2010年 3月28日 『アイリスの いのりは やみのなかに…』

    天瑞:ども、まだまだ寒いけど一応春ですねー、

    青芝:フットボールのナイター観戦にはまだキツイか…

    瑞葉:今度の水曜日、ナビスコの磐田戦ですね!

    天瑞:平日夜…う…うう…・・・・うううううう〜(泣)

    瑞葉:どどどどうしたんですか!?

    青芝:もうちょいトシ重ねりゃわかるさ、きっとな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:今回の更新は、コレ!第2期の屋台エピソードですよー!


        →A.I.セカンドステージ『祭夜の細腕繁盛記』←


    瑞葉:さくらがたこ焼きでお手玉しちゃう!この時期にさくらのエピソードを更新するなんて、粋!

    青芝:夏夜のエピソードなんだがな、コレ…

        ところでお前さん、前からひとつ聞きたかったんだが、なんで自分で考えてたタイトル載せてんだ?

        エピソードには公式のタイトルがついてたろう?

    天瑞:なんとなく、デス!

    青芝:まあ、そうなんだろうが…

    天瑞:今回に限っていえば、公式タイトルが『電撃タコ焼きFestival!』だったんだけど…

        自分、フェスティバル買ったことないし。

    青芝:なんだかな…

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    
        (天瑞的MOTHERE2。マジカントでの覚醒後!)



    天瑞:さて、第2期のまとめもあとちょっと。みなさま、いかがでしたでしょうか?

    青芝:テンプレ作って、それにのっとってるわけだから波に乗れば早いだろうな。

        …って、RPGで安易に俺の名前を使うんじゃない!

    天瑞:いやー、プレイヤーの名前、『てんずい れっず』にしておいて正解だったね♪

    瑞葉:クリアしたんですか?

    天瑞:したしたー。1994年の作品なんだけど…本当、プレイしてよかった!

    青芝:マザー3に続いて2も…今のお前さんに何が起こっているやら。

    天瑞:こっちの方はそんな時間かからなかったよ?実況動画で道筋は把握してたし、

        ヒント屋は充実してたし、レベルも上がりやすかったし!

    瑞葉:スーパーファミコンが現役で稼動してることになりますよね…wiiは買わないんですか?

        昔のゲーム、ダウンロードできるんでしたよね?

    青芝:バーチャルコンソールだな。

    天瑞:それだけのために…って感じがするんだよねえ。あとスーファミのカセットって、なんとなく手元に

        置いておきたい感じがするんだなあ。

        さて、次は初代MOTHERをアドバンス版で…

    青芝:グランドスラムする気か!相当気に入ったんだな…

    天瑞:この規模、テイストのゲームを100本くらい作ってくれれば全部やっちゃうかも。

    青芝:…不思議なもんだよなあ。最新ゲームにはたいして指が伸びないお前さんが。

    天瑞:コマンド次第で、アイリスにハンバーガーやクッキーを食べさせてもらえるゲーム、素晴らしい!

    青芝:そこはさくらだろ。せっかく「あーん機能」所持してんだからよ…

    天瑞:今回はここまで。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:チャンピオンシップ復活の噂を聞き、複雑に思いつつ、盛り上げの効果は間違いなく

        あるだろうなと思う、青芝辰巳と、

    瑞葉:桜が散らないよう、雨が降りませんように…大城戸瑞葉でした!ではみなさん、また次回〜





    天瑞:ちなみに飼い犬の名前に『RUNA』ってつけちゃった!

    青芝:おい、そこはユズだろ。

    天瑞:ユズは好物に使っちゃったから。

    瑞葉:え、好物!?

    天瑞:好物『ユズクレープ』!おいしそうでしょ?食べたことないけど


    青芝:…実際にあったら、うまそうだか、どうなんだか…








  2010年 3月24日 せめて、この言葉だけ。

    天瑞:ども、間をあけてしまいました狂想曲の天瑞です。おひさ!

    青芝:…なってねえ、たるんどる!

        だいたいな、いそがしいゾーンから抜け出そうってえ時にまたまた体調崩しかけるとか

        どういう了見だい?

    天瑞:き、季節の変わり目はお肌の大敵!!!

    瑞葉:お肌って・・・

    天瑞:冗談はともかくとして、今回はモノクロ投稿もあわてて済ませたりしてギリギリでした。

        というわけで週一更新も間に合わなかったし。せめて生存報告だけでも、と。

    青芝:うわ、なんかすげえサポってた感がある台詞だな…

    瑞葉:ホントに、その、生存報告だけなんですか??

    天瑞:えっと、それと…ひとことだけ、残すために参りました。

    青芝:どんなあいさつだい??

    天瑞:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






        
A.I.合同誌、がんばります。

      なんらかのアイデアお願いするときは、よろしくおねがいします。












  2010年 3月14日 久々のセカンドステージ更新です!

    天瑞:今回はA.I.のまとめを久々に更新したので、こっちの方は軽〜くいきますね。


         →A.I.セカンドステージ『夏と守璃と水着と』←


    天瑞:健康的なお色気トラブル満載の、守璃エピソードです!

        まとめの方は久々の更新だったから、勝手を思い出すのに苦労して…こんなんでよかったかな?

    青芝:あのなー、まとめるにしても悪ノリしすぎだろー。

        なんなんだよ、SMAAAAAAAAAAASH!!てのはよ?

    天瑞:いわゆる会心の一撃、あるいはクリティカルヒット。ガッツが高いと出やすいのさ!

    瑞葉:ガッツが高いと、ギリギリで踏みとどまることもありますよね!

    青芝:ああもう、MOTHERシリーズの影響受けすぎだなあ、もう…

    天瑞:それにしても、A.I.のエピソードがあった頃のG’s読み返してみるとホントに懐かしい。

        今にして思えば、なんでアイリスにアイテムとしてフライパンを持たせなかったのか、

        あのときの自分に問い詰めたいよ!

    青芝:…お前さん、MOTHER2に手を出してるだろ…

    天瑞:あ、バレた?

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:そんなわけで、こちらを手短に済ませてますので、守璃エピソードのまとめをぜひとも

        お楽しみくださいっ!

    青芝:しかしまあ、本当に久々だよな。

    瑞葉:エピソードの挿絵としては…ユズとの発掘まで出来上がってますよね?

    天瑞:ん。でもなんとなくタイミング逃して更新できなかった。

        今日埼スタで試合見ながら、終了間際に『今日、久々に更新しようっと!』って思い立ったわけ。

    青芝:脈絡ねえこったな…

    瑞葉:試合の方は勝ったんですよね?

    天瑞:つっこみどころはいろいろあったけどね。1人少ない相手に後半逆に押し込まれたとか。

        でもひとまず今回は初勝利を喜んでおきます!

    青芝:試合終了間際に更新のこと考えてたってことは…あまりの押し込まれ具合に現実逃避してたな?

    天瑞:そうとも言う。

    青芝:そうとしか言わん!

    天瑞:ホントはMOTHER2のネーミングの話とかいろいろしたいところだけど…今回はここまで!

        お相手は、今年のレッズは宇賀神に萌えていればわりと楽しめそうな天瑞烈Zと、

    青芝:試合後の選手の台詞から意識の高さを読み取る…青芝辰巳と、

    瑞葉:新加入のケガ人のみんな、早く治ってくれますように…大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回〜







  2010年 3月7日 海風が語る『差』〜開幕とかpixivとか〜

    (3月6日、Jリーグ開幕戦。鹿島VS浦和@カシマスタジアム)

    瑞葉:雨ですね。

    青芝:ああ、雨だな。

    瑞葉:キックオフは問題ないですよね?

    青芝:問題ないだろうな。この分だと、プレーする側にとっては風の方が厄介かもしれんが…

    瑞葉:てんずいさん、どうしてるかな?

    蒼芝:今回は久々にゴール裏に行くとか言ってたな。なんでもゲンを担ぐとかで。

        なんでもアイツがカシマのゴール裏に立った試合では負けがないそうだ。

    瑞葉:そ、それはとても心強いジンクスですね!


    
 〜♪♪♪じゃあねなんていわないで またねって言って♪♪♪〜


    瑞葉:あ、現地のてんずいさんからメール!

    青芝:(なんで着信がrerationsなんだ…)で、なんだって?



    
天瑞のメール『屋根が役に立たない』



    瑞葉:…だそうです…

    青芝:…相当、寒そうだな…



     (1時間経過)



    瑞葉:ハーフタイム、1−0ですか…

    青芝:なんとかしねえと去年の二の舞になっちまうな。

    瑞葉:これ、2年目ですよね?去年の二の舞になるってことは、進歩がないってことですか?

    青芝:ケガ人続出で望んだメンバーが組めない面はあるんだろうが…

        それでもスタメンの大半は去年1年戦ってきたメンツ。言い訳はできないはずなんだがな

    瑞葉:あ、またメール!



    
天瑞のメール『アイムインシベリア?ノー!アイムインジャパン!HAHAHA!』



    瑞葉:・・・・・・・・・・

    青芝:…今のうちに湯でもわかしておこうか…ついでに風呂も…

    瑞葉:そうですね…

    青芝:まあ…帰りは渋滞もあるだろうから遅くなりそうだがな。

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    瑞葉:そんなわけで、今回はわたしたちが更新しまーす。

    青芝:もう1日経ったろう、何があったんだ?

    瑞葉:それが、もう、寝込んじゃって…

        ただ、断片的にうわごとが聞こえてくるんですよね。

        『暢久のセンターバックが…うわあああ』とか『なんでこんなケガ人多いんだ…スペランカー!

        とか!

    青芝:・・・・・・・・・・・・・・

    瑞葉:あと、ちょうど1年前の更新を見つめながら

        『1年前の自分元気〜♪レッズはまるで成長してないぜHAHAHA!』なんてセリフも

    青芝:もういいわ、そっとしといてやろう…











    瑞葉:で、なにを更新しましょうか?

    青芝:テキトーに音楽でも流しときゃいいんじゃねえか?

    瑞葉:それはさすがにさんと同じくらいテキトーすぎますよ…

    青芝:んなこと言ってもなあ…ヤツがG’sをまだチェックしてねえ以上、ここでしゃべることも

        ねえんだよなあ。MOTHER3はもうクリア済みで、2週目はまだみてえだし。

    瑞葉:そうだ!てんずいさんがUPしてるピクシブの絵について、ちょっと調べてみましょうよ!

    青芝:ピクシブの絵?そんなん、そっちの方に勝手に行ってもらった方がいいんじゃねえの?

    瑞葉:そ、それを言われたら実もフタもないんですケド…

        ともかくですね、てんずいさんが上げた絵の閲覧数とか点数を見てると、

        ちょっと面白いんですよ?

    青芝:…何がどう面白いんだ?

    瑞葉:てんずいさんがピクシブで上げてる絵って、A.I.だけじゃないですよね?

    青芝:そうだな。ストパニシスプリが少し。最近はアイマスの千早も描き始めて…

        最近はMOTHER3クリア記念と題してひとつ描いてたっけな。

    瑞葉:でもてんずいさんが一番の得意にしてるのはA.I.の絵のはずですよね?

    青芝:まあ…アイリスなんて『何も見ないで描ける!』なんて言ってたくらいだからな。

    瑞葉:で、代表的な絵の閲覧数とか見てたんですけど、得意な絵が必ずしもよく見られてるってわけじゃ

        ないみたいなんですよ。

    青芝:そいつは、知名度の差もあるだろうし、仕方ねえんじゃねえの?

    瑞葉:そこなんですよ。ピクシブ見てると、なんていうか…知名度だけじゃなくて、その作品の

        ファンの性質とか、そういうのも見えてくるんじゃないかなあって。

    青芝:そういうとこまで分析したことはねえから、よくわからないんだが…

        なんか不自然な動きでもあったのか?

    瑞葉:その、てんずいさんが上げたMOTHER3の絵…それまでに上げた絵に比べて、点の伸び方とか

        見てくれる人とか、明らかにいい感じなんですよ。

    青芝:MOTHERシリーズは…有名といえば有名なんだろうが、どういうことなんだろうな?

    瑞葉:『流行』って見方からすれば…てんずいさんの上げてる作品の中では、アイマスキャラが

        一番勢いがありそうですけどね。

    青芝:意外と義理堅い人というか、まめにチェックする人が多いのかもな、MOTHERシリーズには。

    瑞葉:義理堅い?

    青芝:毎日キーワード検索して、新しい絵が上がってないかチェックしてる、とかな。

    瑞葉:でもそれって、好きな作品が違ってたからって、そういう行動が変わるとも思えないんですけど…

    青芝:そうだな…あとは…『その作品のファンが、いわゆるどの媒体を重視してるのか』に

        違いがあるんじゃねえかな?例えば、アイマスの場合、系列作品の主戦場(発表場)といえば…

    瑞葉:!ニコ動、ですね!

    青芝:そういうことだ。あとアイマス系列は、俺の見たところ新しい絵の上がるペースが異様に速い。

        ヤツの技量が圧倒的に足りないのは確か(重要)だが、埋もれるのが早いって特徴もあるんだろうよ。

    瑞葉:流行の絵を描いてみるのも、いいことばかりじゃないんですね。

    青芝:描いてる人間がそれだけ多いってことだからな。それなりの個性を示していかねえと、

        存在感は出せないってことだ。




    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★

    天瑞:トンダコッサ!今回はおふたりにおまかせの狂想曲、いかがでしたでしょうか?

    青芝:…あまり手抜きしないでくれよな…

    天瑞:いやいや、なかなかいい感じで埋めてくれたじゃん!これからもこの形でいっちゃう?

        わたしはプロデューサーってことで!

    青芝:かんべんしてくれ。

    瑞葉:風邪とか、ひいてませんか?

    天瑞:その辺は大丈夫!暖がとれるスープを3杯くらいスタジアムでいただいたから。

    青芝:3杯って…食べすぎだろ!?

    天瑞:いーや、本当にそれくらい冷たい日だったんです!

        それに3杯目は具が少なくなっちゃったかわりに1杯100円になっているという、ありがたい

        値段変動があったのさ!(当初は1杯300円)

        ダシが効いてて透明感のあるスープがおいしかったよ。来年もあるといいな〜

    瑞葉:カシマに行くのは、基本的に年に一度ですからね。

    青芝:ナビスコの決勝トーナメントで対戦しない限りはな。

    天瑞:では今回はここまで。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:次節は勝って、本当にレッズの成長を見せるべき。青芝辰巳と、

    瑞葉:なんだかんだで、サッカーのある日常は幸せです♪大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回〜








【戻りますよ〜】



inserted by FC2 system