2008年 11月29日 集えエピソード〜クロスロードA.I.〜

    明日という日のこの時間、

    自分は笑っていられるだろうか?

    それとも全てを失って呆然としているのだろうか…??

    明日が来るのが1秒でも遅くなればいい。すべての時計の針の刻みが錆付いてしまえばいい。

    この先に待っている姿に、一抹の光明も見出せないのならば…





    天瑞:11月もあとわずか。2008年度浦和レッズ、『終戦日』です。いかがお過ごしでしょうか皆様?

    瑞葉:結局今年はガンバに1回も勝てませんでしたね…

    青芝:ここ数試合はチーム作りの差が完璧に出まくってる。Jはもう『能力あるプレイヤーを集めれば

        勝てるリーグ』じゃない。ここんとこ肝に銘じねえと。

    天瑞:そして岡野と内舘に戦力外通告………………くすん…………

        最終節は2人をベンチ入りさせてくれーーー!100歩譲ってスタメンじゃなくてもいいから!

    瑞葉:世代交代…ですよね?

    天瑞:アア、わたしも決して若くないからねえ…

    青芝:お前さんのことじゃねえよ…

    天瑞:……………

        いいや!もう今年は優勝争いは最初からしてなかったって考えようっと♪

        さあ、個人的に落ちてほしくない千葉の残留争いはどうなってるかな?

    瑞葉:東京V、磐田、千葉、すべて負けてます!

    青芝:千葉の運は尽きてないが、だいぶきつくなったな。最終節に勝てば入れ替え戦にはいけるかも

        しれないが、相手はFC東京だ。

    天瑞:うぶ、なんでこんなときに…

        ああもう!第一希望も第二希望もなんでこんな苦しんでるんだ!!

    青芝:千葉って第2希望だったんかい。

    瑞葉:じゃじゃじゃあ、第3希望、聞いてもいいですか??

    天瑞:第3希望?んー、そうだねえ…じゃ、広島にしとくよ。西が丘で見て気に入っちゃった!

    青芝:なんだかなあ。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    青芝:ところで冒頭のモノローグなんだが…コレはサッカーの方じゃねえんだよな?

    天瑞:はい。わが心のアルカディシア、A.I.Love You!のことです!

    青芝:…『アルカディア』な。アルカディシアだとクウェートのサッカーチームになるからな。

    天瑞:ああもう!これだけ発売日が怖い状況なんて初めて!実に心臓に悪い!

    瑞葉:第1期が終わりそうだった時って、どんな感じでしたっけ??

    天瑞:あの時はまだ続きそうな雰囲気があったからなあ…

        今参加してない人も参加してたりしたし。状況は違うね。

    青芝:ま、発売日が明日だから、もうどうしようもないわけなんだが…

    天瑞:なんとかならんのかあおちゃん!知り合いのエージェントと連絡をとって、流通経路を押さえろー!!

    青芝:俺にそんな知り合いのエージェントなんぞおらん!

        てかなんだ、G’sを発売させねえつもりかい!

    瑞葉:ほら、てんずいさん、落ち着いて、落ち着いて!みなさんからSSが来てますから!!

    天瑞:はっ、そうだ、SS…

        えとですね、早くも先週の例の通販によるSSが、お二方から届きました〜!!

    青芝:なぬ!もう来たんかい!?

    瑞葉:はい、来ました!えとですね、掲示板でもおなじみのミーム@さん、そして本家A.I.コーナーにも

        数多く投稿してくださっているAikoさんのお2人です!

    天瑞:ああ、わたしと隊長どの以外の人が物語を…

        ウレシウレシ、ウレシウレシ、ウレシウレシ♪

    青芝:あのな、どこぞの声優さんのマネを…

    天瑞:では、気分がよくなってきたところでお2人のSSをカンタンに紹介しちゃいますよ〜!!


       「夜の蝶」/Presented by ミーム@さん

       「さくらいろ」/Presented by Aikoさん

       「とある朝の風景〜新たな序章」/Presented by Aikoさん


    天瑞:3つも、3つも、3つもーーー!!!ぐはあ、オラ、こんな幸せな時間はじめてだ…

    瑞葉:たいへんです!てんずいさんがショックのあまり泡を吹いてます!

    青芝:ツバつけときゃ直るさ…

    天瑞:…と、倒れているわけにもいかないので簡単に紹介。

        「夜の蝶」!RUNAらしい思いやりから紡がれる物語です。長さも本家月イチの話と同じくらいで、

        ノリも遜色ない感じ!

    青芝:全部ちゃんとした蝶になってれば…

    天瑞:いやいや、あの後羽化した蛾たちはその後、家に入ってきた泥棒に鱗粉を撒き散らしまくって

        恩返し
してくれるのです♪

    青芝:なんの恩返しだい、そりゃ…

    瑞葉:そういえばココちゃんとRUNAちゃんは『動物使い機能』持ってましたよね。虫はどうなのかな?

    天瑞:虫まで操れたら最強でしょ〜

    青芝:…次いくぞ次…Aikoさんの「さくらいろ。」はさくら視点の話だな。

    天瑞:もう、こういう日常のひとコマ、こういうのを待ってました!

        タイムセールで食材買おうとしているところなんて、生活感出てて素敵です。

    瑞葉:「やりくり上手機能」大活躍ですね!

        こうやって表に出てなかった昨日がしっかり使われてるの、うれしいなあ。

    青芝:いや、レギュラーのストーリーでもしっかり計算上使われてたんだが…

    天瑞:そしてわたくしお待ちかね「とある朝の風景〜新たな序章」!

        もう、この話のハイライトといえばっ!!!!!

    瑞葉:「あぁ、もう、ネクタイ曲がってます!マスター!」ですね!

    天瑞:この「あぁ」がいい、実にいい!保存状態が実にいい!このふたつめの「ぁ」が小文字なんですよ。

        アイリスが心に感じてるもどかしさが実に出ています。本当、大切にしたいですね!

    青芝:…なんでどこぞの鑑定団的セリフ!?

    天瑞:いやーこれだけステキな話がもらえるんなら、もっと早く通販始めてるんだったよ♪

    青芝:まあ、うまくいったんなら・・・・・・よかったんじゃねえか?

    天瑞:?なにあおちゃん、その、魚の骨がノドにつまったような言い方は?

    瑞葉:あおしばさんはきっと、愛羅さんの話を期待してたんですよ!

    天瑞:あ、そうだったのかーー!そうならそうと言ってくれればよかったのにい。このツンデレライター!

    青芝:ええい、久々の茶化しパターンが来たな、そ、そんなんじゃねえ!

        てかツンデレライターとか言うな!

    天瑞:通販はまだまだ続きます。興味ある方、ぜひともSSにチャレンジしてみてくださいね!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:ふうー、SS話、気持ちよかった〜。みなさんはいかがでしたでしょうか?

        やっぱりこういう楽しい更新ができるのが健全な姿だよねっ♪

    青芝:それじゃあ、今までの更新が楽しくなかったような言い方じゃねえか。

    天瑞:だってさー、レッズは勝てないわ掲載率は低くなってるわA.I.は終わりそうだわで、

        ポジティブな話を見つけ出すの、簡単じゃなかったもん!

    瑞葉:で…明日はG’sの発売日ですけど…

    青芝:心の準備はできたか?

    天瑞:できてない。けど買います!わたしが心と魂を込めて愛した物語、その姿を見届ける義務がある!

    青芝:ん、よく言った。

    天瑞:よく言えた、打ち合わせ通り♪

    青芝:打ち合わせとか別にしてねえだろうが。

    天瑞:さて、次回の更新は12月。最終節くらいはレッズも勝てるかな?期待を胸に、今日はここまで!

        お相手は天瑞烈Zと、

    青芝:戦力外の話が出始めて、我がことにあらずとも胃が痛い、青芝辰巳と、

    瑞葉:岡野選手と内舘選手にしっかりした花道を、大城戸瑞葉でした!ではまた次回〜





  2008年 11月23日 『らしくない通販』開始!?A.I.話募集中!

    天瑞:ついにコタツを出しました。寒い中みなさまいかがお過ごしでしょうか??

        傷心のさいたま帰り、天瑞烈Zです。

    瑞葉:しょ、傷心、ですか…

    天瑞:うん!あるいは「やさぐれ」!さわやかだったのは天気くらいのものだったね。


      
             (ここまで雲ひとつないのも珍しい…)


    天瑞:ね!

    瑞葉:本当ですね〜

    青芝:改めて結果をチェックしておくと…


       J1第32節@埼玉スタジアム

            浦和1−2清水

            得点者:21分 枝村(清水)   67分 闘莉王(浦和)   82分 矢島(清水)


    青芝:点差は一点差だが…

    天瑞:闘莉王がボランチで細貝右サイドバックって今の状態じゃありえないから!

        これじゃユズ以外のメンバーに鉱山に行かせるようなもんだって!!

    青芝:うわー、わかりやすすぎる例えだな。一部の人達に対してのみだが。

    瑞葉:鹿島が今日勝っちゃったから、えっと、これで鹿島の勝ち点が57、浦和が53、残り2試合だから…

    青芝:鹿島が1回でも勝ったら完全にアウトだ。

        俺から見りゃよくここまで持ちこたえたもんだとも思うけどな。

    天瑞:さっきね、レッズナビ(テレ玉で不定期に放送される浦和レッズ検証番組)でね

        『僅差の勝ち点にひしめく混戦だったけど、レッズはその僅差を埋められなかった』なんて台詞があってね、

        もう同感って感じでした。

    瑞葉:で、でも優勝の可能性は残ってるんですよね?一応…

    青芝:限りなく終戦に近い『一応』だがな…

    天瑞:こうなったら地霊殿仕込みの「恨符:丑の刻参り」にちなんで…

    青芝:イメージ悪くするから、や・め・ろ!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     《真夜中の通販番組のノリで》

    天瑞:ハーイ、セティ。調子はどうだい?

    瑞葉:うーん、イマイチってとこね、ジェームズ。最近どうもA.I.分が足りなくって。

    天瑞:そんなキミにぜひとも紹介したいモノがあるんだ!

    瑞葉:あら、これって…

    天瑞:そう!A.I.を扱う数少ないサークル、マリエスターユナイテッドのA.I.本の2冊セットだ!

        コレをキュートなセティに、フォーユー♪

    瑞葉:まあステキ♪でも、知り合いにもいるのよねえ。A.I.に興味がある人。

    天瑞:ふふふ、マリエスターユナイテッドはそんな気まぐれなお願いも叶えちゃうのさ!

        ほら!なんと2冊セットで通販開始なんだ!

    瑞葉:ええ!?そうなの!!?でも通販って手数料とかかかるし、イベントで買うよりも割り高になったり

        するのよねえ。

    天瑞:チッチッチ。セティ、焦っちゃダメだ。マリエスターユナイテッドの通販は送料も手数料もすべて

        作り手が負担してくれるんだ。

    瑞葉:ジェームズ!それって、タダってことじゃあないの!?

    天瑞:察しがいいじゃないか。確かに金銭は必要じゃない。

        必要なのは、A.I.に対する思い入れ溢れるショート・ストーリーさ。みんなの紡ぎ出す文が

        お代の代わりってことさ。

    瑞葉:じゃ、じゃあわたしたちがA.I.のお話を考えて、マリエスター・ユナイテッド宛てに送るだけで…

    天瑞:そう!この2冊は希望するキミのフレンズの手の中さあ!

    瑞葉:ステキよジェームズ!さっそくナンシーとブランドンにも教えてあげなくっちゃ♪





    青芝:あのな、このやり方は通販とは言わん!!あと怪しげな外人に扮するのはやめれ!!

    天瑞:いや、瑞葉のノリがいいからつい…

    瑞葉:うふふ、癖になっちゃいそうです♪

    天瑞:……というわけで、A.I.本の通販、かなり変則的な形ですがスタートいたします!

        詳しくはコチラで!

    青芝:しかし、SSと引き換えにA.I.本を送りつけるってか…

        よく考えたといおうか、何と言えばいいのか…

    天瑞:だってさ、A.I.の話ってG’s誌上のを除けば、文章で形にしてるのってワタシとユノムール隊長どの

        くらいしかいないんだよ?それじゃあちょっとさみしいってことで、A.I.好きの方々の創作能力を

        発揮してもらいたいなあ…って思って。

    瑞葉:イラストとかにはしないんですか??

    天瑞:イラストは今現在ならG’s誌上でなんとか見られるし。それに敷居を高くしちゃうおそれがある。

        欲しいのはあくまで『話』だからね。A.I.本が欲しい人ってのは限られてくるし、そういう人たちなら

        キャラも把握できているはずだから、コツがつかめれば話はカンタンに作れると思うんだ。

    青芝:まあ、お前さんでもできるくらいだからな。

    天瑞:ちなみにA.I.掲示板上でミーム@さん、異邦人さんが手を挙げてくださってますが、

        某所にてこのアイデアを披露したところ、あと何人かの方々がこの話に乗ってくれそうです!

    瑞葉:え!?だだだだ誰なんですか!!?

    天瑞:それは…今後のお楽しみ!SSはHPにUPする予定だから、時が来ればわかりますっ!

        とにかくもともとA.I.が『読者が作る』ってコンセプトなんだから、どんどんSSも増やしちゃいましょう!

    青芝:この思いつきに乗っかってくれた方々…いや、本当に感謝します。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:通販の紹介に費やしてみました今回の狂想曲、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:クールな情報ありがとねッ、ジェームズ!

    天瑞:いいってことよセティ!

    青芝:そのキャラいいかげんやめとけ…

        てか急ピッチで通販の試みを始めてみたはいいが、こまかいとこ考えなきゃいけねえ部分も

        出てきてるんじゃねえか?

    天瑞:そうなんだよねー。何か疑問があったら、メッセージなり掲示板なり、どしどしお問い合わせくださいませ!

    瑞葉:どんなこまかいことでも、待ってます♪

    青芝:他の人たちのSSがレベル高くて、乗っ取られたりしてな。

    天瑞:そ、そんなこと………あるかも(汗)

    瑞葉:そのうち『SS選手権リーグ』なんてどうですか??

    天瑞:面白そうだけど…それをやったらワタシはJ2になっちゃいそう。

    青芝:ま、お前さんも手を抜かねえでがんばれってこった。

    天瑞:そうだねえ…冬コミ出ないけど、3冊目の構想でも練っておこうかなあ。

        では、今回はこんなところで。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:闘莉王はやっぱり最終ラインでこそ輝くと思う、青芝辰巳と、

    瑞葉:細貝選手は中盤の底がいちばんキラキラできると思う、大城戸瑞葉でしたっ!ではまた次回〜

    青芝:…気が合うな…

    瑞葉:えへ♪

    天瑞:てか今回の試合なら、誰もが同じこと考えたと思う…





  2008年 11月16日 肖像、それは存在を証明する希望の光

    天瑞:まいどどーも、冬コミは受かっても落ちてもいない、天瑞です。

    青芝:まあお前さん、申し込みもしてねえからな…

    天瑞:あと杜でもらった『たこ焼き風ラムネ』、まだ飲んでません!

    青芝:いい加減飲めよ…

    天瑞:いや、2週間ほどその存在をすっかりわすれてて…

    瑞葉:消費期限、過ぎてるんじゃないですか??

    天瑞:そのへんはチェックしてないや。あおちゃんいらない?

    青芝:俺?いや俺はいい…たこ焼きはたこ焼きのままで食べたい性格なんでな。

        (つうか、ラムネにするならもっとフルーティな素材にしてくれ!)

    天瑞:しかしまあなんですよ。もう11月も半ば。ナビスコの覇者が決まったと思ったら、今度は

        ガンバがアジア王者になっちゃいましたよ!

    瑞葉:タイトルホルダーが次々と決まっていく時期ですね。でもアデレードに完勝の形で2連勝って…

    天瑞:アデレードってそんな歯ごたえなかったっけ?鹿島を封じてたし、リバウドのいるクルブチを倒して

        上がってきたはずだよね?

    青芝:単純にスタイル…というか相性の問題だろうな。

        アデレードは守備力の高さとロングボール・フィジカルが売りのチーム。失点が少ないから

        先行逃げ切り型だ。ある意味浦和に似ているかもしれん。

    瑞葉:で、ガンバは…

    青芝:『サッカーなんだからある程度の失点は想定内』って考え方でチームを作ってる。ポゼッションと攻撃に

        基盤を置いているわけだが、おそらくこのアデレードはこのタイプのチームに当たったのは初めて

        だったんじゃねえかな?

    天瑞:想像以上の攻撃力だったってことかあ。

    青芝:堅守を軸にしているチームは先制されると拠り所を失ってしまう危険が大きい。アデレードは悪い

        パターンにはまったといえるだろう。

    天瑞:あー、またアジアで戦いたくなってきたなあ。リーグ3位以内か天皇杯がとれればいいけど…

    瑞葉:あの〜浦和、昨日丸亀でマリノスにやられちゃいましたけど…

    天瑞:ぬ!?ぐぬぬぬぬ…目標修正!3位!!

    青芝:『優勝』って言わねえところがミソだな。

    瑞葉:今回ものんびり参りまーす。ちょこっと、お付き合いください!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:没になったっぽいので、こちらにUP。


    


    天瑞:ビックリマンのアローエンジェルです!

        以前十字架天使とクロスエンジェルが載ったから、3匹目のドジョウを狙ってみたのですが、

        失敗しちゃいました。

    青芝:もともと2頭身のキャラの身長を伸ばすと不自然だな…

    瑞葉:それにしても古いタイプのビックリマンって、G’sの中ではレアなんじゃないですか?

    天瑞:レアだね。男性キャラ枠があった頃はヘッドロココを見かけた覚えもあるけど…

        G’sのイラストコーナーは古い作品のイラストもけっこう拾ってくれるのがよいところ。

        昔のFFとかドラクエとか、『動物のお医者さん』の菱沼さんを見かけたこともあったよー。

    青芝:レアだな…

    天瑞:白状すると、以前パネポンのウィンディとか桃鉄の夜叉姫とか描いて没になりました。

    瑞葉:そういえばてんずいさん、A.I.関係以外ではビックリマンのキャラを描くことが多いですね。

    天瑞:多い、というかそうせざるをえなくなってるんだな…

        A.I.のモノクロイラストは基本的にA.I.コーナーに行っちゃうから。

        じゃあふつうのモノクロコーナーに何を描こうかって話になると、キャラが限られてくる。

    青芝:お前さんが以前モノクロ向けに描いてたものといえば、シスプリとかストパニ関係か…

    天瑞:その辺は今でもそこそこ描いてくれる人がいるから、自分が描いてもインパクト出せないなあって思って、

        だんだん描かなくなっちゃった。そこで思いついたのがビックリマンを含めた古めの作品シリーズ。

    青芝:まあ、意図とか狙いはわからんでもないな。

    天瑞:あと、そこそこの可能性があるのがオリジナル。オリジナルは過去に作ったキャラ数の分、アイデアに

        ストックがあるからね。今の感性でアレンジを加えるのも楽しいし。

    瑞葉:ストックって、どれくらいあるんですか?

    天瑞:チョイ役含めれば100キャラ以上いるんじゃないかな?でも今改めて見ると、外見がかぶってたり

        設定だけで描きこまれてなかったのもいるから、実質再生可能なのは3分の1以下。


    


     天瑞:この子は再生がうまく行った例。もともとは髪が片目を隠してたり、黒髪だったりとかなり印象が

         違うキャラだったんだよー。あと軽装鎧をつけてたり。

     青芝:黒髪で片目隠してって…お化け屋敷か??

     瑞葉:いいじゃないですかー。昔は両目を前髪で隠してた格闘キャラもいたみたいですし!

     青芝:…(←なんのことだかわからない)

     天瑞:まあ、オリジナルはいろいろと実験的なことができるのがいいよね。

         ちなみに昔のG’sはオリジナルのコーナーにも『テーマ別』と『フリースタイル』で分かれて

         いたんだよね。

     青芝:なんか柔道の階級別みたいだな…





     青芝:しかしまあ珍しいな。今回みてえに没イラストとかオリジナルについて話すのって。

     瑞葉:何か思うところでもあったんですか?

     天瑞:思うところがあったというか…

         仮に、A.I.が終わったとしたら…その後の自分の身の置き方について少し考えてて、

         その延長って感じ。

     青芝:…A.I.が終わったらもちろん淋しいだろうが、そのかわりモノクロイラストでまた拾い上げてもらえるじゃ

         ねえか?お前さんのやり方に別に影響するこたあねえと思うんだが…

     天瑞:それはそうなんだけど、想像しちゃってねえ。いろいろと。

         自分の知る何人かの人は、A.I.が終わってもココやアイリスたちを描いてくれると思うし、自分も

         そうするつもり。

         自分が心配なのは、まとめる側がちゃんと拾い上げてくれるかなあってこと。

         今編集してくれてる方は大丈夫だろうけど、万が一人が変わったらオリジナルとカン違いされないか…

     瑞葉:な、なんかありそうですね…

     青芝:その辺は引き継がれると思うから大丈夫だと思うがな。てか調べるだろ、わからなけりゃ。

     天瑞:そうであってほしいけどねー。自分が恐れるのは、とにかく『A.I.で培ってきたものの断絶』だから。

         あ〜あ、第3期かバトルコロシアム、実現しないかなあ。

     瑞葉:占い対決とかすごくハイレベルになりそうですよね!

         アイリスと千影とひめなびメンバーと…

     青芝:…なんとも言えんなあ。俺にゃ未来は読めねえから…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

     天瑞:11月も半ばの狂想曲、いかがでしたでしょうか?

         ちょっと冷えるけど、まだコタツは出してないぞっと!

     瑞葉:もう冬なんですね。早いところではもうクリスマスの準備してますよ。

     天瑞:あー、天皇杯…クリスマスまで、勝ち残ってほしかったなあ…

         埼スタで勝った後、ジングルベルのメロディ口ずさむのって、いつものリーグとはまた違った

         楽しさがあるんだよねえ。

     青芝:12月はヒマになりそうか?

     天瑞:サッカー観戦的にはね。リーグが終わったらもう年初めの高校選手権までは手を出さないかも。

         冬コミも多分行かないだろうし。

     瑞葉:行かないんですか?

     天瑞:だって、みづかさんが冬コミ落ちちゃったみたいだから。隙を見て遊びに行けるかなーとか、

         今度はパスタじゃなくて焼肉だ!とか楽しみにしてたんだけどねえ。

     青芝:年末年始くらい、おとなしくしとけ。天皇杯もないんだから。

     天瑞:はーい。んじゃ、今回はこんなとこで。お相手は、天瑞烈Zと、

     青芝:ガンバにはCWCでしっかりとマンUとの挑戦権を得て、豪快な打ち合いを演じてほしいと思う、

         青芝辰巳と、

     瑞葉:来年はレッズも出直すよっ!大城戸瑞葉でした!ではみなさん、また来週〜♪





  2008年 11月9日 意外にフィット!?A.I.のテーマをさがして

    瑞葉:みなさんこんにちは!札幌ではなく、いつもの場所からの更新になります。

        一気に寒くなってきましたね〜、みなさん大丈夫ですか??

    青芝:札幌、結局行かなかったんだな。シーズン前は『最重要遠征地』なんて言ってたが…

    天瑞:最近どうもねえ、こういうこと言うのもなんだけど、素直にレッズを応援できてない自分がいるんだなあ…

        一時の勝利がいろんな問題を隠しちゃわないかって、変な心配しちゃって。

    青芝:なるほど。まあ札幌戦では、ある程度の変化はあったようだから、いいんじゃねえか?

    瑞葉:優勝争いも、けっこう現実的な立ち位置まで戻ってきましたよね!

    天瑞:そうだねー。どこのチームもどこかに問題抱えてるから、最終節まで本当にわからないかも。


      
鹿島…小笠原離脱、FC東京に力負けし、天皇杯で国士舘大に苦戦。パフォーマンスは低下気味。

      
浦和…戦い方に芯がない。優勝争いに何とか絡んでいるものの根本的な問題は解決されてない。

      
名古屋…主力離脱により苦戦を招く。また、慣れない優勝争いのプレッシャー。

      
大分…ナビスコのタイトル獲得後の士気は?天皇杯敗退で外野から文句がうるさいのも気になる…


    青芝:こんなところか?

    天瑞:あとはFC東京あたりも優勝争いの射程圏内だと思うけど…まあ、そんな感じ。

        まあウチは正直優勝に値する戦いはできてないかなって思うので、気張らず今後の展開を見守って

        いきます。

    瑞葉:ではでは、いつも通り参りますよー。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    ○A.I.のメンバーにテーマ曲を当てはめるとしたら…?(参考:「パネルでポン」HPより

     ココ…リップのテーマorウィンディのテーマ

     
アイリス…セレンのテーマ

     
RUNA…ティアナのテーマ

     
愛羅…ネリスのテーマ

     
音夢…ルビーのテーマ

     
さくら…エリアスのテーマ

     
ユズ…シャーベットのテーマ




    天瑞:こんな感じで、どうかな??

    瑞葉:わわ、けっこう合うじゃないですか〜

    青芝:…おい!一体何やってんだ!?

    天瑞:あ、いや、なんとなくね〜。そろそろA.I.メンバーにテーマ曲っぽいのがほしいなーって思って、

        とりあえず手近なメロディを当てはめてみたのさ!

    瑞葉:キャラ数もうまいこと合ってましたし。もしゲームが出るときは使えますね!

    青芝:あのな、訴えられんぞ…

        まあ、確かにそれなりにいい感じのメロディは揃っているようだが…

    天瑞:でしょでしょ?特にアイリスとRUNAなんて『これだっ!』って感じだし。ほんと、合いすぎ。

    瑞葉:作曲っておもしろそうですね。音楽ソフトって難しそうだけど…

    天瑞:そうなんだよねー。ボーカロイドに手を出した人が、買ってから『あ、コレ声しか出ないんだ…』って

        気付くケースもあるみたいだし。

    青芝:お前さんは知ってたのか?

    天瑞:知りませんでした!ミクを買えばそれだけでメロディーも組めるんだって思ってた!

    青芝:…変に手を出さないでよかったな…

    瑞葉:それにみんなのテーマ曲作るんなら、メロディはなんとかするとして、声は実際に合った人を

        探したほうがおもしろいんじゃないですか?

    天瑞:う〜〜〜〜〜〜〜ん……

    青芝:?そこでなんで考えこむ?

    天瑞:だいぶ前に「みんなに声を当てるとしたらこの人かな?それともこの人かな??」って妄想したことが

        あるんだけど、今はあまり声を当てることへの興味が薄くなっちゃってるんだよねえ。

    青芝:ほう、そりゃまたどういう心境の変化だ?

    天瑞:わかりやすく言うと、声当てる人にみんなを取られたくないなーって考えちゃって。

    青芝:なんだそりゃ?

    天瑞:ほら、A.I.の場合、ロボットみんなに一番近い位置にいるのって誰かな?

    瑞葉:えっと、編集してる方…かもしれないし、挿絵描いてる人かもしれないし、最初にキャラ原案出した

        方かもしれないし、重要な機能やアイテムをプレゼンした方かもしれないし…

    青芝:まあ普通に考えれば編集サイドだろうが、目に見えるデザインとか性格とかパーソナリティは、

        やっぱり読者が考えたからなあ…『一番近い』ってえのは、曖昧でわかりづらいよな。

    天瑞:その『曖昧さ』が、ある種A.I.の魅力のひとつだと自分は考えてるんだよね。

        そこに『声』って要素がくっついちゃったら、どうなるか?

    青芝:『声』って要素はデカいだろうな。それこそ『キャラ=声』みたいなイメージになるだろうから。

    瑞葉:曖昧だったイメージが具体的に固まっていきますよね。

    天瑞:それはつまり、声を当てる人が『一番近い位置にいる』可能性が高くなるということ。

        個人的感情なんだけど、その位置をとられるってのが…なんか…ねえ〜。

    青芝:お前さん、考えすぎだ。そりゃ。

    天瑞:ほら、何の作品だったか忘れたけど、声優さんが脚本に『このキャラはこういうことは言わない』なんて

        注文をつけたなんて話をちょっと小耳にはさんで…。この声優さんの意識の高さを示す話のように見える

        一方で、脚本書いてる人にとってみれば、その人なりの見方とかプライドだってあったわけでしょ?

    青芝:そりゃまあ…あまり気分はよくないだろうな。現場の雰囲気にもよるだろうが。

        確かに『声』ってのは作品のイメージに干渉する強力なカードになりうる…

    天瑞:はっきり言っちゃうと、そんな強力なカードを特定の誰かに持ってほしくないなーって感情が

        出始めてきたってこと。昔、ある原作のコアなファンがアニメ化に否定的だったってよく聞くけど、

        その感情が今になってわかってきた。

    青芝:わかるような、わかんねえような…

    瑞葉:でもある程度のイメージはほしいですよねっ!タダでさえ続くかアヤシイ状態だから…

    天瑞:そうなんだよねー。作曲にでも手を出そうかなあ。

        そしてこのHPにUPするの!

    青芝:…ひとつ聞こう。お前さん、音楽の成績はどうだった?

    天瑞:えーっとね、中学まではそこそこいい感じだったけど、、高校のある時期のペーパーで●●点なんて

        数字をたたき出した覚えがあるなあ。(自分自身の名誉のため、数字は伏せさせて頂きます)

    瑞葉:(ぶーーーーーーーー!!)けほっ…こほ…す、すみません!

    青芝:瑞葉が吹くほどの惨状、初めて耳にしたぜ…

    天瑞:そうそう、冒頭のパネポンのメロディ、本当にステキなのが揃っているので、ぜひぜひ聞いてみて

        くださいね!

    青芝:話をそらしたな。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:冬も近づく狂想曲、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:あったかいお鍋が恋しい季節になりましたね〜。ル・リム、鍋部!

    青芝:本当にありそうだな、それ…

    天瑞:もう、外に出るときの服装にも気を遣う季節になってきました。あと2週間もすれば、真冬モードに

        移行かなあ。リーグ戦が終われば自宅にいる時間も増えるだろうし、イラストを修行せねば。

    青芝:そういやお前さん、カラーの掲載率が惨憺たるありさまになってるらしいな。

    天瑞:あの…その…あまり、つっこまないで。ホント、ひどい状態だから…

    青芝:…なんかシャレにならねえ部分をつついちまったようだな…悪かった。

    天瑞:そんなわけで只今主にアイリスをモデルとしてカラーイラストを強化してまーす。

        やっぱりアイリスは描いてて楽しい…さて、分けて送るか、いっぺんの送るか…

    瑞葉:今までは『カラー1枚』みたいな感じでしたよね?

    天瑞:うん、無駄にするのがイヤだったからね。ただ、どうもそれが通用しなくなってきたから…

        ある程度の枚数で、まとめてチャレンジしてみます!

    青芝:お前さんの技量からすれば、妥当な判断だろうな。

    天瑞:今日は、このへんで!お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:あまり目立たないが、U19代表が韓国に敗れてU20W杯を逃したことに、協会は大いに危機感を

        持ってもらいたい、というより
チーム作りのマズかった点についてしっかり責任をとって

       もらいたい。
青芝辰巳と、

    瑞葉:な、なんかあおしばさんのテンションがいつもと違う…えっと、パネルでポンのメロディはゲームキューブの

        方もステキだと思う、大城戸瑞葉でした!ではみなさん、また次回〜

    天瑞:ああ、U19かあ…なんなんだろうねえ?メンバー的に揃ってる…はずだったんだけど…

    青芝:愚痴を話すと長くなるからやめておくが…な……(プスプスプス…)

    瑞葉:あ、あおしばさんがくすぶってる…






  2008年 11月2日 ラストアクション!涙よユズの笑顔となれ

    天瑞:ども!ナビスコ決勝に刺激を受け、本日は西が丘に天皇杯を見に行って参りました、天瑞です。

    青芝:大分、見事な戦いぶりだったな。

    天瑞:組織的にしっかりしてたよねー。大分も清水も。

        清水は藤本淳吾がいれば攻撃に変化を加えられたかもだけど…

    瑞葉:大分の守り、固かったですね…

    天瑞:きっとシャムスカ監督、ベンチからスカラを唱え続けてたんだよ。


    青芝:あのなー、いくらニックネームが『魔術師』だからって、それはないだろう…

    瑞葉:いてつくはどーーーー!!

    天瑞:ぐはあ、魔法効果ゼロリセット!さしずめこれはセットプレーかな?

    青芝:微妙にツボを言い当ててるところがなんだかな…

    天瑞:永井のベギラゴン!

    瑞葉:フランサのメラゾーマ!

    天瑞:ぐはあ!8月の柏戦のトラウマがあ!

    青芝:…そろそろ先行こうぜ…

    天瑞:あ、はいはい。では、11月最初の更新、いつも通り参りますね!


     
              (西が丘での東京V対広島戦)



     
       (最上段の通路。後ろの芝生からよじのぼって見えそう…)


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:流した涙が笑顔になる、G’s12月号のA.I.!今回もしっかりチェックしますよー!!

    青芝:金額確定は次回に持ち越しか。

    天瑞:この展開はわりと予測してたなあ。

        発掘物は遺跡とか土器とかそっちを考えてたけど。

    瑞葉:でも、これでイイ感じに1年が終われそうですね!

    青芝:いや…掘り出したモノは実はそれほど価値がないんじゃねえか?

        最後にまた何かありそうな気がするんだよな。まあ悪い終わり方は無いと思うが。

    天瑞:当然です!これで悪い終わり方したら、第3期は怒りの裁判ゲームです!!

    瑞葉:とにかく、これで第2期のメインエピソードは全部終了なんですね。

    天瑞:今回は機能もアイテムもつかなかったから、ちょっとさみしいな…

        個人的には音夢とユズに何もあげられなかったのが残念。

    青芝:そりゃお前さん、今季はムキになって守璃モデルで機能を応募しまくってたからな。

    瑞葉:もし音夢ちゃんやユズちゃんになにかくっつけたいとしたら、どんなのを送ってましたか?

    天瑞:うーん…マスターそっくりのぬいぐるみ、とか…

        機能なら、理容師機能、とか。音夢やユズに髪を切ってもらいたい!やさし〜く、やさし〜く…

    瑞葉:で、ユズちゃんと同じ髪型になっちゃうとか?

    天瑞:いいねえ、それ!

    青芝:…てかお前さんの描くユズとマスターは髪型がかぶってるとこあるんだよな…

    天瑞:いや!ユズの方をちゃんとやわらかくしてます!一応。

        今回の掲載絵を見てもらえればわかるはず!

    青芝:あー、2人してスコップ持ってるコレか。…それにしても…

    天瑞:?なに?

    青芝:つくづく思うんだが、お前さんほど、『マスター』の容姿をはっきり描く人間はいねえよな。

    天瑞:だって、こうした方が気分が出るんだもん。

    瑞葉:コレ系の作品って、よく目が隠されてたり見えなかったりしてますけど…

    天瑞:自分なんかは、逆に目がないとわざとらしく見えちゃうんだよね。そこまで気を遣ってくれなくてもいいよ、

        みたいな感じがして。必要ないところで作り手側の意図が見えて、気分良くない。

    瑞葉:CMにもありますよね!「目は顔の一部です」って!

    青芝:…「眼鏡は顔の〜」だろ??目は顔の一部って、そりゃ当たり前のことだから!

    天瑞:あー、にしても第3期、どうかなあ…

    青芝:こんだけいい思いさせてもらってんだ。以前にも言ったが、あまりワガママは…

    天瑞:そうそう、あおちゃんの新企画案、投稿しといたから!

    青芝:……なんだって!?

    瑞葉:あおしばさんの案って、歴代読参キャラの対決モノ…でしたよね??

    天瑞:はい、『モエスタ・バトルコロシアム』として、A.I.第3期が実現しなかった場合の第2希望として

        投稿しちゃいました!

    青芝:お、お前さん…なんてことを…!

    天瑞:いいじゃん〜料理対決なら愛羅さんぶっちぎりの優勝候補だよ?

        対抗はシスプリの白雪といったところかな?

    瑞葉:日本料理なら愛羅さん有利、お菓子作りなら白雪に分がありそうですね。

    青芝:ったくお前さんらは…アイデアがどう使われるかわからねえから、うっかり冗談も言えねえな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:冬に片足つっこみ始めた頃の狂想曲、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:寒くなるから、サッカーの観戦も厚着し始めないといけませんね。

    天瑞:そろそろコタツ出そうかなー。でも模様替えして出しづらい陣形なんだよねー。

    青芝:天皇杯、レッズはまたしても愛媛戦で…これに勝てばマリノスとだ。

    瑞葉:マリノスですかあ…近いけど、けっこう調子戻してるし、やりにくそうですね。

    天瑞:いや、近いかどうかはわからない。相手がマリノスといっても、天皇杯の場合、長崎とか鳥取に

        飛ばされたりするリアル桃鉄な仕様になってるから。

        で、愛媛に勝ったらどこに飛ばされるんだっけ?

    青芝:丸亀だ。

    天瑞:丸亀って…香川県じゃないかー!!おのれ天皇杯、なんの恨みがあってこないなトーナメントを…

    青芝:数年前のレッズは埼玉から出なくていい、かなりラク〜なトーナメントだったろう。

        こういうのは年によってまちまちだぞ。

    天瑞:以前がんばって松山まで足を伸ばしたことはあったけどなあ…あのときはマリッチが覚醒状態入った

        時期だったし。

    瑞葉:マリッチ・ロワイヤルですね!

    青芝:あのな、とりあえず語感が似てるからって、変な用語をひねり出すのはやめてくれないか?

    天瑞:いやいや、全国をめぐりながら闘いを繰り広げるところなんて、本家にそっくり!

    瑞葉:ですよね!ですよね!!ゲーム化も決定しましたし!

    青芝:…そういやお前さん、マリロワにはほとんど手を出してないよな?

    天瑞:マリロワに関しては…キャラ応募の際のトラウマが根強〜く残ってしまっているので、

        (↑審査する側が求める画とほとんど逆方向のシロモノを描いてしまった)

        スタンスとしては、のんびり楽しむモードになってます。いや、これはけっこう効きました…

    青芝:…強く生きろよ…

    天瑞:未来に立ち直るため、今日はここまで!お相手は天瑞烈Zと、

    青芝:改めてもう一度、大分トリニータ、ナビスコ制覇おめでとう!青芝辰巳と

    瑞葉:個人的MVPは金崎ユメオ選手です、大城戸瑞葉でした!ではみなさん、また次回〜♪

    青芝:瑞葉…『ユメオ』じゃなくて『ムウ』な。

    天瑞:うぐぅ?

    瑞葉:もっと違うわ!






【戻りますよ〜】




    

inserted by FC2 system