2007年 6月2日 梅雨空のさくら応援宣言

     天瑞:エコパに行きたかったよ〜、エコパに行きたかったよ〜、平日エコパはきついよ〜

     青芝:念仏やめい。しかしまあ、札幌のサウジ戦をなぞったような戦いだったな。

         後半、ちともったいなかったか…

     瑞葉:てんずいさんは、エコパに行ったこと、あるんですよね?

     天瑞:うん。05年4月にアウェイの磐田戦に参戦しにね。

         よく行ったな〜東京から鈍行乗り継いで熱海、静岡……しみじみ。

     青芝:なかなかいい思い出だったようだな。

     天瑞:うん!前半の永井のゴールが、前の2人が席の上に立ってたせいで全然見えなかったとこまで

         しっかり覚えてるよ!

     青芝:そろそろ忘れろよ……

     瑞葉:あ、そういえば6月には静岡でアウェイ戦がありますよ!

         え〜っと、23日の清水、30日の磐田…わ!2週連続で静岡なんですね!

     天瑞:…どっちか片方にしようかな…去年までの自分なら両方に手を出してたかもしれないけど…

         今の自分は、ストパニ4コマの作成に絶賛集中中なのです!

     青芝:『集中中』って…日本語として適当なのか…?

         てかお前さん、G’sの4コマは枠が少ねえからそんなに量を描いても…

     天瑞:いや、漫画用原稿用紙に描いてみて、ある程度量がまとまったら、本にしてみようかな〜

         って、企んでる。

     瑞葉:あれ?そ、それってもしかして、同人……

     天瑞:まあ自分のことだからアテにならないけどね〜♪

     青芝:だ〜か〜ら、予防線を張るなっての!

     瑞葉:でも楽しみですよ!4コマ集ですかあ…る、ル・リムの出番、ありますか???

     天瑞:出てるよ〜。制服、描きづらいけどなんとか頑張ってる!

         加賀野井さんと梅小路さんの登場する4コマも一本、考えてあるから

     瑞葉:きゃー、きゃーきゃー♪♪

     青芝:う〜わ〜…悪いんだが、思いっきり不安だ……

     天瑞:あおちゃんのありがた〜い感想をいただいたところで今回のあいさつに参ります!

         只今8本目の下書きまで終えました、ゆっくりしたペースで進めてみます、天瑞烈Z!

     瑞葉:グッズで出ているストパニの時計は、ミアトルバージョン以外も欲しかった、大城戸瑞葉!

     青芝:そして6月に入るとドイツでの悲劇を思い出してしまい、胸がキリキリしてくる、青芝辰巳。

     瑞葉:6月に入っても、誰もがついてこられるペースで参ります。よろしくね♪

     天瑞:あれからもう1年かあ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     れっつ、くりえいと!

     ココ&アイリス&RUNA&愛羅たちの妹っ!!

     生み出せみんなのニューカマー!!!



     天瑞:そんなわけでG’s7月号にて、A.I.Love.You!新キャラ候補の1次予選通過キャラが

         発表されました〜!

     瑞葉:応募総数111通、通過キャラは15体!

     青芝:で、そしてお前さんの送った3体のキャラは……

     天瑞:どうやら道草を食ってしまい、予選に間に合わなかったようです!

         ……

         …あは♪

         …………

         ……………う、う、う………くすんくすんくすん…。

     青芝:あー、泣いとけ泣いとけ。気が済むまで…

     瑞葉:で、でも仕方ないですよ。レベルもやっぱり高かったし…

     天瑞:でもさ〜、前回の選考(05年11月号)から連続で生き残ってる人もちらほら見える中で、

         連続でズッコケちゃう自分は、やっぱりその程度なんだなーって、思い知らされる…

     青芝:…で、A.Iに手を出すの、やめるのか?

     天瑞:やめてたまるか!!!こうなったらこの15体の中から、わが3人の遺志を継ぐにふさわしい子を、

         そしてアイリスといい感じに成長できそうな子を選んでやるわああ!

     瑞葉:じゃあ、ざっと見てみましょうか!

     天瑞:いざ!

         ………う〜ん、今回はなかなかクセの強めの子が多いなあ…

         自分は今回送る際、クセを抑えてみた方だから、選考基準と真逆のことをやっちゃったのかなあ。

     青芝:第1期の1次予選生き残りが20体で、今回が15体…

         ってことは、今回の最終選考は2体くらいが妥当ってとこか?

     天瑞:そんなとこだね〜

         さて、と。ひととおり目を通したことだし、生き残った15体をカンタンにチェックしたいと思います!

      No.1  ユズ
            ・イヌ耳ロボット。変な命令も素直に聞いてしまう。服装はちょっぴりボーイッシュ。

      No.2  遊乃
            ・大人のお姉さん系。お気に入りをいじるのが趣味。育成の必要ナシ?

      No.3  ルピー
            ・女王様回路内臓のワガママなお子様ロボット。頭のアクセサリからレーザーが出る。

      No.4  姫
            ・またまた高飛車タイプ。昼間は人形サイズ、夜は人間サイズ。

      No.5  Honey
            ・おしゃれ大好きだが、ケガしっぱなしで包帯が欠かせない。頭をぶつけると能力がUPするが…?

      No.6  まひめ
            ・イタズラ大好きの小悪魔タイプ。「萌え」でパワーを充電する。

      No.7  ゆう
            ・唯一の少年型。マイペースでスポーツ万能。

      No.8  アヴァターラ
            ・アジアの巫女タイプ。妖しげなモノを見ることができる!?

      No.9  ヴェッタ
            ・メガネと頭の輪っかが特徴的な委員長タイプのロボット。真面目で責任感が強い。

      No.10 ヒカリ
            ・周囲を明るくできる(物理的にも、雰囲気も)元気っ子。

      No.11 未知流
            ・微笑みを欠かさないものの、毒舌(?)が得意なロボット。

      No.12 さくら
            ・天然な大和撫子タイプのメイドロボ。好奇心旺盛。細身の身体だが、実は怪力の持ち主。

      No.13 守璃
            ・優しいがおっちょこちょいな護衛用ロボ。

      No.14 マリオ
            ・表情を出さないもの静かな少女タイプ。実は抱えている人形が本体。

      No.15 音夢
            ・不思議系だが実は頭がいい。甘いもの好きで食いしん坊。


     瑞葉:わたしはHoneyちゃんとか音夢ちゃんとか気になってます♪

     天瑞:あおちゃんはどお?

     青芝:俺は………これといって、特にねえなあ…

     瑞葉:ええっ!?そんな、もったいない…あ、あおしばさんは愛羅さん1本だもんね!

     天瑞:そうそう。

     青芝:勝手に言ってろい……そういうお前さんはどうなんだ?

     天瑞:ワタシの選考基準は…

         残念ながら落とされてしまったヴェス、麻綺、RUKAの3人の特徴を備え、かつアイリスといい感じに

         成長できそうなキャラ!

     青芝:そんなの……いるのか??

     天瑞:いるよん。1体!

        ヴェスの天然さ、麻綺のスペックの高さ、RUKAの好奇心旺盛なところ、そしてアイリスと並んで

        ヴィジュアル的にもいい感じで、更にアイリスと同じく花の名を冠している!


     瑞葉:ど、どの子ですか…!?

     天瑞:では発表いたします!

         わがマリエスター・ユナイテッドがイチ押しする第2期期待のロボットは………


         
No.12、さくらちゃん!!!


         わが魂を託すのは、あなたに決まりです!!!ぜひともアイリスとフラワー・シスターズを

         結成してください!

     青芝:多少こじつけっぽいところはあるが、まあいいんじゃねえか。お前さんの気がすむなら。

     天瑞:愛羅さんの妹としてもふさわしい感じでしょ!ね、ね、ね?

     青芝:なんで俺に同意を求めるのか!?

     瑞葉:さくらちゃんですかあ…他の子に投票したりはしないんですか?

     天瑞:自分ルールで1通だけにするつもり。それに多数送ってもカウントされない気がするし。

         そんなわけで、マリエスター・ユナイテッドはさくらちゃんを応援していきます♪

     瑞葉:わ〜ぱちぱちぱち〜♪

     天瑞:ではG’sは本棚に封印…と。

     青芝:おい!早すぎるにも程があるだろ!!

     天瑞:いや、わりと本気なんだけど……

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:いつになく濃密だった、今回の狂想曲。いかがでしたでしょうか?

     青芝:濃密っつうか…A.Iが絡むと異様にイキイキし始めるな、お前さん…

     瑞葉:でも良かったですよ〜。落選のこと、あまり引きずってなくて。

     天瑞:ん〜、引きずってないって言ったらウソになるけどね。他のコーナー、全部捨ててまで集中した

         ワケだし。でもせっかくのA.I、楽しまなきゃソンソン!

         楽しむことこそ、我が誇り!

         それに明日はなでしこの五輪予選の韓国戦だし。

     青芝:そういや、そうだったな。今回の女子の五輪予選はリーグ戦だから、どこで決まるかってのは

         分かりづらいが…

     瑞葉:あ、すでに同グループ他チームに連勝してるんですね!(他チームはタイとベトナム)

     天瑞:そう!ここで韓国にしっかり勝っておけば…2大会連続、五輪出場!

         前回北朝鮮を撃破する援軍になれたことを自負している自分としては、最大ライバルとのバトルを

         見逃すワケにはいかないのです!!

     青芝:キックオフは19:00、場所は聖地・国立競技場…か。

     天瑞:ふふふ、参戦には十分なレギュレーションだ。フルのコロンビア戦はわからないけど、こっちは大丈夫!

         前回よりポジティブな雰囲気になれたところで、今回はここまでとします♪

         お相手は、さ・く・らカモンカモンカモン♪な天瑞烈Zと、

     青芝:明日の勝利で6月に気持ちいい風を取り戻してくれ!祈る気分な青芝辰巳と、

     瑞葉:梅雨空の日は傘をさして図書館に行きたくなる、大城戸瑞葉でした!

     天瑞:6月でもさくらの花を、そしてなでしこの花を咲かせるぞ!それではまた次回〜♪



  2007年 6月9日 始動!サークル参加第一歩!?

     天瑞:梅雨の入りかけの曇り空…はるか海原を越えた彼方の大陸・山東の地では…

     瑞葉:ええっと、『レッズの選手たちが光化学スモッグと格闘しながら、練習に励んでいたのだった』

         …ってところですか?

     青芝:相馬のブログに写真があったが、すげえ霧みてえなモヤだったな。

     天瑞:きっと山東のプレイヤーは肺の構造がちょっと違うんだよ〜

     瑞葉:初戦のスコアは3−4の敗戦でしたね…

     天瑞:まあA3ってプレシーズンのおまけみたいなもんだし、達也の復帰と堤のスタメン出場があって

         実験としてはイイ感じ?

     青芝:実際ACLがある以上、A3にムリして力を注ぐ義理もねえからなあ…

         しばらく日本勢の優勝がねえのが悔しいところだが。

     天瑞:ふっふっふ〜、ちなみにこう見えてもワタシはかつて少しだけ中国語をかじったことが

         あるのだよ?

     瑞葉:ほ、本当ですか!?

     青芝:なら、ちょいと披露してもらおうか。

     天瑞:お安い御用!んと、『にーりぇんすぷーたいはお、つぇんまら?』…

     青芝:……で、どういう意味だ?

     天瑞:『顔色悪いね、どうしたの?』って意味!ほ、ホントだよ?ウソじゃないよ!?

     青芝:…いや、多分本当なんだろうな。何故ならしゃべりが機械的すぎる。

         おおかた何回も読まされてそのフレーズだけ覚えてたんじゃねえのか?

     天瑞:す、鋭いぞあおちゃん!そうなんだよね。覚えたはいいけど、もはや文字に直せないもん♪

     瑞葉:あ、あの…語学の話は避けてほしいな…なんて思ったりして……

         フランス語のない世界に行きたい〜!!(by渚砂)

     天瑞:語学苦手仲間、仲間っ♪

     青芝:しっかりしてくれよ…ACLの決勝ラウンドのアウェイ、行きたいんだろ…?

     天瑞:行っても帰ってこれなかったりして…

         そんなリアルな相手国が揃ったACLは9月までお休みです。

     瑞葉:そろそろ、あいさつにいきましょっ!

     天瑞:ほいほ〜い。では…何としてもさくらちゃんをA.Iの2期生にしたい天瑞烈Z!

     瑞葉:最初の4人のパラメータも引き続き上がっていくといいな♪大城戸瑞葉!

     青芝:そしてとにかく俺がコメントに困る展開だけは避けて欲しい、青芝辰巳。

     天瑞:この3人でいつものとおり……ってあおちゃん!違うでしょ〜そ・こ・は♪

         コメントに困る展開をどんどん進めて欲しい!の間違いでしょお??

     青芝:いや、切実なんだよ…わりと。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     ターゲット、ロックオン…目標は9月のSSS(ストロベリーシスターズ)3!

     一生に一冊くらい、本でも作ってみるもんかねえ?

     天瑞的原稿、好評!?進行中!!


     瑞葉:
ストパニの4コマ、どのくらいできたんですか??

     天瑞:えっとね、2ミリくらい!

     青芝:厚さで言うな。ちゃんと枚数で言ってくれ、あと本数も!

     天瑞:原稿にして11枚!1枚あたりに4コマ2つ描いてるから…全部で…………………………

         ……22本!どうだ!

     青芝:あ〜の〜な、そんな考えこむほどの計算じゃねえだろう??

     瑞葉:え!?そうだったんですか!?

     青芝:(頼む、ウソでもいいからウソだと言ってくれ…)

         ………それはともかくとして、だ。なかなかの分量になってるじゃねえか?

     天瑞:自分でも驚いてるよ〜まだ下書きだけだけどね。

         ペン入れはしてないし、表紙とかぜ〜んぜん考えてない。

     青芝:印刷所とか、そういうのも…

     天瑞:あー、一番の悩みどころかも。も〜なにもかも全っ然わからない!

         ひとまずネタを形にしておいて、モノだけ作っておけばなんとかなるかなあ…くらいの気持ち。

     瑞葉:あ…あの、梅小路センパイと加賀野井センパイの…

     青芝:瑞葉…なんだかやたらこだわるな…

     天瑞:あ、そこんとこは心配いらないよ〜。もうすでに2人が登場済みの1本、できてるから!

     青芝:作れたのかよ!あの2人、ちょっと調べてみたんだが、千華留さんの後ろに控えていた以外に

         出番なかったぞ!?

     天瑞:そこんとこは、まあ4コマだから。

     青芝:…………やっぱり心配だ…………

     天瑞:ちなみにこれまで下書きした22本の中で登場が決まっているキャラは以下のとおりです!

      ミアトル…蒼井渚砂,涼水玉青,月館千代,花園静馬,六条深雪,東儀瞳,狩野水穂,桜木花織,

             竹村千早,水島紀子,水無瀬佐希子,高倉瑞貴


      スピカ …此花光莉,南都夜々,奥若蕾,鳳天音,冬森詩遠,剣城要,鬼屋敷桃実


      ル・リム…日向絆奈,夏目檸檬,白檀籠女,源千華留,梅小路あやめ,加賀野井小百合


      その他…シスター浜坂


      天瑞:おおっと、渚砂の担任の先生をまだ描いてなかったな。どんなネタにねじこもうかな??

      瑞葉:わーい、ル・リムオールスター♪

      青芝:…てか、シスターまで出すんかい!!

      天瑞:そりゃもう!1本まるまる主役張ってもらったから!

          水無瀬さんと高屋敷さんはチョイ役っぽくなっちゃったけど…


      青芝:…まさか瑞葉とか出してないだろうな??

      瑞葉:(ドキドキドキドキ……)

      天瑞:あー、さすがにそれはないかな。あくまでアニメ版のストパニに登場した人物を中心にって

          考えてるから。

      青芝:そいつが無難なところだろうな。

      天瑞:小説版のキャラをどっかに挟みこめないか、考え中だけど…

      青芝:ややこしくなるぞ…

      天瑞:まあ、出すとしたら次元の狭間を突破してきたって設定で。

          これからもこんな感じで、制作状況を報告していきたいと思います。ゆるゆるとお待ちの程を。

      瑞葉:以上、『同人前線・進行中!』のコーナーでした♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:今日はね〜、レッズの試合がなかったから柏の葉まで様子見に行ってみたんだよ〜

          でもスコアレスドローでちょっと疲れちゃった…

      青芝:今日の柏の葉ということは…柏と大宮の試合か。

      瑞葉:あれ?今日試合がないってことは、他のチームより試合数が少なくなるってことですよね?

      青芝:その分は8月1日の水曜日に代替開催される。相手は広島だ。

      天瑞:ううう…今日もガンバ勝っちゃったから、1試合少ないとはいえ勝ち点が広がるのは

          イヤンな感じだな〜

      青芝:ま、仕方ねえさ。A3のタイトルでもを持ち帰れれば、精神的に自信になるんだろうが…

      天瑞:A3は絶対必要なタイトルってワケじゃないから、とにかくサブの起用を中心に!

      瑞葉:あれ?メールが来てますよ!


     「シンシアやグレースがそなたたちを褒めていたから、

      どんなところか興味を持った。

      わらわが直々に行くのだから、感謝するのじゃ。

                         CHR−Da デイジー」

      天瑞:ををををを!?これは新たなゲストの予感!!

      青芝:…なんだかすげえ時代がかった口調だな…

      瑞葉:てことは、次のお客様は十二単姿のお姫様ロボット!?

      天瑞:う〜ん、ハズレ、というより全く逆だったり。事前情報では『ちびっ子ゴスロリ調』

          ロボットです!

      青芝:どっちもどっちだ…

          てか何だか以前の2人にくらべて雰囲気が違いそうだな…掃除くらいしねえと。

      天瑞:大丈夫だよ〜埃ひとつ残さないから!

          というわけで来週は3回目のゲスト来訪となりました〜

      瑞葉:謎の隊長さんには感謝、感謝ですね!

      天瑞:来週は4人での更新となりそうです。さて、あおちゃんの言うとおり、掃除のため(?)今週はここまで!

          お相手は、そのうちヴェス・麻綺・RUKAの3人をナビゲーターとして復活させたい、天瑞烈Zと、

      青芝:1年前、ドイツの無念を決して忘れない。青芝辰巳と、

      瑞葉:去年今頃のG’sを読み返すことが多くなっている、大城戸瑞葉でした!

      天瑞:さあ、掃除してホコリ高き部屋を作りだすぞ〜♪

      青芝:ちゃんと漢字変換しとこうな。そんな難しくねえんだから…



  2007年 6月16日 デイジーブーケを迎えよう

      天瑞:突如として日焼けしてしまいました。天瑞烈Zです。

          いや〜、梅雨はむしろ寒さがぶり返すってイメージだったから、これは不意打ちだった!

      青芝:てっきり掃除のしすぎで真っ黒になったのかと思ったぜ。

      天瑞:日差し強くてね〜。自分もあおちゃんみたいにグラサンかけようかな?

      青芝:90パーセント似合わないから、やめとけ…

          ところで今日は瑞葉はいないのか?

      天瑞:ちょっと遅れるみたい。う〜ん、予想するところ、フランス語の補習に引っ掛かっちゃったかな?

      青芝:あ〜、コレばかりは否定できねえなあ…語学がはっきりと苦手だって言ってたからなあ。

      天瑞:ふっふっふ〜、ワタシは確かに語学は苦手だけど、赤点の補習の類は受けたことがないのだよ?

      青芝:どうせ全部火事場の潜在能力を発揮して、ギリギリで切り抜けたんだろう?

      天瑞:あ、あう、ご、語学がなくったって、サッカーという共通言語があれば…

      青芝:あー、へいへい。

      天瑞:そうでなければストパニかA.I.Love Youという共通言語でも!

      青芝:どんだけ使用者が限られた言語になるんだよ!?

          ったく、さっさと挨拶しねえと、ゲスト来ちまうぜ。

      天瑞:ああーっと、そうだった!本当は瑞葉も含めて4人揃ったところでやりたかったんだけど

          致し方あるまい!

          6月、3回目の狂想曲、ひとまずストパニ4コマを15枚、下書き完了しました!天瑞烈Z!

      青芝:ワールドユースに選ばれた面々は堤の分も頑張ってくれ。やはりJで試合に出てないと厳しいか…

          しきりにぼやいている青芝辰巳。

      天瑞:みんなが来るまで、ひとまずこのグラサンコンビでお送りしま〜す♪

      青芝:諦めてねえのかよ!?

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      青芝:ところで今回のゲスト、どんな子なんだ?『ちびっ子ゴスロリ調』とか言ってたが…

          予習くらいさせてくれ。

      天瑞:ではでは公開いたしましょう。3回目のゲストは、こんな子です!!

       
           
(CHR−Da  通称デイジー)


      天瑞:ちびっ子ゴスロリ、でもしゃべりは古風。デイジーちゃんで〜す♪

          コレは送られてきた情報をもとにワタシが再現した姿です!

      青芝:…大丈夫なんだろうな?大幅に違ってたりしたら、時と場合によっちゃあ、心の準備ができねえぞ?

      天瑞:大丈夫だよ〜多分。

          それにこの肖像画(??)はデイジー本人にプレゼントするために描いてみたものだし!

      青芝:おや、お前さんにしちゃあ、なかなか粋なマネしてるんじゃねえか?

      天瑞:さすがにねえ、シンシアさんとかグレースさんと違って一癖ありそうな口調してたでしょ?

      青芝:先週のメールだな。

      天瑞:だから多少は気を遣うさ〜。掃除だってしたし。

      青芝:(窓を指で拭き取る)…その割には、ホコリが落ちきってねえようだが…

      天瑞:あおちゃん!こ、この小姑ツンデレめ!!


        〜♪PiPiPiPiPiPi♪〜


      青芝:ん、携帯の着信か…非通知…誰だ?もしもし…瑞葉!?

      
瑞葉:あおしばさ〜ん、遅れてごめんなさ〜い。

      青芝:どうした、一体。

      瑞葉:今日のゲストっぽい子、発見しちゃったかも〜

      青芝:……なんだって!?

      瑞葉:わたしが電車から降りるとき、黒系統のゴスロリ服のちびっ子ちゃんがいたんだけど、

          扉が開かなくて困ってるみたいで…

      青芝:扉が開かない?ああ、そりゃ押しボタン式だったからだろうな…で、その子はどうした?

      瑞葉:声をかけようと思ったんだけど、わたしが降りてすぐに扉が閉まっちゃって…

      青芝:…そうか、わかった。そのまま待っててくれ。天瑞とすぐ行く!

      天瑞:瑞葉、何だって??

      青芝:どうやらデイジー嬢、電車から降りられなかったらしい…

      天瑞:な…な……な………!!!………かわい〜♪

      青芝:そこは焦るとこだろうが!!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:そんなわけで今回、本邦初、某駅にてデイジーを待ちながらのマリエスター・ユナイテッド…

      青芝:車両は先頭車両だったんだな?

      瑞葉:はい!確かに先頭でした!

      青芝:瑞葉と同じ列車なら特急じゃなくて普通のヤツだろう。絶対戻ってくるはずだ。見落とすなよっ!

          …って、見落とすような格好をしてなかったか…

      天瑞:あ、早速来たっ!

       〜ファーン、ゴトゴトゴトゴト……〜

      青芝:………いねえな…

      天瑞:瑞葉、今思ったんだけど、もしかしたら先頭ってのは『反対側を走っていた時の先頭』じゃない?

          つまり戻ってくるときは最後尾…

      瑞葉:あ……!!!

      青芝:…図星だったな…急げ、まだ間に合う!




       
〜3人とも、ありったけの体力で全力疾走しております。しばらくお待ちください〜





      天瑞:あ、デイジー、いた!


      デイジー:だ、誰もおらぬのか?ええい、また扉が開かぬ!なんとも気まぐれな列車じゃ!


      青芝:ボタン…っと、あった。当然だが、外側からでも開くからな。

      デイジー:開いた…!?あっ………

      瑞葉:迎えに来ましたっ!さ、手をとって…!

       (プシュー、ゴトゴトゴトゴト…)

      天瑞:間一髪、セーフ!

      瑞葉:ホント、バック・トゥ・ザ・フューチャー3で未来へ戻るために機関車を崖に走らせて、ギリギリで

          タイムワープしたのと同じくらい!

      青芝:ムリして洋画の例えを使わんでいい。

      デイジー:お主らは……

      青芝:…あー、そうだ、えっとだな、俺たちは…

      デイジー:(1人ずつ指をさしながら)青芝、と、瑞葉、と、天瑞、であろう?データですでに認識済みじゃ。

      天瑞:よかった〜、話が早いや♪

      デイジー:わ、わらわはCHR−Daじゃ。周りの皆はデイジーと呼ぶから、 そなた達もそう呼ぶがよかろう

      青芝:(偉そうなんだが、めっちゃ息が切れてるんだよな…乗り過ごして焦ってたのか?

          そこは突っ込まねえ方がいいか…)

          よろしく頼む、デイジー。

      デイジー:ふぅん……それほどの男には見えないのだがな…

      青芝:ハハハ、こりゃ手厳しいな。ま、俺がそれなりに見えちゃあ、それはそれでマズイだろうなあ。

      天瑞:ぶはははははははは!!HAHAHA!!

      青芝:お前さん、笑いすぎだ!

      瑞葉:………………

      青芝:ったく…おい瑞葉、さっきから黙りこくってどうした??

      瑞葉:やっぱり……かわい〜〜〜〜♪♪♪(ぎゅー、すりすりすり)

          ツインテールなところもゴスロリなところもおじゃる言葉なところも全部ひっくるめてかわいー♪

      デイジー:こ、こら、気安くわらわに触れるでない!肩はデリケートなのじゃ!!

      瑞葉:あ、ごめんなさい〜

      デイジー:はあはあはあ…大体、ハートロイドという高性能なロボットをゲストに 迎えといて、

             よくそんな態度がとれるな、まったく前代未聞じゃ。

      瑞葉:ホントごめんなさいね。調子に乗りすぎちゃった…

      デイジー:…ま、まあ別に構わぬ。

            今日はシンシアやグレースが楽しんでいたそうだから、どんな所か直々に確かめに来たのだ。

            丁重にもてなせ。


      天瑞:そうだね〜、こんなところじゃなんだし、ひとまずいつもの更新場所へ直行〜♪

      デイジー:………(何かに視線をロックオン中)…………

      天瑞:…お〜い??

      デイジー:…な、は、早う案内せい!

      青芝:……………………悪い、俺、ちょいと買出ししてくるから先行っててくれ。

      天瑞:了解っ!それではゲストさんご案内〜♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:ようやく本格更新の開始となりました、今回の狂想曲。買い出し中のあおちゃんを待ちながら

          進めて参ります。

      デイジー:しかし日差しがきつくなってきたな。何とかならぬだろうか

      天瑞:そうなんだよねー。これじゃあ8月より前に焼けちゃうよ。

      瑞葉:せっかくの紫陽花も咲いたそばからくたびれてるし…

      デイジー:2時間北に向かったくらいでは暑さも変わらんもんじゃのう、日本は…

      瑞葉:そういえば今日はヘリでは来なかったんだ?1人で電車じゃタイヘンだったと思うんだけど…

      デイジー:馬鹿にするでない!人間の使う交通機関ごとき使えぬようではハートロイドは務まらぬわ!

            …さ、さっきの扉はだな…まったく、田舎の車両は旧式で困るわ!


      天瑞:(むしろボタン式開閉扉はわりと最近導入されたんだけど…まあいいや。)

      青芝:お〜っす、今戻ったぜ。

      瑞葉:あおしばさん、お帰りなさ〜い♪

      デイジー:客人を差し置いてどこを……………………(青芝の荷物に一点集中)…………………!!

      青芝:駅のハンバーガー屋で適当なモノ買って来た。好きにつまんでくれ。

      天瑞:あおちゃん、助かったよ〜。そういえば食料調達してなかったし。

      瑞葉:デイジーも遠慮しないで食べてね♪

      デイジー:……まったく、食べ物で機嫌をとろうなど…なんとも安易な発想…(もごもごもごもご)……♪♪

      青芝:いや、俺も腹減ってたし。…てか、こりゃまた見事な食べっぷり…

      天瑞:気に入ってもらってよかった良かった♪

      デイジー:一番はやきいもだが、季節柄置いてないみたいじゃな・・・

      瑞葉:やきいも?あ!わたしも好き〜♪

          新聞紙で包んだ焼きたてをいーっぱい抱えて、切り口にバターをいいーっぱい塗って!

          コタツの中でいただきまーすって♪いいよね〜

      デイジー:……(じゅるじゅるじゅるじゅる)……

      青芝:…6月にやる話題じゃねえなあ……デイジー、こぼれてるこぼれてる…。

      天瑞:さてさて満腹になったところで、ここでひとつプレゼントの贈呈といきましょか!

          (デイジーの画を取り出し)聞いた話をもとにして、描いてみちゃいましたっ!

      瑞葉:わあ、てんずいさん、いつの間に!?

      天瑞:黒と灰色の区別、そして金色の髪のつやつやさ加減の出し方にはそれなりに気を遣ってみた

          つもりさ!デイジー、よかったら、もらってくれるかな??

      デイジー:………………

      瑞葉:あ…なんか…あまり、……なのかな?

      天瑞:う、う〜ん、やっぱりKすがあきさんとかA月莉津さんとかにお願いしなきゃいけなかったのかな…

      デイジー:…ひとつ、大きな違いがある。アンテナの位置が左右逆じゃ。

      天瑞:あ…ああーーーっ!!!しまったあああ!

      青芝:大チョンボだったな……

      天瑞:トホホ〜ン…リアルにテンションダウ〜ン……

      デイジー:…ま、まあ、それは別として一応もらっておくとするかのう。

            だが、これだけではつまらぬ。もっとわらわを楽しませろ。


      瑞葉:はーい!仕切りなおしの一番、大城戸瑞葉、いきまーす!!

      青芝:おい、一体何をするつもりなんだ?

      瑞葉:わたしの得意技で、デイジーを笑わせちゃう♪

      青芝:得意技って…瑞葉、お笑いか何かに詳しかったっけか??

      天瑞:う〜ん、全然聞いたことなかったけど…一昔前のお笑いならちょっと詳しかったけど。

      デイジー:な、何をするつもりじゃ…?

      瑞葉:こうするので〜す♪そーれ、レッツゴー!!

          こちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょこちょ…

      デイジー:!!!う…ひ、ひああああ!!!な、何をする、やめぬ…か…ひああああ!!!

      瑞葉:わーい、笑った笑った♪

      青芝:お笑いじゃねえのかよ!ってかコレ、実力行使じゃねえか!

      天瑞:あー、ずるいずるい瑞葉〜!

          ならこっちだって、奥義・奇面フラーーーーーーーーーッシュ!!!

      青芝:ああもう、2人ともいつの間に実用的でない、わけのわからない技を………

      デイジー:こ、こら、プログラムがおかしくなるような顔をするでない!!

            ぷ、ぷひひひひ…や・め・ぬ・・・・か・・・・

 
     青芝:っと、2人ともストーーップ!ドクターストップ!なんか顔がシャレになってねえっぽいぞ!

      デイジー:へ……お、終わりか??そうなのか…そうか…

      瑞葉:うん。

      天瑞:あれ?もしかして…もう少し続けてほしかった?

      デイジー:な、何を言っておる!そんな事はないぞ!!

            いかん、ここに来てからどうも調子が狂う・・・殊に感覚系の回路が明らかにいつもと違……

            ふ…………へうっ……………………!?


      青芝:おい、様子がおかしいぞ?マズかったんじゃねえのか?

      瑞葉:ええっ、そんなあ…少しでも楽しんでもらおうとがんばったのに…

      天瑞:う〜ん、どうも今回はやることなすこと裏目にでちゃうなあ…なんでだろ?

      青芝:お前さんらのアプローチの仕方に問題がありすぎたんだと思うんだが…

          って、大丈夫か、デイジー!?

      デイジー:なんともない、気にする……へうっ!?…………………くちっ

      青芝:………………?

      天瑞:今のって………

      瑞葉:もしかして…………くしゃみ??

      デイジー:(か〜〜〜〜〜〜〜っ)わ、悪いか……ほこりっぽい部屋は苦手なのじゃ!

      瑞葉:…ううん、全っ然悪くない。むしろステキだよ!!

          このくしゃみを全国的にプロモーションしちゃいたいくらい!!!

      青芝:あ〜あ、萌えすぎて自分の言ってること、わからなくなってるな…

          悪いなデイジー、一応掃除はしたんだが、そこんとこまで気が回んなくてな。

      天瑞:ごめんね本当何回も〜………でもやっぱりかわいいなあ。

      デイジー:べ、別にそう言われたくてくしゃみしてるわけではない!勝手にでて……………くちゅん!

      青芝:…とりあえず少し、窓開けような…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:ブレイクタイムのメール紹介いきますよ♪


      fromゲンジマル大尉さん

        こんにちは、ゲンジマルです。私も同人活動に興味がありますけど、なかなか手が出ませんね。

       次のSSSに出されるなら次こそ行くぞ!…ですが8月に東京に行ってまた再び行くのは厳しいです。(笑)

       AIはさくらちゃんですか!?私も彼女で迷いましたから人気があるかもしれませんね。結果が楽しみです!!


      瑞葉:いつもありがとうございます〜

      天瑞:ひととおりネタの下書きはできたので、このままサボらなければ、9月には間に合う…はず…

          ゲンジマルさん直接チェキのチャンスですね!メモメモ…

      青芝:お前さんはもう少し焦っとけ。

      瑞葉:あとA.I第2期の話ですけど…さくらちゃん、けっこう人気!?

      天瑞:う〜ん、こればかりはさすがに読めないなあ…デイジー、何か知らない?

      デイジー:聞き伝えでしかないが、No8と9に投票した者の存在を確認…うぷ、な、何をしゃべらすのじゃ!?

      天瑞:あれ?もしかして、例のプロテクトだったかな?

      瑞葉:シンシアさんとグレースさんは少しくらい大丈夫だって言ってましたよ〜?

      デイジー:ふたりはふたり、わらわはわらわじゃ。だいたい、秘密とはあることさえ言わないから

            秘密なのではないのか? シンシアもグレースも甘いのじゃ。


      瑞葉:……(くすぐったらしゃべってくれるかな?)

      デイジー:こ、こら、奇妙な手の動かし方をするな!さ、さっきの感覚が…。

      青芝:心配しなくていい。今度やったら俺が間違いなく止めるから…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:ゲスト・デイジーを迎えての更新となりました今回の狂想曲。いかがでしたでしょうか?

      デイジー:いかがと言われてものう…

            電車は乗り過ごすわ、似顔のアンテナは逆だわ、
くすぐられるわ、変な表情でプログラムは

            
おかしくなるわ、くしゃみは出るわ…

      瑞葉:ううう…減点要素ばっかり…

      青芝:(なんでデイジー、途中で小声になってるんだ?)

      デイジー:ふ、ふん・・・まぁ今日はそれなりに楽しかったぞ。

            おかしなものじゃのう。普通に考えれば踏んだりけったりな出来事ばかりだったというのに…


      天瑞:よかった〜、ていうか助かった〜♪

      瑞葉:これで機嫌を損ねちゃったままだったら、美少女ロボットが大挙して押し寄せ……

          ……あ、それはそれでウレシイかも??

      青芝:アホなこと言ってないで…

          ともかくな、今日一日いろいろおかしなことはあったかもしれねえけど、それはコイツラの仕様だから。

      天瑞:し、仕様って何さ〜せめてデフォルトって言ってくれ!

      瑞葉:あるいは、「スタンダード」

      青芝:どっちも変わらん…ともかく、ズレたことしちまったかもしれねえけど、これくらいの事しか、

          俺らにゃあできねえ。もし気まぐれにでももう一度来てみたいってんなら、秋ごろに来てくれ。

          旬の美味いもん、用意できてるからな。よろしく頼むぜ。

      デイジー:さっきわらわが口を滑らせかけたことといい…

            …おぬしらには、ハートロイドを惹きつける何かがあるようじゃな

      天瑞:…へ?

      瑞葉:ど、どういう事…かな??

      デイジー:わからぬか?褒めたのじゃ。わらわが認めた連中なのだから、もっと誇らしくしてよかろうに

            …わ、わざわざここまで言わすな!もう知らん!


      青芝:ま、ひとまずよかったってことだ。

      天瑞:わーいわーい♪じゃあこれからも奇面フラッシュに磨きをかけ…

      青芝:そっちの技はもういいから。てか瑞葉!くすぐりポーズ禁止!

      瑞葉:あおしばさんが言うなら〜仕方ないかあ。

      デイジー:……………(ふるふる)……………

      青芝:まったく、締まるところも締めらんねえって。そういやデイジー、帰りも電車か?

      デイジー:まあ…迎えを呼べんこともないが……って、余計な心配は無用じゃ!

            わらわは1人でできる!!!


      青芝:(俺、心配とか何も言ってねえんだけど…)

          なら、この特急の回数券使ってくれ。数だけはやたらあるんでな。特急の方がホコリもちったあ

          マシだろうからな。

      デイジー:そ、そこまで言うのなら…

      天瑞:(前から思ってたんだけどさ、あおちゃんてものすごくゲストに気が利いてるよね)

      瑞葉:(い、意外と壮大な計画の伏線かもしれませんよっ!)

      天瑞:(壮大な計画って?)

      瑞葉:(愛羅さんを中心として美少女ロボットを11人集めて女子サッカーチームを作るとか!)

      青芝:なにやら聞こえるが気にしない…

          デイジー、締めのあいさつまでは付き合ってもらうけど、いいよな?

      デイジー:やれやれ、仕方ない…天瑞、早く締めるがよい。

      天瑞:くふ、名前で呼ばれるとなんだか照れちゃいます♪

          そんなこんなでいろいろあった、ていうかありすぎた今回の狂想曲、お相手は

          リアルで小さい頃、にらめっこで反則技を連発しまくっていた天瑞烈Zと、

      青芝:…何となく保護者な気分になってしまった青芝辰巳と、

      瑞葉:なんかいつも以上に楽しんじゃった気がする大城戸瑞葉!そして、さ、デイジーの番だよ?


      デイジー:むむ…今度はアンテナの位置が直ってることを期待しながら来るとしようか…?

            わらわデイジーはそんな気分じゃ。…こんなところか?


      瑞葉:パーフェクトっ!

      天瑞:むむむう、そこまで言われちゃったら、しっかりリベンジがんばっちゃうぞ!!

          次回は通常更新となります!ストパニ4コマ、レッズの戦況などを交えつつお送りしていきます。

          ではこれにて解散っ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    《後日談》

      デイジー:ひゃ!ひううううう、どこ触っておるシンシア!?

      シンシア:そ、そんなにくすぐったかった?ちょっと触れただけだったんだけど……


      グレース:う〜ん、最近デイジーってば、妙にくすぐりに弱くなってない…?

      デイジー:き、気のせいじゃ!詮索するな!!



  2007年 6月23日 ちょっとした仙台の裏記憶

      瑞葉:暑いですね〜こんな暑い中、太陽がまだ照ってる中でサッカーするなんて…

      青芝:午後2時開催はキツイよなあ。清水対浦和…

      天瑞:まあ、わらわは行こうか否か迷っておるうちに完売してしもうたからのう

          行こうにも行きようがなかったわけじゃが

      青芝:お前さん、口調を直せ。

      天瑞:おっと、ごめんごめん〜先週の名残が♪よきにはからえ〜

      青芝:絶対ワザとだろ…まあいいや。しかし達也の復帰で一気に息を吹き返したな、レッズは。

      天瑞:本当だよ〜、達也ひとりで3人分は動いてるって。

          相手DFにプレスかけるし、ドリブルで振り回すし、シュートもしっかり打てるし…

      瑞葉:一家に一台、田中達也♪

      天瑞:達也はやらん!長谷部もやらん!!

      青芝:達也の方はまだ海外移籍のウワサはねえだろう。

      天瑞:わかんないよ〜謎の悪徳代理人に極秘裏にリストアップされて、値上がりしてるかもしれないよ!?

      瑞葉:ま、守ってあげなきゃ!しっかり買収工作からガードしてあげなきゃ!!

      青芝:ん、海外に行くなとは言わんが、しっかり行き先を見極めなきゃなんねえよな。

          日本人を銀行とカン違いしてるようなチームは論外だ。

      天瑞:海外の悪徳商売とも戦う狂想曲。今回はごくごくノーマルな更新です!

          一足先に日焼けの皮が取れ始めた天瑞烈Z!

      瑞葉:先週のことちょっと反省してます。でも癖になりそう♪な、大城戸瑞葉!

      青芝:そしてフル代表とU22代表の試合の同日開催の報に思わずコケそうになった青芝辰巳。

          『今日は』正常に更新していくからどうかよろしく。

      天瑞:なにさ〜それじゃ先週が以上だったみたいな言い方じゃないかあ!

      瑞葉:そうですよお、もお〜

      青芝:『みたい』じゃなくて、実際にそうだったんだって!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:今日はちょっと、思い出話でもしてみようかと思います〜

      青芝:思い出話?ああ、昔の観戦記録とか…

      天瑞:いやいや、サッカーでもゲームでもなくて、お笑いのことについて。

      瑞葉:お笑い…?珍しいですね。

      天瑞:実はこのワタクシ天瑞、2000年から03年くらいに至るまで、割とまめなオンエアバトル好き

          だったのですよ?

      青芝:オンエアバトルって…ああ、アレか。10組の若手芸人が5分間ネタを披露して、一般の審査員から

          点数がとれた上位5組がオンエアされるというNHKの…

      瑞葉:みなさん、いっしょうけんめいなんですよね!部屋にテレビがないからあまり見れないけど…

          でもなんで急に?

      天瑞:前にどこかで言ったかもしれないけど、1回だけ仙台収録のときに審査員をやったことがあって。

      青芝:な…相当ハマッてたんだな、お前さん…

      天瑞:で、昔録りだめしていたVTRを見直していたら懐かしくなっちゃって。

          ちょっと披露したくなったのさ!

      青芝:いつのことだったんだい?お前さんが行った収録ってのは。

      天瑞:忘れもしない2001年5月!当時仙台に住んでて、収録があるっていうからハガキを出したんだ。

          観客としての希望だったんだけど、審査員で当選しちゃった。

          ちなみに当日の出場メンバーは以下のとおり。

          ・ダイノジ(521Kb オンエア)

          ・陣内智則(485Kb オンエア)

          ・田上よしえ(513Kb オンエア)

          ・18KIN(381Kb)

          ・ユリオカ超特Q(469Kb オンエア)

          ・イヌがニャーと泣いた日(433Kb)

          ・火災報知器(233Kb)

          ・坂道コロンブス(309Kb)

          ・テツandトモ(457Kb オンエア)

          ・Do−Yo(225Kb)



      天瑞:得点もついでにどうぞ!

      青芝:俺はお笑いにそれほど詳しくねえんだが、何人か分かるのがいるな…

      瑞葉:これってもしかして…高レベルの回だったんじゃないですか??

      天瑞:めちゃ高レベルだった。実際この回で落ちちゃったメンバーも別の回で同じネタで挑んで

          オンエアされてたし。

      青芝:確かこの番組、ボールを流して審査するんだったよな。お前さん、どんだけ転がしたんだ?

      瑞葉:や、やっぱり審査員として、深雪さんみたいにビシビシ厳しく…(ドキドキ)

      天瑞:え〜っと、確か7回流したね。10回中。

      青芝:………思いっきり甘々じゃねえか!!

      天瑞:しょうがなかったんだよ〜実際に面白かったんだし!!

          それに仙台のセットはちょっと狭くて、それが逆にいい雰囲気を作ってたんだよねえ。

          事前に『顔は笑顔で、審査は厳しくね〜』なんて言われたけどね。

      瑞葉:気を遣ってるんですね。作り手のスタッフの方も。

      天瑞:審査を厳しく、といっても雰囲気までギスギスしちゃどうしようもないし。

          ホント、なつかしいなー…森下アナとか。

      瑞葉:ところで、その収録の回の録画って残ってるんですか?

      天瑞:残ってるよん。標準録画で!それどころか、オープニングで一部映っちゃってる。

      青芝:…全国デビューしてたのかよ…

      天瑞:あの頃からだいぶ経って、メンバーも様変わりしちゃったけど、オンエアバトルは時々チェック

          しています。

      青芝:お前さんがココでボケ倒している理由がよ〜く分かったぜ。素地はあったんだな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      青芝:宣言通りの通常更新、何とかなったかな…

      天瑞:うん。我ながら珍しい。本編でサッカーもストパニもA.Iも話さなかった更新は。

      瑞葉:そういえばストパニの4コマはどうなったんですか?

      天瑞:下書きが終わって、軽〜くペン入れして…で、右手と左手を間違ってることに気付いたりして!

      青芝:うわ、典型的な素人マンガ描きのマチガイだ…

          そんなんだからデイジーにもつっこまれるんじゃねえか?

      天瑞:はああ〜修行せねば…精進、精進。

          と、いうわけで思いっきり開店休業気味なマリエスター・ユナイテッドですが、週一ペースで

          更新しているし、見捨てないでいれば、今回みたいな意外な話も聞けるんですよ♪

      瑞葉:見てくださってる数少ない方々のための、サービス裏話でした♪

      天瑞:お相手は、オンエアバトルのことは今後もいつか話すかもしれません、な天瑞烈Zと、

      青芝:親善試合と真剣勝負なら、後者を取る、青芝辰巳と

      瑞葉:女性の芸人さんでは、田上さんとか、海原やすよともこさんとか大好きな、大城戸瑞葉でした!

      天瑞:今後のマリエスター・ユナイテッドを作り出すのは、あなたたちです!!!

      青芝:最後でオンバトを違法コピーする〜…







【戻りますぞ!】

inserted by FC2 system