2010年 5月30日 夢の欠片を貼るということ


      〜準備試合のイングランド戦、観戦中…〜



    天瑞:こんばんわ。

        …なんか今、フル代表がイングランド代表といい感じの試合してます。

    瑞葉:・・・

    青芝:・・・・・・

    天瑞:・・・・・・・・なんで??

    瑞葉:なんでと言われても…

    青芝:・・・・・・・・・

    天瑞:あおちゃん、何か知ってるんじゃないの?イングランドが本気じゃないとか??

        4年前のドイツ戦みたいに!

    青芝:いや…イングランド代表はこの時点でラストの23人が決まってないから、少なくとも当落選上の

        プレイヤーのテンションは高いはずだ。

    瑞葉:じゃあ、なおさら…

    青芝:理由はいくつかありそうだが…『アブダビの夜』って覚えてるか?

    瑞葉:ば、ばびぶべぼ???

    天瑞:覚えてるよ、一応。ドイツW杯の最終予選のアウェイでのバーレーン戦前に、宮本ツネサマが

        中心になって、選手達で徹底的に話し合っていったって…

    青芝:そうだ。直前のペルー戦、UAE戦で2連敗して最悪な雰囲気だったからな。

        危機感を持った選手たちが自分たちの手でなんとかしようって、建て直しを図ったってエピソードだ。

    瑞葉:同じコトが今の代表にも起こってるってことですか?

    青芝:ま、早い話そういうことだ。ただ今回の場合は本大会を控えてるワケだから、挑む壁が

        段違いに高いんだが。少しは明るい材料になるかもな。これがまずひとつ。

    天瑞:じゃあ、ふたつめは??

    青芝:…ゴールを決めたのは?

    天瑞:闘莉王!…あっ………な、なんだかわかっちゃったかも…

    青芝:闘莉王がいることの効果が守備組織の安定以外にも及んでいること…お前さんらには言うまでも

        ねえよな?

    天瑞:そりゃ…ねえ?

    瑞葉:高いし、守るし、点は取るし、闘争心のカタマリみたいだし!

    青芝:かつてレッズの話になるが、ヤツが抜けると守備力だけでなく攻撃力まで落ちていた。

        だから抜けると大ダメージになるが、逆に戻ってきたときの影響も当然大きい。

    天瑞:逆にいえばそれだけ頼りきっちゃってたってことだったけどねえ…あはは

    瑞葉:今日のナビスコ(浦和0−1清水@埼スタ)だって、闘莉王がいればあるいは…

    天瑞:それは言わないお約束。これまで闘莉王に頼った得点パターンに頼りすぎてたんだから。

    青芝:ま、代表の場合はそんなことも言ってられねえからな。ここ数ヶ月奈落のどん底みてえな状態

        だったんだから、使えるものは何でも使えればいい。

    天瑞:これがふたつめね…他にあるの?

    青芝:ある。それも戦術的な面で。最近ニュースでよく『阿部をアンカーにして守備的な戦いをする』

        なんて話を聞くだろ?

    天瑞:聞く、聞く。

    青芝:正直、そういう言われ方はかなり語弊があると思うんだよな…確かに前線をひとり削って阿部を

        入れているのは事実なんだが、それは守備だけを狙ったものじゃねえ。

        今日の布陣は、


                ○

          ○           ○

             ●     ●  (←この列に遠藤と長谷部が入る)

                ×(←阿部ちゃんの位置)

          ○   ○   ○   ○

         簡単に書くとこんな感じになるんだが、わかるかい?

    天瑞:俗に4−3−3って言われてる陣形だね!

    青芝:これに少し手を加えると…


                ○

          ○  ●   ●  ○

                ×

         ○   ○   ○   ○

         こんな形になる。

    瑞葉:これって、遠藤選手と長谷部選手がちょっと前に上がった…ってことですよね??

    青芝:そうだ。こうして見ると守備的って感じじゃあねえだろ?意識と動き方次第で守備的にも攻撃的にも

        見える。
阿部が守備に専念して、遠藤と長谷部がある程度攻撃に意識を傾けることができると

        すれば…どうだ?

    天瑞:別に、ガチガチに固めて、今までのやり方をぜーんぶ捨てました!ってワケにはならないよねえ?

    青芝:当然本大会は高レベルの真剣勝負だからサンドバッグにされる時間帯は当然出てくるだろう。

        阿部だけじゃなく遠藤・長谷部の両名が押し込まれるケースだって当然ある。

        だが、この布陣変更が決して臆病からきたものじゃねえ、非常に論理的な結論なんだって…

        そう信じたいんだよな。

    天瑞:信じるもなにも、今画面上の試合が証明中デスが…

        でもなんでも、とにかくわたしはうれしいよ〜。今まで阿部ちゃんが代表で試合に出るときって、

        本職じゃないセンターバックだったでしょ?そこで失点に絡んで絡んで、もお(泣)

        ここにきて本職に近いとこで働けるなんて…うるるる

    瑞葉:く、苦労が報われるときがきたんですねっ。涙ナシでは語れません!

    青芝:…4年前はドイツといい試合してその後ズタボロだったからな。まだ何も始まってねえからなんともいえん。

        だが…ようやくマシな材料は出てきた…とは思いたい。




         (後半40分〜  日本1−2イングランド)




    天瑞:きゃー、逆転されてるー!

    瑞葉:しかもオウンゴール2発って…もったいない〜

    天瑞:押し込まれまくってる!これは作戦がうまくいかなかったの?あおちゃん!

    青芝:この場面は…イングランドのパススピードが速すぎて全体的に振り回されてる。

        後半に入って本気のイングランドが来たな。1−1になった時点で、攻めるのか守るのか、ハッキリさせて

        もらいたかったところだが…『押し込まれたときにどんなふうにして耐え切るのか』問題点が出たか。

        これが解決できないと4年前と同じ結果になる。オーストラリア戦のように。

    天瑞:なーんかここにきて課題課題課題って、出すぎなんですけど!?

    瑞葉:夏休みの宿題みたい〜…




    天瑞:ところで結果としては負けちゃったけど、この布陣でそのままいくのかな?

    青芝:布陣変更が裏目に出たわけじゃねえから、これをベースにしていいと思うぞ。

    瑞葉:DF2人そろってオウンゴール…

    天瑞:縁起わるう〜

        なんか、対戦相手からすれば『スピードつけてバカスカ打ってれば日本は自滅してくれるゾ!』

        みたいに思われそうだなあ…

    青芝:そこんとこは、もう、精神力と駆け引きの次元だ。選手らの根性が耐えてくれることを祈るしかない。

    天瑞:くっ、こんなところでゲームの縛りプレイ動画でよく聞くワードを耳にすることになるとはっ!





    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:トーンをー

        うまくー

        はーりたーいなーーー♪♪♪


        …というわけで、原稿やってまーす!

    瑞葉:トーン、どれくらい貼れたんですか?

    天瑞:人物中心に、12ページ中10ページ!もしかしたらもう一度見直しながらちょこちょこ貼っていくかも。

        今回は丁寧に貼っていきたいな。

    青芝:…今回『は』だと?

    天瑞:あああ!い、いままでがテキトーだったってワケじゃないんだからね、ホントだからね!!

        以前よりキレイに仕上げたいって、向上心、向上心!(あせあせ)

    瑞葉:でも、もうすぐ終わりそうですね!

    天瑞:終わる終わる〜っていうか、早く終わらせて挿絵と紹介に移らないと!

    青芝:がんばれーがんばれーがんばれー

    天瑞:…あおちゃん、なにその棒読みな励まし!

    青芝:いや、他意はない。この調子ならなんとかすんだろうと思ってるからな。

    天瑞:しかし久々のトーン貼りだったけど、わりと早くに感触取り戻せたかな。

    瑞葉:久々の、ですか?

    天瑞:うん。カラー投稿はCGでやってたし、モノクロは手書きの模様にしてトーン避けてたし。

        貼り慣れてもっとスピードアップできそうな頃にはもう作業自体が終わりかけているという。

    青芝:…で、また次回の原稿までに貼るスピードのレベルが落ちてるってワケだな?

        どんなリバウンドだよ!!

    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:えー、冒頭のイングランド戦が長かった今回の更新、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:たまにはいいですよね、こういうのも♪

    天瑞:ね、あおちゃん!悪い試合じゃなかったし!

    青芝:自信をちょっと回復できた点、4年前のやられ方を思い出すことが出来た点はまあよかった。

    天瑞:とまあ、こんな感じで、なんだかんだでW杯には熱が入ってしまいそうな3人なのでした。

    青芝:そりゃあ4年に1度の国同士のバトル。楽しんで、燃えなきゃ損だからな。

        今回の試合で何とか燃えられる要素が出てきてくれたのは有難い。

    瑞葉:あおしばさん、南アフリカには行かないんですか??

    青芝:それはな、ちょっとな…

    瑞葉:あ、やっぱりその、治安がちょっとデンジャーだから…

    天瑞:それならあおちゃんには紹介ページのトーンを貼ってもらおうかなーなんて

    青芝:丁重にお断りしておこうか!

    天瑞:では、今回はこのあたりで。お相手は、天瑞烈Zと、

    青芝:ひとこと「賽は投げられた」青芝辰巳と、

    瑞葉:マリッジパーティに参加されるみなさま、がんばってください!大城戸瑞葉でした!

        ではみなさん、また次回〜









  2010年 5月23日 完成に向けて、一段ずつ


      
           (只今放水中につき、しばらくお待ちください)




    青芝:なんだこりゃ?

    天瑞:久々にフクアリ(フクダ電子アリーナ/ジェフ千葉の本拠地)に行ってみたんだけど、

        試合前にけっこうハデに水まいてたんだよねー。水芸ぽくてビジュアルがよかったから

        写真とっちゃった!

    瑞葉:ボールの走りをよくするため試合前に水をまくことがあるって、聞いたことはありますけど…

    天瑞:試合見た限りでは、つないで攻めるタイプのサッカーしてたから、無意味ではなかったのかな?

    青芝:ていうか同日にレッズ(@平塚競技場)の試合あったんだろう。そっちはよかったのか?

    天瑞:えーとですね、昨日は試合の観戦以外にもやらなければならないことがありました。

        それは…トーンの補充。わたしはトーンの補充を主に柏で行っているのですが…

    青芝:それと平塚に行かなかったのと何の関係があるんだ?

    天瑞:端的に申しますと、平塚まで買ったトーンを持ち歩くのがメンドウだったわけで。

    青芝:(千葉でも似たようなモンだと思うんだが…)

    天瑞:ま、早い話、千葉がおもしろい戦い方してるって聞いてたから、前々から行ける機会を

        伺っていたってだけです。

    青芝:初めから素直にそう言っておけよ…

    天瑞:それと道中、船橋の駅前にてこんなのを発見しちゃいました。


     



    天瑞:どうだ!

    青芝:どうだって言われてもなあ…

    天瑞:申し訳程度に『アイリスコンタクト』って書かれてるのもポイントだよねー

    瑞葉:でもてんずいさん、アイリスのメガネ着用姿、ほとんど描いたことありませんでしたよね?

    天瑞:これを機に、アイリスのメガネ姿を数多く描いていけたらなと思います。

    青芝:なんのこっちゃ…


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:まずいなあ、G’s用のイラスト、描けるかなあ…

    瑞葉:今回は仕方ないんじゃないですか?原稿中だし…

    天瑞:それはそうなんだけど、一度でも途切れちゃうと後まで引きずっちゃいそうでこわいんだよね。

        ちょっと休んでもカンタンに復帰して大載りしちゃう人、尊敬しちゃうよお。

    青芝:で、原稿はどうなってる?

    天瑞:線画はほぼ終わったから…

        あとはベタにするって決めてる部分を塗って、トーンを張って、セリフを貼って…

    瑞葉:順調ですね!

    天瑞:とはいえ、キャラ紹介と『お料理クッキング』挿絵にまだ手を出してないから油断できない。

        イメージはほぼ固まってるけどね。

    青芝:紹介なあ…どんな感じにするんだ?

    天瑞:さすがに詰め込みまくりはできないと思うんだよね。2頁って決めてるし。

    瑞葉:いっそドットに…

    天瑞:表紙裏表紙とかカラーページならそれも悪くなかったかもだけど、モノクロページだと

        ドットはあまり映えない。

    青芝:お前さん、ちびキャラはそれなりに得意だったろうからそこんとこは心配ねえんだが、

        むしろ文章をどんだけ絞るんだって話だよ。

    天瑞:そっちもイメージはできてる。文章は2〜3行。シンプルにいきます。

    瑞葉:シンプル…すぎませんか?

    天瑞:しかも紹介部分は全部ひらがな。

    青芝:ああ!?そいつあやりすぎじゃねえかい!?

    天瑞:限られた条件でどんだけ彼女達の特徴を伝えられるか、チャレンジしてみようと思いまして…

    瑞葉:そ、そんなゲームの縛りプレイみたいなことを…

    天瑞:ていうかこれにはちょっと自分なりに考えてみた結果でもあるんだよー。

        出来上がった本を買うのはおそらくA.I.のことをある程度知っている人ばかり。

        でも万が一、知らない人が取っていく可能性はゼロじゃない。ていうかひとりふたりはそういう人が

        いるもんだと思う。

    瑞葉:仙台のこともありますよね。(2008年10月参照)

    天瑞:つまりだね、初めて見る人に対して大量の情報をぶちまけても『ちょ、待って、追いつかないッス!』

        って話。だから情報量はかなり絞り込んでいこうと思います。

    青芝:だからといってひらがなはやりすぎなんじゃあ…

    天瑞:いや、その方がファミコンやスーファミのゲーム感が出るでしょ?

    青芝:お前さん、MOTHERシリーズ、引きずってんだろ…

    天瑞:引きずるどころか、むしろ存分に生かそうと思ってますが、何か?


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:情報を小出し小出しにしていく狂想曲、いかがでしたでしょうか?

    青芝:復帰1週経って、いつもの更新規模に戻ったな…

    天瑞:いや…ホントはいろいろしゃべりたいことあるんだけどね…ワールドカップのこととか。

    青芝:むしろそっちに特化した更新にしてくれ。

    天瑞:いや、それだといろいろ都合悪いでしょ?

    青芝:なんでだよ!!

    天瑞:ていうかどうしようか?ワールドカップ期間中…『いちおう』サッカー好きのサイトとしては、

        なんか特別なことでもやっとくべきなのかなあ?

    瑞葉:てんずいさん、今回のワールドカップはじっくり見ますか?

    天瑞:じっくり…4年前ほどじゃないかなあ。

        4年前は初戦のオーストラリア戦が終わるまでは関係ない試合までチェックしまくってた。

        例の逆転負け以降は明らかにペース落としたけど、それでも準決勝・決勝をリアルタイムで見たりして。

    青芝:で、今回は?

    天瑞:録画環境がまだデジタルに移行してないし、原稿にしっかり集中したいし…

        日本戦と、あとは開始時間が深夜じゃない試合程度かなあ。

    瑞葉:あ、まだ地デジ対策してないんですね。

    天瑞:もうテレビ自体をあまり見なくなっちゃってるからなあ…とはいえ地デジ用のテレビってけっこう軽量で

        模様替えしやすそうだし、今後ゲームの新ハードを購入しないとも限らない。

        だからといって今すべてを入れ替えちゃうと引越しがメンドウになりそうだなとも思うわけで…

    青芝:そういや引っ越したいって言ってたな。

    天瑞:引越しと同時にすべての環境を一気に変えることができたら理想的、かな。

        ま、何度か触れてきたとおり、引っ越すとしても秋以降になりそうだけど。

    青芝:とにかく、サッカー的には特別なことはやらない方向かい…

    天瑞:このサイトの本業は、サッカーではありませんから♪(ニコニコ)

    青芝:コイツは…

    瑞葉:でも大会が始まったらわかりませんよ?意外と一日刻みで更新が始まっちゃったりして…

    青芝:…期待せんで、待っておこう。

    天瑞:今回はここらで。お相手は、天瑞烈Zと

    青芝:せめてメンタルと闘争心そして団結力は最大のレベルを求めたい、青芝辰巳と

    瑞葉:初出場の国々に、とにかく頑張ってほしーです、大城戸瑞葉でした!

        ではみなさま、また次回〜










  2010年 5月15日 PC故障でケガの功名?音夢が踊るよペン先に


      
      (使い勝手がいいのか悪いのかわからないペンで作業中です)




    瑞葉:どういうことなんですか?

    天瑞:まずは使い勝手のイイ点から説明しておこうか。タチカワの『scool』って、万年筆っぽい

        ペンを使ってるんだけどね、コレは安定して細い線が引ける!あと今のところは水洗いも

        ほとんどしなくていい。

    瑞葉:悪い点は…

    天瑞:乾くのが意外と遅いような気がする。おかげで右手を置いた場所のインクが伸びたりして、

        肝を冷やしたよ〜。すぐに消しゴムは使えないね。あとキレイな強弱はつけにくい、かな。

        瞳の内部とか細かいところはやっぱり丸ペンを使ったほうがいいのかも。

    青芝:おーい、何もなかったのように始めんなー。

    瑞葉:わわわわわ!みなさん、あけましてオメデトウゴザイマス!

    青芝:そこまでさかのぼらなくていい!

        ったく、更新中断中にテイストが変わってなくてよかったんだか悪かったんだか…

    天瑞:三つ子の魂百まで!

    青芝:胸張って言うことかい!












    天瑞:…というわけで、久々に戻ってまいりました!4月の最終更新以来の狂想曲ですよ〜

    瑞葉:いろいろありましたね。GWはすっかり通りすぎちゃったし、ワールドカップメンバーも発表されて…

    青芝:ネタの集中する時期にPCが不機嫌になるとはなあ…

    天瑞:しかも以前と同じ症状!あっはっは♪

        ※USBのポートでゲームのコントローラとか抜き差ししてると、突如マウスが反応しなくなる


    青芝:…予防とかしてねえのかよ…

    天瑞:してるよ!コンセントは電源消す度に抜いてるし、出かけるときはフタしてホコリ防御のための

        バンダナを広げてかぶせてるし!これでも以前よりは、無事だった期間は長かったんだよ?

    瑞葉:でも同じ症状っていうのは引っかかりますね。

    天瑞:…定期的に故障するプログラム、なんて…まさかね。


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:で、せっかく戻って来られたわけですが…

    瑞葉:いきなりココに来ると、なんかまとまりがつかないですね、てへ☆

    青芝:な〜に移籍出戻りのプレイヤーみてえなセリフを…

    天瑞:でもやっぱりね、PC使えない期間っていうのは、もどかしかったよ。

        HP更新できないのが一番痛い。自分からイロイロ発信できるツールだもんね。

    青芝:そんなもんか?発信するだけなら携帯から掲示板にカキコできるだろうし。

    天瑞:ワタシの携帯、どうにもメールとか打ちづらいんだよねえ。

    青芝:お前さんが携帯オンチなだけじゃなくてか??

    瑞葉:てんずいさんの携帯、PCのサイトも動画とかも見られますよね?

    天瑞:一応。でもやっぱり使いづらい。動画に至っては好きなシリーズの作者さんのマイリストをブックマークする

        癖がついてたし。今更携帯からアクセスしろというのはカンベンなのです。

    青芝:良かった点はあったろう?合同誌用の原稿、いい進み具合だそうじゃねえか。

    天瑞:まあ、それなりにね。

    青芝:いかにPCのサイトや動画巡りで時間をムダにしてたかって証左…

    天瑞:待って待って、こんなこともあったんだ!

        えとね、ある日帰ってきてから夕飯食べて、さて作業をしようとして…やっぱり日中の疲れが抜けて

        なかったもんだから、少し横になってたんだよね。そしたらいつの間にか夜中の午前3時!

    瑞葉:うわあ、すごい時間のショートカット…

    青芝:…で?

    天瑞:つまりね、もしPCがあればいろいろ見てたはずだし、きっとそのまま起きていられたハズだったのさあ!

        PCでいろいろ巡っているのは、眠気防御の手段でもあったんだよ!

    青芝:…ほ〜う。以前ニコの40分近い動画を流しながら寝落ちしてたのは、どこのどなたさんだったかねえ?

    天瑞:・・・・・のヮの・・・・・・

    瑞葉:あ、ほら、きっとヘンな効果があったんですよ!『サルになる効果!』

    青芝:ああ?

    瑞葉:その動画を見てると秒コンマ以下で眠りの効果のある画像があって…

    青芝:…なんでそんな手の込んだマネをせにゃあならん?

        それにそれは『サブリミナル効果』だ!









    天瑞:では!ここからは写真なども交えながら、わたしがHPから消失中だった頃のできごとを

        おしゃべりしていきたいと思いま〜す!



     


    青芝:おい、こりゃMOTHER2じゃねえかい!?しかもGBA版…ってことは…

    瑞葉:2回目ですね!

    天瑞:PCもなかったことだし、2週目にチャレンジしちゃった!



     


    青芝:…さっきからどういう状況なんだよ…

    瑞葉:またいろんな名前変えてるんですね?

    天瑞:そう!この回では

        ネス→ツカサ

        ポーラ→ミナト

        ジェフ→リツコ

        プー→アマネ

        すきなこんだて→あきたこまち

        ペットのなまえ→オトハ

        カッコいいとおもうもの→はるるん



    天瑞:こんな感じでプレイしてました〜

    瑞葉:マリロワとアイマスとストパニの連合軍ですね!

    青芝:つーかお前さん…PSPのマリロワをやっておけ。



     


    天瑞:今回再プレイした目的のひとつはコレ。このレアアイテムをゲットしたかったんです。

    瑞葉:どのくらいレアなんですか?

    天瑞:ここに突入した当時、ネス@ツカサのレベルが65くらいだったんだけど、

        この画面が出てる時点でレベル90越えてます。

    青芝:どんだけ時間費やしてんだよ!

    天瑞:カン違いしないで!時間費やしたのはたしかだけど、このゲーム、比較的レベルが上がりやすいんだよー!


     


    青芝:いきなりこりゃあ、なんだい?

    天瑞:衝動的に、『自分の行ったことのない場所』に行きたくなって…手の届く範囲でうろついてるうちに

        たどりつきました。

    瑞葉:珍しいですね。スタジアムじゃない風景の写真って。

    天瑞:雰囲気が気に入ったので、ここをわたしのパワースポットとします!

    青芝:勝手にそんなパワースポット作られてもなあ…実際どこなんだよ、ここは。

    天瑞:千葉県のどっか、です!


     


    青芝:こりゃなんの本だい?

    天瑞:こちらは『ご当地キャラのこととかまとめてある本ってないかな〜』と思ってたら…

    瑞葉:あったんですね!

    天瑞:みったんとかシモンちゃんが載ってなかったりで、さすがに全てを網羅してるってわけじゃなかったけどね。

    青芝:いや網羅するとかムリだから!現在進行形で増えてんだから!

    天瑞:しかし、『パブキャラ』なんて名づけられると、なんかヘンな感じ。

    瑞葉:…PUBのキャラ…ルイーダの店???

    天瑞:よし、今度はドラクエ3あたりで「ねおん」とか「まほろ」とか名づけて…

    青芝:お前さん、ホント、そういう楽しみ方好きだよなあ…


    ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★       ☆       ★


    天瑞:超!久々の行進曲、いかがでしたでしょうか?

    瑞葉:やっぱりこうやって3人そろわなきゃ、ですね♪

    天瑞:いや、闇アイテム屋を入れたら4人…

    青芝:そんなレアキャラ混ぜんでいいから。

    天瑞:ともあれPCを修理に出してる間、不便なこともありましたが、天瑞は元気でしたよー。

        合同誌用の原稿もいい感じに進んでるし。

        うまいことJが中断するワールドカップ期間中=原稿仕上げ期間中って感じにできそうです!

    瑞葉:こ、これは原稿をちゃんと仕上げなさいっていう、サッカーの神様の粋なはからい…!

    青芝:あのな、サッカーの神様が同人の活動にまで気を遣うかってえの!

        ていうか今日は宮城で仙台とのアウェーゲームあったんだろ?行こうとは思わんかったのか??

    天瑞:PC修理したりとかでいろいろあったし。見送ることにしました。原稿がいい感じで進んでる、この流れを

        崩したくなかったのもある。エコパに出かけた時がそうだったんだけど、負けて戻ってきた日にゃあ、

        もうテンションなんて上げようと思っても上がりませんよお??

    青芝:一応考えてんだな、自分のコンディション。

    天瑞:他にまだまだしゃべってないこといっぱいありますが…今日はここまで!お相手はハラペコザウルスが

        ドロップするフライパンが手に入らなかった、天瑞烈Zと

    青芝:メンバー発表はACLのラウンド16が終わってからでもよかったんじゃないかと思う、青芝辰巳と

    瑞葉:川口選手、チームがこわれないようにみんなをまとめ上げてくださいっ!大城戸瑞葉でした!

        ではみなさま、また次回〜











【戻りますよ〜】



inserted by FC2 system