2007年 1月1日 ひとまず新年のごあいさつ

     天瑞:みなさ〜ん、冬コミ疲れはとれましたかあ??

     瑞葉:国立競技場周辺で徹夜の方、調子はいかがですかあ?

     青芝:徹夜の人はこんなとこ見ちゃいないって…

     天瑞:さてさて…正式オープンから3ヶ月目に突入しました、このマリエスター・ユナイテッド。

         旧年中はホントにお世話になりました!

     青芝:ところでお前さん、年賀状は書いたのか?

     天瑞:……………………………

     青芝:…書いてねえんだな…

     瑞葉:し、仕方ないですよ!A.Iの続行キャンペーンのイラストを進めてましたもの!

     天瑞:…そ、そんなこんなで今年もよろしくお願いしま〜す!さて東京行かなきゃ。

     瑞葉:天皇杯決勝ですね!

     天瑞:うん。新年を占ってくる。チケットが手に入ったら吉。浦和が勝ったら大吉!

     青芝:今年も相変わらずになりそうだな…



  2007年 1月5日 年始め・強運の貯金箱

     天瑞:見てみて!年賀状がきたんだよ!すごいでしょ〜

     青芝:年賀状をスゴイと言うからには、それなりの相手から来てるんだろうな?

     天瑞:ふっふ〜、なんと…浦和レッズから年賀状が来ちゃいました!

     瑞葉:あ、リーグ制覇したときの場面が裏面に…

     天瑞:一応埼スタシーズンチケット持ってるからね。粋なことしてくれるねえ。

     青芝:そういうお前さんは年賀状、書いたのか?

     天瑞:全っ然。1枚も書いてない。

         その労力はすべてココとアイリスとRUNAと愛羅の描線に費やしました!

     青芝:お前さんよお…1枚くらいの年賀状鉄板メンバーみたいなのはいねえのかよ…

     天瑞:ん〜、いたような気もするけど…まあいいやって感じで。

         それに今は非常事態なんだよ!?そんな暇があったらアイリスのかわゆいお願いポーズを描こうと…

     青芝:…非常事態の割にはコンテンツを増設してたな…

     天瑞:あ。「天瑞的辞書」のこと?あは、それはそれ。

     瑞葉:いいじゃないですか〜気分転換も時には必要なんですよ?

     青芝:まあ…それはそうなんだが…『アイリスの説明、こんなんでいいんだろうか』なんて悩んでる姿を

         見るとだな、どうしても気分転換のレベルに見えねえんだよな…

     天瑞:だって〜大切な項目だから…

     青芝:…もういい。

     瑞葉:以上、新コーナーの宣伝でした♪

     天瑞:では皆さん…改めまして、新年明けましておめでとうございます!

         只今高校サッカーの八千代と丸岡の試合の録画中継を見てる天瑞烈Zです!

     瑞葉:途中のCMに出てくる、Jリーガーの若い頃の姿にびっくりの大城戸瑞葉!

     青芝:確かに我那覇の姿は最初わかんなかったな……と、珍しく流れにのってみた青芝辰巳。

     天瑞:07年度も3人でがんばっていきます!よろしくね♪


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


     天瑞:デュアル・クラウン、ゲットおおおおお!!!せーのっ!

     瑞葉:♪な〜んどもアジアへ行こ〜お〜、行こ〜お〜、行こ〜お〜♪

        ♪な〜んどもアジアへ行こ〜お〜! ラララ〜ラ〜ララ〜ラ〜♪♪

     青芝:おい、いきなり歌い始めないでせめて状況説明くらいしな。

     天瑞:それもそうだね。コホン…

         2007年!元旦!!浦和レッズ、天皇杯戴冠!!これで07シーズンの2冠を達成しましたあ!

     青芝:結局チケット手に入ったんだな。

     天瑞:うん。これでまず新年は最低でも吉!そして2個目のタイトルで大吉〜♪

     瑞葉:もお、何回も悲鳴上げちゃいましたよ〜

     青芝:ちょいと押され気味になるかな…って思ってたが、まさかあそこまでとは思わなかったな。

     天瑞:ガンバはシーズンのラスボスにふさわしい強さだったなあ。

         ラスボスというより裏ボスだったかも?

     瑞葉:でも、そんな中で永井選手が…

     天瑞:………(回想中)………

       ※永井ゴール時の天瑞の絶叫

        「ハウア゛ア〜、ウ゛アア!!ゆいちろ、永井!ユウイチロウ!!よくやっだあ゛あ゛!!!」

     天瑞:…はっきり覚えてるよお。もう、ありえない場所に濁点つけまくったもん。

     瑞葉:これで永井選手も…ようやく納得できるタイトルを手にしましたね。

     青芝:自分の手で決めたゴールだからな。契約も更新したし、一安心てとこじゃないか?

     天瑞:来年のレプリカも9番決定だね♪愛してるぜ、ちろ

     青芝:…ちろ??

     天瑞:あ、たった今思いついた永井のあだ名。雄一郎。略してちろ!愛してるぜアニキ

     瑞葉:わあ、かわいらしいニックネームですね!あれ?でもどこかで聞いたような…??

     青芝:!ちろ…アニキ……やれやれ、お前さんの言いたいことはよ〜く分かった…

         今のうちに注意しておくが、そのあだ名、使うなら内輪だけにしとけ。

     瑞葉:え〜、どうしてもですかあ?

     青芝:どうしても、だ!

        ※何のことかわからない方は「鈴凛」で検索をかけてみてください♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:絶賛、A.Iイラスト強化月間中!!

     青芝:で、もう送ったのか?

     天瑞:まだまだ、ギリギリまで粘ってみるぞお。とりあえず5枚完成させた。

     瑞葉:5枚…てんずいさん、いつも送るのって…A.I含めても3枚くらいでしたよね。

     天瑞:それが今回はA.Iだけで5枚。構図をカンタンにしてるのもあるけど…我ながらよくやった。

         あ〜、なんかいいカンジの構図、転がってないかな〜

     青芝:「転がってないかな」って…なんつう悩み方だか…

     瑞葉:今月号のG’sのイラストでも眺めてみたらどうですか?

     天瑞:あ、いいかも。じゃあ今回はG’s2月号モエスタ・イラスト検証大会といこうか!

     青芝:まずはカラーページか…

     瑞葉:よく見たらどのキャラも平均的に載ってますね。わからないのもけっこう…

     天瑞:いや、その辺はきっとオリジナルも混じってるせいだと思う。

         最近の傾向なんだけど、オリジナルをカラーで描く人、多いような気がするなあ。

     青芝:しいて言えばローゼンメイデンが多いか…

     天瑞:あとはストパニ・ななついろ・DCU…………………………ふう……

     青芝:どうした?タメ息なんかついて。

     天瑞:…ダメ!カラーページ見てると思いっきり凹んでくる!次いこ、つぎ!

     瑞葉:やっぱりカラーは色彩の感覚が大切なんですね。当たり前ですけど…

     青芝:次、モノクロページ…

     瑞葉:あれ?な、なんだろう…やっぱりわからないものが多い…

     青芝:おいおい、しっかりしてくれ。ちょっと見りゃわかるだろう?

         これはうたわれ、こっちはフェイト・よあけな。シスプリもちょくちょく見えるな。

     瑞葉:く、くわしいですね、あおしばさん!ドキドキ…

     青芝:あくまで予備知識だ。予備知識!

     天瑞:でも…ひところに比べると、ホント傾向が読めないなあ。

         自分が買い始めた頃なんて、ホント半分以上シスプリが占めてたようなものだったけど…

     青芝:イラストのキャラの傾向は戦国時代…ってか?

     天瑞:ん…もしかしたら、そうなんじゃないかな。実はどの作品が一番描かれてるか集計しようとしたんだけど、

         面倒になってやめちゃった。あまりに項目が多くなりすぎて…

     瑞葉:あ…だとしたら、もしかしてA.Iのコーナーってけっこう強いんじゃないですか?3ページあるし。

     天瑞:投票の中身とはいえ、はっきりとイラストの数はキープできてるしね。

     青芝:ただ、あくまでモエスタ内の一部だからな。そこんとこ忘れるなよな。

     天瑞:わかってるって!ちょっとくらい楽観的な気分にさせてよ〜。

     瑞葉:で、なんかわかりましたか?構図のコツ。

     天瑞:う〜ん、コツってほどでもないけど…意外とシンプルなポーズとってるイラストが多いかなって

         気がしたなあ。改めてみてみると。

     青芝:確かにそうかもな。「左あるいは正面向き上半身」のパターンが多い…な。

         まあ、そういった人たちは自信があるんだろうよ。

         シンプルなポーズでも自分の線でキャラを表現できる自信が、な。

     天瑞:……いっそのこと、黒インクを六甲のおいしい水から手作りでもしてみようかなあ。

     青芝:なるほど、それでいつもより味わいの深い線が…って根本的に誤ってるだろ!!

     瑞葉:ぷぷぷ…あおしばさん、今のはノリ突っ込みってことでいいんですよね??

     青芝:まったく。俺もだんだんおかしくなってきたぜ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:ここまでお付き合い頂きありがとうございます〜、新年2発目、いかがでしたでしょうか?

     瑞葉:正式な形での更新は今年初めてってことになりますね。う〜それにしても寒い〜

     青芝:今年はまだあったかい方だぜ。天気もいいしな。

     天瑞:…でも明日、思いっきり雨が降るみたいなんだよね…せっかく高校サッカーの準決勝見に行くのに〜

     青芝:ほう、もう1回行くか、国立。

     天瑞:うん。人生初の高校サッカー現地観戦が雨の中。

         「準決勝なら高レベルの試合が2試合だ!」なんて思ってたけど…2試合雨だとは…

     瑞葉:で、でも雨の中の試合って、けっこう雰囲気いいですよね!

     天瑞:まあね。でもどうしてだろ?やっぱり昔のクイズ番組とかで泥だらけにされるとヤケになるのと

         同じかな?

     青芝:そいつはちょいと違うと思うぞ…まあいいじゃねえか。いつもと違ってカッパ着るつもりなんだろ?

     瑞葉:え?いつもは雨が降ってもカッパ着ないんですか??

     天瑞:レッズの時はね。最初は雨がちらつき始めたら着替えてたんだけど、だんだん面倒になってきて…

     青芝:漢気があるのかねえのか、よくわからねえな…

     天瑞:そんなわけで明日、行って参ります。カードは作陽VS神村学園と八千代VS盛岡商!

         お相手はチケットも購入して覚悟を決めた、天瑞烈Zと!

     青芝:今日の丸岡イレブンの戦いぶりに拍手を送りたい、青芝辰巳。

     瑞葉:そして雨が降ってもやっぱりチアのみなさんはあの衣装でがんばるのかドキドキな

         大城戸瑞葉でした!ではみなさん、今年もよろしくお願いしますね!



  2007年 1月12日 それでも風邪はひいてません♪

     天瑞:…寒い寒い寒い!!!日本に氷河期が降臨したんですか!?

     瑞葉:先週の雨・風それ以来ずっと…う〜、あたしもざぶいいいいい…

     天瑞:あ、ビデオのリモコン。「灼熱のニュルンベルク」用のチェックしなきゃ(ずるずるずる)

     瑞葉:サカマガちょっと見せてくださいね〜(ずるずるずる)

     青芝:…おい!2人してコタツを移動させまくってるんじゃない!どこかの電力会社のCMか!?

     天瑞:だって寒いんだもん〜

     青芝:そんなんだから最近コタツで何度も轟沈するんだって。

     天瑞:そういえばアストラエアにはコタツってないっぽいね。なんで?

     青芝:いや何でと言われても…そりゃ歴史ある女子高にコタツは…

     瑞葉:え?ル・リムの寮で何度か見かけたような気が…気のせいかな?

     青芝:そうだった、ル・リムはモノが違うんだった…

     天瑞:よいしょ。ようやく起き上がれたよ、というわけで今週のごあいさつ参りま〜す♪

         阿部っちの動向がやっぱり気になる天瑞烈Z!

     瑞葉:レンタルで修行に出たみんな、1人でも多く戻ってきてください!な気持ちの大城戸瑞葉!

     青芝:そして急に増えた海外組のチェックで空港に出っぱなしの青芝辰巳。

     天瑞:寒いけど、今日もがんばっていきます♪ところであおちゃん、おみやげは〜??

     青芝:俺は海外に行ったんじゃなくて空港に行っただけ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:人生初!祝!高校サッカーに行ってきましたあ!ワーワーワー!

         …あれ?なんであおちゃん、そんな冷ややかな目をしてるの?

     青芝:あのな、年間レッズ・代表その他含めて50試合サッカー見てる人間がいまさら「ワーワーワー!」

         はないだろう?

     天瑞:これはこれは、一本とられた〜

     瑞葉:で、どんな感じだったんですか?確か準決勝の2試合を見に行ったんですよね!

     天瑞:そうそう!そりゃもう高校生らしいチャレンジ精神全開でスーパーゴールの連発…

     青芝:あー、多分ワザとだとは思うが一応言っておく。ニセ情報は流さないように!

     天瑞:もー、わかってるって、冗談言ってみたい年頃なんだよ〜

         …で、実際は2試合ともスコアは1−0だった。しかも第1試合は寝坊して途中からの観戦になって、

         ゴール見逃しちゃった。

     瑞葉:カードはたしか、えーと…作陽VS神村学園と八千代VS盛岡商、でしたよね?

     天瑞:うん。印象は…とにかく雨だった…雪にならなかったのが不思議なくらい。

         40分が終わるたびにコンコースに逃げてたし。

     青芝:雨もそうだが、2日連続の試合だったんだよな。俺はTVで見てたんだが、正直体が重かったように

         見えたぜ。

     瑞葉:ふ、2日連続!?プロの人たちでさえ中2日の日程で過密日程っていわれてるくらいなのに!?

     天瑞:まったくだよね。HPの更新と同じで、2日連続なんてムリだよね〜

     青芝:お前さんはもっと気張って更新せい。

         それとあとセンターサークル付近の水溜りはひどかったな…

     天瑞:あれは絶対にトラップ以外の何者でもないって。特に八千代にとっては…

         パスもドリブルも通らなくなる上に、コースまで限定されちゃうもん。

     瑞葉:でもそんな中でもゴールひとつ、見られたんですよね?

     天瑞:…………

     青芝:…………

     瑞葉:……あ、あの〜なんでふたりとも、黙っちゃうんです…か?

     天瑞:あ?あ〜、別に深い意味はないよ?ちょっと考えこんじゃっただけで…

         うん、確かにみたよ、ゴール。…オウンゴールだったけど…

     青芝:しかもシャレにならねえくらいかわいそうなオウンゴールだったからな。まあそのGK、結局は

         大会の優秀GKに選ばれたから少しは救いになったかな…

     瑞葉:そ、そうだったんですか…

     天瑞:で、激戦を勝ち抜いたのが作陽と盛岡商。決勝は現地に行かなかったんだけどいい試合だったな〜

     青芝:これでJに進むプレーヤーが双方にいねえんだからな、恐れ入るぜ。

         ※実際にはJから声はかかっていたけど進学を選んだ子がいたようです。

     天瑞:結論。高校サッカーは、やっぱりトーナメントの下の方から現場で見たほうがいい!

         そうじゃないと下から勝ち抜いてきた重さが実感できない!

     青芝:珍しくマトモなこと言うじゃねえか。特に今回は前評判の高かったとこが早くに負けてったからな。

         中京大中京・滝川第二・大津…静岡学園も国立で見てみたかったなあ。

     天瑞:というわけで次回の高校選手権は、気愛入れて全試合制覇!を目標にしてみたいと思います♪

     瑞葉:おもしろそうですね!そのときはわたしもいっしょに行きます!柏とかで見られるんですよね?

     青芝:…同時刻開催とかあるぞ…分身でもする気か?

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:今ちょっとサイトのアクセスと調べてみたんだけど…

         今日のアクセス、すっっっごく少ない!わーいわーい♪

     青芝:ちったあ焦れ!喜んでどうすんだよ…

     瑞葉:じゃあ、みなさんが来ないうちに壁紙をプリズムにしちゃいましょう!

     天瑞:おお、いいねえ〜。開けてびっくり玉手箱〜、もおクロアチアのユニフォームと同じくらい視点を

         惑わせちゃうぞ!

     青芝:いかん、なんかエライことになり始めた。なんか話ふらねえと……と、そうだ!

         お前さん、結局A.Iの投稿は済んだのか?

     天瑞:むむ、よくぞ聞いてくれました。ふっふ〜今日のしめきりに向けてイラスト6枚になりました

     青芝:まだ送ってないなんてオチはなしだぞ。

     瑞葉:大丈夫ですよ〜ちゃんとポストに入れてきましたもの。余分に切手を貼って!

     青芝:いや誰も余分に貼れとまでは言ってないんだが…

     天瑞:ちなみに内容はこんな感じ。そのうち「天瑞的筆跡」にアップします♪

        ・酒場でビール瓶を見つめながらなんとなくたそがれてる愛羅さん

        ・タロットカードを手にちょっぴり悪戯っぽい表情を浮かべるアイリス

        ・やっぱり手にしたタロットを見つめるアイリス。姫ドレス着用。

        ・全員集合その@。4人ともカメラ目線でこちらを見つめている。

        ・全員集合そのA。こっちはマスター付き。数式風に無限大のエピソードを表現(なんのこっちゃ)

        ・泣きながらお願いボードを掲げるココとRUNA。


     瑞葉:最後のはトップ絵に飾ってるものですね!

     青芝:むむう、年末年始の休みがあったとはいえ、描きも描いたり6枚…苦労したろう?

     天瑞:それがね〜、描くキャラが限定されてるせいかむしろ調子よくてねえ。

     青芝:ほう……

     天瑞:?どうしたの、あおちゃん、?

     青芝:…いや…なんでもない…

     瑞葉:てんずいさん。あおしばさんはですね、アイリス単体が2枚あるのに、愛羅さんの単体が1枚しか

         ないのがひっかかってるんですよ♪

     青芝:おい!お、俺は別に……

     天瑞:あ、ごめんねあおちゃん〜そうだそうだ、もっと愛羅さんを描かないとダメだったよね。

         一応第2波として通常コーナー向けにも描くつもりだから〜

     青芝:気にしてない、別に気にしてないっての!

     瑞葉:あおしばさん…いっそのこと、自分で描いちゃったら、どうですか??

     青芝:無茶いうな!だいたい自分の手で愛羅の体の線を描くなど…お、オレに出来るワケないだろ!

     瑞葉:もう、あおしばさんったら意識しすぎ!夢に出てきちゃいますよ♪

     天瑞:じゃああおちゃん、愛羅さんのポーズとか服装、リクエストしてよ。出来る限りでがんばってみるから。

     青芝:む、本当か!?いや、じゃねえってんだろうがあああああ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:荒れるあおちゃんがようやく静まったところで、お開きの時間がやって参りました。

         いかがでしたでしょうか?

     青芝:まったく…あさっては大学サッカーの決勝があるんだから、余計な体力使わせるなよ…

     天瑞:あ、大学の方もやってるんだよね。何人かいたかな、Jリーグ行きの選手が。

     青芝:千葉の巻の弟に大分の松橋の弟…なかなか面白そうなのがいるぞ。

     天瑞:でも浦和に来るのはいないんだよね。んん〜今年の補強は阿部っちに絞った感じかな。

         伊藤翔もグルノーブルに取られちゃったし。

     瑞葉:新顔さん、いろんなチームにいっぱいですね。

     天瑞:そうそう、新顔で思い出したけどちょっと予告というかお知らせしときま〜す。

         さる人からの提案でね、ここにゲストが来るかもしれません!

     瑞葉:えええ!?も、もっとにぎやかになるんですかあ!楽しみ〜♪

     青芝:…大丈夫なのかよ…3人でもハチャメチャになりかけてるんだぜ?

     天瑞:そのへんは…大丈夫!コタツ大きくするから!

     青芝:空間的な意味で言ってるんじゃない!

         しかし来るとしても誰が来るんだ?ヒントくらい教えてくれてもいいだろう?

     天瑞:ヒント、ヒントねえ…「萌須田社からやって来る」…かもしれない、なんてね!

     青芝:???

     瑞葉:ま、まさかココちゃんとかRUNAちゃんとかアイリスとか愛羅さんとかが来るとか!?

     天瑞:あ〜できればそうしたいんだけど、さすがにそれはムリ。でも近い…かも?

     瑞葉:楽しみにしてて、大丈夫ですか?

     天瑞:それはもう、乞うご期待!

     青芝:…俺は不安だ…ま、来るんだったら事前に教えてくれよな。掃除くらいせにゃならんだろ。

     天瑞:掃除?

     青芝:さっきからコタツに潜ったまま移動しまくってるから、部屋がエライことになってんだよ!

     天瑞:あ、あははは…でも掃除はしとこうかな。埃でショートとかしたらマズイだろうし。

     瑞葉:(ショートってなんのことかな…?)

     天瑞:おっとっと、これ以上はまだまだ先のお楽しみ!まだ計画段階だしね。

         皆様、ゲストのことは気長に待っててくださいね!

         お相手は、アイリスを描きまくってるせいで特定トーンの減りが早い、天瑞烈Zと!

     青芝:トライアウトに参加している元レッズの小林陽介(横河武蔵野)の行き先が気になる青芝辰巳。

     瑞葉:そして1年のカレンダーをどんなのにするか、まだ選びきれてない大城戸瑞葉でした!

         ではみなさん、また次回おいでませです〜♪



  2007年 1月19日 空から降り立つハートロイド

     青芝:…結局マトモに掃除できてねえし…

     瑞葉:仕方ないですよ。出来る限りで見栄えがつくくらいに整とんしておきましょう。

     天瑞:ふ〜、ひとまず床に散らばっていた本は片付けた、と。

     瑞葉:壁に貼ってあるレッズ優勝の号外はどうしますか?

     天瑞:そのまま貼っておいて。もちろん永井のドリブルシーンのポスターも剥がさないでね。

     青芝:こうして見ると、お前さんも立派ないちサポーターだな。

     瑞葉:すいませ〜ん、このシスタ〜プリンセスのカレンダー、2003年度のものですけど?

     天瑞:あ〜、今年も飾っておくから、そのままにしておいて。

     青芝:……この辺を除けばな!

         ところで今日、ゲストが来るって聞いたんだが、結局誰なんだ?当日まで引っ張るたあなあ。

     瑞葉:あ、わたしも知りたいです〜

     天瑞:ん〜、じゃあ、ヒントを出すね。2人とも、顔は知っていると思うよ。

     青芝:んんん〜???

     瑞葉:じゃあ、以前会ったことのある人ですか??

     天瑞:いや、直接は会ったことないね。写真…というか絵だけ。

     青芝:絵……?

     天瑞:じゃあもうひとつヒント!そうだね…ドラクエ4の主人公の幼馴じみ!

     青芝:ぶっ、急に方向性が変わったぞ!?

     瑞葉:!あ、あの、わたし、わかっちゃったかも!

         え〜と、その子、きっと…女の子ですよね?

     天瑞:当たり!思い出したね。

     青芝:ドラクエ4…主人公は第5章…幼馴じみ………ん!?ひょっとしたら…

         その子、フルネームにアルファベットが混じってるんじゃないか?

     天瑞:それも当たり!あおちゃんも気づいたようだね。

     瑞葉:ところであおしばさん、ゲームのヒントでわかったんですね。

     青芝:たまたまだ、たまたま。

     天瑞:と、いうわけなので、もし別コーナー「心の鍵はA.I.Love You!」に目を通してない方が

         いらっしゃいましたら、予備知識のために一度読んでおいてくださいね!

     瑞葉:コーナーのかなり下の方ですよお〜

     青芝:俺の予想が正しければ彼女は東京方面から来るはずだな?

     天瑞:そうそう。だから先に始まりのあいさつをやっておこうかな。

         ではこの場を借りて…星…じゃなくて、ユノムールさん、感謝感激雨アラレな気分の天瑞烈Z!

     瑞葉:あ〜、何かおみやげ買ってくればよかったよお!な大城戸瑞葉ぁ〜

     青芝:やれやれ、ギリギリまで掃除しておくか…な気分の青芝辰巳。

     天瑞:今回はここにあと1名加わります!お楽しみあれ〜♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     瑞葉:…って、あいさつしてから30分経ったけど…

     青芝:遅いな…お前さん、場所はちゃんと教えたんだろうな?

     天瑞:大丈夫だよ〜、場所から周囲の風景まで、個人情報含めてぬかりなく伝えてあるもん。

     青芝:いや、個人情報までやらなくてもいいんだが…

     天瑞:でもどうしたんだろうね?特急で来れば早いって教えたし。

     瑞葉:特急?

     天瑞:うん。特急なら東京から1時間弱だし。鈍行で来るのはキツイかなあって思って。

     青芝:…(時刻表確認)…おい!最寄の駅、通過してるのがあるぞ!?まさかこれに乗ったんじゃ…


       バリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリバリ………


     瑞葉:な、何の音!?

     天瑞:遠ざかっていったね。一体なんだったんだろう??

       〜ピンポ〜ン〜

     青芝:!おい、もしかしたら…

     天瑞:いや、もしかしたら押し売りかもしれない!以前通販を頼んでたとき、チャイムが鳴ったから喜んで

         ドアを開けたら引っ掛かったことがあって…

     青芝:言ってる場合か!とにかく出るぞ!

     瑞葉:は〜い、どちらさまですか〜?ぐるぐるがちゃ!

     青芝:ドア開ける効果音を口に出さなくていいって…

     ??:お初にお目にかかります。CHR−S@シンシアと申します。

     
            (↑シンシアさん)


     瑞葉:やっぱり予想通り!シンシアさんだあ!

     天瑞:シンシアさん、ごめんごめん。特急のこと、通過するやつがあるって伝え忘れてて…

     シンシア:あの私、実は電車では来なかったんですよ。

     青芝:ん、電車じゃない?………まさか…さっきの音……ヘリ!?

     シンシア:はい、ちょうど萌須田社が支店へ物資を輸送するみたいだったので、相乗りさせてもらったんです。

     天瑞:物資をヘリで支店へ輸送…

     青芝:底知れねえな…萌須田社…

     天瑞:あ、ねえ、そのヘリにミアトルかスピカの生徒って乗ってなかった?

     青芝:乗ってるワケねえだろ!さっさと中に行くぞ。


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


     天瑞:…というわけで、やってまいりました。初ゲストはこの方!

     シンシア:改めまして、マリエスター・ユナイテッドをご覧のみなさま、こんばんは!

           ゲストとして参りました、CHR−S@シンシアと申します。


     瑞葉:え、え〜と…しー、えいち、あーるえすあい……???

     シンシア:あ、わたくしの型番のことですか?これはですね、「コミュニケート・ハート・ロイド」の

           略称なんですよ。


     瑞葉:へええ、そうなんですかあ…いい響きですね、ハート・ロイドって。

     天瑞:自分はてっきり「ちょっぴり(C)恥ずかしがりな(H)ロボット(R)」だと思った!

     青芝:名前で遊ぶなよ、失礼だろうが…

     シンシア:ふふふ、でも…合ってるかもしれませんよ?

     青芝:いや、むしろ大人だな…

     瑞葉:ほんと、わたしとは大違いだよお。言葉もていねいだし。

     シンシア:そんな…少し恥ずかしいです…

     天瑞:(よし!)

     青芝:お前さん、何ちいさくガッツポーズしてんだ?

     シンシア:そうそう、これ…萌須田社から…喜んでいただけるかどうか…

     天瑞:こ、これは浦和レッズ米!わざわざ浦和まで行って買ってきてくれたの?

         素晴らしい!貴重な兵糧だ!

     青芝:…完璧に趣味を萌須田社に握られてるな…

     天瑞:よし、久々に米を炊くぞ!めんどいから電子レンジでやっちゃえ!

     青芝:あああ、いろいろつっこみたい箇所が…

     天瑞:お米炊いてる間、シンシアさんは充電でもしてていいよ。ヘリで来たとはいえ、疲れてるでしょ?

     シンシア:よろしいのですか?今は特に緊急というわけでは…

     青芝:好意は素直に受け取っておくもんだ。

     シンシア:では、お言葉に甘えて…ではこちらのをお借りしますね。

     瑞葉:(…充電って、どうやってやるんだろう?……あ、手首のパネルからコンセントが…)

     シンシア:あ、あの、そんなに見つめられると…

     瑞葉:あ!ご、ごめんなさいっ!つい…

         ところでシンシアさん、萌須田社からきたんですよね。

     シンシア:あ、実はわたくしは萌須田社製ではないんですよ。

     青芝:??

     シンシア:萌須田社に技術を提供している会社があって、正確にはそこから派遣という形で

           お手伝いさせていただいているんです。


     青芝:萌須田社だけじゃねえのかよ…美少女ロボットの会社って…

     瑞葉:いったい、どんな会社なんですか?シンシアさんの生まれたところって。興味あるなあ。

     シンシア:その質問には、会社側からプロテクトが…

      バチッ!!!


     天瑞:おわああああ、ブレーカーがおっこちたあ!

     瑞葉:ひゃううう、みんな、どこどこどこ〜???

     青芝:落ち着け落ち着け、狭いとこなんだから…ったく、電子レンジなんか使うから…

         素直に炊飯器使えよ…ブレーカーどこだ?

     天瑞:え〜とね、玄関のすぐそばなんだけど…目が慣れないいい!

     シンシア:わたくしなら大丈夫です!戻してまいります!

     天瑞:ごめん!よろしく頼みます!

     瑞葉:わ〜い、ついた♪

     シンシア:…ごめんなさい、わたくしが充電してしまったから…

     青芝:シンシアのせいじゃない。電子レンジにコタツに暖房。カンペキに電力食いのコンボだ。

     天瑞:そうそう、前もそうだったんだけど、この電子レンジ、電力食うんだよね〜

     瑞葉:だから落ち込まないで、ね?

     シンシア:みなさん、優しいですね…これが、人のもつ「心」というものなのでしょうか?

           うらやましいです。皆さんは心というものをお持ちで…


     青芝:おいおい、よりによってこの「狂想曲」内でそんなシリアスなセリフ…似合わねえぜ。

         まったく、こそばゆいじゃねえか。第一、俺にはシンシアも立派な心を持ってるように見えるぜ?

     天瑞:あ〜っ、あおちゃんてば妙にやっさし〜。愛羅さんに伝えなきゃ♪

     シンシア:え、愛羅さんになにか伝言いたしますか?

     青芝:あ、そんならひとつ…じゃねえ、おい、伝言しなくていい!するなあああああ!!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:唐突に検証!わたし、天瑞烈Zはもういちど海外に行けるのか!?

     青芝:おいおい、ホントに唐突だな。で、海外ってのはACLのアウェイのことだな?

     シンシア:ACLというのは「アジア・チャンピオンズリーグ」のことですね?

     瑞葉:シンシアさん、サッカーのこと、わかるんですか?

     シンシア:予備知識を仕入れた程度ですが…わたしのコンセプトを設計してくれた方が

           『マリエスター・ユナイテッドにゲストに行くのなら、少し前準備しておいた方がいい』って

           忠告してくださったので、いくつか情報をダウンロードしておいたんです。


     青芝:悪いな、俺たちの話につき合わせちまって。

     シンシア:いえ、わたしもけっこう楽しんでましたから♪たしか、浦和のグループリーグの相手は

           中国・オーストラリア・インドネシアの国のチームでしたね。


     天瑞:よく知ってるね〜。具体的には上海・シドニー・ケディリの3箇所の都市。

     瑞葉:まさか全部は…

     天瑞:さすがにムリ!でも最低でも1箇所くらいは行きたいな。

     青芝:シドニー・上海あたりなんて行きやすいと思うがな。

     天瑞:そのどっちかかな。インドネシアはパス。チーム的にもひとつだけガクッと落ちる感じみたいだし。

         言っちゃあ悪いけど、サブ組を先発させても勝てるくらいじゃないかなあ。

         どっちにしよう、3月の上海と4月のシドニー…

     シンシア:あ、あの…わたしの情報によりますと、3月がシドニーで4月が上海みたいなんですけど…

     天瑞:…あれ?……(只今確認中)……あ、ホントだあ〜、今気づいてよかったよ〜。

     青芝:ハハハ、シンシアの方がレッズサポに向いてるんじゃねえか?

     天瑞:いやはや、見事見事。ぜひスカウトしたい!ねえ、ちょっとレプリカユニフォーム、着てみない?

         そのちょっと紫がかった髪と真紅のユニ、合うと思うんだけどなあ。

     瑞葉:うん!絶対似合う似合う〜

     シンシア:まあ、ありがとうございます、ふふ♪

     青芝:あのな、どさくさに紛れて千華留さんみてえなことしてんじゃねえよ…

     瑞葉:でも実際のところメドはついてるんですか?

     天瑞:それがね、3月の方はキツイんだなあ。4月の方もゴールデンウィークからズレてて、微妙な感じ。

         いっそグループリーグは諦めて、決勝トーナメントに進んでからにしようかな〜

     青芝:勝ち抜いたら、イランとかサウジのクラブと当たる可能性があるな。距離的には遠くなるが…

     天瑞:そうなんだよね〜。時間もかかりそうだし、費用もグループリーグよりかさみそうだし…

         …でも、行きたい。レッズのサポーターの端くれとして、アウェイの一角を赤く染めてきたい!

     シンシア:行けると、いいですね。海外に支社があれば、わたしもわずかながらでもお手伝い

           できるのですが…


     天瑞:あはは、さすがにそこまでお世話になるわけにはいかないよ〜。もし中東に行けたら、あっちの

         現地のアラビアンな衣装を買ってくるから、着せ替えしてみてくれるとうれしいな!

     瑞葉:あ!それも似合いそう〜♪

     青芝:頼む、いいかげん着せ替えネタは控えてくれ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:今回の狂想曲はシンシアさんを加えた4人体制でお送りしました!いかがでしたでしょうか?

     青芝:思ったよりはうまくまとまった…ってことでいいのか?

     瑞葉:これもシンシアさんのおかげですね♪もうお開きなんて、ちょっぴり寂しいな。

     シンシア:名残惜しいのですが、電車がなくなってしまいそうですし…

     天瑞:あれ?帰りはヘリじゃないの?

     シンシア:はい。人々のいる空気に触れながら帰りたいからって、萌須田社にお願いしたんですよ。

     青芝:なるほど…そういう事なら、ちょいと待ってな!

     瑞葉:?どうしたんですか?あおしばさん。

     青芝:そらよっと!(大きめのコートを取り出し、シンシアに後ろから着せる)

         悪いが、そのままじゃ帰せねえ。その格好じゃちょいと目立つだろ。第一寒いぜ?

     シンシア:!…あ、あの……

     瑞葉:あ、あおしばさんてば、なんて手の早い…!

     天瑞:ちょっとあおちゃん!さっき「着せ替えネタはやめろ」なんて言いながら自分だけずるいよ〜

     青芝:おい!き、着せ替えじゃねえ!単に重ね着させただけだ!

         ま、そういうわけだから、使ってやってくれよ。

     シンシア:あ、ありがとうございます!でも、いつお返しすれば…

     青芝:気が向いたらで構わねえぜ。

     瑞葉:じゃあ、今度来たときにってことでいいじゃない?

     天瑞:お!それいいねえ〜つまりそのコートは、今度来るときの約束の印ってことでいいよね。

         いや〜我ながらいいこと言った!

     青芝:…最後の一言が大いに余計だったがな…

     天瑞:じゃあ、気分もよくなったところで…ラストのあいさついくよ!

         お相手は、ACLのホーム戦が19:30分開始で平日でも間に合いそうで嬉しい、天瑞烈Z!

     青芝:今年の移籍市場は大物が動きすぎてドタバタしてる青芝辰巳

     瑞葉:ル・リム新年恒例?雪合戦大会では常にアタッカー的役割な大城戸瑞葉に加えて…

         さ、シンシアさんの番だよ?

     シンシア:あ……では…コートはしっかりきれいにして返したいと思います。シンシアでした。

           …こんな感じでよろしかったでしょうか?

     天瑞:パーフェクト、お見事っ!

     瑞葉:これからはシンシアさんもよろしくお願いします!ではまた次回〜!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     シンシアの日記(記録データ)    ※萌須田社にて

      初めてのゲストと聞いていたけれど、失礼のないように振舞えたでしょうか…?皆さん、やさしくして

     くださったし、わたしももっともっと人のことを知らないといけませんね。この感じ…今、わたしは「楽しい」と

     感じているのでしょうか…?。人の心のしくみについてのデータ、もっと調べることにしましょう。。

      …あ、コートの中に何か…これは…お財布!?大変!早急に送り返して差し上げないと!あ、写真が

     入っていますね。これは、キレイな方……??愛羅さんにちょっと似ているような…??


     今回のエピソードでシンシアの感情パラメータ「愛」「楽」が1ずつUP!?



  2007年 1月26日 苺絵巻を読み解いて

     天瑞:いや〜、先週は楽しかったねえ。

     瑞葉:シンシアさんがヘリコプターでやってきて、いっぱいいっぱいお話して…

     青芝:………

     天瑞:そしてあおちゃんがジェントルマンらしくコートを着せて!

     青芝:……………………

     瑞葉:そしてシンシアさんが帰ったあと…

     天瑞:『財布がねええええええ!!!』って大慌て!で、結局どうなったの、あおちゃん?

     青芝:…別にどうもしねえよ、ちゃんと萌須田社から届いたしな。

     瑞葉:ま、まさかシンシアさんが直接!?

     青芝:んなわけあるか。宅配で来たよ、宅配で。

     天瑞:な〜んだ、おもしろくない!新しく動き出すロマンスグレーを期待していたのに!

     青芝:わけわかんねえなあ。ま、ちょっと変わった届け方だったが…

         …ヘリでの宅配を受けたのは人生で初めてだったな…

     瑞葉:も、萌須田社のトレンドなのかな…?

     天瑞:…と、先週のおさらいをサラっと流したところで恒例のごあいさつにいきま〜す。

         とある弾幕シューティングゲームのやりすぎで目がチカチカしてます、天瑞烈Z!

     瑞葉:阿部選手の赤いユニフォーム、とても似合ってると思う、大城戸瑞葉!

     青芝:そしてグルノーブルにはあまり才能ある若者を青田買いしすぎないでほしいと注文したい、青芝辰巳。

     天瑞:今週はいつもどおりの3人です!ぜひゆったりとお楽しみくださいませ〜

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:思い出せ!苺のキケンな香りにむせ返っていた日々を!

         思い出せ!「廊下の少女」「現場百回!」言葉だけで誰なのかわかってしまう物語を!

         思い出せ!全26話のアストラエアの記憶!!

     瑞葉:アニメストパニ・メモリアル。マリエスター・ユナイテッド内で好評展開中です♪

     青芝:なんつう露骨なCMだよ…

     天瑞:いやいや〜、久々に集中してアニメのストパニを見たら気愛入っちゃって!

         でもようやく形になってきたよね?ストパニダイジェスト。

     瑞葉:後々、わたしたちの細かいコメントとか入れるかもしれません。お楽しみに!

     青芝:コメント…それ、俺もやるのか??

     天瑞:もっちろん!

     青芝:いや何だ、俺みたいな人間が、その、ストパニにコメントなんぞ入れたら…その、なんだ…

         見てる人たちに対して興ざめなことになりはしないかと思うのだが…

     天瑞:逃走禁止っ!!

     青芝:頼む、逃がしてくれ…

         せめてコメントする話くらいは俺に決めさせてくれ!

     天瑞:ん〜、ま、それでもいいかな。

     瑞葉:あ、第8話「紫陽花」はわたしにぜひやらせてくださいっ!あの回、千華留さまが大活躍だから!

     天瑞:は〜い、瑞葉は「紫陽花」、予約決定〜♪

     青芝:…しかしまあ、お前さんにしては珍しくわりとまとまった文章書いてたな。ダイジェストとはいえ。

     天瑞:そおなんだよ〜こんな拍手メッセージももらっちゃってるくらい!


        fromゲンジマル大尉さん

        ストパニメモリアル、アニメを途中からしか見てないから読んでて楽しいです。

        原作と大分違うと聞いてましたけど、ここまで違うんですね。もうDVDはいらないかも?(笑)



     天瑞:早速目を通してもらってます。ありがとうございました!

     瑞葉:順調ですね〜…って、ちゃんとアニメの方も見なきゃダメえええ!

     青芝:ハハハ、さすがにDVDがいらないってのはほめすぎだろう。なあ、お前さん?

     天瑞:うんうん。正直この作業やってて楽しい反面、

        「ここは文章にしない方が味があるんじゃないかなあ?」って思える箇所が

         いくつかあったりするんだよねえ。

     青芝:文章で出来ないところをセリフの「間」とか雰囲気、あるいは絵柄で表現出来るのがアニメってもん

         だろうからなあ。

     瑞葉:たとえば、どんな箇所ですか?

     天瑞:そうだね…第4話「白馬の君」の天音さまと光莉の会話シーンなんて、その最たるものじゃないかな。

         あの場面を雰囲気を再現してテキストに起こすのは難しかった!

         もうセリフをそのまま書いちゃった方が早いんじゃないかってくらい。

     瑞葉:「鳳さまは」「天音でいいよ」「天音…さまは」「『さま』はいらない」「天音…センパイは…」

         の部分ですね!思い出す度に…もう!キャ♪♪

     天瑞:…俺、その回のダイジェスのコメント、パスな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:ああ…もうすぐレッズフェスタだなあ。

     青芝:この時期が近づくと新シーズン始動の時期だって思えてくるよなあ。

     瑞葉:ここ数年の浦和って始動が遅めですよね。やっぱり天皇杯勝ち抜いてるからかなあ。

         てんずいさん、今年もレッズフェスタ、行くんですか?

     天瑞:…行けなくなっちゃった…はああ…あ〜みんなの新ユニ姿、見たかったなあ。

         阿部っちの22番もみたかった〜

     青芝:そういや今年のレッズ、ユニフォームが2種類あるんだよな。国内用と海外用で。

     天瑞:そう!胸ロゴが違うんだ。でも不思議なもんだね〜。胸ロゴだけで、印象が変わってきちゃうんだから。

         去年の磐田がいい例で。

     瑞葉:そのうち、「メディアワークス」とかロゴができたりして…・

     青芝:まあ、ありえない話じゃあないな。

     天瑞:いっそ「ストロベリー・パニック」とか「A.I.Love You!」とか…

     青芝:それは絶対ねえな。せめて袖がズボンの裾くらいで手を打っておけい!

     天瑞:袖でも裾でも、ちょっとでも認めてくれたトコロにあおちゃんの心の広さを感じるね〜

     青芝:そうでもしねえと暴走が止まんなくなるからだ…

         そういやユニといえば…今年も買うのか?レプリカ。

     天瑞:うん多分買う〜04年から毎年買ってて、これでホームバージョンは3年分あるんだ。

     瑞葉:レプリカのユニフォームって、いくらくらいかな…

     天瑞:わりと高いよん。しめて10,000円前後なり!ナンバーを入れると更にUP!

     瑞葉:わ、わたしのおこづかいが飛んでっちゃう…!!

         今年は2種類あるって言ってましたけど、てんずいさん、2着買うんですか??

     天瑞:いや、今のところは国内用のを1着だけ予定しているかな。さすがにその辺は自分の財布と

         相談する理性は残してるさあ〜。

         ゲームをやっていてもCGコンプリートにはそれほどこだわらないタチだし。

     青芝:…関係あるんかいな…

     天瑞:でもACLアウェイ参戦が現実的になってきたら、買いたくなっちゃうんだろうなあ。

         んもう、商売上手さんっ♪

     青芝:ハハ、サポーターのサガってやつだな。

     天瑞:あ〜あ、せめてもうちょっと安くなったりしないかなあ。

         ね、あおちゃん、ジャーナリストのコネでレプリカユニがタダで手に入ったりしない??

     青芝:おいおい、俺の仕事を何だと…

     瑞葉:わ、わたしにもおねがいしますっ!このままじゃ一着買っただけで一ヶ月何も出来なくなっちゃうう〜

     青芝:千華留さんに作ってもらえい!!

     瑞葉:あ、その手があった!今度頼んでみよっと♪あおしばさん、いいアイデア、ありがとうございます!

     天瑞:よかったねえ、瑞葉!

     青芝:………冗談のつもりだったんだが………

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:おそらく1月最後の更新になるであろう狂想曲、いかがでしたでしょうか?

     瑞葉:早いですよねえ。2007年になって、もう一ヶ月かあ…

     青芝:2000年がもう7年前なんだからな。俺みてえに歳をくっちまうと余計に早いもんだ。

     瑞葉:そ、そういえばもうすぐ期末試験があああ!

     天瑞:ああ、懐かしい響き……

     青芝:ふっ、思わず若気の至りに泣き笑いしちまいそうだぜ…

     瑞葉:ふたりとも〜なにノスタルジックになってるんですかあ?こっちは重要問題なんですよ?

     天瑞:ごめんごめん、つい…ところで瑞葉って得意科目とかあるの?

     瑞葉:え〜とね、世界史とか地理とか結構好きかなあ。

     青芝:フランス語はどうだ?

     瑞葉:え……と、得意ですよっ!渚砂センパイと同じくらい、得意ですよっ!

     青芝:…聞かない方がよかったな…

     天瑞:まあまあ、大丈夫だって。ミアトルではフランス語で赤点とった生徒がいなくて、渚砂にプレッシャーが

         かかってたけど、他の2校ではそうじゃないんだよね?わりと気が楽にならない?

     瑞葉:あ、そっか、わーい♪

     青芝:ポジティブになりすぎだっての!

     天瑞:そんなこんなでもうすぐ2月!シーズンオフのうちにいろいろやってしまいたいと思います。

         皆さん、暖か〜く見守ってくださいね!

         お相手は、ワタシも語学は苦手!な天瑞烈Zと、

     青芝:開幕直前に助っ人外国人が加入するとスケジュールが狂いまくるのでカンベンしてほしい青芝辰巳。

     瑞葉:そして、フランス語は苦手だけど、ラ・マルセイエーズのメロディーは大好きな大城戸瑞葉でした!

     青芝:アレ、歌詞はかなり激しいんだよな…

     瑞葉:え?そうなんですか??今度調べてみよっと。

         では皆さん、寒さにも試験にも負けないで、また次回お会いしましょう〜!




【戻りま〜す!】



inserted by FC2 system