2006年 12月3日 終わることなき歌声それは栄光の息吹

     

        (↑レディアがちょっとうまくいかなかった…)

     天瑞:はい、約束どおり更新!ユニフォームはちょっと分かりづらくなっちゃったけど。

     瑞葉:わああ、4人全員描いたんですね!

     青芝:あ〜あ、とうとうやりやがったよ、メガホンまで持たせて…しかも妙にマッチしてるし…

     天瑞:やっぱり秘密部のテンションの高さがヒントになりました♪千華留さま。

         この人なら昨日の浦和駅前の騒ぎも問題なくついて行くと思います。

     瑞葉:駅前の写真、撮ってきたんですか?

     天瑞:きたきた。今現像中。明日には出来上がるみたい。

     青芝:…相変わらず使い捨てカメラかよ…いいかげんデジカメ買わねえか?

     天瑞:う〜ん、もともと写真をとりまくるタチじゃないしなあ。昨日とかドイツ行きの時とかは例外中の例外。

     青芝:お前さんは何かが必要だと思った時でさえ、買うのに何ヶ月のかかったりするからな…

     天瑞:そう!最近ゲームキューブの「パネルでポン」買ったんだけど、購入計画は4年前からあった。

     瑞葉:が、がまん強いんですね…

     青芝:極端すぎる例だな…おっとっと、そろそろ前口上を始めるとするか。

     天瑞:では…浦和の優勝から一夜明けて喜びを少しづつかみしめている天瑞烈Z!

     瑞葉:優勝記念グッズのニットマフラーに心惹かれる大城戸瑞葉!

     青芝:そしてドーハへむかう機内、細貝(浦和)と家長(G大阪)がどんな言葉を交わしているのか

         気になる青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げるゆったりとしたおしゃべり、優勝の翌日でもいつもどおりのテンションで

         お届けしま〜す!

       ★                ☆               ★               ☆


     天瑞:じゃあまずG’sの話題からいこうか!

     瑞葉:は〜い!今月号のA.Iではとうとうココちゃんの(仮)が…

     青芝:…ってコラーーーーーーーーーーー!!!!!前フリもなくそっち行ってんじゃねえ!

     天瑞:じょ、冗談だってば、も〜、あおちゃんてば、おこりんぼさんなんだから。

     青芝:だいたいお前さんもムリして冗談言っても仕方ないだろう。

         知ってんだぞ、A.Iの選択肢にまだほとんど目を通してないのを。

     天瑞:あ、バレちゃった?

     青芝:自分のテンションに嘘はつかん方がいい。素直に浦和リーグ制覇の話に移るぞ。

         A.Iの話は後でも遅くはないだろ。

     瑞葉:あおしばさん、妙にA.Iにこだわりますね〜、何かあったんですか?

     青芝:それはな、愛羅のチャイナド……何でもない!

         そんなことより昨日のこと、さっさと話せ!でないと記憶があやふやになるぞ!!

     天瑞:な、なんかすごい勢い…じゃあ一応わかりやすくタイムテーブルにしてみるね。

        4時 起床。カップの赤いうどんで体力補充!

        5時45分 始発から2本目の電車で出撃

        7時15分 埼玉スタジアム到着。「譲ってください」の人が先週の味スタ以上に増大

        8時 当日抽選。引いた番号はなんと1300番代!

        11時15分 入場。

        14時 キックオフ

        16時 3−2で勝利!祝福の時間ひとしきり続く。ただ実感はまだ沸かない。

        17時30分 スタジアムを出て浦和駅前へ向かう。

        18時15分〜 駅前、周辺道路etcにて写真撮影開始!撮影しつつも共に凱歌を上げる。

                  ようやく優勝の実感が出てきた。

        23時30分〜上野回りで帰宅

     青芝:一日のほとんどを埼玉で過ごしたわけだな。

     天瑞:そう!あ〜早く写真現像されないかな〜

         号外配ってる場面、歌ってる場面、旗振ってる場面、ゲート旗掲げてる場面、いろいろ撮ったよ。

     瑞葉:やっぱり楽しそうですね〜。14年間、待ってたんですもんね。

     天瑞:あと祝杯挙げてる場面、機動隊が並んでる場面、発炎筒が炊かれる場面……

     瑞葉:え!?ちょ、ちょっと……

     青芝:ちょっとイタリアかイングランドっぽくなってきたな…ふつうに興味あるから、あとで写真見せて

         くれよな。

     天瑞:心得ましたっ!

       ★                ☆               ★               ☆

     青芝:で、お前さんは今年の浦和にけっこう満足がいったのか?

     天瑞:ん〜、それは…まだまだ成長の余地があるというか…

         優勝した反面、不本意な思いをした選手もいっぱいいると思うんだよね。

     瑞葉:てんずいさんの大好きな永井選手、それほど出番多くなかったですよね。

     天瑞:うん。スーパーサブに落ち着いちゃってて、長距離ドリブルも今年はなかったし。

         ただチームとしては安定してたと思う。だって、最強の剣と盾を手にしていたから。

     青芝:ふ〜ん、さっきタイムテーブルで「まだ実感が沸かない」ってあったのは、お前さんのその辺の

         個人的な趣味の裏返しってことだな?

     天瑞:平たくいえば、そんな感じ。…まあ、ないものねだりってやつかなあ。

         なんだろうなあ、願いがかなっても次から次へと願望が出てくるんだよね。きりがないよ。

     青芝:それがフットボールのサポーターの宿命さ。2部から1部へ、下位から優勝へ、

         より多くのタイトル、アジア制覇、世界制覇…それでもまだまだ終わりはないからなあ。

     瑞葉:代表の舞台でどれだけがんばれるかって目標もありますよね。

     青芝:それに1度優勝したからといって、落とし穴はよけちゃくれねえ。

         鹿島・磐田・マリノスは苦しんでるし、ヴェルディに至っては2部でもがいてる。

         浦和の課題はまだまだいっぱいある。サポの見せ所だぜ。

     天瑞:心得ているさ〜!来年はアジア遠征…なんとかして、行くぞ!

     瑞葉:ミュージック、スタート!………あ、あれ?おかしいな、かからない…

     青芝:悪い。コンセント抜いといた。いきなり「るらーんるらーんるらーん」なんてやられちゃ

         かなわないからな。

     瑞葉:ひどいですよあおしばさん〜、ほら、用意してたのだってちゃんと「6分の1の夢旅人」…あれ?

     青芝:俺には「遊んでくるく〜る」にしか見えんが?

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:12月はじめの更新、ここまでやってまいりました。いかがでしたでしょうか?

     青芝:正式オープンから1ヶ月か。早いもんだな。読むラジオの感じ出てるかな……?

     瑞葉:ラジオといえば昨日…というよりは早朝の深夜ですけど、G’sラジオが復活してたみたいですよ。

     天瑞:聞き逃した…浦和帰りの身にはあの時間帯はキツイ。がんばったけど、1時半頃に

         轟沈しちゃった…

     青芝:お前さん、以前のG’sラジオは聞いたことあるのか?

     天瑞:…ない。シスプリとG’sに興味もったのが「リピュア」からでかなり遅かったし、ラジオの存在も

         失念してた…。すごく盛り上がってた時期みたいだけど、全然わからない…

         ……あ〜あ、浦和でも古参じゃないし、シスプリでも古参じゃないし中途半端だな自分!!

     青芝:あ〜、落ち着け落ち着け。

     天瑞:「ムギュっと双恋」の方は何度か聴いたんだけどな…

     瑞葉:A.Iがこんな感じで盛り上がっていくといいですね。

     天瑞:モエスタとA.Iは今のG’sの購入動機の生命線だからなあ。絵もがんばらないと…

         …てなわけで次回は完璧にG’sの内容での更新になるでしょう

     青芝:………

     瑞葉:あおしばさん?顔がひきつってますよ??

     青芝:いや何でもない…もう慣れたから…(愛羅のチャイナドレス…)


     天瑞:それは良かった♪ではあおちゃんのより深〜いハマリを期待しつつ…

         お相手は、体中の痛みが抜けるまで優勝の余韻はとれそうにない、天瑞烈Z!

     青芝:アジア大会のU21日本代表の戦いに向けてスタンバイ中の青芝辰巳。

     瑞葉:そしてル・リムの冬の行事はアストラエアで一番楽しいことを主張したい大城戸瑞葉でした〜!

         それではみなさん、またお会いしましょう!

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:追伸です♪設置以来のweb拍手が12月3日の深夜1時に記録されました!

         どなたか存じませんが、どうもありがとうございました!

     瑞葉:一番乗りですよ〜!これからもよろしくお願いしますね!

     青芝:本当に来るとは、置いてみるもんだな…



  2006年 12月8日 とことん魅了されチャイナ♪

     天瑞:…それっ、ここを組めば5連鎖!……あーっ、途中で消えたあああ!

     青芝:あ〜あ、見事にはまっちまってるよ…

     瑞葉:「パネルでポン」ずっとプレーしっぱなしですね…

     天瑞:せ、せり上がり早い!ちいっ、レベル40の壁が越えられない!!リンゼのピンチ音楽めちゃ焦る!

     青芝:まったく…はまったら止まんねえのはどっちなんだか…聞いてるか?

     天瑞:天井が、天井がああああああ!!!

     瑞葉:あ、ゲームオーバーですね。

     青芝:お前さん、その辺でいいだろ。これ以上パネポンやられたら実況中継になっちまう。

     天瑞:天井が…天壌の業火〜はあああああ〜……

     青芝:ベタベタなボケは置いといて、そろそろ更新いくぞ。

     天瑞:は〜い。ではでは…パネポンの大連鎖がなかなか組めない天瑞烈Z!

     瑞葉:る、ル・リムのドラマCDのジャケット絵に……ちょ、ちょっぴり赤面の大城戸瑞葉!

     青芝:そしてW杯のアジア枠が減らされなくてひとまず安心の青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げる大連鎖…じゃなくて、ゆったりとしたおしゃべり、ぜひぜひお楽しみください〜

     青芝:いい加減パネポンから離れい!

       ★                ☆               ★               ☆

     青芝:ところでお前さんの部屋…ずいぶん散らかってるな。

     天瑞:サイト始めてから過去のG’sとか参照したからねえ。もう一度使うと思うと、元に戻すのも面倒で…

     青芝:どれ、少し片付けてやるか。

     天瑞:え!?ちょっと、いいって。どこに何がいっちゃうか、わかんなくなっちゃうから。

     瑞葉:わ〜ここ、地層みたいになってますよ。サッカーマガジンと…ストパニの同人誌!

     青芝:この辺崩して押入れに入れて…

     天瑞:わ〜、待って待って!募集中のサカマガのお題、まだ書いてないんだってば!

     青芝:そうか?じゃあG’sだけでもわかりやすく…………そらよっ!

     瑞葉:あ、あおしばさん!今押し込んだのは最新号の1月号でしたよ!

     天瑞:ちょ、ちょっとあおちゃん!わからなくなるところだったじゃないか〜

     青芝:(ちい、バレたか…!)

     瑞葉:?あおしばさん、汗かいてますよ?

     青芝:なんの、気のせいだ。久々に暖房の部屋に入ったからな。

     天瑞:あ、1月号で思い出した!A.Iのハガキ送らないと!まずはページのチェックといこうかな〜

     青芝:(くそ、思い出しやがったか!)

     瑞葉:ココちゃんの(仮)がとれたとこの話までは読んだんですよね。今回の選択肢、どんな感じなんだろう…?

         そういえばあおしばさんは先に目を通したんですよね?

     青芝:…………悪い、トイレ行ってくる。

     天瑞:(!怪しい!)瑞葉!あおちゃんを捕まえたから早くA.Iの選択肢ページをめくって!!

     瑞葉:了解です!

     青芝:ぶっ!こら、よせ、離せ、やめんかああああ!!!

     瑞葉:え〜と、186ページ…あったあ!あ…………!!な、なるほど、こういうことだってんですね…

      (※G’s07年1月号の186ページには高階@聖人名画伯の手によるチャイナドレス姿の愛羅さんが

       カメラ目線で描かれている)


     天瑞:お〜…これは見事な…

     瑞葉:大胆な脚線美…ステキですね…

     青芝:………………………………………終わった……………

     天瑞:そ〜かあ、あおちゃんてば、愛羅さんをひとりじめしたかったんだね

     瑞葉:も〜、そうならそうと早く言ってくださいよ〜

     青芝:いや、俺は単にこうやって色々突っ込まれるのが嫌だっただけだ…

     天瑞:テレないテレない、素直じゃないぞ辰巳い〜♪

     青芝:下の名前で呼ぶんじゃねえ!!

     瑞葉:(今のやりとり、どこかで見たような…??)

       〜30分後〜

     天瑞:まずは恒例、投票内容のチェーック!

     Choice1 バレンタインのイベントの相手を選択

     Choice2 アイテム選択

      A:ヒヨコ   B:スノーボード   C:ぶかぶかセーター  D:軍服  E:着ぐるみ  F:自転車

     Choice3 機能選択

      A:ハッキング  B:アルバイト  C:居合い抜き  D:落語家  E:世話焼き  F:ダダッ子パンチ


     青芝:ちょいとクセのある機能が揃ったな。

 
    瑞葉:ファーストチョイスはどうするんですか、てんずいさん?

     天瑞:アイリス!!!

     青芝:…俺はお前さんが少しだけ羨ましくなることがある…

     天瑞:?

     瑞葉:アイテムと機能の組み合わせも考えないといけませんね。

     天瑞:う〜ん、アイリスの「愛」か「楽」が上がりそうなのは……応募した人の文の参考にしようっと。

         ……よし、ヒヨコで!うん、なかなかいい感じ。

     青芝:わざわざ気合入れて太字にするなって…

     天瑞:アイリスをお母さんと思い込んで慕うヒヨコたち、戸惑うアイリス。これで行こう!

     青芝:お前さんも好きだな…他のはどうすんだ?

     天瑞:え〜っと、ココちゃんに着ぐるみ、RUNAにセーター、そしてお待ちかね愛羅さんにはスノボ!

     瑞葉:あおしばさん、よかったですね!

     青芝:…もういい……

     天瑞:そういえばこんなメッセージが届いてたんだ。初めてのweb拍手メッセージ到着!


       fromゲンジマル大尉さん

         フフフ、見つけましたよ〜←デジャヴ ゲンジマルです。浦和優勝おめでとう!

         青芝さん、やっぱChoiceは軍服ですか?(笑)


     天瑞:わーい、優勝の祝電だあ!

     青芝:50字しか入らない拍手使って2回に分けて…頭が下がるぜ。…って俺宛てかい!

     瑞葉:あれ?あおしばさん、軍服の方がよかったですか?

     青芝:しかもまたタイムリーな内容を…いや、このままでいい。俺はコスプレ趣味とかわからんし。

     天瑞:前回婦警さんの制服をチョイスしといて何をおっしゃいますやら。

     青芝:あれは消去法で決めただけだ!

     瑞葉:というわけでゲンジマルさん、あおしばさんはバトルレディよりスポーツレディの方がお好みだそうです♪

     青芝:だ〜か〜ら!!!

      〜更に30分後〜

     天瑞:ワタシの投票内容はこんな感じに相成りました♪

     Choice1 アイリス

     Choice2 ココ…着ぐるみ  アイリス…ヒヨコ   RUNA…ぶかぶかセーター   愛羅…スノボ

     Choice3 ココ…該当なし  アイリス…世話焼き  RUNA…ダダッ子パンチ  愛羅…
落語家


     瑞葉:「該当なし」初めて使ったんですね。

     天瑞:正直、迷った。でもどうしてもアイリスに世話焼きをくっつけたかったから…こうなっちゃったんだ。

         風邪なんかひいちゃったりしたら、おでことおでこをごっつんこ………♪

     青芝:お〜い、帰ってこ〜い。

     天瑞:おっとっと…いつものクセで…

     青芝:いつものクセでしょっちゅうアチラの世界に行かれたらかなわん。

     天瑞:ごめんごめん。で、アイリスだけど、居合い抜きとかハッキングをくっつける手もあったんだけど、

         「愛」が10ポイントいかないうちはその手の遊びは自分ルールで封印してるんだ。

     瑞葉:育成にこだわりあり、なんですね。

     青芝:お前さんのそのちょっとしたこだわり、嫌いじゃないぜ。

         ………愛羅に落語家とかつけたりしなければな………

     天瑞:え〜?だって、面白そうだし!

     青芝:お前さんは愛羅をお笑い芸人か何かにしたいのか!?

     瑞葉:じゃあ、あおしばさんは愛羅さんを何にしたいんですか?

     青芝:むむむう…それはだな…

     瑞葉:(やっぱり恋人??恋人??恋人??)

     天瑞:(いやいや、意外と義理の姉とか…ひとひねり加えて妹だったりして!?)

     瑞葉:(あーっ!あるかも!!)

     青芝:言っておくが…全部筒抜けだからな

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:ふうううう、今回はA.Iだけで一気に駆け抜けちゃいました〜

     青芝:俺のことをいじってばかりいるからだ。

     瑞葉:だって、あおしばさん、素直になってくれないんだもの。

     青芝:…俺は一応一般人のつもりだからな。

     天瑞:「つもり」が積もって後に引けなくなる。これがこの世界の常識です♪

     青芝:全く…A.Iだけでこんなに引っ張っていたら、新作の紹介ページとか見てたら大変なことに

         なってただろうよ。

     瑞葉:あ…新作といえば、KIDの作品がありましたね

     天瑞:メモオフの続編だよね。でもKIDって確か最近なくなったってニュースが…

     青芝:お前さん、そのメモオフとやら、プレイしたことはあるのか?

     天瑞:ないけど、スタイリッシュな絵柄が印象的だったから、作品が出るたびに記事は読んでたんだ。

         業界に疎い自分が名前知ってるくらいだから、けっこう大きいところだったはずだけど。

     瑞葉:なんか…さみしいですね…

     青芝:いい仕事してる面々がこういう目に遭うのは…どの分野でも見たくないもんだな。

         …まあ、スピリットが生きていれば陽の目を見る時は、また必ず来るもんだ。

         話ズレるかもしれんが、とうとう昇格したろう?横浜FC。それと同じだ。

     天瑞:横浜FCかあ…正直サポの方には申し訳ないけど、当分の間は昇格はないと思ってたからなあ。

     瑞葉:フリューゲルスの消滅から8年ですね…思ったんですけど、フリューゲルスの名前は

         復活させないのかな?

     青芝:多分、ないだろうな。復活させたら8年前の悲劇が悲劇として生かされなくなっちまうんじゃないか。

     天瑞:それにFマリノスの「F」はフリューゲルスの頭文字だし。

     瑞葉:あ…そっか。

     青芝:はは、ガラにもなくシリアスな話になっちまったな、悪い悪い。

     瑞葉:そんなことないですよ〜、そういうマジメな話ができるあおしばさん、尊敬します!

     天瑞:そうだよ〜、あおちゃんがマジメじゃなくなったら、ウチラの暴走、誰が止めるんですか??

     青芝:………

       (※教訓…理性が残っていると損をする by動物のお医者さん)

     天瑞:はい、しっかりオチがついたところで…お相手はそろそろフォトショップに手を出してみようかと

         企み始めた天瑞烈Z!愛羅さんの脚線美にうっとりの青芝辰巳!

     青芝:コラ、勝手にやるな!コホン…冬場の汁粉は偉大な発明だと思う青芝辰巳。

     瑞葉:そして浦和レッズの優勝パレードにどれくらいの人たちが来るのかドキドキな大城戸瑞葉でした!

         それでは皆さん、またお会いしましょう〜!



  2006年 12月15日 レトロなゲームの誘惑

     天瑞:ぬうをおおお!まずはクロスカントリーに五代を出して、木刀をゲットするのだ!

         ライバルは水中で全滅させてやるぜい!

     青芝:やれやれ…今度はまた古いゲームにハマッてるみたいだな…

     瑞葉:え〜と、コレですね。「ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会」

     天瑞:くそおっ、ビリかあ…まあいいや、木刀手に入ったし。

     青芝:よく見たら世界観がストパニと真逆じゃねえか…お前さんの頭の構造、よくわからん…

     天瑞:シンプルな操作なんだけど奥が深いよ〜、いくぞ、棒術スペシャルっ!!

         そりゃ、360°一網打尽!!!

     瑞葉:わああ、楽しそう♪  あっ!後ろからすごい速さの飛びひざ蹴りがきてますよ!

      (※すごい速さの飛びひざ蹴り:竜一の爆魔竜神脚のこと)

     天瑞:あーっ、不覚!しかも木刀すてられたああああ!!

     青芝:どうやら一区切りつきそうだな。いいかげん専門用語の連発はやめたほうがいいから。

     天瑞:くそお、2回目は熊田の人間魚雷でリングアウト連発してやる!

     青芝:モニターの前の人の平均年齢を考えい!

     瑞葉:てんずいさん、一回休憩した方がすっきりしますよ?

     天瑞:ん…それもそうかな。では…お待たせしました!天皇杯獲る気満々、天瑞烈Z!

     瑞葉:レッズの永井選手のブログが思いのほかかわいくて楽しい、大城戸瑞葉!

     青芝:そしてトヨタ世界クラブ選手権のトーナメント地下1階の部分はホーム&アウェイの大陸間プレーオフに

         した方が盛り上がると思う、青芝辰巳。

      (※地下1階…今回でいえば 全北VSクラブアメリカ  オークランドVSアルアハリ の部分)

     天瑞:この3人で繰り広げるクロスカントリー…じゃない、ゆったりとしたおしゃべり、コタツにでも入って

         おたのしみくださいね♪

     青芝:…言っておくが俺は人様の家に土足で入り込んだり、水路の中でタイヤ持ってライバルを叩いたりする

         趣味はないからな…

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:web拍手、もういっちょきたあああ!!!


        
from ユノムールさん

           初拍手です!「A.I.」をここまでとり上げるサイトはそうそう無いですよ。

           3人とも頑張ってください〜♪


     瑞葉:ようこそ!ええっと、ミアトルの蒼井渚砂センパイのお兄さんでしたよね??

     青芝:おいおい、その答え方もどうかと思うのだが…

     天瑞:どもどもユノムールさん、こちらでは初めまして!ホントはもっと絵がうまくて技術のある方が

         A.Iを取り上げてくれればいいんだけど…

     瑞葉:見てください!今、検索ワードに「ココ RUNA アイリス 愛羅」って入れてみたんですけど、

         高い確率でこのサイトに引っ掛かるんですよ〜!

     青芝:ありゃ、ホントだ。

     天瑞:もっと気愛入れて、取り上げてくれる人がふえてくれるといいなあ。

     瑞葉:過去の読者参加企画のときって、どんな感じで取り上げるサイトが増えていったんだろう?

     天瑞:う〜ん、リアルタイムで見てないからわからないなあ…

     青芝:思ったんだがG’sのA.Iのページって、どれくらいの人が見てるんだろうな?

     天瑞:そりゃあ、G’sにひととおり目を通してる人はみんな…

     青芝:果たしてそうかな?お前さんみたいにモエスタ目当てで買ってるならともかく、もしかしたら

         カラーの記事を中心に見てる人の方が多いのかもしれないぜ?

     天瑞:あっ……

     青芝:つまりだな、まだまだページ的にハンデを背負っちまってるってことだ、A.Iは。

         まあそれを差し引いても投稿のひとつひとつは熱いけどな。少なくとも俺にはそう見える。

     瑞葉:まだまだ…足りないのかなあ…いろいろ…

     青芝:ま、だからこその面白さもあるけどな。シスプリなんかはいきなり人気爆発だったわけだが、A.Iは

         4体のロボットだけでなく企画自体の盛り上がりも読者の手作り…違った魅力があると思うぞ?

     天瑞:…今日のあおちゃん、なんだかいい感じに言葉多くない?

     青芝:き、気のせいだ!

     瑞葉:あ…A.Iが盛り上がってくれないと、愛羅さんにいっぱい会えないからですね!

     青芝:いや、まあな…っておい!!

     天瑞:ともあれそんな感じでユノムールさん、これからも三位一体で頑張っていきますね♪

       ★                ☆               ★               ☆

     青芝:しかしお前さん、最近妙に古いゲームにハマッてるような気がするんだが…なんなんだ?

     天瑞:昔のゲーム音楽を聴きたくなってもCDとか出てなくて…いろいろ検索してたら思い出して

         ついついハマッてきたってわけ。

     瑞葉:PCで音楽作ってる人、けっこういますよね。

     天瑞:で、手を出しつつ「A.I」がゲーム化したらどんな感じになるんだろう?なんて考えたり。

     青芝:おいおい、それはまた気が早いな。

     天瑞:なんかねえ、あまり複雑な技術はいらないんだ。早い話、アイリスがドット絵でもいい

     青芝:おい、それはちょっと…

     天瑞:十字キーで愛羅さんを動かして、Bボタンでハリセンを振り回してみたい!!

     青芝:いつの時代の話だ!?

     瑞葉:あ…でもさっきの熱血行進曲、ドット絵のキャラなのに個性がすごく出てますよね。

         限られたワザで、ここまで表情が表現できるんだ…

     天瑞:そう、シンプルな技術で多彩なワザを展開する…こういうのって好きだなあ。

     青芝:サッカーの強豪チームみたいなもんだな。基本技術がしっかりしてる。

         あ、だからって例の4体をドット絵にしろって言ってるワケじゃないからな?

     瑞葉:内容はどんな感じがいいかな?

     天瑞:壮大な大河ドラマ……ではない感じで!(重要)

     青芝:変なフェイントかけるなよ。本気にしちまったじゃねえか…

     瑞葉:大河ドラマ…「ココ名が辻」「RUNAの乱」…って感じですか??

       (※元ネタは「功名が辻」「花の乱」です。…花の乱を覚えている人はいないかな???)

     青芝:無茶すぎるシャレを作らなくていいから!

     天瑞:ね?似合わないでしょ?最近は萌えモノにもすごく緻密で壮大なシナリオのものがあるけど、

         A.Iはそこまでしなくていいって感じだなあ。想定してるものは…

         @育成シミュレーションあるいはRPG   Aアクション   Bパズル

         こんなところかな?全部混ざっちゃっても一向に構わないけど。

     青芝:ふむふむ、育成シミュレーション…プリンセスメーカーみたいな感じか?

     瑞葉:あ、あおしばさん!そんな言葉、どこで覚えたんですか??

     青芝:どこって…G’sのバックナンバーに決まってるだろうが!死ぬ思いで俺がバックナンバーに

         目を通していたのを忘れたのか!?(06年11月初めの正式オープン時参照)

     天瑞:あ、そんなこともあったよね。懐かしいなあ……いやあ、あおちゃんもポリバレントになったなあ♪

     青芝:…語録の使い方、ズレ過ぎだ…

     天瑞:ちなみにストーリー案はこんな感じ。

        @読参掲載のものと同じく正統派ほのぼの育成ストーリー

        A萌須田社の手落ちでゆかいな大脱走を繰り広げる例の16体(G’sゾーン参考)

          をココちゃんたちの助けを借りてつかまえて修理していくアクションもの

        B各4体の「はじめてのおつかい」。残り3体とともにこっそり後をつけて様子を見ていく。

        C4体が消えたマスターを探す「不思議のダンジョン」形式のRPG

     天瑞:それからそれから…

     青芝:あー、ストーリーは妄想でいくらでも出てくるだろうから、そのへんでストーップ!

     瑞葉:あ、あの、あと1つだけ!個人的に希望したいことがあるんですよ!

     青芝:…なんだ?

     瑞葉:いわゆるバッドエンドをなしにしてほしいんですよ〜

     天瑞:あ、それ賛成。だいたい、なんで気分よくゲームしたいのにバッドエンドなんてあるんじゃあ!?

         なんて思っちゃうタチだし。単に謎が解けなくて進めなくならいいとしても。

     青芝:最近多いみたいだからな…鬼のように選択肢の落とし穴を張り巡らされたゲームが…

     天瑞:緊迫感がウリならそういうのもありだけど、少なくともA.Iには似合わないよね。

     青芝:で、タイトルはやっぱり素直にA.I.Love…

     瑞葉:「RUNAの乱」で!

     青芝:それはもういい!

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:…と、またしてもA.Iの各種妄想で突っ走ってしましました。いかがでしたでしょうか?

     青芝:初めてきた人は相当面食らっただろうな。一体何を扱ってるんだって。

     天瑞:ホントはサッカーのことももっとやりたかったんだよ〜。

         アジア大会の女子サッカーとか、クラブ選手権とか、レッズの主力がおかしなウィルスにやられ

         ちゃったこととか。

     瑞葉:あ、そういえば明日また埼玉スタジアムで試合があるんですよね!

     天瑞:そう!天皇杯5回戦、対福岡戦!いやあ、久々にスタジアムに行ける♪

     青芝:ふふ、嬉しそうだな。

     天瑞:わかる?優勝の余韻に浸るのもいいけど、やっぱり実際にプレーする場に居合わせたいんだよね…

        …闘ってるうちは、ヘンな雑音も気にならないし。少なくとも90分の間は。

     瑞葉:へんな雑音って…??

     青芝:あー、なんだかレッズの選手達、契約更改とか移籍のこととかで、いろいろあるんだよ。

         優勝したからこその悩みともいえるわけだけどな。

     瑞葉:難しいんですね…

     天瑞:それに天皇杯の雰囲気って好き。冬の空気がトーナメントにマッチしてて。

         天皇杯ならではの、埼スタのホームなのか中立なのか微妙なアナウンスも実は好きだなあ。

     青芝:トーナメントの山を見たところ、福岡を破れば次は磐田、準決勝は鹿島か清水、決勝は…

     天瑞:ガンバが来そうだけど、札幌とか来たら面白いかも!

     瑞葉:で、でも2部のチームがトーナメントの決勝に進むのは…

     青芝:なくはないんだな、これが。イングランドで03−04シーズンに下部リーグのミルウォールが

         勝ち抜いてきて
、決勝でマンチェスターUと戦ったんだよ。

     天瑞:さすがに優勝まではいかなかったけどね。

     瑞葉:ゆ、油断ならないんですね!

     青芝:そういう事だ。逆にここから天皇杯は短期決戦になるから、1回勝って勢いつければ連覇も見えるんじゃ

         ないか。他のチームも条件は同じだが。

     天瑞:あ〜、とりあえずシーズンが終わるまでに永井のゴール見たい〜。できれば長距離ドリブルで!

         そんな願望を込めつつ…

         お相手はG’s投稿の白雪がなかなかイイ感じ仕上がりつつある天瑞烈Zと!

     青芝:ACLにはオセアニアすべてのチームを混ぜたほうがいいと思う、青芝辰巳。

     瑞葉:そしてクリスマスは千華留さまと寮で大はしゃぎ!?な大城戸瑞葉でした〜

         みなさん、カゼには気をつけてくださいね。それではまたお会いしましょう!



  2006年 12月22日 タイトルも欲しいA.Iも欲しい

     天瑞:浦和と磐田、鹿島と清水、札幌と甲府、そして横浜MとG大阪…

     瑞葉:てんずいさん、何やってるんですか?

     天瑞:ん、えっとね、天皇杯の対戦シミュレーション。明日、準々決勝だし。

         それにしてもなあ…アレックスはオーストリア行っちゃうし、ワシントンと闘莉王は帰国だし…

         勝ち進むたびにこんな形で戦力が抜けてくトーナメントってのも、世界的にレアだなあ…

     青芝:ちなみにオーストリアは「オーストリー」って表記にして欲しいって大使館の話だぜ。

         覚えといて損はねえ。

     天瑞:じゃあこのサイトでも出来るだけそっちの方の表記を心がけるようにしよっと。

     瑞葉:でもなんで急にそんな話が??

     青芝:あー、単にオーストラリアとややこしいからって話みたいだ。俺みたいな人間にしちゃ、別に

         違和感ないけどな。

     天瑞:フットボール的な背景なら、全然違うからねえ。オシムがシュトルム・グラーツをチャンピオンズリーグに

         出場させた国と、アジアに最近加わった新興国と…

     青芝:………………ふっ…………

     瑞葉:?あおしばさん、どうしたんですか??

     青芝:いや…ひさしぶりにまともな始まり方ができたかと思うと…なんかうれしくてな…

     天瑞:…あーっ!そうだ、天皇杯のこと気にかけすぎて、遊ぶの忘れてた!!

     瑞葉:あたしもヘンだな〜って思ってたんですよ!これからは冒頭はなにか1ゲームしてからいきましょう!

     青芝:いや何もわざわざ、おちゃらけるのを仕様にしなくても…だからおい、コードつなげる前に

         あいさつくらいせんかい!!

     瑞葉:あう〜、つかまっちゃいましたあ…

     天瑞:仕方ない、ゲームは後にしよう。では…どうもお待たせ!マリエスター・ユナイテッド更新の時間です♪

         最近おかしなポーズで寝てしまうことが多い天瑞烈Z!

     瑞葉:今年の冬は意外と寒くなくてル・リムの生徒にやさしい!?と思う大城戸瑞葉!

     青芝:そして高校サッカーの時期が近づくと昔を思い出す、青芝辰巳。

     天瑞:この3人で繰り広げる、うたた寝必至のおしゃべり、のんびりとお楽しみくださいねっ♪

     瑞葉:あおしばさん、高校サッカー出てたんですか?ポジションは!?どこまで勝ち抜いたんですか??

         もしかして…ものすっごく青春だったんですか???

     青芝:ただのあいさつにそこまで喰らいついてくるんじゃない!

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:まず最初に、ちょっとしたお知らせ。

     青芝:ん、何だ?珍しいな…

     天瑞:「G’sゾーン」にて公開予定だった「G’s投稿者 ほめたおし」のコーナーなんだけど…

         題名と中身を若干修正しての公開となりました。

     青芝:ああ、その話か。

     天瑞:構想当初はとにかく目に付いた投稿者さんの魅力を書き綴って、延々とほめたおしていこうって

         形にしようと思ってたんだけど…

     瑞葉:実際にやろうとしたら、あの人も、この人もって、けっこうな数になっちゃって…

     天瑞:結局、紹介する投稿者さんの数をある程度抑えることにしました。

     青芝:何らかの形でやりとりをしたことのある人に限った…んだったよな、確か?

     天瑞:うん。いくらほめたおすとはいえ、一度もお会いしたことのない方を分析したりとか…ちょっとばかり

         緊張するものがあって(汗)

     青芝:俺の分野の仕事には向いてねえタチだな…

     瑞葉:というわけで、タイトルを「G’s二人三脚」に変更し、てんずいさんのG’sの履歴をまとめました。

     天瑞:年表っぽくなってるので、後からこまかいところを追加するかもしれません。

     青芝:まあ、アクセス数がアクセス数だし、気にしてた人がいるとも思えんが…

     天瑞:念のため、ね。

     瑞葉:以上、比較的まじめ!?な告知コーナーでした!

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:拍手あーんどメール!今回は総計2通!


     fromゲンジマル大尉さん

       こんばんは!天瑞的狂想曲を見ました。


       何だかえらく懐かしいゲームをやってますね。くにお君は何度かやったことあります!

       じゃあ私は対抗してD.C.にも出てきたスパルタンXを。(笑)

       確か、ずつきの豪田とかチョップの小林とかいましたね。私は持ち上げて投げ落とせる屋

       上バトルが好きでした。調子に乗ってニーキック連発してると勝手に落ちていきますし

       ね!(笑)


       AIはなかなか人気があると思いますよ。文字ネタとは違って、何人か絵描きさんも投票

       してるみたいですし。それにAIにはいつもフルコメントで送ってるのに、これがなかな

       か掲載されないんですよ・・・。ひとまず2/3みたいにカラーページに進出してきてほ

       しいですね。

       それでは!


     瑞葉:2度目の登場になりました、ゲンジマルさん。ありがとうございます!

     天瑞:熱血行進曲につっこんでくれました!うれしいなあ。

     青芝:…お前さんが遊んでばかりいるからこういうツッコミが…

     天瑞:いいじゃん〜楽しいんだから。で、豪田はワタシも好きです。お兄ちゃんだし

     青芝:古いゲームでそういう見方をするかい…

     瑞葉:ゲンジマルさんには、某所で見つけました、このフラッシュをどうぞ♪

     http://web.archive.org/web/20050308151809/www.hcn.zaq.ne.jp/cabic508/rsf/kunio.swf

     天瑞:けっこう有名なやつみたいだから、もしかしたらご存知かも?

     青芝:いろいろ作る人、いるもんだよな…

     瑞葉:で、次はA.Iの話なんですけど…

     青芝:投稿のひとつひとつが熱いからなあ。カンタンには終わらんだろうよ。

     天瑞:あ、でもカラーページになったら、嬉しいような複雑なような…

     瑞葉:なんでですか??

     青芝:あ、そういえばお前さん、カラー苦手だったな。だからか。

     天瑞:…それでも自分は…カラー化を望みます!!!

     青芝:お、言い切ったねえ!

     天瑞:そうなったらもうカラー専門になってやるさ!慣れないコピックでアイリスを彩ってみせるさ!!

     瑞葉:思い切りましたね、てんずいさん!

     天瑞:あ、でも一番いいのはA.Iの専門誌が出て、モノクロだろうがカラーだろうがどこのページもA.I

         だらけな状態が一番いいんだけど…

     青芝:それはさすがに高望みしすぎだ。

     瑞葉:続いてもう1通。これは…拍手ですね。誰かな?


     
永井くんのブログ、今日始めて見たのですが、ぶったまげました


     天瑞:…え〜っと、何となく察しはつくのですが、とりあえず触れないようにします。

     瑞葉:浦和の永井選手のブログ、これのことですね。


      http://ameblo.jp/nagaiyuichiro/

     青芝:む、絵文字職人…しかも使い方が的確なのがまた…

     天瑞:レッズはいくつかタイトルとったけど、肝心なときに出てなかったりするんだよね、永井…

     瑞葉:あれ?そうだったんですか??

     天瑞:03年のナビスコは後半途中出場だったし、05年の天皇杯はケガで出られなかったし、今年のリーグは

         全体的に…って感じだったから。

     青芝:不本意だろうよなあ…浦和の旗印である9番を背負う身としちゃあ…

     天瑞:だから今回の天皇杯は、ぜひ決勝まで勝ち抜いて、決勝は永井のハットで勝負あり!これが理想。

         もう、そうなったら意地でも階段駆け下りて、最前線に行っちゃうもんね!

     瑞葉:あたしも楽しみです、永井選手のドリブル!

     青芝:そうなるといいな…で、お前さん決勝のチケットはちゃんと確保してるんだろうな?

     天瑞:………………………………………………………………………

     青芝:…買い逃したんだな…お前さんらしいぜ…

     天瑞:♪も〜い〜くつね〜る〜と〜、 現地ー調達ううう〜〜〜♪

     瑞葉:ああっ、てんずいさんがショックで悲しみの替え歌を!

     青芝:そっとしといてやれ…それにこいつなら何とかするだろうしな…

       ★                ☆               ★               ☆

     瑞葉:今回はおたよりの紹介でけっこういけちゃいましたね。

     天瑞:やっぱり投稿ってありがたいよ。雑誌の編集部の方の気持ちがちょっとだけわかった。

     瑞葉:そういえばもうすぐG’s投稿のしめきりですけど、今回はどんな感じですか?

     天瑞:モノクロ1枚、オリジナル1枚が出来上がってる。あともう1枚送りたいな。A.Iで。

     青芝:確かひとつのコーナーには原則ひとつしか載らないんだったよなあ?

     天瑞:うん。しかも可能性の高いコーナーとなると、更に限られてきちゃう。

     青芝:超絶技巧の使い手、増えてきたからなあ…

     天瑞:いっそしばらく投稿を中断して、修行でもしようかな?

     瑞葉:あの、ちょっと、それは…

     天瑞:まあそれは冗談だとして、それくらいやらないとどうも上手くなれないような気がして。

         いつまでも「ちいサイズ」だし。

     青芝:…お前さん、俺が前に言ったこと、気にしてんのか??

     天瑞:べ〜つ〜にぃ?ぜ〜んぜん、きにしてませんよ〜だ!!

     青芝:(絶対気にしてるな、こりゃ…)

     瑞葉:しっかりしてください!明日は磐田戦ですよ?テンションあげてきましょうよ〜!

     天瑞:おっとそうだった!もう、こうなったら永井にはこれから決勝まで全試合得点してもらうんだ!

         主力が抜けたなんて言ってらんない、準決勝が静岡になっても行ってやるう!

     瑞葉:ACLの組み合わせも決まりましたし、まだまだ熱いですね、サッカー!

     青芝:国を問わなきゃ年中楽しめるからなあ、サッカーは。

     天瑞:ようやくパワーを取り戻してきたところで、今日はこのへんでお開き!

         お相手は今年は風邪を全然ひいてなくてラッキーな天瑞烈Zと、

     青芝:高校時代のポジションはDFだった、青芝辰巳、

     瑞葉:そしてストパニDVD6巻のジャケットはすごく奇抜でイイと思う、大城戸瑞葉でした!

         ではみなさん、また次回〜!!



  2006年 12月23日 臨時更新 天皇杯は名勝負のカタマリ

     天瑞:(ガチャ。)タダイマ…

     青芝:お、もどってきたか。

     瑞葉:遅かったじゃないですか〜、いくらPK戦までもつれこんだとはいえ、キックオフは13時だったんですよ?

     青芝:待て、ちょいと様子がおかしいな…

     天瑞:ウ…ウウ…ブウウゥウゥウワウ、ウワウ!!あーすっきりした♪

     青芝:マルカトーレビエリかお前さんは!?

      ※フジの青嶋アナはサッカーのダイジェスト番組で元イタリア代表のビエリの声をアテレコをするとき

        野獣のような雄叫びを上げる。

     天瑞:いやーPK戦も勝てば気持ちいいもんだね。当然勝てば、だけど。もう一生分のブーイングしちゃった。

     瑞葉:あ…そういえば今までPK戦で勝てなかったんですよね。

     青芝:04年ナビスコ決勝、PK負け。同年チャンピオンシップ、PK負け…今度は勝つ番だったってことだ。

     天瑞:しかし10人目まで行くとは思わなかったなあ。ともあれこれでベスト4!

     瑞葉:でも何でこんな帰るの遅かったんですか?心配してたんですよ?

     天瑞:それはね…浦和に寄って、いろいろ買ってきたから。…はい!

     青芝:こ、これは…!

     瑞葉:チョコクランチ・浦和のリーグチャンピオン記念バージョン…!しかもストロベリー味…

       ※注:実在します。ホントです。

     青芝:…(むずむず)すまん…1つ、もらっていいか?

     天瑞:どうぞ、どうぞ♪

     青芝:(もぐもぐ)ふ…アウェイ遠征がしばらくないから、当分地方の甘味は口にできないと思っていたが…

         なかなか、イイじゃないか、コレ。1つ1つの大きさもでかくて食いごたえがある…

     瑞葉:ちょ、ちょっとあおしばさん!もう5個目ですよ!?

     青芝:あ、スマン、つい…

     天瑞:ふう、更新の準備してもらってて正解だったみたいだね。やはり天皇杯は名勝負が生まれるなあ。

     青芝:契約とか引退とか移籍とか、いろんな事情を抱えた上でのノックアウト・トーナメントだからな。

         すべての要素をプラスに変えたチームこそが勝ち抜き、名勝負をいい思い出にできる…

     天瑞:あと2つ、あと2つでダブルクラウン達成…でもその前に…ばたんきゅ〜…ZZZ

     青芝:ありゃ、寝ちまった。

     瑞葉:仕方ないですよ〜延長PK含めて3時間、立ちっぱなしの声出しっぱなしだったんですから。

         でもどうなんですか?ダブルクラウン。

     青芝:ここまで来りゃ、どこが相手でも厳しい試合になるのは一緒だ。不思議な話だが…

     瑞葉:そう、ですよね…ところであおしばさん?

     青芝:ん、なんだ?

     瑞葉:チョコクランチ、天瑞さんに残しておいてくださいね♪ものすごい勢いでなくなってますよ!

     天瑞:ZZZ…じんぐうべ〜じんぐうべ〜♪太鼓鳴る〜 浦和のおたけび勝利はこっぶ〜♪…ZZZ

       ★                ☆               ★               ☆

     瑞葉:追伸です♪ユノムールさん、わざわざシンシアさんのプロフィールを教えてくださって、ありがとう

         ございました!「心の鍵はA.I.Love You!」コーナーに謹んで掲載させて頂きますね。

     青芝:原案者殿のアイデアを掲載しない手はないからな。イマイチ忠実に再現できなかったが…

         今の天瑞の技量ではコレが精一杯だ。カンベンたのむぜ。

     瑞葉:推定感情値「愛」は最高クラスですよ!



  2006年 12月29日 PRIDE OF A.I.Love You!

     天瑞:チケット余ってらっしゃる方〜譲ってください〜席種問いませーん、いらっしゃいませんかー??

     青芝:…おい…今から発声練習してんじゃねえよ!

     天瑞:違う違う、何回も似たようなこと言ったから、クセになっちゃったんだよ。

     瑞葉:なんだかんだ言って、今年もけっこう現地調達しましたからね…

     天瑞:…まさか07年の元旦にこうなる可能性に見舞われるとは思わなかったよ。

     青芝:決勝チケ、売り切れるの早かったからな…しかも浦和、しっかりと決勝進出したし。

     天瑞:もお、決勝に永井がスタメンで出るとあらば、行きたい行きたい。

         …正直今年はキツイかな?って感じたときもあったんだけどね。優勝して一息ついた部分もあるし。

     瑞葉:まさに年末の東京決戦!って感じですね!

     青芝:…その言い方だと、聞く人が聞いたら冬コミと勘違いするぞ。

         しかしお前さん、冬コミと天皇杯準決勝では迷わなかったんだな。

     天瑞:うん。SSSのときは規模もちょうどいいし、自分の目当てのモノが見つけやすかったから。

         1試合我慢してでも行ってみたかったんだよね。冬コミはなんかモノスゴイみたいだから…

     青芝:多分お前さん、来年の夏か冬、どっちか行くだろうな…

     瑞葉:?なんでわかるんですか?

     青芝:なんとなく、だ。俺の勘はよく当たる。

     天瑞:…釈然としない思いを抱えつつ、あいさつにいきたいと思います。

         天皇杯準決勝帰り、帰りに常磐線に乗ったときの鹿島サポの方の視線が微妙だった天瑞烈Z!

     瑞葉:お部屋番のいないル・リムは年末大掃除が他より大変!?な大城戸瑞葉!

     青芝:そして高校時代、ロングフィードには自信があった青芝辰巳。

     天瑞:そうだったんだ…自分は卓球やってたからなあ…じゃなくて!

         この3人で繰り広げられるひそかな世間話、ゆったりとお楽しみください♪

     瑞葉:だんだんみなさんのプロフィールが明らかになってきますね。

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:うぇぶ拍手〜!

        
777番Getしました。だからどうだって話ですが。byユノムール

     瑞葉:へええ、もうそんなにカウントしたんですね〜

     天瑞:この中の大半は自分で踏んづけた足跡なんだろうな…

     青芝:そういえばお前さんは他のサイトでよくあるキリ番ってのはやってないのか?

     天瑞:う〜ん、やるとしたらリクエストの応えてイラストを描くことくらいかなあ。でもどうせならカラーで

         やった方が喜ぶだろうし…

     青芝:で、お前さんはカラーが苦手ときたもんだ。

     天瑞:その通り!話が早いねえ、あおちゃん!

     青芝:喜んでいいことじゃねえだろうが…

     瑞葉:やるとしたら番号はどうしますか?やっぱりユノムールさんのとった777番とか1000番とか?

     天瑞:…いや、9絡みの番号を考える!え〜と、永井の初ハットトリックは2004年だから…

         2004×9=18036番!これにしよう!

     青芝:わかりづらいだろ!

     天瑞:まあ番号はそのうち考えるとして、キリ番の運用もそれなりに考えてるつもりです。

     青芝:…期待しないで待っててくれよな…

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:さあて、G’s2月号も確保したことだし、早くA.Iに投稿しよっと。

     青芝:…早すぎねえか!?

     天瑞:早すぎないっ!(真剣)

     青芝:…(な、なんだ、この気迫は…いつもの天瑞じゃねえ…?)

     瑞葉:た、たいへんですよあおしばさん!今月号を見てください!

     青芝:お、そういやまだ見てなかったな、どれどれ(A.I熟読中…)

         ぶっ!愛羅が飲酒運転未遂!?

     瑞葉:そうなんですよ〜あおしばさん、どうしますか?

     青芝:どうするって…そりゃあ、俺が運転を代わるしかねえだろうよ。

     瑞葉:でも愛羅さんは運転する気満々ですよ!こうなったら人工呼吸でアルコールを根こそぎ吸い出し…

     青芝:年頃の女の子が滅多なことを言うんじゃない!

         …ん?……俺達、な〜んか注目するとこ、間違ってないか?

     瑞葉:……あれ?

     青芝:…それに珍しく天瑞が黙りこくって…うわ!?

     天瑞:(ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ……)

     青芝:うお!ヤツの背後に真紅のオーラが!!元旦の決勝はしあさってだぞ!?

     瑞葉:あおしばさん、間違えました!次のページです、これ!

     青芝:ん……これは……1部終了、ということか。

     瑞葉:そうなんですよ〜だからてんずいさん、いち早く続行の思いを伝えようといつもよりがんばって…

     青芝:でもあくまで「1部終了ってことだろ?」続く算段の方が大きいんじゃないのか?

     瑞葉:わたしも、そう思うんですけど…

     天瑞:はっきり、しないんだ…はっきりと「続く」とは書かれてない。

     青芝:まあ、そりゃそうだが…

     天瑞:だから、いつもより力を込めないと。選択肢ももう決める。

     Choice1 最後の選択(一番愛するロボットを1人選ぶ。但し今回に限り「選べない」も可)

     Choice2 アイテム選択

      A:姫ドレス  B:アイドル服  C:バイク  D:ピアノ  E:呪符  F:桜の苗木

     Choice3 機能選択

      A:ギャンブラー  B:耳掃除  C:お絵かき  D:変身  E:整体師  F:秘書


     瑞葉:最初の選択で「選べない」が選べるっていうのは初めてですよね?

     天瑞:これが引っ掛かるんだよね…

     青芝:…お前さん、どうするんだ??

     天瑞:前回の投票結果で、アイリスの「怒」が2ポイントも上がっちゃった…だからいつも通りアイリスにしようと

         思ってたんだけど…

     瑞葉:…けど?

     天瑞:いちばん愛するロボット…って言われても、よくよく考えてみたら、4人のことまだまだ知らないんじゃ

         ないかって思えてきて。

         1年って時間は、人(この場合ロボットだけど)を知るのには短すぎるんだ。

     青芝:まあ現実でもそうだろうよな。

     天瑞:そんなわけで、自分の選択はこんな感じ。

     Choice1 選べない

     Choice2 ココ…桜の苗木  アイリス…姫ドレス   RUNA…アイドル服   愛羅…ピアノ

     Choice3 ココ…変身  アイリス…耳掃除  RUNA…お絵描き  愛羅…ギャンブラー


     天瑞:これに賭けてみる。今回の特別ルールが、もしかしたら未来へ続く扉になるんじゃないかと…

         深読みしてみることにした。

     青芝:…なるほど…

     瑞葉:桜の苗木なんて、…なんか、今回らしいですね。

     天瑞:これで「選べない」が打ち切り直行ルートだったら、抗議してやるぞ!

     青芝:最終回にわざわざ罠もないだろう。お前さんの選択悪くないと思うぜ。

     天瑞:あおちゃんにそう言ってもらえると心強いなあ。

     青芝:ただ…一言だけ言わせてくれ。

     天瑞:?

     青芝:愛羅にピアノとギャンブラー…彼女をどっかのバーテンダーにでもするつもりかっての。

     天瑞:いいじゃん〜かわいくお説教してくれるバーテンダー。

       ★                ☆               ★               ☆

     天瑞:おそらくこれが今年最後の更新になると思います。みなさん、いかがでしたでしょうか?

     瑞葉:今回はA.Iであまり笑いがとれませんでしたね〜

     天瑞:ごめんごめん。思い入れのある企画が終わるかもしれないと思うと、ついついマジメになっちゃって。

     青芝:まあ見た感じ大丈夫みたいな気はするけどなあ。

     天瑞:…もし自分が冬コミにサークル参加してたなら、絵入りの色紙かなんか用意して、来てくれた

         人たちにメッセージを入れてもらって、それを編集部の方に渡す…なんてことも出来たんだろう

         けど…

     青芝:サッカーによくある寄せ書き入り横断幕の応用だな。

     天瑞:…自分は絵をそれなりそこそこに描けるようになるのが遅かった。コッチの世界に足を踏み入れるのも

         遅かった…ホント、力が欲しいよ…

     青芝:ま、できる力でやってみなっての。結局のところ、手の届く範囲であがいてみるしかねえんだから。

     瑞葉:で、投稿のイラストはこれから描くんですか?

     天瑞:もうすぐ3枚になる。

     青芝:…お前さんにしちゃ、ハイペースだな…

     天瑞:まあね、コタツで2回くらい轟沈したし

         本当は10枚くらいのイラストができればインパクトも強いかなあ…って思うんだけど。

         あああ、何度も言うけど、力がほしいっ!!

     青芝:あまり根をつめすぎて天皇杯決勝を忘れるなよ。

     天瑞:もちろん!しっかりタイトルとって、縁起のいい空気をハガキにのせて送ってやるさ!

         今年最後の更新は、PRIDE OF A.I!な天瑞烈Zと!

     青芝:今年は佐賀東に1回くらい勝ってほしいとおもう青芝辰巳、

     瑞葉:RUNAちゃんココちゃんとお友達になりたい、大城戸瑞葉でした!

         それではみなさん、よいお年を!!




【戻りますよん】



inserted by FC2 system