2007年 9月29日 忘れ得ぬ070924(中編)

     天瑞:どうもです、前回の続きです!SSS3サークル初参加の記憶をお送りします!

     青芝:もう終わったことなのに、この胃の痛さは…なんなんだ…

     瑞葉:では早速、続きからです。再上映、開始!

     天瑞:早く映さないと、記憶が薄れちゃう〜〜

       (事前警告:初々しすぎて、痛いかもしれません)



     開始5分くらい前にオーキッドホワイトの南橋ケイゴさんが到着。

     A.Iのことでイロイロお世話になっているので、ていねいに(!?)あいさつ。

     新刊の裏表紙トリックの絵を見せると、驚愕しつつも喜んでくれた。固い握手。


     午前10:00、開場!

     内側から見るとものすごい塊に見えた人の波は、建物内に入るとそれぞれの作品へと

     散らばっていく。

     そして、ものの5分とたたないうちに、自分の視点から左奥のサークルさんに

     ものすごい列が出来上がっていた。

     G’sにもよく載っている、あの人だ。



     青芝:とうとう始まったな。…うわ、すげえ列…

     瑞葉:いったいどこの人だったんですか?私も知ってる人かな…

     天瑞:ブロックはね、ル・リムの人。調べればすぐにわかる…と思う。

     青芝:お前さんは…お、いたいた。ユノムールさんに比べて、微妙〜にぎこちない挙動だ。

         その隣のスペースがオーキッドホワイトか……

         ………3人とも、にぎやかだな………

     瑞葉:いい雰囲気ですよねっ!

         あれ?みづかさんの妹さんが着てる制服、なんなんだろう?ル・リム…じゃないよね??

     天瑞:あー、あれはね、ななついろドロップスの制服。

         ななついろもしっかりG’sで連載されてるからもちろんアリだよん。


     自分が一般で参加していた頃は、そこまで早く並ぶことはなかった。

     売り切れのものは、わりとあっさり諦めることができたからだ。

     従って、これだけ大掛かりな列をイベントで見るのは初めてだったのだ。


     30人以上は並んでいると思われる列を目の前にして、ちょっとばかり不安にとらわれる。

     大切な試合のゴール裏に陣取るのとは、異質な不安を感じ始めた。

     『自分の本、ひょっとしたら1冊も売れないんじゃなかろうか??』

     まずい、もしそうなったら今度のサイト更新は背景を真っ黒にしてしまおう。

     あるいは『マリエスターユナイテッド班は旅に出ました』とでも書いて、更新を休止してしまおうか?

     そんなネガティブな予定表を頭の中で作りそうになった。


     しかし、そんな疑念は右隣から発せられるポジティブな空気(あるいはマイナスイオン)によって

     半ば強引に振り払われた。

     彼らはよく声を出す。不安など全く感じさせずに。

     気付いたら自分もいい感じに声を出していた。これって考えてみれば自分の得意技だったじゃないか!


     その甲斐あってか、何人かの人たちは手にとって見てくれるようになった。

     ただ、その時になって気付いて後悔する。

     (あーしまった、最初の方、もっと丁寧に描いておくんだった!)

     ページの最初の方は原稿のペースがつかめず、いろいろ迷っていたことがある。

     その迷いがはっきりと線に出てしまっていたのだ。明らかに後半の方がマシな絵になっている。

     アイリスもいるし。(それとは違う)

     しかし、手ごたえは悪くない。あと一歩、あと一歩・・・



     青芝:ほう、焦っとるな。まあ当然だが。

     天瑞:だってさあ、いきなり目の前に万里の長城が出現したら、誰だって焦るさあ!

     瑞葉:ユノムールさんやみづかさんたちに助けられたんですね。

     天瑞:もうね、さすが経験者は違う!って感じ。

         気分的にはLV30のパーティに酔狂で組み込まれたLV1の商人の気持ち。

     瑞葉:て、てんずいさん!その例えじゃあ、そのうち辺境の町に置き去りにされてクーデターが起こって…

     天瑞:あー!その展開はカンベンー!!!

     青芝:何の話をしてるんだか…



     開場から20分を過ぎたころだっただろうか。

     記念すべきその時がやってきた。

     その人は、はっきりと『NG SQUARE』を買う、と意志を示してくれたのだ!

     おっと、舞い上がっている場合ではない。値下げクイズの説明をしっかりしないと。

     トラップの内容は一応看板にも書いておいたが、少々分かりづらかったらしい。


     裏表紙を見せながら笑顔でしゃべる自分の姿は、傍から見ればペテン師に近いものだったかも

     しれない…


     結局、その人はル・リムのコスプレを当てることが出来なかった。

     それでも、元のままの値段(300円)でしっかりと買ってくださった。

     考えてみれば、「わかる人にはわかる問題」というのは、わからない人にとっては超難問と

     同じことである。


     受け取った100円玉、3枚。

     コインケースにしまいながら、誰とも知れずちいさくガッツポーズした。



     天瑞:この瞬間、ワタシの頭の中でレベルアップの音楽が4〜6回は鳴り響いたのでした♪

     青芝:お、また来た。波みてえなもんがあるのか…

         しかし、まあ…本当……売れちまったんだな……

     瑞葉:あおしばさん、呆然としてる…

     青芝:そりゃあ、1年前はこんなことになるとは、思いもよらなかったからなあ。

     天瑞:ただねえ、しばらくル・リムのコスプレを当てられる方は出てこなかったなあ。

         中にはねえ、『勉強不足でゴメンナサイ〜』なんて言ってくださった方もいて。

         いや、むしろこっちの方が残念な思いをさせて申し訳ないくらいで。

     青芝:感謝しねえとな。



    初めてにしてはそれなりにいいペースで売っているうちに、考え事をする余裕が出てきた。

    (これ、明らかな相乗効果がある…!)

    共闘しているユノムールさんの『ポニテイ-Ponytail Panic!-』と一緒に買ってくれる方が

    多かったのだ。


    ユノムールさんの新刊はストパニとポニーテールを題材にした、4コマ主体のコピー本。

    趣味が想像以上に炸裂していて、マニアックで面白い(ほめことば)。

     ※「(キツく結ぶと)ハゲやすい」などといった台詞は、普通の漢ではまず思いつかない!


    自分も4コマ主体なので、この2つを合わせるとそれなりのボリュームになるのだ。


    かくして自分の本は、かすれを気にしない心の広い方々と、ポニーテールの需要(?)

    支えられて、それなりの売れ行きを記録したのだった。




     青芝:ひとつ手にとって様子見で、ふたつめで買おうと考える…相乗効果、奥が深いな。

     天瑞:でしょでしょ?ビバ!相乗効果!

     瑞葉:あと、お客さんの視線を見てると、明らかにル・リムな表紙に引っぱられてるような気が

         しますね。

     天瑞:以前「ル・リム好きの方々を引っ張りこむ」なんて冗談言ってたけど、冗談でもなんでもなくて、

         本当に表紙の効果だったんだ…って、自分でも驚いたなあ。



    自分はスペースの前にちいさなメモ帳を置いていた。表紙にはこう書いてある。

    『よろしかったら気軽に記名してくださいね♪PN,偽名、なんでも構わないデス』

    G’sに投稿している以上、投稿者の方が来ることもあるはずだ。

    自分が一般で参加していた頃、自分の素性を明かすのがやけにこっぱずかしかった。

    だから、このメモ帳を置くことで少しは交流の助けになるかもしれない…そう思ったのだ。


    別の場で交流し、メッセージを交わしたりしていたアリスさん、

    裏表紙当ての難問(もう難問だって認めるしかないっしょ!)を軽〜くクリアした御児勇馬さん、

    ネットだけでは埋められない距離が縮まるのを実感するのは、本当に感慨深い。


    久々に、裏表紙当ての正解者が出た。

    思わず、身を乗り出して名前を聞こうとする。

    その人は、例のメモ帳にアルファベットの4文字をすらすらと書き連ねてくれた。


    『MoYo』


    瞬間、自分は普段めったに使わない声で叫んでしまった。

    女の子なら「黄色い声」と言うべきなのだろうが、どちらかというとマンドラゴラの叫びの方が近い。


    このMoYoさん、後々にも特大のサプライズを引き起こしてくれる。



     瑞葉:MoYoさんて確か…(G’sのバックナンバーを調べながら)いた!ここにも、ここにも!!

         モエスタだけじゃなくて、他のファンページにも!!

     青芝:人をつかまえる罠だけは仕掛けるの上手いな、お前さん…本当にペテン師みてえだ…

         あーあ、なんつう声出してんだか…みづかさんにもつっこまれてるし。

     天瑞:いやー、人間って驚くと本当にあんな声が出るもんなんだねえ。我ながらびっくり。

         そんなわけでその時の声、巻き戻し再生!

       (キュルルルルルル)

     過去の天瑞:キィアアアアアアアアア!!!!!

     青芝:リピートすな!耳鳴り起こすぞ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:えー………ダメだ!やっぱり終わりそうにない!ここでも1回、ブレイクさせていただきます!

     青芝:サイト始まって以来の3部シリーズかよ…えらいことになったな…

         ACLの激闘のこととか、全然触れられねえ。

     瑞葉:でも、書ききれないくらいのネタがあるのは、いいことですよ♪

     青芝:ありすぎるのも問題だ…そのうち『蹴球千夜一夜』がなくなってねえか心配だぜ。

     天瑞:大丈夫、そっちの方も絶対になくさないから〜。ただちょっと止まってるだけで・・・・・

     瑞葉:そういえば今季は深夜バスに乗ってないですよね。

     天瑞:ちょっぴり痛いところを突かれちゃったところで、今日はお開きにいたします。

         お相手は、次の新刊の構想を練り始めてます、天瑞烈Zと、

     青芝:客観的に見ても川崎は限界までファイトしてくれていたと思う、青芝辰巳と、

     瑞葉:ななついろとひだまりスケッチにちょっぴり惹かれ気味な、大城戸瑞葉でした!

     天瑞:次回、長編レポート3部作完結編!サブタイトルは「光速で描け!虹色の女神」でお送りします!

     青芝:たったひとつのイベントでここまで引っ張るとは、実にオソロシイ…





  2007年 9月25日 忘れ得ぬ070924(前編)

     天瑞:ただいマリエスターユナイテッド♪

     青芝:おー、無事帰ってきた。ひとまず命はあるようだな。

     瑞葉:あおしばさんてば…さすがに命は大丈夫ですってば!

     天瑞:天瑞烈Z、初陣より只今帰還しましたであります!

         得た経験値は、前回(5月)はたしかメタルスライム級って言った覚えがあるけど今回はさしずめ

         はぐれメタル級です!

     瑞葉:ぜ、ぜひ話を聞かせてください!!

     青芝:…その前にお前さんはとりあえずさいたま方面を向いて一礼しておけ。

         サークルのディスプレイにあれだけレッズグッズを使って、しかも真っ赤なTシャツで悪目立ちして!

     天瑞:はい、レプリカはあえて封じました。乾いてなかったから。

         ちなみにディスプレイの用途は…

          写真立て→値札の看板

          手ぬぐい風マフラー→机上のマットと化す

          コインケース→一応従来の用途と変わらず。ただし異様に重くなった。

          チケットホルダー→ペン・マジック入れ


         こうなりました!あまりに便利すぎたので…

     青芝:申し訳なくなったか?

     天瑞:いや、次回もこれでいこうと思いました!

     青芝:(ぶーーーーっ)!!!!!

     瑞葉:今回はSSS3の感想と記録などを中心にお送りしますね♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:裏表紙のル・リムのコスプレ当て、正解発表〜!!!!!

     


     瑞葉:えーっと、この4人のコスプレの元ネタを当てると、値段が安くなるって仕掛けでしたよね?

     青芝:お前さんの企みが読めた気がするぜ。

         ストパニを知ってる人ならG’sを買ってる人も多いはず。そんな人のカタマリの中で、A.Iがどれだけ

         知られているのか?それを調べたかったんだろう。

     天瑞:ピンポーン、大正解!

         …というわけでル・リムのコスプレ当ての答えは、

          作品:A.I.Love You!

          千華留さま:アイリスのコスプレ

          絆奈:ココのコスプレ

          檸檬:愛羅さんのコスプレ

          籠女:RUNAのコスプレ

        
これら5つの答えのうち、ひとつでもお答えいただければコインいっこで新刊ゲットできるという

         寸法でしたっ!


     瑞葉:事前にコチラを見てくださった方にとってはとっても簡単♪新刊取り放題!

     天瑞:なにせ大部分A.Iから成り立ってるようなサイトだもんねえ、ここ。

     青芝:…で、正解率はどれくらいだったんだ?

         あ、パーセンテージでいいぜ。

     天瑞:えーとですね。正解率は約17.4%でしたっ!

     青芝:…………なにが新刊取り放題だ………立派な難問じゃねえかあ!!!

     瑞葉:あ、あれ?ここしばらくのアクセス数、けっこうありましたよね????

     天瑞:……自分も誤算だった。

         サイト内のA.Iコンテンツが見落とされてたのは仕方ないとして、

         けっこうG’s以外からストパニに入ってきた方がけっこう多かったんだ…

     青芝:あるいはG’s読者であってもカラーをメインに見ていて、モノクロページを流している人が

         多かった…と見るかだな。

     瑞葉:あ、でも…ってことは、もともとの300円でも買ってくださる方が多かったってことですよね!

         よかったじゃないですか〜

     天瑞:それは、そうなんだけど…確かに、予想してたよりは売れてくれたんだけど…う〜ん……

         これでは自分が難問ふっかけたみたいで申し訳ない……

     瑞葉:あ、あれ、悩ませちゃった……かな?

     青芝:察してやれ、漢心というやつを………

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     青芝:さ、ここらで昨日起こったことをひととおりしゃべってもらおうか。

     天瑞:う〜ん、ひととおりといってもなあ。あまりにイロイロありすぎて、何から話せばいいのやら。

         実際に起こったことを見てもらうのが一番なんだけど…

     瑞葉:ビデオカメラの撮影とか、やってたわけじゃなかったですからね…

      (謎のチャルメラの音)

     アイテム屋:えー、アイテムー、アイテムー、謎の闇アイテムはいらんかねー。

            人の記憶をビジョンのように映しだせる映写機だよー。


     瑞葉:あ、ちょうどいい♪すいませーん、ひとつくださーい!

     青芝:ぶ!そんないかがわしそうなモノを焼きイモ買うような感覚で…

     アイテム屋:おう、お嬢ちゃん、目のつけどころがいいねえ。実はコレ、試供品だからタダであげるよ。

             ただ耐久に難があるから、1,2回で壊れちゃうかもなあ。


     瑞葉:いいんですか?ありがとうございます!

     アイテム屋:いいってことよお。そいじゃ、お得意さんが待ってるから、じゃあな。(その場を去る)

     青芝:なんなんだ…あの都合のよすぎるアイテム屋は……

     天瑞:あおちゃん、こまかいとこにつっこみすぎると体によくないよ〜

         てなわけで、コチラを使ってワタシの記憶を忠実に再現していきたいと思います!

     青芝:いや、細かくもねえよ…って聞いちゃいねえ…

     瑞葉:それでは上映スタートっ!



     早朝の京急蒲田駅周辺。9:15分頃?

     天瑞が何かを探しながらウロウロしている。

     駅の周囲を巡る途中で、肩に担いでいたレッズのビニールバッグが荷の重さに耐えかねて

     一部破損!


     5分ほど歩いていると隊長どの(ユノムールさん)から連絡あり。

     どうやら隊長どのは京浜東北の蒲田駅にいるらしい。

     2つの駅は十分歩ける距離なので、隊長どのを待つこととする。


     幾度かの連絡を経て、隊長どのと会場前にて合流。



     青芝:…お前さん、ビニールバッグに新刊のカタマリを入れてたのか…カート使えよカート!!

     天瑞:たいした重さじゃなかったし、大丈夫だと思ったんだよー。

     瑞葉:あれ?会場の中、ブロックがいくつか分かれているような…?

     天瑞:ああ、他の作品のイベントも同時進行だったみたい。



     コンビニで最後の準備をしてから会場内へ。

     時間にして9:50頃。他のサークルさんの姿はまだまだ少ない。

     問題なく自スペースに到着し、ディスプレイ開始。

     ふとみづかさんのスペースの机の下を見ると、新刊のダンボール箱が!

     サイズにして20cm×20cm×30cmくらい。

     驚愕しつつ隊長どのの新刊の仕上げに入る。

     単純な作業だが、ひとつ間違えると混乱必至

     「ごめん、ちょっとズレた!」この台詞、何度口にしたことか。

     そうこうしているうちに、お隣のみづかさん、そして妹さんがやってきた。

     握手を交わして拳闘、じゃなくて健闘を誓い合う。



     瑞葉:てんずいさんも、これから宅配で搬入しちゃったらどうですか?

     天瑞:う〜ん、できれば事前に出来上がりを見ておきたい気持ちはあるんだよねえ。

     青芝:(ビジョンを見ながら)うわ、おい!同じページ2枚重ねてるぞ!戻せ、戻せ!

         あー、よかった気付いたようだ…

     天瑞:いやー、あおちゃん、気の休まるヒマもないねえ。

     青芝:誰のせいだと思ってんだ!?

     瑞葉:長くなりそうなので、続きは次回の更新で!

     天瑞:それでは皆様、次回『背番号8番の重圧!きらめく蝶がまぶしすぎて』

         のサブタイトルでお送りしま〜す♪

     青芝:少なくともウソではなさそうだな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:追伸です♪えー、業務連絡、業務連絡〜。

         イベント当日にワタシに黄色い声を上げさせた方〜、

         そう、アフターイベント用のココの色紙を披露してくださったG’s投稿者のあなたです!

         冷やかしでも構いませんのでメッセージくっださっいな♪

     青芝:おい、誰に向かって話しかけてんだ!?

     瑞葉:無理強いはよくないですよお〜

     天瑞:ごめんごめん。あまりにうれしくて…





  2007年 9月22日 開場まであと59時間

     天瑞:久々の金曜更新。水曜のACLに参戦しなかったのに、しぶとくレッズサポを自称し続ける、

         天瑞烈Zでございます。

     青芝:何自分を追い詰めてんだか・・・

     瑞葉:でも本当に久々ですよね、金曜にこうやって集まるのって。

     天瑞:イベント前後はけっこうバタバタしそうだから、今日のうちに。

         今回は今までの新刊情報の総まとめに加え、中身の4コマをひとつだけ紹介しちゃいま〜す!

     青芝:賢明なるSSS参加者の方々、これを見てどうか前もって判断してくれるよう・・・

     天瑞:なーんか引っ掛かる言い方だなー、あおちゃんてば。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:ではでは、改めて紹介しますと、新刊『NG SQUARE』(原則300円)はアニメ版ストパニの

         第1話「桜の園」から第10話「個人授業」をもとにしたパロディ4コマ集です。

     瑞葉:渚砂ちゃんと千華留さまがわりと多く出てますよ♪

     青芝:何度も言うがえらくかすれている。だからこの辺を大目に見てくれる方向けだな…

     天瑞:もーあおちゃんてば、かすれ部分ばっかをプロデュースしないでよ!

     青芝:俺だって誉める要素を探そうとしてんだよ、一応!!

     瑞葉:ぷ・・・・・・ぷぷ・・・・・・・・・

     青芝:…まあ、言葉でごたくを並べても仕方ない。サンプルを見てもらうのが一番だな…

     天瑞:というわけで公開いたします。NG SQUARE内に収録の、26本目の4コマ、こちらでございます!!

     


     天瑞:特別に、いちばんイイ感じだと思うやつを持ってきちゃった♪

     青芝:…だそうだ。これでわかってもらえただろうか…

     瑞葉:千華留さまと一緒にいるのが絆奈ちゃんじゃないのは何故ですか?

     天瑞:第9話「記憶」のパロディなんだけど、どうしても渚砂の方がマッチするんだよね…

         あ、もちろん他の作品には絆奈も出てますよん。(どちらかというとオリジナル風に)

     青芝:これがどうも合わない場合は、ユノムールさんの『ポニテイ-Ponytail Panic!-』で口直ししてもらえると

         助かる・・・

     天瑞:はーい、ワタシも1ページ、ゲスト原稿を書かせてもらっちゃいましたー!

     青芝:ぶっ、お前さんは…なんて節操のないことをー!!!!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:SSS3は24日の月曜祝日ですが、まずは土曜の日産スタジアムのマリノス戦で気愛を入れて

         いきたいと思います!

     青芝:山瀬兄が出場停止なのはちょいと残念だな…

     天瑞:ホント、できれば双方フルチューンで戦いたかった。でもレッズは今すっごい過密日程だし・・・

         まあ一応ラッキーって思っておくことにしようかな。

     瑞葉:今回はゴール裏自由席ですか?

     天瑞:そうだねえ。キャパ広いし、まあ今回は大丈夫かな。何より一番安いし・・・

         あ、安いで思い出した!

         みなさ〜ん、裏表紙のル・リムのコスプレ当てクイズも忘れないでくださいね〜!!

     瑞葉:100円ですよっ、ひゃ・く・え・ん!正解すれば300円が100円!

     青芝:なんとか当ててやってくれ・・・安くなる上に喜ぶから・・・

     天瑞:そんなわけで皆様、当日に京急蒲田でお会いしましょう!

         お相手は、メガネ男子のフォーオブアカインド、天瑞烈Zと、

     青芝:なんのこっちゃ・・・コホン、ユノムールさん、みづかさん、コイツのことなんとか宜しく頼みたい。

         青芝辰巳と、

     瑞葉:SSSの参加サークルのページから来てくださった皆さんすべてにありがとうを言いたい、

         大城戸瑞葉でした!

     天瑞:初心に帰って、がんばります!

     青芝:いや、帰るどころか1年生そのものだろうが…






  2007年 9月16日 問いはひとつ、答えは5つ

     天瑞:一週間ぶりのごぶさたです。ここしばらくいろんなカテゴリーで試合がありすぎて、

         何から話せばいいか迷いまくってます、天瑞烈Zです。

     青芝:スイス戦、五輪最終予選・・女子のW杯も始まったからな。

     瑞葉:Jリーグも再開したし・・・って、あれ?いつもと更新の場所、違いませんか?

     天瑞:あー、よく考えたら最新の更新はいちばん上にするべきかなーって思って。

     青芝:てか何で今までそうしなかったんだ・・・

     天瑞:いやー、最近は様子見てくれる方もわりと多いみたいだから、ちょっとしたマイナーチェンジを

         施してみようと思って。

     青芝:ここ1ヶ月の間で初めて来てくれた人たちのうち、どれだけお前さんのスペースに来てくれるんだろうな?

     天瑞:それを考えると今から緊張しきりです。

         と、いうわけで今回は新刊の情報を中心にお送りしてまいります♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:サークルスペースナンバー発表!

     瑞葉:SSSのサイトではすでに9月9日に発表されていますが、サークルの配置が発表されてま〜す。

     天瑞:場所は・・・ミアトルの8!

         8番です!小野伸二です、水野晃樹です、野沢拓也です、家長昭博です、砂川誠です!

         それから…

     青芝:はいはい、わかったからその辺にしておけ。

     天瑞:どうだ、すごいっしょ!

     青芝:…公式サイトを見ながらの列挙じゃなければな…

     天瑞:あううう、そんな早くに種を明かさないで〜

     瑞葉:でもよく見ると攻撃の能力が高い人が多いんですね、8番って。

     青芝:最後の1人は札幌だな。…って、なんでここでわざわざ札幌のメンバーを挙げてるんだ?

     天瑞:札幌は欠かせません。何故なら来季の最重要遠征候補地だから。

         何より、今度のSSSでは札幌からの刺客である市川みづかさんとお隣になるからです!

     瑞葉:えーっと、オーキッドホワイトの市川みづかさん、ミアトルの7、ですね!

     天瑞:そうです、7番。佐藤勇人です、田中隼磨です、遠藤保仁です、和波智広です、それから・・

     青芝:そのパターンはもういい!

     瑞葉:…そ、そして、今神戸で44番をつけている酒井選手がもともと浦和の7番で…くすん。

     青芝:あ〜、だからしんみりした話になるから、

     天瑞:とにかくですね、当日はみづかさんとしっかり中盤を固めて、ミドルをバシバシ撃って

        いきたいと思います!


     青芝:…枠を捉えるといいがな…

         ところで新刊の価格、どうすんだ?まだ周知してなかったろう?

     瑞葉:あ、あと値段が下がる仕掛けも〜

     天瑞:そうだったそうだった。えーっと、新刊『NG SQUARE』、基本的に値段は300円でいきます。

     青芝:で、値段を下げる仕掛けとやらは・・・

     天瑞:こちらを、ご覧ください!!

       



     青芝:…なんだこりゃ?

     天瑞:新刊の裏表紙です!

     青芝:そうじゃなくて、なんで肝心のキャラの部分を『?』にしてるんだ?

     瑞葉:たしかこの部分って、ル・リムの4人が・・・

     天瑞:はい瑞葉、一応そこでストップね〜。

         実はこの4箇所の『?』には、ある格好にコスプレしたル・リムガールズが描かれています。

     青芝:確か、そうだったよな。

     天瑞:値下げルールは、これ!

         購入の際、彼女らのコスプレの元ネタを答えてくれた方は新刊が100円になりま〜す!!

     青芝:あ、なるほど・・・そういうことか。しかし・・・・・簡単すぎやしないか?

     天瑞:少なくともこのサイトや、ここ1年のG’sを見ていた方にとっては簡単かもしれない・・・かな?

     瑞葉:来る人みんな100円になっちゃうかもしれませんよ?

     天瑞:いや、むしろそれは望むところ!ていうか喜ばしい!!

     青芝:お前さんが今回SSSに参加する目的のひとつ・・・なんとなくわかった気がするぜ。

         あ、いや、あまり言わねえ方がいいか。

     天瑞:いちおう、答え方は以下のような感じでお願いしま〜す♪

        「この4人、○○○○○(作品名)に出てくるキャラの格好ですね!」

        「あ、千華留さま●●●●(キャラ名)の格好してますねー」


        こんな感じで。

     瑞葉:つまり、作品名か、あるいは元ネタのキャラの名前を最低1人答えることができればOK

         ってことですね!

     天瑞:そういうこと。あ、でも

         「うわー、これなんだっけー??見たことあるんだけど・・・思い出せない!」

         これはアウトにさせて頂きます。正確なキーワードを答えてくださいませ〜

     青芝:作品名にキャラ名・・・つまり、答え方は5通りあるってことだな。

     天瑞:はい、5通りです。ひとつだけでもよいですが、全部答えてくれても構いません。

         あ、いくつ答えても割引額は同じなので、念のため。ワタシはめちゃ喜びますが♪

     青芝:100円以上に安くしたらむしろ払いづらくなるだろうしな・・・・

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     瑞葉:メッセージ紹介に参ります♪


      from ゲンジマル大尉さん

      こんにちは!新刊ができたみたいですね。内容がストパニとAIとは……気になります。

      私もイベントに行ってみたいですが、さすがに夏コミと続いて東京へは行けないので残念です…。

      青芝さんトークがいつも楽しいので、直に会って買ってみたい気もします。(笑)

      イベントのサークル参加、テイク・イット・イージーですよ!


     天瑞:心強いサポートメッセージありがとうございます。いやなんとも初参加ですから、こういう

         メッセージには勇気づけられます。ホントに。

     瑞葉:でもゲンジマルさんは来られないみたいですね。

     青芝:ちょいと残念だな。メッセージ多くくれる貴重な方だし・・・

     天瑞:夏コミは回避しちゃったからなあ。あ、あおちゃんほめられてるよ!よかったね♪

     青芝:・・・話を楽しくしてるのは俺ではなく残り2人の功績だと思うが・・・

     天瑞:何をおっしゃる〜ツッコミは漫才の超重要要素だよ?


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:ふーっ、これで新刊に関する情報は出せるだけ出し尽くしたつもりです。

         いかがでしたでしょうか?

     瑞葉:これで細かい準備に移れますね!

     天瑞:えーっと、100円ショップと、レッドボルテージと・・・

     青芝:待て!なんでそこでレッドボルテージが出てくる!?

        (※レッドボルテージ:浦和レッズのオフィシャルグッズショップ。浦和駅から徒歩10分くらい)

     天瑞:いや、なんとなく、その方が自分らしいでしょ!

     青芝:答えになってねえ・・・まさかお前さん、レプリカ着ていくつもりじゃねえだろうな!?

     天瑞:あ、なるほど!考えておこうっと♪

     青芝:(久々にヤブヘビをやっちまったか・・・)

     天瑞:そんなわけで、Jリーグも再開し、女子ワールドカップ真っ盛りな今日この頃ですが、頭はしっかり

         ストシスモードに切り換えて、がんばっていこうと思います!

         お相手は、ようやく楽しみが不安を上回りつつある天瑞烈Zと、

     青芝:女子代表はなんとか奇跡を起こしてドイツに勝ってほしいと思う、青芝辰巳と、

     瑞葉:アルゼンチン戦の解説の川上直子さんが、ちょっぴりコワかった、大城戸瑞葉でした!

     天瑞:もし追加情報がありましたら、随時更新いたします。

         今日はここでお開きといたしま〜す!






  2007年 9月9日 かすれかすれて初新刊

     天瑞:只今五輪代表のアウェイサウジ戦に向け待機中の天瑞烈Zです。

     瑞葉:朝早くにはオーストリー戦がありましたね。

     青芝:お、早速新表記を使ってるな。でもやっぱり「オーストリア」の方がしっくり来るな…

         お前さん、見てたのか?

     天瑞:寝過ごしました。…やっぱり真剣勝負じゃないと、身体が無理してくれないみたい。

     瑞葉:内容はよかったみたいですよ。ただ、スコアレスドローだったとかで。

     青芝:おまけにわざわざPK戦で白黒つけたんだから、後味悪いったら。

         ちなみにツートップは矢野と達也だ。

     天瑞:矢野と達也…スタンダードな高い・早いのコンビだねえ。

         まあこれからしばらくはFWの組み合わせはいろいろ試していくんだろうから、

         そんなに悲観はしてないさ♪


     <今度の新刊の出場率ベストイレブン(ややアバウト)>

      
FW      渚砂    千華留

      MF          静馬

           深雪            玉青
                  檸檬



      DF   千代  天音  絆奈  東儀


      GK          千早



     青芝:ドサクサにまぎれて何書いてんだお前さんは!?

     天瑞:はっはっは、勢いに任せて前線から攻め倒せる婦人もとい布陣さ!

     瑞葉:逆に押し込まれるとちょっと不安かな…センターバックは同じ学校で揃えたほうがいいような…

     青芝:なにムリヤリそれっぽく解説してんだか…

         ともかくコレは新刊における登場人物の出現頻度と考えていいんだな?

     天瑞:うん。厳密に数えたワケじゃないけど、だいたいこんな感じ。

     青芝:ほとんどミアトルとル・リムの連合軍だな。

     瑞葉:ところで、ここで新刊の話を切り出すということは…

     天瑞:ふ、ふ、ふ…そうです、来たのです!人生初の新刊が製本されて、ここにやって来たのです!!

     青芝:うわあ〜、とうとう来ちまったか…

     瑞葉:は、早く、その完成品を…!

     天瑞:大丈夫大丈夫、しっかり後で紹介するから。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:メッセージ紹介、いっきまーす!!


      from 杞宮理扉さん

       私も「パパ」が良かったのですが、10代のメイン読者層には訴求力弱かったみたいですね。

       後の3体は予想通りでした。 ブーツは……他に履いているロボットがいるので、差別化が図られたのかも。


     天瑞:ものすごくありがた〜く心強いメッセージを頂きました!

         そうですよねっ!やっぱり音夢には『パパ』似合ってましたよね!!!

     青芝:あーはいはい。

         …ところで、やっぱりメインは10代なんだろうな。G’sって。

     天瑞:なんとなくそんな雰囲気はするよね。ん?ってことは、10代の多くが「にぃにぃ」って呼ばれることを

         支持してたってこと?…てことはいまどきの10代って、あのスプラッタな作品(ひぐらしのこと)を

         バンバン見てるってことかー!!!


     瑞葉:わ、わたしは遠慮してるけど・・・

     青芝:早い話、そういうことになるだろうなあ。最近の10代は心臓が強い…

     天瑞:で、ブーツの方は…あ、ホントだ。音夢とユズがブーツだ。

     瑞葉:でも原案のイラストではっきりブーツっぽく出てるのはさくらちゃんだけですよ?

     青芝:まあ、履物くらいは取っかえが効きそうだからな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:新刊、襲来!


     



     天瑞:…というわけで、100%の完成に至りました。新刊、『NG SQUARE』です!!

     青芝:うっわー、これじゃあ、どっからどう見てもル・リムメイン本とカン違いするな…

         気をつけねえと訴えられんぞ??

     瑞葉:大丈夫ですよ♪さっきのベストイレブンでも千華留さまが出場率1位の座を争ってたし、

         ル・リムメインだって言っても十分通用しますよ!

     天瑞:改めて紹介すると、アニメ版に沿ったパロディ4コマ本です。

         ネタにしてるのは第1話から第10話のあたり。

     瑞葉:ちょうど夏休み前くらいのところまでですね。

     青芝:どれどれ、ちょいと中身見せてみな。(パラパラパラ)………

     天瑞:どう?どう?あおちゃん、どう?

     青芝:…全体的に、えらくかすれている。誰が誰だかとか、字の判別は一応ついてるが。

     天瑞:実はそうなんだよねえ。印刷に耐えうる線の描き方とか太さとか、まだまだ理解しきってなかったかも。

         トーンももう少し濃い目のものを使ったほうが、いい感じになるって初めて知ったし。

     瑞葉:奥が深いんですね、印刷って…

     天瑞:でもまあ、この程度は想定内のアクシデントだったので、当日はしっかりコレを出すことにいたします!

         さてさて価格はどうしようか…

     青芝:いっそタダにしろ、タダに。

     天瑞:うー、さすがにそれでは気分が出ないから…(もったいないと言わないところがポイントだ!)

         値段が下がる仕掛け、考えておきます♪

     瑞葉:そ、それはやっぱりサイコロを振って出目によっては甘いもの早食い対決をするという…

     青芝:それは以前俺を思いついたネタだ。(狂想曲8月5日参照)

     天瑞:実際には人様のネタだからね…

         そうそう、今度のSSSにはワタシのスペースにユノムールさんもいらっしゃいます。共闘です。

         そんなわけでサークルスペース内には天瑞とユノムールさん、2人が同居することになります。

     青芝:てことはその謎の隊長どのは、『Say−You!工房』ではなくて『マリエスターユナイテッド』内での

         参加ということになるわけだな?

     天瑞:そういうこと。てなわけで、新刊の情報、よろしくね♪(業務連絡)

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:サウジ戦まであと30分となってまいりました、今回の更新。いかがでしたでしょうか?

     青芝:とにかく新刊だな。数ヶ月前までは想像もつかなかったぜ…

     天瑞:これで今年の目標の一つは達成できた♪

     瑞葉:あとはしっかり当日その場に行ければ…ですね!

     青芝:意外と大切だぞ。当日体調崩したりしたら、シャレになんねえ。

     天瑞:その辺りは心配ご無用!

         9月に入って涼しくなってきたし、何よりちょっと迷っていた9月中のACL海外遠征の可能性を

         完全に断ち切ったから!


     青芝:…とうとう同人活動とサッカーを天秤にかけ始めたな…

     天瑞:何をおっしゃる〜。自分の体力キャパシティをしっかり見極めてるのさ!

         今日だってこれからのサウジ戦に備えてしっかりと寝てたわけだし。

     青芝:寝てたのは多分、狙ってやってたワケではなさそうだが…

     天瑞:ともあれこれからしばらくは五輪予選モードです!

         お相手は、新刊のおまけページにはアイリスがいますよ♪天瑞烈Zと、

     青芝:五輪代表の面々はここらでひとつ、インパクトのある戦いぶりを見せてほしいと思う、青芝辰巳と、

     瑞葉:細貝萌選手、スタメンで出てくれるといいなと思う、大城戸瑞葉でした!

         それではみなさん、また次回〜♪




  2007年 9月2日 秋風のWスランプ

     天瑞:どうも・・・一難去らぬうちに次の一難、わりと踏んだり蹴ったりな天瑞です・・・

     瑞葉:どどど、どうしたんですか!!?

     天瑞:いやね・・・ワタシの趣味が2つの両輪から成り立ってることは知ってるよね?

     青芝:2つの両輪・・・ああ、要はイラスト描きとサッカーのことだな。

         それがどうかした?

     天瑞:例えば、片方がうまくいかなくて精神的にマズくなった時、もう片方に逃げ込んだりできるじゃない?

     青芝:あまりいい解決方法じゃあねえが、まあ、言いたいことはわかる。

     天瑞:それがさ、両方でスランプな思いしちゃったら、どうすればいいわけ!???

         もー、G’sのイラストは再々全滅するし、さいたまダービーでは負けて年間通算1分1敗で

         負け越しちゃうし!!

     瑞葉:ぜ、全滅・・・そうだったんですか・・・

     天瑞:まあ、こっちは慣れてきたけどね、そろそろ…

         なんだか、ベンチに入れてないうちに後続の選手にスタメン取られるフットボーラーの

        気持ちが
すごくよく分かる。

     青芝:例えが生々しすぎて何ともコメントしづらいな…

         まあ、イラストの方はよくわからんが、さいたまダービーは……ありゃあ、確かにひどかったな…

         レッズは年間何回かはああいう試合しちまうもんだが…

     天瑞:原因は分かってる。疲労と交代の遅さ、それとダービーに対する気持ちの差!

         負けるにしてももう少し負け方ってのがあるだろ!って感じ…

     青芝:憤懣やるかたないって感じだな…わりとのんびりなお前さんでそれじゃあ、ブーイングも致し方なし、か。

     瑞葉:ダービーって確か、人によっては優勝よりも大事だって考えることもあるって…

     青芝:日本ではまだそういった意識は薄いだろうが、マンチェスター、マドリッド、グラスゴー、イスタンブール、

         このあたりりゃ、そういう人もいるだろうなあ。

     天瑞:さいたまだって1人くらいそういう人は出てきてるかもよ?

         まったく…これで今年通算負け越し決定だから、仮に優勝したとしても消えないキズができちゃったよ…

     青芝:初めてJ1で負けた2年前でさえ1勝1敗のイーブンだったからなあ…

     天瑞:そんなわけで、順調にやさぐれロード邁進中の天瑞烈Z、今日の狂想曲は2人の助けが必要不可欠

         なのです。

     瑞葉:ま、任せてください!

     青芝:俺としちゃあ、敗戦の愚痴を延々と続けてくれたほうが、楽といえば楽なんだが…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:ネガティブオーラを撒き散らしても仕方ないので、たのし〜い話に移りまっす♪

         プリーズコールミー!A.T第2期呼ばれ方決定!


       <第2期呼ばれ方決定!>

       守璃:マスター   音夢:にぃにぃ   さくら:ダンナ様   ユズ:ご主人様



     青芝:あー、で、俺はどうコメントすりゃいいんだ??

         今回のはあまりにもクセが強すぎてだな…

     天瑞:あおちゃんもそう思う?そうなんだよねー、てかまさか当のクセの強い選択肢がヒットするとは

         思わなかった…

     瑞葉:にぃにぃ、と、ダンナ様、ですかあ…

     青芝:「にぃにぃ」ってのは、詳しくは知らねえんだが、コレは他の作品の影響なんだろう?

     天瑞:うん、『ひぐらし』シリーズだろうね。ホラーとかスプラッタとか苦手だから手は出してないんだけど…

     瑞葉:う〜ん・・・なんだか、他の作品からの受け売りとかじゃなくて…音夢ちゃんならでは!って感じの

         呼び方がよかったかなあ…

     青芝:そういやお前さんはどれを選んだんだ??

     天瑞:音夢のことだよね?音夢は、『パパ』

     青芝:(ぶはぁっ!)ま、まあ「貴方」とかじゃないだけまだマトモか…

     瑞葉:こっちの呼ばれ方が「パパ」だとすると、ママは誰になるんだろ?な〜んて…

     天瑞:そうだねー、「ママ」はねー………ぷ、ぷ、ぷ、……くふふふふふふふふ♪

     青芝:うわー、この表情、放送できねえ。

     天瑞:あおちゃんなら愛羅さんでしょ?

     青芝:うわ!いきなりこっちに振ってくんな!俺はそんなんじゃねえって!!

         コホン…と、ともかくだ、呼ばれ方はこれで決まりなワケなんだから、ムリヤリにでも

         慣れるしかねえんだろう?

     天瑞:そういうことです。まあその辺は適応力をフル稼働してなんとかするさあ〜

     瑞葉:育成は来月からですか…今のところは増ページしてないみたいですね。

     天瑞:いっそページごとにキャラの部屋を作ってくれちゃったら、ものすごーく嬉しいんだけど…

     青芝:…ってことは、A.Iだけで8ページ以上?そいつはさすがに無茶ってモンだろう。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:秋の装い狂想曲、またまた壁紙を変えてお送りしてみました。いかがでしたでしょうか?

     青芝:紅葉にはちと早い気が。まだ残暑もあるだろうし。

     天瑞:あーっ、そういえばまだカキ氷食べてない!

     瑞葉:わ、わたしは海に行ってません!

     天瑞:ついでに夏コミ行ってない!

     青芝:なんのこっちゃ…。ともかく9月になったからには…イベント、もうすぐだろう?

     天瑞:はっ!そ、そうだった!近いうち新刊も届くだろうし、いやー、楽しみ半分不安半分。

         千華留さまや深雪さんがどんな感じに印刷されているか!?

     瑞葉:にしてもストパニ…G’sからすっかり…

     天瑞:う〜ん、モエスタを見返してみたんだけど、ざっと見た感じではストパニのイラストが見当たらない

         んだよね…

     青芝:思ったんだが、あれはあくまで休載扱いであって、終わってはいないんだろう??

         サッカー雑誌の場合はコーナーが終わる際はしっかり「終わり」って締めるモンだが…

     天瑞:あまり口には出したくないんだけど、俗に言う『フェードアウト』っぽい。

         例えばシスプリや双恋の場合はしっかり企画の変遷までまとめて締まった終わり方してたけど

         どうもそんな感じじゃない。何故だかわからないけど。

     瑞葉:あの、ところで、『ふぇーどあうと』って何ですか??

     青芝:あー、想像でしかないが、語感からすると「徐々に消えてなくなっていくこと」だろう?

     天瑞:もしかしたら「最初からなかったことになる」って意味も加わるかもしれないね。

     瑞葉:うーん、でも終わるなら終わるってハッキリ出しても別にいいと思うんだけど、なんでそんなカタチに

         なっちゃったのかな。

     青芝:穿った見方をしてみるが…こんな感じじゃねえか??


          (1)はっきり「終わり」を宣言する
                ↓
          (2)その作品・企画に思い入れを持っていた人の購買意欲がダウンする
                ↓
          (3)作品(この場合はストパニ)に思い入れを持っていた人がG’sを買わなくなる
                ↓
          (4)はっきり「終わらせる」のは危ない。
                ↓
          (5)そこで、フェードアウトの方法をとる(徐々に縮小、休載)
                ↓
          (6)実際には終わってしまうが、はっきり「終わり」を告げられてないため、
             ファンからすればかすかな希望を抱きたくなる。
                ↓
          (7)一応、G’sを買い続ける
                ↓
          (8)そのうち、新しい企画や作品が登場
                ↓
          (9)この頃には旧作品への思い入れが薄れている人が増え、別作品にシフトしてたりする。
                ↓
          (10)結果、旧作品のファンをそれとなく留めておける
                ↓
          (11)旧作品は完全に過去のモノとなる。


     天瑞:あ、あおちゃん、なんかモノスゴク詳しいよ!?

     青芝:あくまで想像だ、想像。根拠も何もねえよ。ストパニだけを目的としてG’s買ってる人ってのはそう

         多くねえだろう。

     天瑞:わからないよ〜?ここにほとんどA.Iだけを目的としてG’sを買ってる人間がいるんだよ?

     青芝:…そうだったな…

     瑞葉:でも…このやり方って………う〜

     青芝:言いたいことは分かるぜ。もしこの流れが本当だとすれば、フェードアウトはこちらの思い入れが

         なくなっていくことを予想、というか前提としてやっているワケだから、あまり気分のいい方法じゃ

         ねえよな。

          …てかおい、なんでイベント前にこんな話題を振る!?新刊の話とかしろよ!

     天瑞:いや、逆。ストパニ中心のイベント前だからこそ、こういうのをハッキリさせておきたかった。

         自分が初めて同人を出す原作の、今の立ち位置くらいははっきり確認しておかないと!

     瑞葉:…A.Iを含めたこれからの読参が、全部フェードアウトで終わっちゃったら、いやだなあ…

     青芝:まあ終わらない作品なんてのはないだろうけどな。

     天瑞:肝心なのはファンの側の気の持ちようじゃないかな?

         あおちゃんが示したさっきの流れ図で「思い入れが薄れて、別作品にシフトする」ってあったけど

         そこんとこは…実際よくあることなんだよね。

     瑞葉:流行らなくなったからそれで終わり、ではなくて、引き続きイラストを投稿してくれる方がもう少し

         増えるとうれしいな。シスプリは今でもちらほら見かけるわけだし。

     天瑞:自分もトップの花織さん、アナログに直して送ろうかな。

     青芝:…CGで送る気はないんだな。あ、いや、それは正解だ。とことん正解だ、気にするな!

     天瑞:ぶ〜〜〜〜(ちょっと不満らしい)…ま、いいや。

         ともあれこの時期にSSSに来てくれる方は、ストパニに強い思い入れを持っている方が多いと思うので、

         今からお会いできるのがとっても楽しみです!

     瑞葉:来週には出来上がりが見られると思うので、しばしお待ちくださいませ♪

     天瑞:お相手は、五輪代表のホームのカタール戦に参戦予定の天瑞烈Zと、

     青芝:Jリーグは夏場の凶悪な日程を何とかしたほうがいいと思う、青芝辰巳と、

     瑞葉:これから今まで食べてなかったアイスを食べまくる予定の大城戸瑞葉でした!

         みなさん、また次回〜!

     天瑞:えー、今回はなんとなーくあまり笑いのとれない展開になっちゃったことをお詫びします。汗々。

     青芝:出だしのテンションの低さとフェードアウトの話が原因だろう…







【戻りますよ〜】



inserted by FC2 system