2008年 5月25日 原稿充電80%!進路は浅草の地

    天瑞:うう〜ん、やっぱり全タイトル制覇ってのは、難しいのかなあ。


     Jリーグナビスコ杯 グループリーグ第4節

     名古屋 4−2 浦和

     得点者:6分 小川(名)  14分 杉本(名)  32分 田中(浦)  42分 巻(名)
          56分 内舘(浦)  88分 津田(名)



    瑞葉:さすがにフル代表とU23の両方で抜けちゃったら、キツイですよね…

    青芝:それでも実際にスタメン並べてみると「いけるんじゃねえか」って感じはしたんだがな。

        そうもいかなかったな。

    天瑞:ユース上がりのゲンキくんとか(原口元気選手のこと)使えたのはよかったけどね。

        今回のナビスコはムリしてグループリーグ突破を狙わなくてもいいような気がするなあ。

    青芝:複数のタイトル狙うってのは、やっぱり難しいんだよ。

        チェルシーみたいに国内リーグもチャンピオンズリーグもあと一歩で逃すこともあるしな。

    天瑞:そういえば確か欧州CLの結果は1−1のPK戦でマンUの勝ちだったから…

        ふたりとも、予想ハズレ〜!

        (青芝=1−0のマンU勝利で予想   瑞葉=2−2のPK決着のチェルシー勝利で予想)

    青芝:まあ、外れたからといってどうということはないんだが…

    瑞葉:わたしとあおしばさんの予想、足して2で割ったような結果になりましたね。

    青芝:うまいこと言うなって。

    天瑞:ちなみにわたしは90分決着を予想してタイマー録画してたら、見事途中で切れましたっ!

    青芝:…リアルドジっ子…

    瑞葉:ストシス4まであと一ヶ月と迫ってますが、今回ものんびりと更新参りますよ〜

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:進行状況の実況中継!


     
     (とあるネタの後ろに置こうと思うページ)


     天瑞:今回はおまけページの紹介です!

     青芝:なんだこりゃ…猫じゃらし???

     天瑞:おおお、鋭いカンしてるねえ。

     青芝:いや俺が言いたいのは、なんでアイリスにこういうことしてる状況が生まれるのか、

         不思議に思ってだな…

     天瑞:それは本編を見てのお楽しみ♪

         瑞葉はどう思う?

     瑞葉:あれ?このタイプのヤマト爆神って、もともとはホログラムシールじゃなかったですよね??

     天瑞:お、よく気付いた。これはホロセレクション2用にホログラムにされたやつで、当時の

         オリジナルじゃないんだよん。

     青芝:…原稿と関係ないとこで盛り上がってんじゃない!!

         (つうか、なんで瑞葉がわかるんだよ…)

     天瑞:いやいや、まったく関係がないワケじゃないのだよ?

         原稿が終わって時間に余裕があったら、おまけシールの作成も念頭に置いてるんだから!

     瑞葉:あ…じゃあ、以前載せたA.Iのシールシリーズを…

     天瑞:そう、できるだけそれっぽいシールにできればなーと思います!

         シールがムリならせめてカードっぽく。新刊を購入してくれた方に一枚プレゼント、みたいな♪

     青芝:ストパニのコピー本はどうするんだ。

         そういろいろできるもんじゃねえだろう?

     天瑞:………あ。

     青芝:「あ」じゃねえだろう!

     天瑞:う〜ん、自分の体力と、能力と、作業能率と、残り時間を計算すると…

         こりゃ二者択一かな?

     青芝:ヘタすりゃ「虻蜂取らず」だな。てか、どうしてここでシールの話が再燃するんだ?

     天瑞:実はねー、新刊の裏表紙にRUNAのシール風イラスト作成してたら…

         なんか自分でも欲しくなってきちゃって。

     青芝:(あー、誰か、コイツのためにシールを作ってやってくれ…)

     瑞葉:そうだ!A.Iのキャラだけじゃなくてシスプリやストパニのシールを作れば、

         新刊の売り上げが上がるんじゃないですか!?

     天瑞:なるほどねー、そういう手もあるけど…正直そのレベルに行けるまでのシロモノができるかどうか

         分からないしなあ。個人的にシスプリとストパニのシールは一度作ってみたいけどね。

         花穂をお守りにしちゃったり、『聖エトワール静馬』とか。

     青芝:で、おまけの話までしてるってことは、本編の原稿はすでに終わらせたんだな??

     天瑞:んーと、8〜9割ってとこです。

         ついさっき追加SSを書き終えて、5ページも稼いじゃったんだぞ♪

     瑞葉:ご、5ページもですか!?

     天瑞:『天瑞的乱舞』に載せてるモノほど長くなくて、ほんとに短いものだけど。

     青芝:…『乱文』な…

     天瑞:しっかしなあ、アイデアを考えてる時間を除けば、漫画の場合数時間で1ページ、SSの場合

        ほぼ同じ時間で5ページだからなあ…自分の描画スピードって…

     青芝:そりゃ仕方ねえだろう。文字と同じスピードで絵を描ける人なんて、いるわけねえんだから。

     瑞葉:共通言語がイラストになれば、スピードが速くなるのかな?

     青芝:わけのわからないことを言わないように!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:とまあ、こんな感じで原稿は順調に進んでいます♪

     瑞葉:フル代表の再スタートと同じくらい、順調ですねっ!

     青芝:ん…昨日のコートジボワール戦だな。悪い戦いではなかったが…

         押し込まれた時に『耐える』以外の選択肢がないのはなんとかしねえとな。

     天瑞:でもさあ、コートジボワールって主力がけっこう抜けてるって話だったけど、

         選手たちの所属チーム見ると「こんだけいりゃ十分だろ!」ってツッコミたくなる気分満々なんだよねえ。

     瑞葉:えっと、ちょっと調べてみますねー

         ゲンク(ベルギーのトップチーム)、シュツットガルト(ドイツの上位)、ベンフィカ(ポルトガルの名門)、

         アーセナル(イングランド最強クラス)、マルセイユ(フランス古豪)…


     青芝:ま、アフリカ勢ってのはこんなもんだ。個のチカラがずば抜けてるから、たいてどのチームでも

         強烈な存在感を見せるんだよな。

     天瑞:そんな中でひときわ目立つ徳島ヴォルティス(J2)の文字…

     青芝:FWドゥンビアのことだな。後半終わり間際に出てきたが、タイプがスピードだから、なかなか

         厄介だったな。

     天瑞:ちなみに彼がやってきたのは06年のことで、当時J2の柏でプレーしていたんだよん。

         早くから柏サポがチャント作ってたりして、けっこういい感触みたいだったなあ。

     瑞葉:よく知ってますね〜

     青芝:…ドイツW杯で日本がブラジルにやられた後に見に行ったJ2の試合で目にしたわけだからな…

         記憶にも残るだろう…

     瑞葉:あ……そ、そうだったんですかあ…

     天瑞:(遠い目)……

         …代表戦も見に行きたいけど、原稿スパートかけるぞおおお!!

     青芝:おお!?変なスイッチが入った!?

     天瑞:今回はここまでっ!お相手は、どこかに音夢とユズの出番を追加したい、天瑞烈Zと、

     青芝:長友のパワフルさにリアルにびっくりした、青芝辰巳と、

     瑞葉:次回発売のG’sでも、気持ちいいA.Iエピソードがありますように、大城戸瑞葉でした!

         ではまた次回〜♪

     天瑞:そ、そういえばもうすぐ月イチの大行事が…!

     青芝:そんなに緊張するほどのもんじゃねえだろう…

     天瑞:最近はわりとリアルに緊張するんだよー。ていうかみんなが気になる…っていうか心配なんだよねえ。

     青芝:親バカにも程があるっての!





  2008年 5月17日 佳境の原稿〜J参戦との両立の狭間で〜

     天瑞:どもども、埼玉帰りです、G大阪戦でした!

         正直気分的にバテてます、天瑞烈Zです。


      Jリーグディビジョン1  第13節@埼玉スタジアム

      浦和 2−3 G大阪

      得点者:17分 中澤(G)   44分 山崎(G)   53分 梅崎(浦)   68分 遠藤(G)
           79分 エジミウソン(浦)


     瑞葉:久々にやられちゃいましたね…

     天瑞:でもね、負けはしたけど、いいゲームだったよ。今季イチバンに近い出来だったんじゃないかな?

         それより自分が座っていたスタンドでかなり荒れ模様が発生してたことが…

     青芝:色々物が飛び交ってたりしたようだな。

     天瑞:あの手の騒動を目にしたのは久々でした。これは全く別カードの試合だったけど、

         一度飛び蹴りとか見たこともあったなあ。

     瑞葉:け、けっこう派手なことが起こるんですね…

     青芝:まあイタリアとかあっちの方だともっとシャレにならないことになってるからな。

         今回は止める人も多かったようだから、まだまだいい方だろう。

     天瑞:まだまだ首位だし、わりと楽観してます、わたしは。

         そんなわけで今節の更新もいつものペースで参ります。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:SSS4参加サークル発表!一覧はコチラです!

     瑞葉:み、見事当選してましたね!よかったですね!!

     天瑞:ホントホントよかったよ〜、もう落とされるんじゃないかと思ってドッキドキだったんだよお。

         よーし、祝杯を挙げちゃおう!

     青芝:…全て当選って書いてあるのは気のせいか?

     瑞葉:あれ?そうだったんですか??

     青芝:落ちようがなかったんだろう、もともと…

     天瑞:わからないよ〜?申込書にはっきりとジャンル「A.I」って書いたから、見る人によっては

         『なにこの人、ジャンルをカン違いしてないか?』なんて思うかもしれないし、そのせいで

         落選にされた可能性だって…

     青芝:何自分を追い詰めてんだ。とにかく当選したんだから、よかったんじゃねえか?

     天瑞:ま、そういうことだね〜♪これで枕を高くして…

     青芝:寝るな!原稿描け!

     天瑞:描いてるってばー、ほら!


     
      (基本は1ページ完結型のマンガ集)


     天瑞:ね!

     瑞葉:これ、原稿の下にあるカラーの絵って…

     天瑞:いいとこ目をつけてるねえ。表紙の予定となるイラストをためし印刷してみました。

     青芝:…どうみてもアイリスだな…しかもこれ、かなりでかく描いてるだろ?

     天瑞:おお、よくわかったねえ!

     青芝:バレバレだろうが!

     瑞葉:えーと、それとこの原稿に描いてある黒髪メガネの子って…

     天瑞:今までのA.Iの話に出たキャラで、デフォルトでメガネをかけてる子はひとりしかいないはず!

         (アイリスのメガネは後から追加されたアイテム)

     青芝:あー、なんとなくわかったが…このキャラまで出すのか…

         つまり、だ、知名度がそれほど高くない作品の、更にレアなキャラまで出したということだな??

     天瑞:使えると思ったらなんでも使います!

     青芝:…ひとつ忠告しておく。作る部数は前回より少なくしろ。

     天瑞:はーい。

     瑞葉:あ…ところで、ストパニ関係はどうするんですか?たしか時間があったら

         コピーを作るって話、してましたけど…

     天瑞:時間があったら、ね。あくまでストパニ中心のイベントだし、4コマのネタに使ってない話も

         アニメの半分の話数残ってるし。

         あ、あと前回の残りも持っていきます。

     青芝:参加サークルが発表されて、ストパニ関係でここにきてくれる人も多くなるはずだろうからな。

     天瑞:さてさて、以前作った自分のまとめを見ながら話を思い出すかな。

     青芝:…不安だ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:これにてJリーグ中断を迎えることになる今宵の狂想曲、いかがでしたでしょうか?

     青芝:ナビスコもあるが、しばらくは代表モード、か。

     瑞葉:つかさくーーーーん!セルーーーー!!もえちゃーーーーーーん!!!

         みんなみんな五輪に行けちゃうんですね!がんばってーーー!!!

     青芝:まだまだ決まったわけじゃない。特にセル(エスクデロ=セルヒオ)は最後の最後で初招集だから

         ツーロンで相当なインパクトを残す必要がある。FWはオーバーエイジの可能性が高いからな。

     天瑞:W杯予選も忘れちゃいかんぜよ。

     青芝:(何故土佐弁?)

     瑞葉:永井選手は外れてしまいましたけど…

     天瑞:そういや今日はベンチにも入ってなかったなあ。いろいろコンディションとか難しいんだろうなあ。

     瑞葉:てんずいさんはW杯予選、見に行くんですか?

     天瑞:できれば行きたい、ていうか、行く!豊田のチケット取りそこねちゃったし。

         バーレーンにはマナマでやられた借りをノシをつけて返してやらねば!!

     青芝:俺はちょいとJクラブと代表の間で召集がうまくいってない部分があるのが気になってる。

         クラブにしてみりゃ『3次予選くらいベストメンバーじゃなくても勝ち抜け!』って言いたい感じ

         なんだろうがな。

     天瑞:持ち直して勝てば雰囲気も変わるから、ぜひがんばってほしいところです。

         明日はちょっとした報告会議(おおげさ??)があるので、今回はここまでです。お相手は、

         入稿目標は5月末から6月アタマ、天瑞烈Zと、

     青芝:欧州チャンピオンズリーグ決勝、1−0でマンチェスターUが勝つと予想してみる、青芝辰巳と

     瑞葉:じゃ、わたしは2−2のPK決着でチェルシーを予想します、大城戸瑞葉でした!

         ではみなさん、暑くなったり寒くなったりですけど、体調に気をつけて5月の残りを過ごして

         いきましょうね♪

     天瑞:じゃ、予想が当たった方が相手を1日好きに連れまわせるということで…

     青芝:別に何も賭けちゃいねえよ…





  2008年 5月10日 水着を選ぼう!その称号は「夏色の女神」

     天瑞:等々力の川崎戦チケットの争奪戦に敗れたため、本日はのんびりと更新に充てることにしました。

         少し曇り空の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

     青芝:争奪…ていうかお前さん、厳密には参加してないだろう?

         発売日当日に何も気付かず昼頃まで爆睡…

     天瑞:うをを、あおちゃん、余計なタネ明かししないでー!

     瑞葉:てんずいさん、たしか豊田のコートジボワール戦のチケットも…

     天瑞:…あれは本当にびっくりした。勝ち点の懸らない試合でまさか完売になるなんて思わなかった。

         一体何が起こったんだ…

     青芝:メンバーが揃うってのもあるだろうが、ドログバとか目当ての人もいるんだろうな。

         ま、全然売れなく空席が目立つよりはよっぽどいいんじゃねえか?

     天瑞:そんなわけでフットボール的になんとなく運勢下降気味のわたくし天瑞烈Z。

         厄払いの意味も込めて、今回の更新に臨みます♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:さて今回もしっかり投票しますよ、ご主人様!

     青芝:まだ引っ張ってんのかよ…

     天瑞:1ヶ月くらいは、いや、ちゃんと直ってるのが確認できるまで引っ張ります!

     瑞葉:えっと、今回の投票内容は…


       Choice1.愛羅さんのパートナー選び

        A.海の家    B.ビーチバレー選手   C.ライフセイバー

       Choice2.アイテム選択

        1.釣り機能(2万円)

        2.水着(1万5000円)

        3.空飛ぶほうき(5万円)

        4.推理機能(3万円)

        5.介護機能(3万円)

        6.メガネ(8000円)



     天瑞:もう、金額はあってないようなものだね!めでたいめでたい♪

     瑞葉:ついでに以前つけられなかったアイテムとか復活してくれないかなあ。

     青芝:調子に乗ってると突如借金が増えるぞ。

         劇的に上がることがありうるんなら、その逆だってないわけじゃねえんだぞ?

     天瑞:そんなこと、いくらご主人様でも許しませんよ!

     青芝:ああ、もう、わけわからねえ…

     瑞葉:てんずいさん、どんな内容で投票するんですか?

     天瑞:今回は、こんな感じ!


 
      ココ:空飛ぶほうき

       アイリス:水着

       RUNA:(考え中)

       愛羅:釣り機能



     天瑞:うーん、最初はRUNAに魔法のほうき!って考えたんだけど、確かお祭りエピソードで

         高いところを怖がってたから外したほうがいいのかなーって思って…

     瑞葉:以前のエピソードのことも、しっかり考えないといけませんねっ!

     青芝:…おい!何自然に会話してんだ!?(ゴゴゴゴゴ)

     瑞葉:じょ、ジョークですよっ、ジョーク!

     天瑞:いやわりとジョークじゃなくて本気なんだけど…

         てかなんだよー、あおちゃんだって愛羅さんに水着あげたいとか思ってるくせにー!

     青芝:それとこれとは話が別!ちゃんと第2期メンバーにアイテムをあげろ!

     天瑞:わかったよー。では気をとりなおして…


      守璃:水着

      音夢:水着

      さくら:水着

      ユズ:水着



     天瑞:これしかない!できれば第1期メンバーにも着せてあげたいところだけど、今回はこれでがまんだ!

     瑞葉:し、しっかり耐え忍ぶんですねっ!

     青芝:それもダメーーーーっ!てかお前さんら、わかっててやってるんだろう!?

     天瑞:ちょっとしたジョークなのに、もー。ご主人様のいけず!

     青芝:(聞かないふり)…100歩譲って、気持ちは認める。

         だがここにきて、いきなりルール変更はないだろう。

     天瑞:う〜ん、まあ、みんなが水着を着て注目されすぎちゃうのはマスターとして複雑な気分でもあるから、

         ちゃんと原点にのっとったルールに戻るとしようか!

     青芝:本当にわかってるんだか…

     瑞葉:それでは、もういっかい気を取り直して、どうぞ!


      Choice1.守璃とCのライフセイバー!

      Choice2.守璃:水着(水着はパートナーと連動させたい!)

             音夢:推理機能(長所を伸ばす機能を)

             さくら:釣り機能(釣った魚をその場でスピード料理)

             ユズ:空飛ぶほうき(半ズボンだから安心して乗せられる)



      天瑞:今回はどれも愛羅さんと守璃のコンビに似合いそうだから、かなり迷ったんだけど…

      青芝:てかパートナー守璃は決定事項なんだな。

      天瑞:レベルバランスを考えるとこれが一番だから。

      瑞葉:さくらに釣り機能ですかあ…これはちょっと…外れそうかな?

      天瑞:承知してます。それでもこれがいいんです!

          このゲームは決して決められた答えを予想するんじゃなくて、あくまで自分の希望を

          連ねていくものなんだから。

      青芝:マイナーチックな選択でも、か…お前さんらしいな。

      天瑞:守璃にラブリーに育ってもらいたいと願いつつ、雨にも負けず届けわたしのハガキ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:ipodを買っちゃいました!

          2000曲収納OKの『ipodなの シルバー』です!

      青芝:ちゃんと『nano』って表記せい!ヘンなキャラみたいになってんぞ!?

      瑞葉:てんずいさん、今までMDを使ってたんですよね。

      天瑞:そう、ドイツW杯に持っていったのもMDだったし!

      青芝:しかし、どういう風の吹き回しだ?MDでも十分間に合うんじゃなかったのか?

      天瑞:購入を検討した要因は、初音ミク!

          ミクの楽曲をダウンロードすることが多くなってきた結果…

          『いい感じの曲を探す→CDに移す→MDに移す』

          この一連の作業がちょっと面倒になってきたのです。かさばってきちゃうし。

      青芝:かさばるくらいに曲を集めてたってことか…

      天瑞:んー、今ipodに全部で176曲入れてるんだけど、ボーカロイドの楽曲はうち95曲。

      瑞葉:そ、それだけあると、さすがにかさばりますね…

      天瑞:今まで持ち運んでたMDは3つが限度だったからなあ。

          一度ipodに入れちゃうと、正直、便利すぎて怖い。なくさないよう気をつけないと。

      青芝:小さいことはいいことだ…とも言い切れんからな、お前さんの場合。

      瑞葉:あれ?てんずいさんのリュック、もうちょっとレッズの選手のピンバッジ、くっついてませんでした?

      天瑞:白状します。2個ほどどこかに落とした…ような気がする…

          じ、実はフラッグケースにつけてたル・リムの校章も・・・・・

      青芝:…お前さん、ipodは上着の上ポケットじゃなくて、バッグとかに入れてたほうがいいぞ…

      天瑞:あう〜

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

      天瑞:こちらでは雨もちらつき始めました、今回の狂想曲、いかがでしたでしょうか?

      瑞葉:ちなみに本日午後3時現在、浦和と川崎の途中経過は0−0ですね。

      青芝:互いに出足の早い…いい試合だな。

          レッズも珍しく試合の入り方がいい。

      天瑞:ここしばらく出足が悪かったのは何だったんだろうね?体内時計がズレてたのかなあ。

      青芝:体内時計は関係ないと思うが…

          しっかし、このテレビ中継、後半開始のキックオフを映せてなかったな。もったいない…

      瑞葉:やっぱりサッカーはスタジアムに限りますね!

      青芝:これからの展開、どうなることか…

      天瑞:さてさて、只今進行中のSSS用の原稿なんですが、そろそろ分量の区切りをつけて、

          前書きとかあとがきとか表紙とか、仕上げの部分にもとりかかっていきたいと思います!

      青芝:お前さんはむしろそっちの方で苦しみそうだな…

      天瑞:表紙はカラー〜…

      瑞葉:そのあたりは譲れないんですね。

      天瑞:せっかく世界的にもレアなものを作ってるんだから、それなりの存在感は出したいのです!

          ここにA.Iが確かに存在するという証を…!

          前回作ったストパニ本「NG SQUARE」から、いろいろ多く改善してる(ハズ)ので

          かつてよりアラの少ないものが出せるかなと思います。

      青芝:他の作家さんなら、2冊3冊作れちまうくらいの時間かけてんだからなあ…

      天瑞:では、今日はここまで!お相手は、ユズからの呼称をまだまだつっこむ、天瑞烈Zと

      青芝:一部のサッカー中継はCMの入れ方が上手くないと思う、青芝辰巳と、

      瑞葉:キリンカップの日本代表発表が楽しみな大城戸瑞葉でした!

          寒い日が急に戻ってきたりしますけど、がんばって5月を過ごしていきましょうねっ!

          ではまた次回〜





  2008年 5月4日 柚子色の目覚め〜この言葉を忘れないで〜

     天瑞:コタツの押入れ行きカウントダウンが始まりました、皆様ご機嫌うるわしう。

         ナビゲーターの天瑞烈Zです。

     青芝:昨日のレッズは神戸でのアウェイゲームだったはずだが…行かなかったんだな?

     天瑞:そうなんですよ。ご主人様。

     青芝:ぶ、誰が「ご主人様」だ!?前フリもなく変なマネはよせ!

     天瑞:いやいや、ちょっとした理由があるのです。伊達や酔狂でやってるワケじゃないさ!

         だからしばらくはこの言葉を多用させていただきます!

     青芝:なんなんだ一体…

     瑞葉:あ…あれですね、きっと…

     天瑞:その通りです、ご主人様。さすが察しが早い!

     青芝:…「あれ」って、何だ?

     瑞葉:えーとですね、ちょうど発売されたG’s6月号をチェックしてたんですけど…

     天瑞:その話はまた後ほどに!

         それでは連休中の方も、そうでない方も、いつもどおりお付き合いくださいね!

         ではご主人様方、今日もよろしく!

     青芝:…何とかなんねえのか…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     


     いつ頃から、自分には『意識』というものが生まれたのだろうか?

     光のない、この空間の中。しかし「暗闇」というのもちょっと違う。

     わずかに感じる。その彼方に…世界へ通じる光を。そうだ、今の自分は眠っているようなもの。

     与えられた姿、形。それは1人の少女の姿。

     柔らかく短い髪、澄んだ瞳。

     他の人とちょっと違うところがあるとしたら、毛並みのよい犬耳、そしてふわふわの尻尾。

     何より…自分が機械…プログラムから生まれた命であるということ。

     光へ向かって一歩ずつ、歩みを進めていく。

     ふと、自分の意識に何かが流れ込んでくるのを感じた。

     同時に、道標のような光がどんどん大きくなっていく。

     そうか…あの光の向こうには…

     自分と同じように命を与えられた仲間がいて、そして、自分を創ってくれた人がいる。

     …少しだけ、不安になった。

     目を覚ましたら、何をしゃべればいいのだろう?どんな声で、言葉で、自分が目覚めたことを

     伝えればいい?

     迷いに歩みを緩めそうになる…その時、意識の中に声が響いてきた。

     『ご主人様って呼んでくれると嬉しいな』


     ご主人様、ですね!わかりました。

     これでもう、迷わず世界へ歩き出せる。

     世界の光から受け取ったはじめての言葉を鍵にして、目覚めの扉を押し開けよう。

     自分を創ってくれた人を振り向かせられる言葉、そして、喜んでもらえる言葉。

     はじめての言葉、絶対に忘れない…


     「ご主人様、ユズになんでもご命令ください」



    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     青芝:(G’s6月号をチェックして)あー、なるほどなー…確かにこりゃあ、ミスにしちゃあイージーだよなあ。

     天瑞:でしょでしょ???一体どんなメンテナンスがユズに起こったのかって思っちゃうよ!

     瑞葉:あ…でもてんずいさんって確か最初はユズからの呼ばれ方って『マスター』を望んでませんでしたか?

     天瑞:それとこれとは話が別。たとえ自分の意に合わないアイテムや結果でも、それをちゃんと受け入れて

         自分の中で今まできっちり消化してきたんだから。

         ユズは『ご主人様』が正解で、それ以外はエラーなんです!!

     青芝:…まあ、いいんじゃねえか?次号からしっかり直ってれば。

         人間誰にも間違いはある。

     天瑞:それはそうなんだけどさー、ご主人様、

     青芝:くどい!ていうか気分悪い!

     天瑞:例えばシスプリ全盛期に同じことやらかしたらタダじゃ済まなかったと思うんだ。

         それを思うと…なんか…ねえ。

     瑞葉:チェックとか、入らなかったのかなあ…

     青芝:…もしかしたら、構成やらレイアウトから、校正まで…全部担当の人1人でやってるのかもな…

         誰も間違いに気付かなかった可能性が高い。

     瑞葉:週間G’sのブログに訂正のお知らせとか…出ないのかなあ…

     天瑞:週間G’sのブログは、どうもメイン記事の宣伝みたいに使われてるっぽいから、その辺は

         あまり期待しない方がいいかな…

     青芝:今日のお前さん、いつになくざっくり言ってるな。

     天瑞:だってさー、ご主人様、A.Iの記事は今回初めて見た人にとっては「ユズからの呼称=マスター」が

         デフォルトになっちゃうんだよ?

     瑞葉:しかも一箇所だけじゃなくて、エピソード内のセリフ全部ですからね。

     青芝:まあ、そうかもな…ていうかさりげなくご主人様言うのはやめれ!

     天瑞:了解しました、ご主人様!

     青芝:…もういい…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:気を取り直してSSSの話でもしましょうか?

         えーと、原稿絶賛進行中、13枚目まで終わりました!

     瑞葉:たしか目標が15,6枚だったから、ということは…

     天瑞:そう、ようやくゴールが見えてきたんですご主人様!

     青芝:(聞いてないふり)そうか、何だかんだ言ってわりと余裕なんだな?

     天瑞:でもねえ…前回のストパニ本『NG SQURE』の出来上がりを目にしたとき、

         「あれ?けっこう薄くなっちゃうもんだなあ」なんて思ったんだよね。だからもうちょっと

         描き進めたいって思ってる。表紙もできればカラーにしたいし。

     瑞葉:そのカラーはアナログ?CG??

     天瑞:……えとね、えとね、んー…し、C…

     青芝:…素直にアナログにしとけ…

     天瑞:そう言ってくれるとうれしいなっ♪

         いや正直G’sのカラーコーナーにもCGが1枚も採用されたことがない現状で表紙CGに挑むのは

         ちょっとバクチかなーって思っちゃって…

     瑞葉:なんでですかあ?CGにしちゃえばいいじゃないですかー。

     天瑞:時間がかかるってのもひとつの原因なんだけど…

         何より印刷所さんとのやりとりで、チェックが入りまくるんだろうなーって想像すると、

         それをすべてクリアできる自信がない!

     青芝:気持ちはわからんでもないが…

     天瑞:最低限、G’sに掲載されるレベルのCGならある程度その辺の細かいとこもクリアできるように

         なってるのかなって思うから、それまでは…ね…

         ひとまず、サークルカットをぺたり!

         

     天瑞:この顔にピンときたらA.Iユナイテッド!よろしくね♪

     青芝:見事なまでにA.Iを前面に押し出しおったな…ストパニはどうすんだ?

     天瑞:一応『NG SQURE』の残りがあるので、それと余裕があれば4コマ集のコピー本など

         作れたらいいかなーなんて…

     瑞葉:前回の本ではサマースクールのとこまでしかネタにできてませんでしたからね。

     天瑞:そんなわけで、A.I本の進行はなんとか順調です。期待して待っててくださいね♪

     青芝:問題は期待してる人がどれだけいるのかということなんだが。

     天瑞:あまりに実もフタもない言い方するとさすがのわたしも言い返すよ、ご主人様!

     青芝:結局お前さんは最後のそれが言いたかっただけなんだろうが!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:最初から最後まで、ご主人様フィーバーしてしまいました。いかがでしたでしょうか?

     青芝:気分悪かった…

     天瑞:くふふふふ、それは正しい答えです!

     青芝:開き直るなって…まさか今後もこれを繰り返すつもりじゃねえだろう?

     天瑞:わからないよー?次回以降も直ってなかったらまたやっちゃうかもね。

     青芝:てか直ってなかったら、それは別次元の大問題だろう…

     瑞葉:でもみんなが呼んでくれる言葉って、すごく大切で思い入れのあるものだから、尊重してほしい

         ですよね。あおしばさんだって、『キミ』以外の呼ばれ方って違和感あると思うし。

     青芝:…なんで俺と『キミ』が絡んでくるんだよ!?

     天瑞:なんでだろ〜ね〜??いやー、全っ然わかんない!

     青芝:(この…)まあ…確かに呼ばれ方は大事だよな…

     天瑞:全員の意見が合ったところで、今回はここまで!

         お相手は、いまだ未勝利の千葉が個人的に心配な天瑞烈Zと、

     青芝:欧州CL、マンUにしろチェルシーにしろ、優勝したらクラブW杯にはしっかり気合入れて望んでほしい、

         青芝辰巳と、

     瑞葉:永井選手が代表メンバーに残りますように…大城戸瑞葉でした!

         5月に入って気分も新たに過ごしていきましょうね♪また次回っ!

     天瑞:5月といえば新茶の季節…そういえば掛川でも売る準備してたなあ。ちなみにわたしの趣味は

         ほんのり甘い狭山茶です。

     青芝:茶の味、わかるんかい…





【戻りますよ〜】


inserted by FC2 system