろ塗りなおすか、作り直したほうがいいんじゃねえか?

     天瑞:どっちかなら塗り直す。G’sに投稿したとき「一生使います」って書いたから、作り直さない。

     青芝:どうしても切り離せないようだな。お前さんの2つの趣味は…

     天瑞:ちなみに自分がレッズの試合に参戦するときの、その手の持参アイテムは…

         ・ミアトル・スピカ・ルリム校章のピンバッジ(フラッグケースに装着)

         ・千影のピンバッジ(これもフラッグケースにつけっぱなし)

         ・ぷみねこ缶バッジ(リュックに大量の選手のピンバッジに混じってどさくさに混ざってる)

         ・鞠絵のトレカ(1年以上お守りとしてチケットホルダーに入れっぱなし)

         ・シスプリ携帯ストラップ(年度によって変える。今季は春歌。05年は鈴凛、04年は鞠絵)


     瑞葉:…六条さんのアイテムはないんですか??

     天瑞:残念だけどないみたい。基本的にメインメンバーのグッズしか出てないから。

     瑞葉:ううう…なら、つくっちゃおうかな…

     青芝:頼むから、目的を見失わないでくれよな。


       ★                ☆               ★

     天瑞:今回はほとんどサッカー関係だけの話になっちゃいました。大丈夫だったかな?

     青芝:俺としては有難い限りだ。それでも個人的マニアックな話題を混ぜ込んでくる根性には感服するが…

     天瑞:もしレッズが優勝したら、サイトにちょっと細工をしてみようかと思う。

         …といってもトップ絵を変えることくらいしかできないけどね。

     瑞葉:誰にするんですか?千華留さま?六条さん?

     青芝:あのな〜、レッズの優勝でなんでその2人を…

     天瑞:そうだ!ル・リムの面々がレプリカを着込んで応援してる姿にしよっと!

     青芝:うわ〜、見事に両立させやがった…

         止め立てはしねえが、ムリはすんなよ。サッカーの素とか、G’sもあるんだから。

     天瑞:まあ今のところ見てる人も少ないし、多少予定が狂っても痛くもかゆくもなし!

     青芝:言ってて空しくならねえか!?このサイトの構造的欠陥をダイレクトに指摘してんじゃねえよ…

     瑞葉:まあまあ、あまり意識しすぎない方が意外と描けたしするものですよ

     天瑞:そういうわけなんです。もし見てる方がいれば、気楽に聞き流してください♪

         ではお相手はマリノス戦でがんばりすぎていつでもお昼寝できそうな天瑞烈Zと

     青芝:優勝チームの原稿文面を何通りが考え中の青芝辰巳。

     瑞葉:ストパニレビューコーナーを早く進めたい大城戸瑞葉でした!それではまた〜♪



  2006年 11月19日 お題!冬の風物詩

     天瑞:…ただいま………。

     瑞葉:戻ってきたんですね!更新の準備、できてますよお〜

     天瑞:……………

     青芝:ハハハ、やっぱり釈然としないカオしてるな。無理もないか。ほぼワンチャンスをヨンセンに

         決められてそれが決勝点になっちまったんだから。

     天瑞:も〜、豊田スタジアムまでは乗り換えが多いし、スタンドの傾斜はキツイし…

         あまりにやさぐれたから、帰りの電車、満員にしてきちゃった!

     青芝:…別に勝っても満員にするんだろうが…でも見たところキズは浅いようだが?

     天瑞:うん。まだまだ首位であることに変わりないし。ただ、味スタのFC東京戦チケット、飛田給で

         物乞いするのが現実的になってきた…

     瑞葉:てんずいさん、そろそろあいさついきましょ♪

     天瑞:そうだね、それでは…名古屋の情緒を全然満喫しないで直通で帰ってきた天瑞烈Z!

     瑞葉:ドラマCDのル・リム版がそろそろ気になる大城戸瑞葉!

     青芝:そして高校サッカーの全国大会出場校が続々決まって感慨深い青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください〜!


       ★                ☆               ★

     瑞葉:てんずいさんは、コミケとか行かないんですか?

     天瑞:お、唐突におもしろい質問するねえ。そういえば今まで一度も行ったことないなあ。夏も冬も。

         興味あるものはオンリーイベントで事足りるし。

     青芝:種類が多すぎて迷子になるってか?

     天瑞:それそれ、当たり!1つの本を買うために数時間並んだりとか、体力的にちょっとムリかなあ…

     瑞葉:でもレッズの試合では時として開始6時間前に並んだりしますよねえ??

     天瑞:それは別。演出の手伝いとかすることもあるし、だいたいみんなシートを用意して寝転がってたり

         してるから。レッズの列は待つというより「生活している」って感じ

     青芝:レッズは列の並びの労力を軽くするためにいろいろ努力してるからなあ。

     天瑞:コミケでも前抽とかやったらどうなんだろ?

     (※前抽:レッズの試合日前日に並びの順番を抽選する。当日の朝抽選する「当抽」もある。
       入場の順番は 前抽組→当抽組→更にその後から来た組  …となっている。
       このようなやり方をとるのは、かつて並びに集中しすぎて体調を崩す人が出てきたから。)

     青芝:ん〜、難しいだろ。何しろ全国から来るんだから、コミケの参加者ってのは。

         だいいちレッズの場合はサポートって共通の目的のためにやってるわけだが、

         コミケの場合は周囲の人間が本を争奪するライバルだろう?ひとつにまとまるとは思えんが…

     瑞葉:な、なんかスゴく実感こもってませんか?あおしばさん。

     青芝:ただの想像だ。深読みはしなくていい。このくらいのことは察しがつく。

     天瑞:ええっと、今年の日程、一応調べてみたら…12月29日から31日までだって。

     青芝:天皇杯準決勝と初日が見事にかぶったな。

     天瑞:そうなんだよね〜。しかもここ数年、レッズはいいとこまで勝ち進んでいるから、仮に行こうと思っても

         1日は試合でつぶれて、その前後は多分疲れて動けない。

     瑞葉:めぐり合わせ、よくないですね。

     天瑞:ん、でもいいんだ。コミケに行かないことで自分の心にブレーキかけてるところあるし。

         これでコミケに手を出したら、…なんか…自分があっちの世界から戻ってこれなくなりそう。

     青芝:心配せんでも俺から見りゃあ、お前さんは立派なアチラの住人だ…

     天瑞:そんなことないよ〜、自分の資金使用比率はフットボールの方が遥かに多いんだから。


       ★                ☆               ★

     青芝:ん?冬コミに行ったことがないってことは…同時期に始まる高校サッカーはどうなんだ?

     天瑞:ああ、そっちも行ったことがない。いろいろ用事重なっちゃって…天皇杯も含めて。

         柏の葉あたりでやる試合は、いつか見たいとも思ってるんだけど、やっぱり正月って

         体が動かないんだよね。去年なんて天皇杯決勝があったから、なおさらだった。

     瑞葉:♪きみはっ♪うつくしいぃぃ〜〜♪くやしさにまみれてもぉ〜〜♪♪♪…ってテーマ曲ですよね?

     青芝:…頼むから平成生まれなら、第83回テーマを歌ったwindsの『夢の場所へ』とか挙げてくれ…

         それはそうと分かってると思うがいいもんだぞ、高校サッカー。

         現場で見てりゃテレビ局のキテレツな編集につき合わされなくてすむしな。

     天瑞:…あ〜アレかあ…

     瑞葉:?何のことですか?

     天瑞:前回、PK戦にもつれこんだ試合があったんだけど、いちばんのキーになってる局が

         PK戦の最中に生放送を打ち切っちゃったんだ

     青芝:しかもその後に始まったのが当の試合のダイジェストなんだからな…笑うしかねえって…

         野球と同じ感覚で放送しちまってるのかもな。「一部の地域を除いて終了します」って、あるだろ?

         サッカーは違う感覚でやってほしいもんだけどな…

     瑞葉:き、きっと時差の関係があったんですよ!

     青芝:いや時差はまったく関係ないから。てか日本の標準時は一つだけだから!

         何か言いたいのは分かるがボケが苦しすぎるぞ!!

     天瑞:まあまあ、それはそうと今年はどこが出てるのかな〜?

         鹿島学園は3年連続か…熊本の大津もきてる。あ、千葉は市立船橋じゃないんだ!

     青芝:野洲高、去年に続いてきてるぜ。

     天瑞:野洲きたかあ!セクシー・フットボール野洲!

     瑞葉:せ、セクシーな…フットボール…ですか???……………………………………

         …………………………………………………………………………(ポッ)

     青芝:あー、ちょっと説明の必要があるか。平たくいえば、「個人の技術を重視したパスワーク主体の

         攻撃サッカー」
とでも言えばいいかな。そういうのをセクシー・フットボールって呼ぶ人もいる。

     天瑞:例えば1点を取って守備をガチガチに固めるようなサッカーとは対極にある、

         見てて楽しいサッカーのことなんだ。決していつぞやの佐●東高校みたいに、真冬の埼スタ

         ゴール裏で競泳水着で応援してた
ことを指してるワケじゃないからね?

      (注:管理人は佐●県が大好きです!念のため。じゃあなんで伏字にするかって?それは…それさ!)

     瑞葉:あ……そ、そういうコトなんですか…

     青芝:コホン…じゃあ、ひとまず高校サッカー現地観戦の魅力について少し話してみるか…

          ・同じ会場で連戦が見られる。1つの会場で2試合はあるから。

          ・基本的にシミュレーションダイブが少ない。高校生だし。

          ・Jリーガー候補生の青田刈りができる。

          ・各校の応援がものすごくバラエティーに富んでいる。


          ・スタンドに出身校の現役Jリーガーが姿を現すことがある

     青芝:基本的に後味の悪い試合ってのがないからな。まあ、真冬の寒い時期にやるから、防寒対策は

         必須だが。

     
天瑞:沖縄の代表校が雪の中でものすごく躍動してたこともあったなあ。すごく楽しそうだった。

     瑞葉:でもみんながみんなサッカー選手になるわけじゃないんですよね?

     青芝:まあな。大半の人間は大学に進学するか、ここでの試合を最後にスパイクを脱ぐことになる。

         もしかしたらピッチでのプレーが人生最後になるかもしれない。

         その辺のシチュエーションとかが、名勝負を生み出していくんだろうよ。

     天瑞:そういえば兄妹エピソードとか、G’sのネタにしたこともあったなあ。

     青芝:…せっかく話がいい流れだったのに、なんでそこでおかしなネタを挟むのか、お前さんは!?


       ★                ☆               ★

     瑞葉:雨ふりしきる中での更新になりました。皆さんお楽しみいただけましたでしょうか??

     天瑞:あ〜寒い寒い!ゴール裏いくのにもそろそろ厚着になる季節だなあ。

     青芝:優勝争いも佳境だしな。まだまだ来週の更新で祝賀会…ってワケにはいかなそうだが。

     天瑞:名古屋に勝っていれば、ぶっちぎれるかなあって思ってたんだけど、やっぱり初のリーグは

         苦しんだ末に制覇しなさいって、神様が言っているのかも。

     瑞葉:優勝したらトップ絵、さしかえですよ♪

     天瑞:大掛かりなものは描けないけど、まあ頑張ってみる。G’sの投稿しめきりもいつの間にか迫ってるし。

         今用意できてるのはカラーの深雪さんと、A.Iの3コマ。最低限、これは投稿する…と。

     青芝:マンガ、描いたんだな。完全に撤退したかと思ったぜ。

     天瑞:やっぱり思いついたら描かずにはいられなかった。普通のイラストよりは時間も短くてすむし。

         競争率は高いけど、作るのはやっぱり楽しいんだよね。

     瑞葉:…いっそのこと、投稿しないで全部コッチに載せちゃったらどうなんですか??

     青芝:瑞葉、それを言っちゃあミもフタもないから…

     天瑞:それは最終手段ってことにしておくよ。いつかはそうなるかもしれないけど…

     瑞葉:う〜ん、難しいんですね…

     青芝:フットボールもそうだが、単なる趣味、で割り切れないものってあるもんだよ。

         ま、来週U21の韓国戦もあるし、気分転換でもしてみな。

     天瑞:そうだねえ、行ってみようかなあ。険しい道にも1軒の茶屋あり。休息は必要ってことだよね。

         ではお相手はサッカーの素への投稿も忘れないようにしたい、天瑞烈Z!

     青芝:某サイトの管理人さんに誉められてちょっとだけ気分がいい、青芝辰巳。

     瑞葉:そして女子サッカーでは右のウィンガーをやってみたい、大城戸瑞葉でした!

         みなさん、それではまた次回〜!!



  2006年 11月24日 調布へ奔れ!

     天瑞:残り3時間…2万円、高い!ええと、こっちは残り4時間、1万円…相変わらずだなあ、まったく…

     瑞葉:これ、オークションサイトですね。…!な、何コレ!?値段が何倍にも膨れ上がってる!

     天瑞:まったく…なんとかならないものかなあ…

     青芝:はは、優勝のかかった肝心な試合のチケットなんてこんなものだ。

         しかしまあ見事に…浦和とFC東京の試合がズラリと並んだもんだな…ある意味壮観だ…

     天瑞:むむむむむ…

     瑞葉:どれか、落札するんですか?

     天瑞:………(集中しているらしい)

     青芝:天瑞、その辺にしておけ。お前さんの性格はよく分かってる。どうせ暴騰チケットには手を出さないで

         飛田給に飛ぶんだろ?

     天瑞:あは、やっぱりわかる?まあ味の素スタジアムの収容は5万あるから余りは出るかなあ…なんて。

         高額チケットに手を出したら、自分に負けたみたいな気がして

     青芝:だいたいお前さん、今まで同じような目に遭ったとき全部現地調達で済ませただろうが。

         ヘンなところで運はいいからなあ。

     瑞葉:逃したこと、ないんですね!

     天瑞:6回くらいチャレンジして、今のところはね。いつかは失敗もあると思うけど、まあその時は

         近くの喫茶店でテレビかラジオで燃えることにするかあ〜

     瑞葉:複数枚出してる人もいるんですね…わ!2枚で6万円!?信じられない…

     青芝:…あんまり見てると神経に障るからやめな。この問題はなくなりはしねえだろうから、触れぬが吉さ。

         さっさと更新いくぞ。

     天瑞:おっと、そうだった。ではでは…そろそろ年に2、3度の戴冠旗の出番がきそうな天瑞烈Z!

     瑞葉:冬はミアトルの制服がちょっぴり羨ましい、大城戸瑞葉!

     青芝:そして浦和対甲府戦でのビジュアル演出はもっとスポーツニュースで放送してほしい、青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、どうぞお楽しみください〜。


       ★                ☆               ★

     天瑞:ふ〜、G’sの投稿、無事完了!

     青芝:結局マンガ・モノクロイラスト・カラー・かるたの4通りか…

     天瑞:A・Iの候補ロボット16体とか描いてたから、あまり手の込んだものは描けなかったなあ。

     青芝:てかいつもいい感じに手を抜いてるんだろう??

     天瑞:しょうがないよ〜、自分の場合、描き込めば描き込むほど汚れちゃうんだから!

         シンプル・イズ・ザ・ベスト、なのです♪

     瑞葉:あ…だからてんずいさんがアストラエアのみんなを描くとき、ミアトル生が比較的多いんですね!

     天瑞:そうそう!いや、見た目のデザインがいいだけでなくシンプルで描きやすい!

         ありがとう、真木ちとせ先生!って感じだね。

     青芝:…イラスト投稿してる人間のセリフとは思えねえな…世の中には難しいフリルを描くのに

         愛を込めまくってる人さえいるんだぜ?

     瑞葉:わああ、あおしばさん、よく見てますね〜

     青芝:まあな。亞里亞がミニプリのお題になっていた頃のG’sバックナンバーを見返して………

         …って、そんなことはどうでもいい!

     天瑞:(順調、順調♪)

     瑞葉:あおしばさんってば、夜中の欧州チャンピオンズリーグのハーフタイムの合間にそんな器用なことを…

     青芝:そこ、俺の行動をバラさない!まったく、何で知ってるんだか…

     天瑞:………ぷ………………(←元凶)

     青芝:…まあいい。ところでお前さん、絵ってどんな風に描いてるんだ?一応投稿してるのなら、

         それなりの手順ってのはあるんだろう?

     天瑞:う〜ん、特に変わったことはしてないけど…じゃあ一応順に追ってみようか。

     @人形をいじって構図を考える。過去のG’sを引っ張り出したりもする。

     天瑞:サカマガを参考にすることもあるんだ。人物の全体図がいい感じに載ってるから。

     瑞葉:これがモデル用人形ですね。あ、関節が動く!

         ……………びろーん、なんて…(腕の部分を水平に真横に伸ばして、その部分を軸にぐるぐる回す)

     青芝:やると思ったぜ…

     A鉛筆で下書き。この時点で線がぼやけすぎると失敗率が高くなる。

     天瑞:指先がとにかく難しくて難しくて…

     瑞葉:冬の季節イラストは大丈夫ですよ!手袋させちゃえばいいんです!

     青芝:だからもっと根本的な解決をせい!

     B運命のペン入れ。乾かして消しゴムをかける。

     天瑞:線が乾いてないときに消しゴムをかけちゃった時の悲しさといったら…(しみじみ)

     瑞葉:しっかりしてください、涙の数だけ強くなれるんですよ!

     青芝:こればかりはなんか切実だな…

     Cトーンを貼る。貼らないこともある。

     瑞葉:これは…1枚500円…けっこう高いんですね〜

     天瑞:まあ自分の場合はわりとハデには使わないから、けっこう長持ちするんだ。

         外に出かけてるときにふとハラリとトーンの切れ端が落ちたりすると…

     青芝:説明に苦しむわけだな。


     天瑞:…とまあ、こんな流れかな。目新しいことは特になにもしてないよ。というより出来ていないよ?

         …ていうかあまりワタシのキズをえぐらないでくれる??

        
うををおお!愛羅さんで遊んでやるう!!!

     青芝:わわ、おちつけ、落ち着け!悪かったから!単にちょっと知りたかっただけだから!

     瑞葉:以上、「あおしばさんはちょっぴりイジワルっ!」のコーナーでした!

     青芝:そんなコーナー、あってたまるか!


       ★                ☆               ★

     青芝:だから落ち着けって!ハジけるのは優勝してからでいいだろう?

     天瑞:優勝!そうだ、戴冠エックスデーが今度の日曜日になるかもしれないんだ!戴冠旗用意しないと!

     瑞葉:うまく勝てそうですか?

     青芝:状況的にいって…甲府戦、前半雰囲気悪くても後半修正してキッチリ勝てたからな。

         あとは目の前の栄光に手を伸ばすだけ…ってところか。ただ…FC東京はジャイアントキリングが

         得意だ。目の前で優勝されるのはイヤだろう。

     天瑞:大丈夫。もうチャンスは逃さない。逃させない。…でも何だろう?2年前のステージ優勝のときとか、

         天皇杯優勝の前に比べて…なんか、落ち着いてるんだよね。

     青芝:そうゆう上位争いの状況に慣れてきたってことじゃないか。知らない間に心構えみたいなのが

         出来てるんだろうよ。ところで…お前さん、本当に日曜日、勝ってほしいのか?

     天瑞:へ?なんで??

     青芝:いや、本当はホームの埼スタで優勝を決めたかったんじゃないか、と思ってな。

     天瑞:それは、その…

     瑞葉:あああっ、あおしばさん、やっぱりイジワル、イジワル〜〜〜!!

     青芝:だ〜か〜ら!…でも確かに意地悪な問いかもしれねえが、興味あるんだよ。

     天瑞:…まあ、ね。そういう気持ちがないといえばウソになるかも。でもさっきあおちゃんが言ってたけど、

         目の前に栄光があるのに、手を伸ばさない理由なんてないし。それにホームで決めたいなら

         以前にもっと勝ち点を稼いでいればよかっただけ。それができなかったのは、自分たちの力がそこまで

         及ばなかったから。ホームで決めたいからって、FC東京戦を本気で戦えないのは本末転倒…かな。

         そんな気持ちで闘ったら、最終節でガンバに引っくり返されちゃう。きっと。

     青芝:…ワガママのために力をセーブできるほどレッズは敵をなめたりはしねえ、と。そういうことだな。

     天瑞:そういうこと。

     青芝:…チケット…がんばれよな……!


       ♪遊んでくるく〜る♪るら〜ん るら〜ん るら〜ん♪


     青芝:…なんでここで雛菊ツインズの歌が流れてくるんだあ!!?

     瑞葉:す、すいません!ほんとうは樋口了一さんの「1/6の夢旅人2002」を流そうとしたんですけど…

     天瑞:ウィーアーレッズ♪ウィーアーレッズ♪るら〜ん るら〜ん るら〜ん♪

     青芝:見ろ!なんか混ざっておかしなことになっちまった!


       ★                ☆               ★

     天瑞:さて雛菊ツインズの歌でリフレッシュしたところでお開きの時間がやって参りました。

         みなさんいかがでしたでしょうか?

     瑞葉:優勝したらトップ絵…

     天瑞:前回も言ってたね。大丈夫、変える。ついでに更新もちょっとだけするかも。

     青芝:歴史に残る日をル・リムで飾る、か。悪くないな。

     瑞葉:わあああい!あおしばさんがル・リムをほめてくれた〜、萌えてくれた〜!

     青芝:あのな、誉めたのは確かだがな、別に萌えてないっての!!!

     天瑞:レッズの優勝カウントダウンとともに、あおちゃんの理性も陥落カウントダウンだね!

     青芝:こいつらは〜…まあレッズの優勝でル・リムメンバーのトップ絵にする人間なんざ、お前さんくらいの

         もんだろうよ。世界的に見てもレアだ…

     瑞葉:わかりませんよ?他に3人くらいはいるかもしれませんよ??

     青芝:控えめだな…まあテレ玉で放映してたから、いないでもないかもな…

     天瑞:そんな方がもしいらっしゃったら、ここマリエスター・ユナイテッドまでメールください♪

         応募者全員にル・リムマフラーをプレゼントします!

     青芝:おい、出来んことは言うな!勢いで言うでまかせは感心しねえぞ。

     瑞葉:でも…本当にあったらいいなあ。作っちゃおうかな?

     天瑞:サポーターのグループでオリジナルのマフラーを作ってるとこもあるし。面白いかもね。

         それでは、お相手は優勝前の嵐の前の静けさを体感中、天瑞烈Z!

     青芝:FCコペンハーゲンのグループリーグ敗退がきまってちょっと残念、でもグラヴェセンのいるセルティックが

         決勝トーナメント進出してちょっとうれしい、青芝辰巳。

     瑞葉:ル・リムのどこかの部屋にはコタツにミカンが常備されている噂を聞いてドキドキ、大城戸瑞葉でした!

         みなさん、また次回お会いしましょう〜♪



  2006年 11月26日 栄光への扉は錆付いて重いもの

     瑞葉:あおしばさん…てんずいさん、帰ってきてないですけど更新しちゃっていいんですか?

     青芝:いいだろうよ。どうせ帰ってきても疲れ果ててるだろうからな。終わらせといてやろう。

         しかしまあ…0−0のスコアレスドロー、か。

     瑞葉:あの…レッズの選手たち、動きが硬かったような気がしたんですけど…?

     青芝:ちょいと意識しちまったかな?あちらさん(FC東京)も引退する仲間のために花道作ろうって、かなり

         気合入れてきたみてえだからなあ。こういうチームを相手にするのは厄介だろうよ。

     瑞葉:せっかくチケット手に入ったのになあ、てんずいさん…

     青芝:ハハハ…ひょっとしたらそれで運を使っちまったのかな

     瑞葉:もう!イジワルですよっ、あおしばさん!

     青芝:悪い悪い。しかしヤツもこういう運はやたら強いもんだな。そのうち「譲ってもらうコツ」なんて

         まとめ始めるかもしれないな。

     瑞葉:でも…やっぱりホームで決められるのは…いいのかな?

     青芝:まあ今日勝っておけば「早めに決められてよかった」ってことになるだろうから、何とも言えんな。

         ただ来週勝って終われば、敗戦もスコアレスドローもいい思い出になるもんだ。

     瑞葉:来週…あ、そういえば来週30日はG’sマガジンの発売日!

     青芝:や、やなこと思い出させてくれるな…その時期が来ると更新密度がやたら濃くなるからツラくてな…

     瑞葉:楽しみ、の間違いじゃないんですか?ふふ…

     青芝:う、うるさいうるさいうるさい!!

     瑞葉:…用語の使い方も絶妙だし…

     青芝:と、とにかくだ、今日はどっちみち臨時の更新だし、この辺でいいだろ。

     瑞葉:は〜い!というわけでトップ絵更新は来週へ持ち越しです!臨時更新は2人でお送りしました〜


      (※その頃の天瑞)
     ゴトン…ガタンゴトン…只今特急の通過待ちです…しばらくお待ちください…

     天瑞:ZZZ…ウィーアーレッズ♪ウィーアーレッズ♪るら〜ん るら〜ん るら〜ん♪…むにゃムニャ…

【戻るよ〜】



inserted by FC2 system