2008年 8月31日 夏の名残の音夢の魔法

    天瑞:えー、杜用の原稿、始めました!照準は10月、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

        夏の名残の狂想曲、今週ものんびり参ります。

    瑞葉:たしかコピーにするって、最初から決めてるんですよね。

    天瑞:そう!身の丈に合った資金の使い方をするのが肝要なのです!

    青芝:ほう。なかなかまっとうな考えしてるんじゃねえか。

    天瑞:仙台終わったら次どうしようかなー?

    瑞葉:関西とか四国とかどうですか??

    青芝:交通費に関しては無頓着なんだな…

    天瑞:おっとっと、11月には札幌に行くのを忘れてた!

    瑞葉:11月の札幌って…なにかイベントありましたか?

    青芝:いや、イベントじゃねえ。レッズのアウェイ戦だ。

    天瑞:11月の札幌。もう冬も同然の超アウェイになるかと思いますが、しばらく遠征を控えていた分

        札幌は実に行ってみたい!

    瑞葉:北海道には電車がないんでしたっけ?

    青芝:…そういうデマ、どこから仕入れてくるんだ!?

    瑞葉:えーっと、ベビプリの…

    青芝:あー、もういい、わかった…

    天瑞:ではでは、G’s10月号も発売されたとこで、早速参りますよ、いつも通りの狂想曲!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    瑞葉:そんなわけで、音夢ちゃんの独壇場だった10月号のA.I.ですけど…

    青芝:持ち味を発揮しまくったというか、あの衣装をデフォルトで間違えそうな勢いだったな。

    天瑞:掲示板にも書いてあったけど、機能とかアイテムがフル稼働してたよね。

        どう使われてたか、とりあえず書き出してみようか?


         ・空飛ぶ本:店内の移動手段として(?)

         ・メイド服、ウェイトレス服:言うまでもなし。この区別は…?

         ・おかしなウサミミ:今回はにんじんの副作用は現れず。ていうかそれどころじゃなかった。

         ・予知夢機能:さりげなく使われていた機能。ある意味推理機能とも同一?

         ・魔法のステッキ:ビジュアル面がパワーアップ



    天瑞:というわけで、使われなかったのは推理機能と先生機能そしてベレー帽ということになりまーす!

    瑞葉:ま、まさにフルアーマー…

    天瑞:とにかくこれで100万円のプラス。あと300万円必要だから…

        150万円×残り2回で、十分いける!泣き落とす必要などありません!

    青芝:次回は守璃のパフォーマーか。

    天瑞:んー、一応ワタシの希望は通ったことになるんだけど、出してから「ユズにすればよかったかなあ…」って、

        ちょいっと思い直してたり。でもユズはラストに出てもらえればいいかな。

    青芝:となると、お前さんの方針は全員をレベル4でそろえる方向なんだな?

    天瑞:イエース!ああ、これでようやく借金フォーマットから逃れられるよ〜

    青芝:…相当精神的にイヤだったんだな。このシチュエーション…

    天瑞:できればもう少し余裕のある状況でいっぱいコミュニケーションを取りたかった!

        まあ楽しかったけどね。ああ、これでラストチョイスかあ…

    瑞葉:思い残したこととか、ありますか?

    天瑞:音夢とユズにアイテムとか機能とか、あげられなかったことかなあ…

    青芝:そりゃお前さん、ずっと守璃ターゲットに機能とアイテムを考えてたからだろうが…

    天瑞:ちなみにわたしが第2期に送ったアイテム、機能は以下のとおりです!(没含む)


      ・パワー制御ブーツ:さくらのブーツを復活させようと無理やり考案。登場せず。

      ・ヒーリング機能:治療・癒しの機能。守璃モデルに作ったが、さくらに流れる。

      ・ボーカロイド機能:歌唱能力UP。これも守璃モデル。名称が露骨すぎたのか、登場せず。

      ・フラワーインカム:第1期最初のインカムをデザインを少し変えて焼き直し。登場せず。

      ・楽器オールラウンダー機能:わかりやすく言うと演奏機能。ようやく守璃にくっついた!

      ・お裁縫機能:実は『編み物機能』なら愛羅が所持している。登場せず。

      ・フィギュアスケート機能:10月号に登場。エピソードには使われないかな…?

      ・マイスターティアラ:マスターとロボットの信頼の証のティアラ。10月号がラストなら、没のはず…


    天瑞:ふー、我ながらけっこう送ったもんだ…

    青芝:一部明らかにステータスを意図的にいじろうとしてるようなアイテムがあるのは気のせいか?

    天瑞:フラワーインカムとかマイスターティアラとか?

        実はこのふたつは装備者とマスターがテレパシーできるようになるのさっ!

    瑞葉:A.I.は心の交流が肝ですからね♪

    青芝:こっちも露骨だな…

    天瑞:ラストチョイスについては次回、シンキングタイムをとりまーす!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:夏の名残の狂想曲、いかがでしたでしょうか?Jも中断し、実にゆったりとした週末でした。

    瑞葉:どこにも行かなかったんですか?

    天瑞:ちょっとした買い物、というか散財、以外はね。

    青芝:散財?

    天瑞:そう、散財!特に画材関係を。

        数年来買おうと思ってたカラーインクと、ペンを数種類と、何より…プリズムのシートが何枚も

       見つかっちゃったのだーーー!!


    青芝:うわ、始まった…

    天瑞:その中にはビックリマンシールのヘッド風角プリズムもあったのさ!

        これで多種類のカードが作れるぞー♪♪♪

    瑞葉:あれ?でもこれ、シール、というかステッカーになってないみたいですけど…

    天瑞:もともとシールにするつもりはないからそれで十分。とにかく、いい素材が手に入りました!

    青芝:コレクションしすぎるなよ…そのうちカードの作成が目的なのか、プリズムの柄を集めるのが目的なのか、

        わからなくなりそうだからな。お前さんの場合…

    瑞葉:杜に出せるカード、バリエーションが増えそうですね♪

    天瑞:いやー、いいなあ、この光り具合…あ、もちろん原稿の方が肝心だってこと、わ、忘れてなんて

        ないんだからねっ!

    青芝:明らかに付け足したろ、原稿の話…

    天瑞:ま、原稿の進行については少しずつ報告できるようになるかと思います。じゃ、今日はここまで!

        お相手は、画像とか写真とかUPしまくりたくて、やっぱりHP移転しそう、天瑞烈Zと、

    青芝:移転すんなら慎重に頼むぞ…青芝辰巳と、

    瑞葉:W杯最終予選の初戦。1−0でいいので勝ってほしい、大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、9月にまたお会いしましょう!





  2008年 8月24日 わずか2時間の初参戦の中で〜夏コミ即興曲〜

    天瑞:どもども、ホームページの移転を考えつつあります、天瑞です。

    青芝:移転て…いきなり唐突だなおい…

    瑞葉:なにかあったんですか?

    天瑞:いや…以前からちょっと画像のファイルとかUPしづらくなってきたなーって思ってたんだけど、

        いろんなサーバーのスペース量を比べてたら、容量が10倍くらい違ってたりして…

    青芝:なに、10倍!?

        ていうかお前さん、このページ作った当初にいろいろ比較してなかったのか?

    天瑞:うん!とりあえず身近なところから、適当に!

    瑞葉:でも、与えられたスペースがいっぱいになるなんて、作った当初は想像もしないですよね…

    天瑞:ホントホント。ま、それだけ順調に発展させてきたってことかな??

    青芝:アクセス数以外はな…

    天瑞:とにかく、画像が載せづらいというのはわりと無視できない問題なので、すぐにというわけでは

        ないですが、移転の可能性もあるということでヨロシクお願いします〜

    瑞葉:リンクしてくださってるとことか、知り合いの方にも連絡しなきゃいけませんからねっ!

    青芝:その辺はすごく限られてるだろうから、あまり煩雑でもないだろうがな。

    天瑞:そんなわけでようやく涼しくなってきた中での狂想曲、ゆっくりお付き合いくださいませ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:行って参りましたよ!時にして、080817!

        そして、生還して参りました!!

        …ふ、ふたりとも、あとは頼んだ、ぐはあっ!

    瑞葉:てんずいさん!てんずいさん!しっかりしてください!傷はまだ浅いですよっ!

    青芝:あのな…一番混雑してる時間帯を絶妙に避けといて、白々しい演技してんじゃねえよ…

    天瑞:あ、わかっちゃったー?

    瑞葉:種明かししちゃ、やーん、ですよ!

    天瑞:それに決して全部が全部演技ってワケでもないのだよ?

        特に乗り換えに使った大井町駅ではなんだかただならぬ雰囲気を感じたんだから!

    青芝:わかったよ、わかったから早いとこレポートいってくれ。

    天瑞:それでは天瑞の2時間+αの初コミケ、とくとご覧あれ〜



   08年8月17日、コミケ3日目。

   天瑞はある1冊の本を求めて東京は国際展示場に旅立った。

   国際展示場へ向かうのも初めてなら、コミケの場へと向かうのも初めてである。



   午前中に雑用があったので、午後の到着を目指す。

   ちなみに3日目は16時までの開催。15時の到着を目指す。

   当の1冊以外、巡るつもりはなかったので、余裕のありすぎる日程。

   これなら混雑に巻き込まれることもないだろう。



   ルートをいくつか確かめた結果、多少土地勘のある大井町駅ルートを使うことにした。

   りんかい線に乗り換えて国際展示場に向かうのだ。



   14時15分頃、何の問題もなく大井町駅に到着。

   りんかい線のホームへと続く、長い長い階段を下っていくと…


   突如として人波に出くわした。どうやら降客のようなのだが、それにしては激しすぎる。

   イメージとしてはレッズのホームゲーム後の東川口駅といったところ。


   人波に逆らいつつ、彼らの手荷物に目を凝らしてみると…キャリーバッグ、特徴的な紙袋。

   すぐ合点がいった。

    (そうか、戦利品を得て撤収する人たちか!)

   駅を越えて波及する熱気。

   なんとなく気後れしながら、気を引き締め直した。



    天瑞:いや〜、あれにはびっくりした。東川口の駅を逆走してくる人の気持ちがよくわかった。

    瑞葉:帰符『国際展示場帰り』って感じですか?

    天瑞:ズバリそれだ!いやー、我ながらよく避けきったー。

    青芝:…あっちの方からよけてくれたんじゃないか?



   14時45分頃、国際展示場到着。

   階段を登る途中に張り巡らされたポスターに、軽く体力を吸い取られた気分になる。

   (秋葉でも似たような感じなのに、なんでだろう…?)

   これがアウェイの感覚なのだと自分を無理やり納得させつつ、地上に出る。


   駅前の案内板をチェックしながら、自分の向かうべき方向を見定める。

   見知らぬ地では、歩みを進める方向を決めるにもひと苦労。

   手持ちの案内図を手がかりに、できるだけ確実にたどりつけるよう道を選ぶ。


   国際展示場といえば、あの特徴的な『逆さピラミッド』を思い浮かべていたが、

   自分の向かう場所はそれとは別館。

   『オーキッドホワイト  東ア−17』

   すなわち東側である。

   (なんかレッズサポがゴール裏を『北』『南』って使い分けてるみたいだなー)

   そんなことを思いながら、素晴らしい装飾を施した車がいくつか止まっている

   駐車場脇を歩いていった。



    天瑞:そして今の私は、「東」と「西」の使い分けができるようになったのさ!成長したねっ♪

    青芝:なんだかなあ…

        ところで、『素晴らしい装飾の車』ってのは、『すさまじい装飾の車』の間違いじゃねえのか??

    天瑞:いいえ!あくまで『素晴らしい』ですっ!

    青芝:そうだったな、お前さんは千影のシルエット旗を作っちまうくらいだったな…

    天瑞:んー、でもさすがにあの時見かけた車みたいに、わかりやすすぎるくらいに飾ってみせる度胸は

        ないんだなあ。

    瑞葉:み、見習いたいですねっ!

    青芝:頼むから、俺のいないところでやってくれ…



   入口周辺のスペースには、ひと休みしながら戦利品をチェックしてる人が多くいた。

   時間的にも、すでにヤマは越えたということだろう。

   自信をもって(?)望むつもりだった荷物検査も、すでに行われていなかった…


   展示場に足を踏み入れ、エスカレーターを下り、東館のスペースに降り立つ。

   …………広い!

   スペースのナンバーは控えているものの、果たして辿りつけるのか?


   山場の時間は過ぎたとはいえ、さすがコミケの会場。

   その熱気は会場の温度を明らかに上げていた。

   (東ア−17、東ア−17…)

   その場スペースには必ずしもナンバーが明記されているわけではない。l

   案内図・扱ってるジャンルを確認しながらスペースを絞り出していくしかない。


   ここで天瑞はひとつ大きな間違いをやらかしていた。

   (『東ア−17』ってことは、オーキッドホワイトの『オ』だから…)

   そう、スペースがいわゆるサークル名の『アイウエオ順』に並んでいると

   カン違いしていたのである。



    青芝:うむむ、基本的な迷い方だな。

    天瑞:サークル名をチェックしてて「あれ?」って思ったんだよね。いやー、失敗失敗。

        おかげで周辺テーブルを2周しちゃったよ!

    瑞葉:でもその場にスペースの番号が示してあるわけじゃないんですね。

    天瑞:やっぱり大きめのポスターとかボードで示したりするとけっこう親切なんだなあって実感した。

        これはけっこうまともな収穫だよ。



   体力の消耗とともに自分の間違いにも気付き、ようやく正解ルートを導きつつあった。

   (あ、四葉の絵…ということは、ここはG’sの島!あ、あっちにベビプリ関係…近い!)

   余談ながら、「壁」「島」の意味をはっきりと知ったのもこの周回中でことだった。


   程なくしてオーキッドホワイトのサークルスペースに到着。

   探索時間、おそらく20分前後といったところ。

   みづかさんは出かけているらしく、ケイゴさんと隊長どのが留守番をしていた。

   軽くあいさつし、目的のA.I.の本を購入。

   終了時間間際に再び来ることを約束し、ひとまずその場を離れた。


   …といっても目標を達してしまった以上、適当にふらつくのみだったのだが。

   前もってカタログを綿密にチェックしていれば、興味沸くものもあったのだろうけど、

   もともと欠場を予定していた身。そこまでの準備はしていなかった…


   (自分が参加するとしたら、どの島に入れられるかな?)

   おそらくみづかさんの近く、ベビプリとかシスプリ中心の島だろう。

   ただ、申込書をチェックする側でA.I.=G’s系であることをはっきり認識して

   くれるのだろうか?あるいは既刊のストパニ本の方で判断される??

   (…どっちにせよ、A.I.には大きすぎる場かなあ…)


   隅のスペースでは冬コミの申込書が早くも売られていた。(自分は手にとらなかったが…)



    青芝:で、お前さんの戦利品はそのA.I.本1冊だけか。

    天瑞:いや、それとあとトーン5枚。

    青芝:…トーン?

    天瑞:5枚1,000円の組み合わせ自由で売られていたから!これは有難い!

        コピックも見たかったところだけど…

    青芝:多分一般的じゃねえ買い物なんだろうな…

    瑞葉:万単位のお金使っちゃってる人もけっこう多いみたいですよー。

    天瑞:わたしはそんなブルジョワじゃないのっ!



   16時。終了時間を迎え、オーキッドホワイトの撤収を援護射撃。

   残念ながら会場からの宅配搬出に間に合わず、荷物と共に雨模様の空の下へと

   歩み出すことになった。


   大井町駅で出くわして驚いた人の波。

   今度は自分がその人の波の一部となっていた。

   (もし今度来る機会があったら、もう少し下調べしておくかなあ)


   この後は偉大なる大先輩方の話を耳にするべく、反省会が控えている。

   夏コミは終了したが、久々の幸せの夜は始まったばかり…



    天瑞:とまあ、こんな感じで夏コミ初参戦は終了いたしました。

        自分がサークル参加していたわけじゃないので、わりと手早く。

    瑞葉:反省会がすごく気になるんですけど…

    青芝:さすがにそっちの内容までレポートするわけにはいかんだろ。

        量も量だし、何せかなり個人的なこともあったろうからな。

    天瑞:面白かったんだけどなあ。言い間違いから生まれた謎の動画サイト『Yuri tube』とか、

        『電車は私のためにある〜♪麗、麗、ウラウララ〜♪』とか!

    青芝:ああ、もう、わけわかんねえ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:レポート『はじめての夏コミ』!いかがでしたでしょうか?

    青芝:お前さん以上の猛者がレポート書いた方が、よっぽど面白くなったんだろうがなあ。

    瑞葉:千里の道も一歩から、ですよ?

    天瑞:んー、ただやっぱり自分はコミケにはサークル参加はしそうにないかなって気がする。

        時期的にも、A.I.の規模的にも。

    青芝:けっこうこの時期に東京に来られない人って多いんだよな。

    天瑞:そう。それならむしろ自分からそういう人がいるとこに向かっていった方が早い!

        って結論になりました!

    瑞葉:そんなわけで、10月の『杜の奇跡』よろしくお願いします♪

    青芝:サークルのリストはまだ出てないようだな…

    天瑞:今日はここまでといたします!お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:『後悔していない』『進む方向は間違っていない』といった台詞は、なでしこくらいのファイトと結果を

        残して初めて意味をもつと思う、青芝辰巳と、

    瑞葉:ロンドン五輪も楽しみになってきました、大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回〜♪





  2008年 8月16日 覆された99パーセント〜進路は東京湾岸〜

    ☆なでしこ★

      秋の七草のひとつで別名ダイアンサス。花の色はピンク・赤・白。

      春から秋にかけて花を咲かせる一年草。

      花言葉は純愛・才能・野心など。



    天瑞:えっと、私にとっての五輪はまだまだ終わってませんでした!なでしこに乾杯中!

        中国戦はベストバウトでした、天瑞です。

    瑞葉:さ、サッカーの応援って、つらいことだけじゃなかったんですね!

    青芝:瑞葉、それは言いすぎ…しかし女子代表はすごかったな。グループリーグ2戦終えた時点では

        もうダメかと思ったが…

    天瑞:これで世界のベスト4だよ!?もうメダルとかはどうでもいいんです!

        自分たちの誇りとするサッカーを、フルに表現しきってください!!

    瑞葉:なでしこGO!ゲットゴール♪

    天瑞:安藤梢ゴ〜ル、ゴ〜ル、ゴ〜ル、安藤梢ゴ〜ル!ラララーラーララーラー♪

    青芝:先週、男子の敗退でふてくされてたのがウソみてえな盛り上がりだな…

    天瑞:それに、なでしこが勝ち抜いてくれてるおかげで、他の競技もけっこう見ちゃうんだよねえ。

        身体のポーズとか、見ててけっこう参考になるし。

    瑞葉:ビックリマンにプロ野球シールがあるんだから、『なでしこジャパンシール』とか出ないかなあ…

    天瑞:そんなのがでたら箱買いして全部揃えます!

    青芝:…お前さんの場合、例のカードみてえに作った方が早いじゃないのか?

    天瑞:そうかも…

    瑞葉:暑い中ですが、いつも通りゆるりとお楽しみくださいねっ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:ええっと、東京ビッグサイトへの道順は、と…

    青芝:?お前さん、何調べてんだ??

    天瑞:いやその、1パーセントの奇跡が起こっちゃったから、千里の道も一歩からということで、

        とりあえず道順を…

    瑞葉:あ…ビッグサイト…と、いうことは…その、いわゆる、マーケットに…

    天瑞:まあ、顔出し程度だけどねっ!

    青芝:・・・・・・・・・・・

    天瑞:あ、あおちゃん、何難しいカオしてるのさあ!?

    青芝:お前さん…99%欠場するとか、言ってなかったか??

    天瑞:当初はわたしもそのつもりだったんだよー!

        でも、1冊の本が…たった1冊の本が!わたしの!行動を!変えてしまったんだあああああ!

    青芝:あー、つまり先週言ってたみづかさんの本のことだな。わかったわかった。

    天瑞:で、冷静に考えてみたら自分はコミケ初参戦だったから、とりあえず道順から調べなきゃいけなくて…

        えっと…現実的なのは2つのルートか…


        りんかい線ルート:(京浜東北線乗り換え)大井町→国際展示場

        ゆりかもめルート:(山手線乗り換え)新橋→国際展示場正門


    瑞葉:意外とシンプルそうですね。

    天瑞:どっちから行こうかな、うーん…

    青芝:…もしベテランの人が聞いたら、吹きながら聞いてんだろうなあ、多分…

    天瑞:仕方ないじゃん!基本は大事!

        だいたいわたしなんて今でこそ埼スタに行き慣れてるけど、最初なんてスタジアムから浦和美園駅の

        道のりで迷子になったんだぞ!!


    青芝:・・・・・・・・・・・・・・・(←つっこみたくてもつっこめない)

    瑞葉:やっぱり朝早くから行くんですか?

    天瑞:逆。午後からの出撃になる。それも終わり間際。

        開催が10時から16時だから…15時くらいに到着できればいいかな。

    青芝:やっぱりその…1冊だけなんだな?売り切れてたらどうするんだ…

    天瑞:A.Iの本は本当にA.Iを愛している人しか買わない。もし売り切れるようなことがあれば、それは

        それでうれしいこと…なのかなあ…うーん…

    瑞葉:な、なんかちょっとズレた方向で悩み始めましたよ、てんずいさん…

    青芝:まあいい…それにしてもみづかさん以外でA.Iの本描いてる人はいねえのかな?

        見落としてる可能性もありそうなんだが…

    天瑞:多分いない。わたしの勘は当てになるよ。A.Iに関しては。

    瑞葉:えっと、うまく会場に着いたとして、中で迷っちゃいそうですね。

        あと今回は荷物検査もあるとか…

    天瑞:荷物検査?くくくくく、ふふふふふ…ははははは!はーーっはっはっは!!!

        バカにしちゃいけない。この天瑞こそ、この数年間、週に一回荷物検査をしっかり受けている、

        いわば荷物検査のプロなのだよ!?

    青芝:なんだかなあ…

    天瑞:まず!!ゲートをくぐる前に荷物の口はしっかり開ける!それも全開モードだ!

        そして自分から進んで係員の人に『どうぞ!』と言わんばかりに荷物を差し出す!

        荷物の口に手をつっこまれても全然気にしない!

        これだけで5秒も経たずして終了だ!

    青芝:あああ、なんで埼スタの荷物検査の経過をこんなとこで詳細に説明せにゃならんのだ。

    天瑞:あ、ところでペットボトルって大丈夫だよね??

    青芝:大丈夫に決まってるだろうが!ン万人が来る即売会で全員が紙コップ持ってたら

        絶対トラブル起こるぞ!?

    瑞葉:最後に、みづかさんのスペースチェック!
東ア−17ですね。

    天瑞:ええと、ひがしあのじゅうなな、ひがしあのじゅうなな…

    青芝:…素直に配置図見ような…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:コミケのことをいろいろチェックしてみました、今回の狂想曲。みなさん、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:コミケって3日間なんですよね。今は2日目の最中で…

    青芝:そんでお前さんは3日目の終わり間際にしか行かねえってんだから、省エネもいいとこだな…

    天瑞:省エネはいいことだ♪

    瑞葉:来る人って、たいてい万単位のお金を使って行くみたいですけど、てんずいさんは…

    天瑞:交通費の方がずっとかかってるだろうね。

        正直みづかさんの本を手に入れたらタッチ&ゴーでトンボ帰りしてもいいくらいだし。

    青芝:とにかく、周りの人に迷惑かけんようにな…

    天瑞:大丈夫。初参戦は初参戦らしく、すみっこでちいーさくなってるから!

    青芝:そこまで卑屈になれとは言ってないんだが…

    天瑞:ともあれ、もともと欠場濃厚だった今回のコミケなので、身の程をわきまえながら楽しんで

        参りたいと思います。レポートは来週にでも。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:コミケは評論系もあると聞いて、サッカー系がないかちょっと気になった、青芝辰巳と

    瑞葉:なでしこのみんなには、最高のサッカーを魅せてほしい、大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回っ!





  2008年 8月10日 わずかに光差す?コミケの扉

    天瑞:みんなー、ちゃんと投票したー?僻地からお送りする週一の狂想曲、今週も参りますよー。

    瑞葉:投票って、A.Iの投票のことですよね?

    天瑞:そうそう。冷静に考えたら今度の月末の発売で(たぶん)第2期最後の選択になっちゃうんだよね…

    瑞葉:長いようで短かったですね…

    天瑞:ああ、この先どんな展開になるんだろうなあ…そして自分はどんな展開を望んでいるのか、

        わからない、自分がわからないよ!

    青芝:わからなくて別に構わないんだが…それより今、五輪ナイジェリア戦がリアルタイムで…

    天瑞:サッカーの話題禁止!

    青芝:おい!諦め早えな!

    瑞葉:ムリもないですよ〜。初戦落として、気分直そうとしたJの戦いでロスタイムゴールで勝ったと

        思ったら引き分け…

    天瑞:…レッズの方はまだ幾分かいいんだよね。ひところに比べればずっといい戦いしてるし。

    青芝:そうしてるうちにナイジェリア戦は前半0−0で終了か…

    天瑞:前半0−0だからといって後半もそうなるとは限らないのがサッカーのコワいところで…

    青芝:そこはかとなくネガティブになってんな…

    瑞葉:あ、えーと…いつも通り、いきますよ!たぶん…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    瑞葉:ところでてんずいさん、コミケには行かないんですよね…?

    天瑞:行かない!奇跡が起こらない限り!

    青芝:なんだ、奇跡って?

    天瑞:誰かがA.Iの本を出してくれること!それが奇跡。それもちゃーんと愛のあるヤツじゃなきゃ、や!

    青芝:んなこと言ったってなあ…出しそうな人ことごとくコミケ欠場するんじゃねえのか?

    瑞葉:あおしばさん、そうでもないみたいですよ!

        みづかさんのページ、見てください!

    青芝:ええと、確かみづかさんはベビプリで出るんだったよな…んんん?

    天瑞:!……これは……!むむ…よめる、読めるぞおおお!

        見覚えのある、聞き覚えのあるキーワードの数々が…!

    瑞葉:というわけで、今度のコミケでみづかさんがA.Iの本を出すかもしれない!?という、

        とーっても貴重な情報でしたあ!

    青芝:あまりプレッシャー与えんようにな…で、もし出たとしたら、お前さんはどうすんだ??

    天瑞:正直なんとかしてそれだけ手に入れられればいいんだけどなあ…

    青芝:お前さん…ホント、A.I以外は眼中にないのな…

    天瑞:眼中にないってワケじゃないんだよー。ただ単に自分のアタマの容量の問題。

        たとえば自分の容量を10として、A.Iを楽しむのに9〜10ポイント使っちゃうから、

        他まで手がまわらないってのが実際のところ。

    瑞葉:A.Iだけでおなかいっぱいになっちゃうってことですか?

    天瑞:そんな感じかなあ…だからいろんなジャンルとか作品に手を出せる人って、ホント尊敬しちゃうよ。

    青芝:お前さんに他のジャンルをやらせたければ、お前さん自身のクローンかコピーでも用意するしか

        ねえってことか?

    天瑞:そのとーーーり!

        あ、でもそうしたら多分その天瑞クローンも『自分はA.Iがやりたいんじゃあああああ!』って

        わめくこと必至だと思う。

    青芝:もう、好きにしてくれ…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:そんなこんなであっというまの90分(?)、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:えっと、速報でーす!ナイジェリア戦の結果が入ってきましたあ!


      北京五輪グループリーグ

        日本 1−2 ナイジェリア@天瑞じゃなくて天津

        ※日本は2連敗でグループリーグ敗退が決定



    天瑞:・・・・・・・・・・・

    瑞葉:・・・・・・・・・・・

    青芝:…おーい。

    天瑞:ふうう〜五輪もこれで終わりかあ。ちょっと前に開会式があったと思ったけど、早かったねえ。

    瑞葉:はい、とっても早かったですね!でもなんだか名残惜しくないですね♪

    青芝:おい!気持ちはわかるが精神的に時間テレポートすな!

    天瑞:いやわたし、オーバーエージは0か3だなんて思ってたけど、この現実を突きつけられると…

    青芝:ああ、もう日本にとっては「3」しか正解がなかったってことだろうな。

        ナイジェリアみてえなアスレチック集団、へたしたらオーバーエージ使っても間にあわねえ…

        1戦目は勝てる試合を落としたって感じだが、2戦目は力負け。酷なようだが、これが現実だった。

    瑞葉:次回はカズさんとかゴンさんとか岡野さんとかどうですか?

    天瑞:さ、さすがにそれはちょっと…

    青芝:…あながち的外れでもねえんだよな…

        今大会の収穫をムリヤリ探し出すとすれば「にぎやかしでもいいからオーバーエージは絶対使え」

        ってことになるだろうし。

    瑞葉:なんか、アテネの時と似たようなこと、繰り返しちゃいましたね…もう、どうすればいいのかなあ…

    天瑞:ヘタに出場権得ちゃうからまずいんじゃないかな?いっそ一度どこかで出場途切れたほうが…

    青芝:おい!だんだん話が変な方向に行ってるぞ!?

        とにかく、今は2人ともモノがまともに考えられそうな状態ではなさそうだから、ここらで終了といくか。

    瑞葉:さんせ〜い…

    天瑞:はいでは。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:協会には…今大会の敗因(チームの面・サポートの面、両方で!)を、骨をむしるが如くに厳格に

       
検証してもらいたい、青芝辰巳と!

    瑞葉:えっと、個人的に細貝選手と谷口選手、内田選手は頑張ってくれてたと思う、大城戸瑞葉でした!

        傷をいたわりつつ、また来週〜♪♪

    天瑞:あおちゃん、セリフの言い回しがいつになくコワいよ?

    青芝:俺だってショックを受けてねえわけじゃねえんだよ…





  2008年 8月3日 育成分岐!みんなのレベルをどうしよう?

    天瑞:なんだかんだで8月になっちゃいました。もうすぐ北京五輪、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

        ちょっと夏風邪気味、天瑞烈Zです。

    青芝:北京五輪つったって、お前さんはサッカー競技しか見ねえだろ。

    天瑞:いやー、それはたしかにハズレでもないかなー。

        (アテネの時はサッカーがグループリーグで敗退した後の記憶がまったくない)

    瑞葉:それは、ちょっともったいないですよ〜

    天瑞:仕方ないさあー。人には思いいれの濃淡というものがある!

        それに前回は他競技でメダルラッシュだったらしい(あやふや)から余計にくやしくて…

        まるで『サッカー競技をいけにえに、他競技のメダルを召喚!』みたいな感じだったもん!

    青芝:…ネタを使い慣れてない感が漂ってるぞ。ムリすんな。

    瑞葉:あおしばさんは北京に出かけないんですか?

    青芝:五輪中もJが中断しねえからな。

        この辺がなんとかなってればOAもあそこまではこじれなかったかもな…

    天瑞:ま、わたしも五輪とJ、両方ともしっかり追っていくつもりだよん。

        あー、ちゃんとキックオフ時から見られるかなあ、五輪の方。(時差がほとんどないのが逆に厄介)

    瑞葉:今週もゆるりとお付き合いくださいませ♪

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    選択回数はあと3回。

    この子たちのレベルはどうなるのか?

    そして第2期以降の行方は…?

    白黒世界に咲く流麗なる花、『A.I. Love You!』

    そこに描かれる物語、今月もお付き合いのほどを。




    天瑞:そんなわけでやって参りました、G’s9月号。さくらとのお祭り屋台ですよ!

    瑞葉:あ…第1期のみんな…いないですね…

    青芝:まあ第1期の温泉とか月見とかも似たような感じだったしな。エピソード的には濃くなって

        いいんじゃねえか?

    瑞葉:それはそうなんですけど、やっぱり人数が増えたのにページが増えないのって、やっぱり

        苦しいんですね。

    青芝:まあ、本に関わる身としてページのやりくりの苦労は身にしみてわかってるから…

    天瑞:んー、まあいいエピソードだったし、予想通りといえば予想通りだったんだけど…

    青芝:?なんだお前さん?妙に魚の骨が引っ掛かったような物言いして。

    天瑞:個人的にこれまで第2期を見てて、第1期に比べて「足りないなあ」って感じるモノが

        いくつかあったから、ちょっとまとめてみるねー。


         1.説明会エピソードでの『やっぱり愛だろ』

         2.どさくさまぎれに登場するたるぼとか珠音とか

         3.その他諸々のフォーマットの違い(イラストの掲載方法とか)



    青芝:これだけではイマイチ分かりづらいんだが…

    天瑞:じゃあまず1から。アイリスとの説明会エピソードなんだけど…

    瑞葉:覚えてますよー、「愛」のディスクを受け取って、アイリスがちょっとだけ笑うって話ですね。

    天瑞:例えばこのエピソードだと『主人公の意思』が、すごく強調されてると思うんだ。

        つまりエピソード中で主人公が物語に主体的に関わってる感じがする。

    青芝:何が言いたい?

    天瑞:つまりね、第2期だと『主人公は単にメンバーの行動を眺めてる』的な行動が多い印象だなってこと。

    青芝:そりゃ借金背負ってんだから仕方ねえ部分はあるだろう。

    瑞葉:みんなのスーパーパワーを使わないとどうしようもない部分はありますよー。

    天瑞:やっぱりそれなんだよねえ。借金背負ってるって状態だから、どうしても肩身狭い展開になっちゃう。

        でもせめてシスプリリピュアの兄のようなスーパーマンでなくてもいいから、自分がロボット達と

        互いに助け合って、がんばってる的な「色」が欲しい。

        あんまり役にも立てず、ただ単に見てるだけ、なんてそれじゃ8人に対して申し訳ないよ。

    青芝:俺、今思ったんだが…初めてA.Iのページ見た人が『美少女ロボットと一緒に借金を返す話!』

        なんて聞いてグッとくるもんなのか?第1期から継続して話を把握してる人はともかくとしてだな…

    瑞葉:ちょっと、「?」と思うかもしれませんね…

    天瑞:やっぱりA.I.の世界に『借金』なんてワードはどぎつすぎるよね。

        これで精神的にも、選択肢的にも制約が出てしまった。

    青芝:そういやお前さん、序盤は何度か『該当なし』を使ったっけな。





    天瑞:次は2なんだけど…

    青芝:これは想像つくぜ。要はレギュラーになれなかったキャラをチョイ役で使うような遊び心が足りねえって

        ことだろ?

    天瑞:そう!

    瑞葉:当時のひとことコーナーにもありましたよね。「この企画の懐の深さ」を感じたって、たしかそんな

        ニュアンスの。

    青芝:まあお前さんは3体応募して全滅したからあまり関係ないんだがな。

    天瑞:それとこれとは別の話!

    青芝:ま、結局はページ数の都合だろうな。8人に増えて、そこまで手を伸ばせないだろう。

    天瑞:そして3は…

    青芝:それはもういいだろ。今までに何度も触れてきたことなんだから。

    天瑞:うにゃーーーー!!!





    天瑞:…とまあ、こんな感じで思い入れが強くなりすぎると、いろいろと求めたいモノも増えてきてしまう

        ものなのです。

    青芝:いつになく脈絡のないことを言い散らかしてきた感があるんだが…

    瑞葉:大丈夫ですよお。サポーターって、チームにしてほしいとこがあったらちゃんと主張できるものですよね!

    天瑞:をを、瑞葉、いいこと言ってくれる!

        まあ今回連ねて言ってみたことは、決してA.Iのよさが致命的に損なわれるレベルのものじゃない(はず)

        ので。

    瑞葉:では、続いて投票内容のチェックにいきますよー!


     Choice1.育成ロボット選択

       内容は…A.家庭教師   B.パフォーマー   C.ホームヘルパー


     Choice2.機能・アイテム選択

       1.エコ機能(3万円)

       2.スポーツ機能(5万円)

       3.園児服(5000円)

       4.先生機能(3万円)

       5.萌須田社制服(1万円)

       6.天体望遠鏡(5万円)



    青芝:今回は家庭教師と先生機能をリンクさせることが出来そうだが…

    瑞葉:思ったんですけど、今の時点でさくらちゃんがレベル4で他3人がレベル3。

        このあたりからレベルにズレが出始めてもおかしくないですよね?

    天瑞:確かに…個人的にはみんなを一律に育てたいところだけど、投票結果によっては

        さくらのレベルが最大7まで上がるわけだから

    青芝:レベルもみどころのひとつになってきたな…で、お前さんはどうするよ?

    天瑞:「楽器オールラウンダー」を守璃に使ってほしいんだよね、そろそろ。というわけで…


      Choice1.守璃のB(パフォーマー。音楽系希望!)

      Choice2.守璃:5 萌須田社制服(軍服以外の衣装がもうちょっとほしい)

             音夢:6 天体望遠鏡(天文・星の巡り)

             さくら:4 先生機能(あまりにはまりすぎ)

             ユズ:2 スポーツ機能(クール&アクティブのエッセンス)



    天瑞:こんなところかなあ。もうちょっと変えるかもだけど、今のところはこんな感じ。

    青芝:…ユズにパフォーマーをやってもらってもよさそうだな。

    瑞葉:巨大魚とか釣っちゃうかもしれませんね…

    天瑞:ていうか自分は守璃を選んだけど、なんだかさくらが家庭教師で連投するような気がしてきた。

        考えれば考えるほど…

    瑞葉:残り3回は…レベルの振り分けをどうするかって考え方も必要かもしれませんね。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:メッセージのご紹介ー!


     from 樹あずみさん

      ごきげんよう、樹あずみです。

      ついに、「杜の奇跡13」への参加を申し込まれたのですね。当選される事をお祈り申し上げます。

     私としても、「萩の月を大量に差し入れる(?)」という、約束を果たすチャンス(笑)を楽しみにしております。

      さて、今日(7月27日)、宮城県内最大のイベント「仙台コミケ」に行ってきたのですが、なんとそこでG’s

     投稿者のにきさんとお会いしました。

      「東方」シリーズや「初音ミク」などのイラストを描かれている方です。ちなみに、みくるちゃんのコスプレを

     されていました(萌)。

      けっこう、東北のイベントは積極的に参加されているらしく、「杜12」にもお名前がありました。

      まあ、人様のスケジュールを勝手に決めるワケにもいきませんが、「杜13」でお会いできる可能性はかなり

     高いと思われます。何にせよ、普段誌面でしか知らない方々と出会えるのはうれしいものですね。

      それでは、仙台で……。




    天瑞:いえす、あずみすっ!

    青芝:みづかさんのマネすんな!いやはや、本当申し訳ない…

    瑞葉:それはそうと、仙台コミケなんてあったんですね〜

    青芝:地方も含めればイベントはいっぱいあるもんだろう。

    瑞葉:てんずいさんは、地元のイベントとかに出ないんですか??

    天瑞:じじじじじじじじじじじじじじ、地元だってええええええええ!!!????

        そんなこと、したら、天瑞的な世界は崩壊しちゃうよ!!!

    瑞葉:そ、そこまで拒絶しなくても…

    青芝:あるんだよ、いろいろ…

    天瑞:ともあれ樹あずみさん、新刊はちょっとわからないかもですが、何事もなければ確実に仙台に

        いけると思いますので、ぜひぜひ待っててくださいね!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:8月最初の更新、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:8月といえばコミケ!ですけど…

    青芝:お前さんは欠場なんだろ?

    天瑞:まあね。人ごみって苦手なんだよねえ。

    青芝:(スタジアムで人並みに揉まれてるのとは別物なんだな…)

    天瑞:A.I.関係の本を出してる人がいれば話は別なんだけど、G’s関係の島はベビプリが中心に

        なってるみたいだし。

    瑞葉:東方シリーズの新しい作品(地霊殿)はどうするんですか?

    天瑞:通販が始まってからでいいかな。それくらいは待てるから。

        とにかく杜参加の準備も整えたわけだし、しばらくは自分のことを何とかしたいかな。

        そろそろ投稿で全没するのも飽きてきたことだし。

    青芝:日本語は正しく使えよな…「全没に飽きる」って…

    瑞葉:A.I.第2期も残り少なくなってきたし、そろそろまとめも作りたいところですね。

    天瑞:マリエスターユナイテッドは、A.I.の知りたいすべてがわかるサイトを目指してます♪

        では、今日はここまで!お相手は天瑞烈Zと、

    青芝:アメリカ戦。とにかく五輪は初戦だ。勝て、勝て、勝て、勝て!青芝辰巳と、

    瑞葉:なでしこもいっしょにアメリカに勝っちゃえー!大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回〜!





【戻りますよ〜】




    

inserted by FC2 system